スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

小学校6年-社会

 2010-09-21
私が小学校6年生だったとき、社会で何をやっていたのかよく覚えていません。

息子たちは、カナダの地理や、産業、他の国の文化(食べ物、スポーツ、国民性、アトラクションなどなど)なんかを小学校で学んでいるようです。

でも、今日ラビ君が持って帰ってきた宿題には、ちょっと感心しました。


IMG_3522.jpg


今、新聞でも話題になっている、8月にスリランカから船で到着した400人ほどのタミル人の人たちの話です。

IMG_3523.jpg


スリランカが内戦になった背景、その後続いている争い、なぜカナダに逃げてこなければならなかったか、カナダがなぜこの人たちを受け入れるのか、その反面何が問題なのか、など、分かりやすく書いてあります。


そして今日の宿題。


IMG_3524.jpg

これを日本でやったら、英語の読解問題のようですね:)

書かれていることの内容を要約して理解を深めるためのものだと思います。


私が日本で受けた義務教育で、こんなことなかったなぁ、と思ったのは、


IMG_3525.jpg



大人でも結論の出せない、人権、差別、不平等、などの問題を子供たちも一緒に考えるところです。

正解という答えのない授業。考える授業。





記事から引き出される事実を基にして、記事を超えた大きな視点から見ても一貫性のある事実が、よい推論です。


そこで、問題です。

8月に到着した492名のタミル難民の数は、毎年カナダに難民申請をする3万人の2%にあたります。この事実から推論できることは何でしょう?





そして、



カナダ人の間では、今回のタミル人の受け入れについて、大きな波紋がおきていて、受け入れるべきだ、という意見と、強制送還するべきだと言う意見に割れています。

あなたは、カナダ政府が、これから船でカナダに到着する密航者を、どのように扱うべきだと思いますか?

難民申請を受領する?
即刻母国へ送還する?


ラビ君たちと一緒に、この質問に対する自分の意見を投票してみませんか?

ちなみに私が投票した時点で、
難民申請に肝要な意見は、71%、受け入れられないという意見が、29%でした。



最後に紹介されいているカナダ移民になる方法、大人でも十分興味深いサイトです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/234-0c304ef4

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。