スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

震災募金活動を終えて

 2011-03-24
3月21・22日にラビ君のホッケートーナメント会場で、募金テーブルを設置しました。


IMG_5612.jpg


全くといってよいほど日本人コミュニティーにつながりのなかった私でしたが、今回の震災が起こって以来、同じ想いで心を痛めて過ごしていた人たちの、その日本人としての想いの強さが、友達の友達の、そのまた友達・・・というルートをたどって、新しい出会いを生み出してくれました。


バーナビー市内にとどまらず、近郊から本当に沢山の日本人の方々、カナダに勉強しに来ていて、たまたまこのブログを見て参加してくれた学生さんたち。


皆さん、本当にありがとうございました。


IMG_5605.jpg


そして、このテーブルに立ち寄り、寄付してくれた、沢山の人たち。

緊急時の備えに対して、身近なこととして、認識し始めていただいた方たち。


皆さん、本当にありがとうございます。


032411-1.jpg


集まった寄付金は、$1279.72でした。


募金活動を手伝ってくれた子供たち、自分のおこずかいを募金箱に入れてくれた子供たちの姿もありました。


乗り越えなければならない壁が果てしなく高く立ちはだかっている今の日本ですが、


どうか私たちの祈りが、届きますように。




いろいろなうわさや憶測が流れているカナダ赤十字への寄付金について、そのような懸念が少しでも解消されるよう、以下、カナダ赤十字のウェブサイトに更新されたメッセージです。




Message from Japanese Red Cross
日本赤十字より

"The compassion the Canadian people have demonstrated over the past week through their generous support to the Canadian Red Cross is incredibly uplifting at a time when we are dealing with a such an immense humanitarian tragedy. This financial support is very much needed and continues to be welcomed to help the hundreds of thousands of lives that will forever be changed by this disaster." ‪

カナダの人々が、この1週間カナダ赤十字への寛大な支援を通して示してくれた思いやりの気持ちは、今回のあまりにも巨大な人道的悲劇に直面している私たちの気持ちを信じがたいほど慰めてくれました。この、金銭的支援は、まさに必要とされているものであり、この災害で何もかもが変わってしまった何十万人もの人々の救済に、これからも必要とし続けるものなのです。

Satoshi Sugai
Director International Relief Division
Japanese Red Cross Society

Posted March 18, 2011/Updated March 19
3月18日付け。3月19日更新



IMG_5602.jpg


How your donations will be used in Japan
寄付金が日本でどの様に使われるのか?

The Canadian Red Cross is extremely committed to transparency and accountability to our donors. Generous donations from our donors will be used to directly support emergency relief and recovery operations underway in affected communities across Japan.
カナダ赤十字は、ドナーの皆様にに対して、オープンな情報公開と、説明責任に何よりも専心しています。皆様の寛大な寄付金は、今回の大震災で影響を受けた日本各地の市町村で行われている緊急救援と復興活動を直接支援するために使われます。

The Canadian Red Cross has a strong relationship with the Japanese Red Cross and is in regular communication with them regarding the situation and needs on the ground. At this time, Japanese Red Cross has indicated their greatest need is for financial resources and has requested the support of the Canadian Red Cross.
カナダ赤十字は、日本赤十字と強い関係があり、被災地の状況と、必要とされているものについては、常に連絡を取り合っています。現在、日本赤十字は、一番必要としているものが財源であると明らかにし、カナダ赤十字にその支援を求めてきました。


Funds raised for this appeal will be used to support Red Cross emergency response efforts in Japan. This may include relief items (blankets, sleeping mats, and hygiene items), medical supplies and equipment and deploying emergency personnel.
この求めに対して集められた基金は、日本での赤十字の緊急対応活動に使われるものです。これには、救援物質(毛布、布団、衛生用品など)、医薬品、医療機器、緊急職員の派遣などが含まれます。

As the disaster shifts from the emergency to recovery phase assessments will be done to determine how the Red Cross can best support longer-term relief and recovery efforts in affected communities.
緊急状態から、復興段階へと移行してくると、被災地での長期にわたる、救援、復興活動を、赤十字としてどの様に支援するのが一番よいのかが、検討・判定されます。

The Canadian Red Cross is extremely committed to being accountable to our donors if you have questions on your donation please do not hesitate to contact us.
(繰り返しますが、)カナダ赤十字は、ドナーの方々に対する説明責任をとても重視しています。ご自分がされた寄付について質問があれば、どうぞ、遠慮なくご連絡ください。

Posted: March 18, 2011




質問、コメントのある方、是非書き込んでください。

一人でも多くの方が、不安なく、安心して、納得して、寄付できるよう、

公に対してのメッセージの向上にも役立てたいと思います。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/383-a7c2a616

コメント
バーナビー市内にとどまらず、近郊から本当に沢山の日本人の方々、カナダに勉強しに来ていて、たまたまこのブログを見て参加してくれた学生さんたち。


本当にたくさんの方たちが、日本のことを思って募金をしてくださっているんですね。

ありがたいことです。

集まった募金で街は復興されていくと思います。

今、大変な生活をされている方がたくさんいて、まだ1回の食事がおにぎり1個とあめ1個なんて・・・

電気工事をしないと電気が使えないし、道路ができないと入っていけない、ガソリンが足りなくて毎日何時間も並んでいる様子とかテレビでみるだけですけど、ため息ばかり出ます。

エリーのママさん、こんなに活動していただいて、本当にありがとうございます。
【2011/03/25 15:41】 | meme #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/25 20:46】 | # | [edit]
めめちゃんのままさん。

一日も早く、一分でも早く、一人でも多くの人が、少しでも前の生活に近い状態に戻れる目処が立つことを願って止みません。遠く、海外にいる日本人、そして、日本人以外の人たちも、本当に沢山の人たちが、被災者の回復を願い、日本の復興を願っていることが、少しでも、救いと活力になってくれることを祈っています。
きっと、乗り越えられますよね。日本!!



【2011/03/26 22:16】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。