スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

クリスマスツリーのその後

 2011-01-11
生のクリスマスツリーを買ってきて、家の中に飾ると、その香りも楽しめて、本当に心が潤います。








さて、今日の夜、エリーと歩いていると・・・


011111-3.jpg

『な、な、なんだこれは・・・!』


と行く手をふさぐ不審物が暗闇から現れました。


011111-1.jpg




『こんなところで、何で倒れてるの???』



011111-2.jpg



『嵐でもきたの???』


新年も明けて10日もたつと、こういうことになります。



カナダに来たばかりのころ、さすが本場だなぁ、と感動して、私も一度だけ生のツリーを飾ったことがあります。

でも、処分するときがとても複雑な気持ちでした。

木を取ってきて、飾ってるときは、その後のことなんて考えてもいなかった・・・・



地元紙Burnaby Nowの風刺漫画です。

「あれ?フレッドじゃないかい?」

「きれいな光や、ピカピカの飾りにそそのかされると、ああなるんだよ・・・」

「昔から言うじゃないか。うかれて、パーティー騒ぎの次の瞬間には、着ぐるみはがされて、溝に顔突っ込んで倒れてることになる、って・・・」

IMG_4948.jpg


'O Chrismas Tree' の歌は、今の生のクリスマスツリーを歌った歌とはちょっと違うような気もします。

これは、きっと、地にしっかりと根を張っている、生きたツリーのことを歌っているのではないかと・・・


自然を楽しむということは、どうことなのかな???


IMG_4947.jpg


ご近所の家の、色とりどりのライトで飾られた、大きな木々。

クレーン車を動員して飾られたきれいなライト。

木々は、ライトの温かさを、どう感じているのかなぁ・・・


自然との調和。

人間の知恵により、欲を満たすために発展し続けるテクノロジー。

その調和の加減は、全て人の意思にかかっています。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/325-40c66878

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。