スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Terry Fox Run

 2010-09-24
ラビ君が学校から帰ってくると、
When Mr. Rabbit came back home today,


IMG_3577.jpg



のどが、乾く乾く!
he was very thirsty.


冷蔵庫を開けて、下を見ると、必ずそこにエリーがいます
Opened the fridge, and looked down…here was Ellie…always!

ん?
Oh?



092410-1.jpg


ラブ君の腕に見えるのは?
What you can see on his arm.


IMG_3576.jpg




そう、今日ラビ君の小学校では、Terry Fox Runがありました。
is a tattoo sticker of Terry Fox Run, for which all the student run today at his elementary school!

今年は30周年。2ドル募金運動もありました。
This is the 30th anniversary, and they had townies drive at school.

マラソンでは、学校の周りを約6kmを1年生から7年生まで、全校生徒が走りました。
They all run about 6km around their neighborhood.

ラビ君は6位。6年生では3位でした。
Mr. Rabbit came in 6th, and 3rd among grade 6.

がんばったね!!
Good job!

みんな、今日走ったことで、がんリサーチの基金を増やすことに、確実に貢献したんだよ!!
You guys definitely helped raising money for the cancer research today!!



IMG_3579.jpg


のども渇くし、おなかもすいた!!
It made him very thirsty and very hungry as well!

エリーは一日寝ていても、いつも食べ物についていくねぇ・・・
So as Ellie who was following food all the time even though she was sleeping all day today…as usual…


092410-2.jpg


ポテトチップスはもらえないの分かってるけど、
She knows it’s not something she can get,

万が一のために、視界の中で観察・・・
but she cannot stop watching at the edge of her sight JUST IN CASE of an exception.



なんか・・・エリーは特に最近、食いしん坊話題が多いなぁ・・・・
I feel I’m always talking about her appetite…

ん?
Ah…

食欲の秋だから・・・というわけではないよねぇ。
It’s not because of Fall, the season of apetite...


092410-3.jpg



だって、ラブなんだもん!
It is because I’m a Labrador Retriever!



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/237-eee14934

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/09/25 05:05】 | # | [edit]
私は今度生まれてきたら、小さいころから、カナダの教育を受けたいと、切望します。アクセントのない英語を話したいから、ということではなく、きっと、私がなりたい自分に、もっともっと近づけるような気がするからです。

本を読んで、そこから正解、不正解のはっきりした答えを求める問題を出すとしたら、そのあらすじ、主人公の名前以外にはありえないはずなのに、「このときの作者の気持ちは?」というような問題で、選択式で答えさせられることが沢山ありました。よい点数を取るために、自分の考えではなく、自分が感じたことではなく、先生に教えられたとおりの解釈をするように自分の頭に記憶させる、という風に自然になっていたと思います。その人によって、いろいろな解釈があってもよいはずなのに、ちょっと人と違った見方をすると「不正解」というレッテルをバチンとはられてしまう・・・それが怖くて、自分の意見に自信がなくなって、発言ができなくなってしまう。いつも受身で、何が正解なのかを、人から教えてもらい、それを心にも刻む、という作業をしてしまう・・・今思えば、おかしいと思いつつ、日本の教育制度の中で身に着けた技だったように思います。心の中にはいろいろなことが浮かびつつ、それをテストで表現するような真似はしなかった。

大人になった今、カナダに20年も住んでいるというのに、16年間の日本教育で身についてしまった癖が、まだ染み付いています。ディスカッションなんかでは、周りの流れに合わせて、自分の発言を調整してしまうようなところがあります。後で考えて、あぁ、そうじゃなかったなぁ、と思うようなことも多々あり・・・

カナダの数学のカリキュラムは日本や、他のアジアの国に比べると、かなり遅れています。だから、1年進級するのは、そんなに難しいことではありません。でも、そこにあるゆとりを、長い目で見て、もっと必要なことに使っているような気がします。考えること。自分の好きなこと、得意なことに熱中すること。家族、周りの社会に目を向けること。人と交流すること、などなど大人にとっても、生きていくうえでとても大事なことです。

全てストレートで進まないと「おちこぼれ」、なんていう余裕のない考えだってありません。(思えば、かなり侮辱したことですよね。) 高校を卒業して、まだ自分が何をやりたいのがわからなかったら、働いてみればよい。見つかるまで職を転々としたっていい。浪人、ぷー太郎だなんて、言葉は存在しません。自分の進む道を見つけるのは、そんなに簡単なことではないのです。遠回りする価値があるのです。逆にそうしないとなかなか見つからないような気もします。そして、見つかってから、必要に応じて、短大、大学、大学院に進む道はいくらだって用意されているのです。

いろいろな事情を抱えて、カナダに渡ってきた人々から成り立っている国だから、歴史に影響されることもなく、弱者に寛容で、ゆとりのある国民性、社会でいられるのかもしれません。私は、そんなカナダが大好きで、ここで子供を育てられることに、本当に感謝しています。息子たち!!どうかこの国で、自分らしい生き方を見つけるんだよ!
【2010/09/26 21:46】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。