スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

国境なき風と水

 2011-04-09
福島原発から発生した放射能が、風にのって海を渡っているように、


津波によってできた瓦礫の島が、今、太平洋を渡っているそうです。


以下、 Vancouver Sunより。


vancouver_sun_logo.jpg

TOKYO - Floating islands almost 70 miles long of bodies and debris after the Japanese tsunami are causing chaos in Pacific shipping lanes.
津波で流された、全長110km以上にわたる瓦礫の島が、太平洋航路に混乱をまねいています。


4440131.jpg
Photo from Vancouver Sun


Cars, tractors, boats and entire houses have been seen floating towards Canada and the U.S. after the March 11 earthquake.
自動車、トラクター、船、家の残骸は、3月11日の大地震後、カナダ・アメリカ方面に流されていることが確認されています。


4460990.jpg
Photo from Vancouver Sun



The largest "island" of debris is 69 miles long and covers more than 2.2-million sq ft, according to the US Navy's 7th Fleet, which is monitoring the floating rubbish.
この瓦礫の島を監視しているアメリカ海軍第7艦隊によると、一番大きなもので、全長111km、面積670.5k㎡以上に及ぶということです。


debris on Pacific 2
Photo from The Telegragh


"It is very large and it's a maritime hazard," said Lieutenant Anthony Falvo, the deputy public affairs officer for the US Navy's 7th Fleet. "It can do anything from piercing the hull of a ship to leaving dents or getting wrapped up in propulsion systems."
「それはとても大きく、近海の危険物となっています。それは、船の外壁に突き刺さったり、船をへこませ、推進システムを止めてしまう可能性もあるのです。」


Experts say it could take up to two years for the debris to reach Hawaii and another year to hit North America's west coast.
専門家は、瓦礫の島がハワイに到達するのに、2年ほどかかり、北米にいたるまでにはさらにもう1年かかるであろうと述べました。


debris on pacific
Photo from The Telegragh


A research team from the International Pacific Research Center at the University of Hawaii based their predictions on a model built on previous travel paths of drifting buoys. The group, led by Nikolai Maximenko and Jan Hafner, said the debris field will first start to wash up in parts of Hawaii within one year and broaden its scope in the months and years after that.
ハワイ大学の国際パシフィックリサーチセンターの調査チームは、浮標を漂流させてみる以前の実験の結果に基づいて予測を立てました。この瓦礫の島は、1年のうちにハワイの一部に打ち上げられはじめ、月を重ね、年を重ねてその規模を広げていくであろう、とのことです。


"In three years, the plume will reach the U.S. west coast, dumping debris on Californian beaches and the beaches of British Columbia, Alaska and Baja California," the research centre said in a news release, noting that "marine debris has become a serious problem for marine ecosystems, fisheries and shipping."
3年のうちに、それはアメリカにまで達し、カリフォルニア、カナダのブリティッスコロンビア、アラスカ、バハ・カリフォルニア州の海岸に瓦礫がどっさりとうちあげられるであろうと、リサーチセンターは記者会見で話しました。そして、この海洋に浮かぶの瓦礫が海洋生態にとって、深刻な問題になっていることを明らかにしました。


The researchers said Hawaii will likely get a double dose of debris from the tsunami, with a more severe occurrence happening within five years. They said that after the debris reaches the west coast, it will then cycle into the North Pacific garbage patch - an infamous site where an enormous amount of marine waste has gathered -before making its way back to the Hawaiian islands.
調査員は、ハワイには、津波の後の瓦礫の2倍流れてくる可能性が大きく、5年間のうちには、もっと深刻な問題が発生するであろうと述べました。西海岸に瓦礫が到達した後、あまり知られてはいませんが、海洋汚染物(浮遊したプラスチックなどの破片)が北太平洋循環の海流に閉ざされ、異常に集中している「太平洋ゴミベルト」を循環し、ハワイ島に戻っていく、とのことです。



noaa_hawaii.jpg
Image courtesy of NOAA


"In five years, Hawaii shores can expect to see another barrage of debris that is stronger and longer-lasting than the first one," they said in the news release, adding that Hawaii often sees wayward waste from the garbage patch wash up on its shores.
5年内に、ハワイ沿岸には、最初に到達したものよりさらに強力で、長く停滞する、瓦礫のダムを見ることになるであろう、と記者会見で話しました。そして、ハワイは、このような厄介な廃棄物が海岸に打ち上げられるのをよく見かけるところなのだ、と付け加えました。


The debris isn't the only after-effect of the 9.0 earthquake on March 11.
3月11日のマグニチュード9.0の地震の余波は、瓦礫だけにとどまりませんでした。


It also damaged Japan's Fukushima nuclear plant, spreading concerns of high radiation levels, even in Canada.
日本の福島原発を損傷させ、カナダにまでも、その放射線レベルの懸念を拡大しているのです。


Weeks after the earthquake, radiation monitors in Ontario, New Brunswick and B.C. detected minute traces of radioactive iodine suspected to have originated from the Japanese plant.
地震の数週間のち、オンタリオ、ニューブランズウィック、BC州の放射線モニターは、日本の原発から発せられた疑いのある、微量の放射性ヨウ素の痕跡を検出しました。


The Canadian Nuclear Safety Commission characterized the quantities of Iodine-131 as infinitesimal and stressed there are no health hazards to Canadians. Iodine-131 is produced by the fission of uranium atoms in nuclear reactors and by plutonium (or uranium) in the detonation of nuclear weapons.
カナダ核安全委員会は、その要素131の量は、非常に少ない、と述べ、カナダの住民にとって、健康に害を与えるものではないと強調しました。ヨウ素131とは、原子炉でウラン原子が分裂して作られ、核兵器の爆発で発せられるプラトニウムによって生じるものです。





地球に吹く風、風にのって海を渡る鳥たち、海の中にくらす生き物たちにとって、国境などというものはなく、皆、自然界のルールに従って、自然と共に生きています。そして、人為的に作られたものを、自然界のものと区別することは出来ません。理解できるのは、人間だけ。でも、これは人間の特権ではありません。

風は放射能も運ぶし、海は瓦礫を遠くにも流します。人も、自然と共に生きるためには、国境など気にしている場合ではないような気がします。今起きていることを、皆が受け止めて、皆で対処していかなければならないという、とても大きな、でも、とても基本的な課題を、この災害は人につけつけているのでは・・・自分のことのように心を痛めた多くの人が感じていることなのだと思います。


今、この教訓を日本人だけではなく、皆が学ばなければ、また、さらに大きな試練を与えられるのでしょう。私たちみなが、ともに学び、共に地球に向き合うときがくるまで。






ペットボトルが風に飛ばされて、海にとんでっちゃった・・・

そんな1つの、ちっぽけな、3分後には忘れてしまっているような出来事が、海洋生物に、その先は人間にとっても、とてつもなく大きな問題に発展してしまったように、ほんのちっぽけな自分が、日々意識して、ほんの小さな行動に移すことなしには、大きな改善はありえないということです。


人は、いろいろなものを獲得し、便利になればなるほど、手放すことができなくなり、もろくなってしまいます。もっと原点を見て、強くならなければ。


できるかな???



今、がんばれ日本!!と世界中で叫ばれているけれど、

そういう私たちも、がんばらなきゃ!!なのです。

Take an action, even though it seemes to be a tiny one,

and You can make CHANGE!




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/400-ea0e6d16

コメント
心が、痛い~~~。。
私のブログにも、こちらの記事、貼らせてもらいました。。。。

ほんと、全ての人が、自分に起きた事として、ちゃんと向き合い、助け合わないと。。。。。。。。。。。

それにしても、原発がやばい。。
【2011/04/10 06:59】 | Meiko #- | [edit]
Meikoさん

ブログで紹介していただきありがとうございました。
マスコミとメディアの強大な力をいつもひしひしと感じます。
どれだけ多くの人にAwarenessを広げることができて、気づいてもらうかが、第一歩だと思ってるんです。
一人一人が、自分だけ始めても何も変わらない、と思っていると、前にすすめないですよね。
【2011/04/11 17:18】 | Blue Dolphine #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/04/15 05:34】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。