スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

癒しの力

 2010-10-02
一週間前の晴れた日の土曜日、日中の1時頃、ここから車で1時間ほど行ったところのデルタ市の、周りではスポーツのゲームで賑わっていた公園で、15歳の少女が殺害されるという悲しく、恐ろしい事件がおきました。
Last sunny Saturday in Delta, 15 years old girl was murdered at around 1 pm in the park where some sports games were going on. This too sad and too scary incident impacted all the audience so much.


以下、Vancouver Sunより。
From Vancouver Sun




By Kim Bolan, Vancouver Sun

Devastated friends of slain Delta teen Laura Szendrei had one special supporter this week -- Canada's first police trauma canine.
デルタ市で殺害された、15歳のローラさんの死で当惑しきっている彼女の友人たちは、今週特別なサポーターを得ました。カナダで初の警察トラウマ犬です。


3605968.jpg


Caber, a two-year-old yellow Lab, was brought to Szendrei's school -- Burnsview secondary -- Monday and Tuesday to help students deal with their grief after Szendrei's fatal weekend beating
週末に起こったローラさん撲殺事件の悲劇からの悲しみにくれる生徒たちのために、2歳のイエローラブ、ケイバーが、月曜日と火曜日、彼女の通っていた学校にやってきました。

Delta Police obtained Caber for its victims' services unit earlier this year. The dog's specialized training ended just Sunday.
デルタ警察は、今年のはじめ、犠牲者サービス部にケイバーを入手し、その彼は、この日曜日に特殊訓練を終えたばかりです。

Victims' services coordinator Kim Gramlich said the response to the dog was "absolutely remarkable.
犠牲者サービスのコーディネーターを務めるキムさんによると、犬に対す人々の反応は、「絶対注目すべきものがある」とのことです。

"There are probably no words to describe the impact that the dog had," she said Thursday, with Caber at her side.
「犬が人に与える影響は、おそらく言葉で表すことのできないものです」と彼女はケイバーの傍らで語りました。

"There were multiple times throughout the day when there would be upwards of 10 kids on the floor with their hands on Caber petting him and so on. We have been extremely pleased that we had this tool in our repertoire."
「この日は一日中、何度も、床の上で10人あまりの子供たちが、ケイバーに触れ、ケイバーをなでたりしていました。私たちは、トラウマ犬をサービスの一環として提供できることを、とても嬉しく思います。」


She said many U.S. police forces use trauma dogs, but Delta is the first in Canada to get one.
彼女は、アメリカの警察ではトラウマ犬が多く使われいるけれど、カナダでのその起用は、デルタ市が初めてである、とも語りました。


3607375.jpg


"He can provide an extraordinary level of empathy that is non-judgmental, unconditional," she said. "He is simply very affectionate and loving to all those people that he supports. And that physical contact he provides to people is really tremendous."
「ケイバーの並々ならぬ共感力は、何かを判断するのではなく、無条件に、ただひたすら人の気持ちに寄り添う、というものなのです。。」「ケイバーは、ただ単に、とてもやさしく、自分がサポートしている人間全てが大好きなだけです。そしてケイバーに触れることで私たちが得るものは、本当に並外れたものなのです。」


She said Caber seems to have a sixth sense that enables him to seek out the most upset person nearby.
彼女はまた、ケイバーにはそばで一番心を取り乱している人を捜し当てる第六感が備わっている様にみえる、とも話します。

"I think dogs also have an ability to appreciate who the most troubled or upset person in the room is frankly. They can sort of pick that person out and go right to them," she said. "He'll know just the right person to put his head on their lap at just the right time."
「犬というのは、部屋の中で一番困っていて、一番心を乱している人を察する能力が、ありのままに備わっていると思うんです。その人を察知し、その人のところにまっすぐに行くのです。」と彼女は言います。「ケイバーは、必要としている人が誰なのかわかっていて、必要とされているそのときに、その人のひざにその頭をそっとのせるのです。」





以下省略します。事件の詳細を読みたい方は、こちら
Read more:
http://www.vancouversun.com/news/canada/Police+trauma+helps+console+friends+slain+Delta+teen/3607374/story.html#ixzz11Dc0EyvF


non-judgmental そして unconditional。
Non Judgmental and unconditional love


これはまさに、仏の慈愛です。
is the one that Buddha offers all the time no matter what.

これこそが癒しの最大の力なのでしょう。
This must be an extreme power of healing.


して、我が家の2歳のイエローラブ、エリーはというと・・・
And…how about our Ellie, a 2-years-old yellow lab?

食べ物を持っている人のことを自然と察知し、
She knows where the person who has a food is instinctively,


100110-1.jpg


まっすぐにその人のところに行き、
and she goes right to the person.


IMG_3658.jpg


頭をひざに擦り付けて、
She pushes her head into his/her lap,


IMG_3656.jpg



懇願の目で見つめるのでした・・・・
then she shows her pleading eyes on her puppy look.


彼女はただ、とても食いしん坊で、食べ物を持っている人が大好きなのです。
She has simply a very big appetite and loves all those people that have something to eat.

これはこれで、とても癒されます!
This IS a kind of healing power, too!


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/244-95c5973a

コメント
おそろしい事件があったんですね。

日本でも、子供の虐待が多くて、よくそんなニュースを聞きます。

学校の生徒たちが、わんちゃんになぐさめてもらうの、そんな仕事をしている犬がいることを初めて知りました。

うちのめめも、一緒だよ~。
食べ物を持っている人のところに行って、べったりしてます。

それ以外は、居心地のいいところで寝てます。
かわいい寝顔にも癒されるし、不細工でも気持ちよさそうに寝てる姿にも癒される。
上の子が、小さい時毎晩寝顔を見ながら、
「かわいいよねぇ」
って主人といってました。
二人目が生まれても、こんなふうに二人目をかわいいと思えるか心配でした。
でも、二人とも同じようにかわいく思えて、めめがきてからは、めめも可愛いと思えて、あの頃そんなふうな話をしていたのが、なつかしいです。

これから、寒くなるし、少しはべったりしてくるかなあ???
【2010/10/03 15:33】 | meme #- | [edit]
彼女は、その公園で行われるフットボールの応援をするために友達と待ち合わせをしていて、その友達が彼女を見つけたときには頭部に重症をおい、うつぶせに倒れていたそうです。翌日の朝、家族が見送る中、病院でなくなりました。通り魔の可能性が強いようです。でも、発見した友達のショックは計り知れないですよね。とても明るく笑顔のたえない、誰からも人気のあった子だったようです。残された周りの人たちのことを考えるだけでも胸が痛みますが、苦しんでいる人たちの心の支えに犬が起用されたというのは、ちょっと救われるような話でした。

そういえば、私も2人目を妊娠中に、1人目の息子よりかわいく思えなかったらどうしよう、なんて本気で心配したのを思い出しました。でも、みんな本当に同じようにかわいいんですね。おなかを痛めた訳ではない、同じ種族ではなく、もらってきた犬でも。家族って、不思議なものです。


【2010/10/03 21:13】 | Blue Dolphine #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/10/04 06:50】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。