スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

家なき犬

 2011-01-14
不景気の嵐が吹き荒れ、世界中のどこでも同じようなことが起こっているのだと思いますが、

以下、今日のVancouver Sunの記事です。





4109572.jpg
Photo from Vancouver Sun



VANCOUVER - Small dogs, many of them purebreds, are being rescued from California animal shelters and being brought to Vancouver by a local animal rescue association who says the number of dogs in need of homes has skyrocketed since the economic downturn in the United States.
アメリカでは、景気下落以来、家を失った犬の数がうなぎのぼりに増えていましたが、小型犬(そのほとんどが純血種)が、今、カリフォルニア動物シェルターに保護され、バンクーバーの動物レスキュー協会により、バンクーバーに運ばれています。

A Better Life Dog Rescue has brought about 200 dogs into Canada — mostly dogs from Los Angeles who were scheduled to be euthanized — and found new homes for them in the Lower Mainland.
ベターライフドックレスキューは、200匹の犬をカナダに連れてきました。そのほとんどが、安楽死を予定されていたロサンジェルスからの犬です。そしてここ、バンクーバー近郊地域で既に新しい飼い主が見つかっています。


Jan Olson, who founded A Better Life Dog Rescue in 2006, said for the past year and a half, volunteer drivers from two affiliated animal rescue groups in California have been driving dogs destined for B.C. up to Seattle every two months. Volunteers with her organization then meet them there and bring the dogs — up to 19 at a time — across the border.
ベターライフドックレスキューの創設者であるジャンオルソンさんによると、ここ1年半の間、カリフォルニア州にある2つのレスキュー団体のボランティアの人たちが、BC州に来ることが決まった犬たちを2ヶ月おきにシアトルまで車で運び、彼女のベターライフドックレスキューのボランティアがシアトルで落ち合い、1回につき19匹までの犬を、国境を越えてBC州につれてきている、とのことです。


She said when the U.S. driver starts out in California he might have as many as 100 dogs in the truck, bringing them to other rescue organizations along the route.
彼女はまた、カリフォルニア州を出発した犬のうち、100匹あまりはカナダに来る途中でアメリカ国内のほかのレスキュー協会に引き取られているとも語りました。


"We get a lot of people upset with us for bringing in dogs from another country. But these dogs need help. They are perfectly healthy and in kill shelters," said Olson.
She said most B.C. shelters do not euthanize small, healthy dogs like the ones they have been helping from the United States.
多くの人が他の国から犬を連れ込むことに困惑していますが、この犬たちは助けが必要なのです。彼らは健康そのものものなのに、処分を余儀なくされているシェルターにいるのです。彼女はまた、ほとんどのBC州のシェルターは、今アメリカから救助しているような、小型の健康な犬を安楽死させることはないのだ、とも言います。


"People are losing their homes in record numbers. More and more dogs are being surrendered since the economic downturn. Ten thousand dogs a month are being put down in California," she said.
「史上なかったほどの数の人々が家をなくしているのです。そして、景気下落以来、放棄された犬が増え続けているのです。1ヶ月に1万匹の犬がカリフォルニアで安楽死させられています」


One of the California-based rescue groups that works with Olson, called Dogzinneed, said the number of animals euthanized in 2005 in California was approximately 450,000 but that figure has doubled since the economic downturn.
オルソンさんとともに、この捨て犬救出に従事している、“ドッグズ イン ニーズ”という、カリフォルニアにあるレスキューグループは、2005年に安楽死させなければならなかった動物は約45万匹だったといいます。そして、その数は景気下落以来2倍になっているとされているのだそうです。


Dogzinneed founder Michelle Johnson said every day she gets calls from people who are asking if she could find a home for their pet they can no longer afford to keep. Or they are called to homes that have been foreclosed where the owners have simply left the dog behind to fend for itself.
“ドック イン ニーズ”の創設者、ミッシェルジョンソンさんのところには、毎日自分の犬にえさをあげる余裕のなくなった飼い主から、新しい飼い主を見つけてくれないかという問い合わせの電話がかかってくるそうです。あるいは、自分でなんとか生き延びればよいと、抵当に入ってしまった飼い主の家にそのまま犬が置き去りにされているという連絡を受けることもあります。

"We find dogs chained outside with notes on them saying, 'Please feed me.' People just leave them. They don't have a place to go and most animal shelters aren't taking relinquished dogs because they're so full of strays."
「外に鎖でつながれ、えさをあげてください、という置き書きとともに、ただそこに置き去りにされているのです。犬たちは行き場を失い、ほとんどの動物シェルターは、捨て犬を保護することはありません。あまりにも野良犬があふれているのです。」


Johnson said when her volunteers send dogs up to B.C., they often send some to another group in Oregon as well.
ジョンソンさんはまた、彼女のボランティアが、BC州に犬を送るとき、その中の何匹かをオレゴン(シアトルの南)のシェルターに送ることが多いとも話します。


"If you are giving one dog a home, who cares where the dog is meant to be. If there's a dog out there that needs help, we'll help. It doesn't matter if you are in Canada, Asia or Mexico," said Johnson.
「新しい飼い主を探すのに、その犬がどの場所にいるべきなのかなどということは問題ではありません。そこに救助が必要な犬がいれば、私たちは手を差し伸べるのです。カナダだろうが、アジアだろうが、メキシコだろうが・・・」とジョンソンさんは言います。


Olson said one of the stipulations required of anyone wanting to adopt these dogs is they have the dog spayed or neutered.
オルソンさんは、これらの犬たちを引き取るには、卵巣除去手術、あるいは虚勢手術が原則となっているとも語りました。


Animals not being spayed and neutered is one of the reasons the problem of unwanted pet populations has increased in California, said Los Angeles Animal Services general manager Brenda Barnette.
ロサンジェルス動物サービスのブレンダバーネットさんは、それは、カリフォルニアで家なき犬(動物)が増えている理由の1つだからだといいます。


"For many years, Los Angeles has been a breeding ground for dogs because the weather is mild and a lot of people have outdoor dogs, but they haven't been quick to get them spayed or neutered," she said.
「何年もの間、ロサンジェルスはブリーダーの地でした。気候が温暖で、多くの人は犬を外で飼えたからです。しかし、避妊処置の認識が遅れていたのです。」


"We have a lot of dogs and really great dogs. One of the things we do is transport these great little dogs to areas outside so they don't have to be put down."
「本当に多くのとてもよい犬が保護されています。私たちは、それらの小型のよい犬たちの命を守るために、外へ送り出しているのです。」


Barnette said their shelter is one of the largest in Los Angeles and last year did 19,782 adoptions but had to euthanize 20,633 animals.
バーネットさんによると、彼女のシェルターはロサンジェルスでもっとも大きいシェルターの1つで、昨年は、1万9千782匹の犬が引き取られ、2万633匹の犬が安楽死の結末をたどったとのことです。


"We still euthanize healthy adoptable animals when our shelters are full," she said.
「今でもシェルターがいっぱいになると、健康で、十分引き取り手が考えられる犬を安楽死させざるを得ない状況です」





多くの人が、身を切る想いで、ペットを手放したのだと思います。

家族みんなが一緒に、1日を何とか無事に過ごすことが、とても大変な人が、沢山いるのだと思います。



IMG_4928 0110


でも、そんな中で、4つ足だからといって見捨てず、1匹でも多くの犬(動物)を救おうと、活動を止まない彼女たちと、そのボランティアの人たちがいるということは、とても嬉しく、心温まります。


IMG_4920 0109


改めて、家族4人、エリー1匹、皆無事に過ごせた今日の奇跡に、感謝の気持ちでいっぱいになるのでした。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/329-70b47e48

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/15 08:19】 | # | [edit]
 エリーちゃんの安心しきった寝顔を見ながら、
絶対悲しい結末を迎える動物たちをなくさなければいけないと思います。
動物達のための法律が遅れている日本で
私は何をしたらいいのかなぁ・・・。
【2011/01/16 21:23】 | kojirou #FCOfbz1s | [edit]
その数を実際に知らされてしまうと、なんだか立ち往生してしまいますよね。
でも、少しずつ前進できればよいのだと思います。
そして、実際に、立ち往生せずに前進している人がいるのだということが、本当に救いだと感じます。
動物保護している団体のWEBSITEにいくだけで、スポンサー(ペットフードの企業とか)が、その団体にえさ代などを1回につき何ドルか献金してくれる、というようなものもあるし、実際にそういう団体に募金をしたり、時間があればボランティアをしたり、自分ができる範囲でちょっとしたことをやることが、実は大きな前進につながってるのだと思います。
1匹でも多くの動物たちが、新しいよい飼い主にめぐり合って欲しいと願って止みません。
【2011/01/18 22:39】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。