スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

平和的抗議 with HEART vs 武装警察隊 with VIOLENCE

 2016-12-03


ノースダコタでたった今起きていることは、

あなたに衝撃を与えるかもしれません。

何千人もの抗議者たちがここに集まってきています。

スタンディング・ロック先住民居住区に。

そして、軍隊化した大量な警察隊と向き合っています。

ndpl.jpg

『私たちは武装していない』

丸腰の抗議者たちは、

ゴム弾を発砲され、 催涙ガスを浴びせられ、催涙ペッパースプレイをかけられ、氷点下の水を噴射され, テーザー銃で打たれ、犬に攻撃させられ、警棒で殴られ、拘留中は犬小屋に閉じ込められています。

「水を守るものたち」は

粗製油を4州に渡り輸送するための1172マイルに及ぶパイプラインの建設に反対しているのです。

1868年の条約に元づくと、38マイルの拡張ルートは先住民、スー族の土地を侵害するものだといいます。

彼らは、深刻な環境への懸念を指摘しています。

そして神聖な埋葬地を冒涜するものだと。

それは受け入れることができないのだと。

water is life

『水は命』 『NO ダコタアクセスパイプライン』

このパイプライン計画が承認される以前に、全ての州が事故の可能性に懸念を表明しています。

事故とは、パイプからガスが放出される出来事、と定義されています。

事故で死者が出る可能性もあります。

または、その土地、建物に重大な損傷を与える可能性もあります。

300万立方フィート(915立法KM)のオイルが漏れ出すかもしれません。

そんな事故の起きる頻度はどのくらいでしょう?

パイプライン有害物質安全管理局によれば、思っているより珍しいことではないようです。

過去20年間に1万1199件の事故報告がありました。

つまり年間平均560件です。

スー族は、オイル流出が起こるかどうか、という問題ではなく、

それは いつ 起こるのか、ということなのだといいます。

ミズーリー川に流出すれば、アメリカ合衆国の1/3の農場にとって、大惨事となります。

そして、アメリカの飲み水の大量の源が汚染されることになります。

いくつかの政府機関は今、パイプラインの安全性について疑問を投げかけています。

水を守るものたちは、パイプライン計画が覆されるまであきらめないと言っています。

ずっと、武装した警察の敵対に向き合っています。

それでも、平和的な抗議を続ける事にしました。

水を守るものたちは、支援を求めています。


water.jpg

『これは、あなたたちの水でもあるのです。』

----------------------------------------------------------------

沖縄、高江

takae_20161204160046c0d.jpg


アメリカ、ノースダコタ 

Dakota-Access-Pipeline-Protest-1_201612041600458e6.jpg


そして、今週言動が全く一致しないことが証明されてしまった、カナダのジャスティン、トルドー首相、キンダーモーガンパイプライン計画を承認

カナダ、バーナビー。 

burnaby mt


2年前からの休戦状態も既に終わったようです。。。


おなじ国、おなじ地に住む市民どおしの悲しい戦争。

どちらの想いも国境を越えてシンクロ。

なぜなら、睨み合う相手のはるか向こうにいる形のない魔物こそが、本当に向き合うべき相手だから。

権力。金。



武装しないことこそが、本当の平和を築けるのだということを、

今こそ、なんとしてでも、実現したい。。。


普遍と思われるこの構図から、

私たちはつぎの次元へ行くことができるのでしょうか。


大いなるチャレンジです。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1282-d0abab39

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。