スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能問題~分断からACCEPTへ

 2016-07-08
7月3日 三宅洋平 選挙フェスDay12 JR新宿西口


53m23sから

東京のみなさんにここでひとつ、話しにくいことを話させてください。
今回の僕のアジェンダ、2番目に掲げたのが、脱被曝測りまくる日本。いや、測りまくれ日本。

今日自由が丘で演説をしたら、後ろの駅前の植え込みが0.18マイクロシーベルト/HOUR。
いまだにホットスポットは東京にもたくさんあります。福島原発で飛散した放射性物質は、8割が海に流れました。2割が日本の国土に降り注ぎました。その2割を広島型原爆に換算すると、100発分なんです

先ほどもお話しましたように、広島や長崎に人々が、長く、不確定な情報の中で自覚もなく苦しんできた現状がありますが、その50倍の量のものが日本の国土に降り注ぎ、ものによっては利根川や荒川を通って海に流れたかもしれないが、物によってはいまだに沈殿し、あるいはものによっては除染しきれず、除染をしてもまた戻りますからね。そして土自体は消えないし、その辺の植え込みや、こういった街中のいろんな角々、辻辻にたまってるんですよね。風が吹けば舞います

だけど、今の政府は、内部被曝というものをほとんど計算に入れていないし、常に外部線量の話しかしません。だから今多くの人が、ガイガーカウンターもってる人ですら、0.056くらいか。だいぶ落ち着いてきたね、なんて言うんですけど、違いますよ

呼気被曝食べる量の6倍の空気を、容積として6倍の空気を僕らは日々吸って生きてるんです。まぁ、人によっては断食できる人もいるかもしれませんけどね。空気だけは、誰でも吸い続けますからね。それが肺の中にたまる。

だけど第五福竜丸のとき、ビキニ環礁の水爆実験のなかにたまたまエリア内にいたあのマグロ漁船の人々が被曝をし、そして亡くなったときに、世界で、被曝で死ぬのは私たちを最後にしてほしい、と言い残したとき、実はほかに400艘の4百隻の漁船が近海にいたんですよ。第五福竜丸を持ち上げることで、ほかの被害の実態を矮小化し、そして、その人々は自分が被曝で死んだということすら自覚のないまま苦しんで死に、医者も首をかしげ、最終的には、「お父さん、お酒の飲みすぎだったからね。」家族はそう言って納得してきたんです。

同じことが、チェルノブイリや、ベラルーシでも起きてます。同じことが今まさに、東日本でも、いや西日本も含めて起ころうとしているんです。

僕が、原発震災、あの直後に東京を脱出したときは、仲間たちとも大きな軋轢が起きました逃げるのか。俺は東北へ友達を助けに行く。といって、放射能色濃い中へ飛び込んでいった仲間たちもたくさんいます。

お前は沖縄に逃げるんだ。これまでお前が言ってきたことはじゃぁ、何なんだよ。いつも先頭に立って、原発のことや、社会のことを俺たちに教えてくれた三宅洋平が先頭たたないでどうすんだよ。

僕は、放射能だけは俺たちは勝てないから、逃げるという姿勢でしか証明できなかったんです。危険を。

それから何ヶ月も何年も袂を分かった仲間たちもいました。でも今5年が経って、そういった感情的な軋轢はだんだん埋まってきて、特に僕は全開選挙に出たことで自分の本気を認めてもらえて、また仲間の結束が戻り、こうして今日も音楽を共に奏でる仲間たちが集まってくれてるんですよね。

なぜ俺たちがばらばらに分断されたのか
危ない、危なくない食べるか、食べないか住むか、住まないか。

それは政府が正しい情報をわれわれに与えなかったからです。その1点に尽きるんです。僕が測りまくれ日本、を掲げたときには、いやいや、国は、測ってるぜ。ただ教えてないだけだ、そう言ってくれた仲間もいます。事実です。彼らはきっと測ってます。

だけど今実態としては、表に出る情報は、青息吐息の市民測定所、みんなのカンパで成り立ってます。あるいはやってる人たちが自分の自腹でやってます。それか個人。そして、今日演説してくれた松戸市議、ラッパーデリくんのような、児童公園を全部土壌を含めて自分で測ってるような気合の入った議員のわずかな情報です。

たとえば線量が0.138出てるような公園のちょっと線量の高いところ、そこの土壌を測ると、それもケースバイケースで密度が全然違います。数千ベクレルの場合もあれば、何万ベクレルと跳ね上がるときもあります。そこを何も知らずに子供たちが遊んでいるのが、今の日本という、平和な国なんです。

soil cs
福島より放射能汚染が深刻な首都圏のホットスポットが判明! 飲料水が汚染される可能性も?[2016年03月24日]

air filter
横浜 空気清浄機フィルター 放射能測定結果


これは僕たちの力だけでやることは無理です。だから国にやってほしいと突き上げていますが、だけど、自分が立候補して分かったんです。政治家も人間です。官僚も人間です。突き上げられると心が動かないんですよ。なぜなら彼らも瑣末のいろんなことに頭を悩ませながら生きていて、もう、ほかでやることでいっぱいなのに、突き上げてこられたら、圧力団体に圧力かけられても、心が動かないんですよね。

今ネット上で僕に到底答えきれないような量の質問が飛んできてます。そういう政治に対するスタンス自体を僕らもやはり壊れてるんですよ。だから、一緒に国会に行きたいんです。


7月4日 三宅洋平 選挙フェスDay13 JR立川駅

26m10sから

ここに立つと思うんですよ。あぁ、自分の命の使い方を見つけられて、俺はとても幸せだと。それは長生きしたいさ。湯川さんみたいな素敵な年のとり方してる人を見ると、俺も80歳まで行きたいなぁ、と思うよ。だけど、80まで生きることが先に目的にあるはずじゃないよね。命をどうやって使うかをみつけることが俺は幸せだと思うんだよ。それを積み重ねて積み重ねて長生きできたらHappyだな、と。だから、恐れずに進んでいきたいです。

放射能の話させてください。
5年たちました。
原因がわからないけれども、20台のサーフィンやってる仲間が突然胃がんになって、医者の宣告より5倍はやく亡くなったり、40歳の仲間が脳梗塞で妻子を残して逝ってしまったり、
自分の顔が全国に広いせいもあるんだろうけど、なんかおかしいな、っていうのが多いんです。

直後はあまりにみんなが感情的だったんで、こういう話はとてもしにくかったし、
そして、これは、危ない、危なくない。逃げる、逃げない
そういうことが友人関係や家族を分断してきました。

その理由は何ですか?

直ちに健康に影響がないとか、全く親心を持たない政府の発表
そして情報を正しく出さない政府の態度
僕たちはたぶらかされてきたんです。

でも、5年がたって、少しマインドが落ち着いてきたから、
あえて、僕は、東京選挙区で今回、脱被曝、測りまくる日本というアジェンダを掲げても、おそらくみんなは心のどこかで受け入れてくれるだろうと、リスクをしょいながらも、受け入れてくれるだろうと思ってこれを掲げています。

昨日自由が丘で街宣やったときも、裏の植え込みが0.18マイクロシーベルト/HOURでたんです。ホットスポットはいまでも各地に点在しています。

福島原発で、あの事故で出た放射性物質の8割が海へ、2割が陸地に降りました。2割だけでも、広島型原発100発分なんです。そしてそれは今も消えてません。これからもずっとあります。雨や風によっていろんなところへたまります。

まず実態調査を国がちゃんとして、あるいは、もう既にしている調査の情報をちゃんと僕らに提供する。そういうことを国会行って要求していきたいんです。

もう恐れずに目を向けて子供たちを守り、子供たちを守る大人たちを守らなきゃいけないときがきてますベラルーシやウクライナで何が起きたのかを、ちゃんと目を背けずに僕らは調べそこから学べることを、彼らという未来が語ることを、受け入れていかなきゃいけないんです。

じゃぁ、測りまくってどうするんだよ、って言われます。
今、お医者さんに行って、自分が調子が悪いのは放射能のせいじゃないんですかって、相談できますか?ほとんどできないと思うんです。そのことを言うのがタブーみたいになってますよね。日本の医療制度をちゃんとそういった国民のみんなが胸のうちに秘めてる不安に寄り添う形にしていかなければいけないと思いませんか?

医師会を除名されるのが怖くて本当は気づいてるけど口を開いてないお医者さんともたくさん話しをしてきました。彼らは細々と現場で患者と対峙してきてるんです。そっと相談に乗ったりしてるんです。

同じことはメディアでも起きてます。本当のことを伝えたくてちゃんと取材をしているんだけれども、デスクが通さない。あるいはデスクががんばってもその上の上司が通さない。なぜなら、後ろにロイヤル株主がいるからですよね。

ボブ・マーリーの最大の仲間、ピーター・トッシュはこういいました。”Get Up, Stand Up! Don’t give up the fight.”あれから40年の時間がたって、僕はこういいたいんです。”Get up, Stand up! Don’t give up to stop the fight”怒りと戦いでは話は片付かない。怒りと戦いの先にある許しまでたどり着く、対話の道を歩みたいです。東京選挙区、無所属立候補、三宅洋平に力をください。




5年たったから、冷静に話しができる?かな?

せっかく忘れてるんだから、蒸し返さないで、って思う人が多いのかな?


5年経って、わたしも感じてる。


長く生きることではなく、次の瞬間に失くしても後悔しないように、

自分の命を全うしたい。


危険だと分かっていても、

そこにいるかけがえのない理由があることも、

前より理解できるような気がする・・・





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1271-23aef0dc

コメント
公正な選挙結果を得るには手カウントのシステムに戻す必要がありますね。
機械のカウント結果は公正でない場合が指摘されています。

このAさんの証言を観ると、
状況は深刻ですが、全てのシステムが公正でないので、
修正出来ない状態です。

カナダの選挙システムreformするという事なので、
公正な選挙は機械カウントでなく手カウントが必然であるという事を認識
しなければならないと思います。


ー 実は統一地方選、私が出た府会議員選挙もそうなんですが、
この時に遠隔操作で投開票システムの中に入っているという事実が分かりました。

「どうやって入ったんですか?遠隔で」ということで、「普通入れないでしょ、セキュリティがあるから」というと、なんと設計段階の、
2006年にこのシステムは設計されたらしいんですが、わざわざ遠隔で入れるようにバックドアっていうんですね、これはIT用語で。
それを設置したらしいんです。
そして「遠隔で入るためのIPとパスワードは、2006年の段階で設定した」というふうに社長本人が言っています。

これも複数の人が一緒に同席して聞いていますし、録音でも持っています。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4674.html



- Glitchy New Brunswick election raises questions about vote tabulation

http://windsorstar.com/news/local-news/glitchy-new-brunswick-election-raises-questions-about-vote-tabulation

New Brunswick’s Liberal party led by Brian Gallant was declared the winner, but only after vote-counting was suspended for hours due to technical problems with the ballot-scanning machines. There were reports of numerical discrepancies and missing memory cards.

- http://www.fairvote.ca/
To determine the best model of Proportional Representation for Canada, while respecting the need for all MPs to face the voters
and be accountable to voters, we call on federal parties to commit to:
1. Conducting a multi-partisan process involving citizen and expert consultation to determine the best model.
2. Implementing the model in time to Make Every Vote Count in the 2019 election.

- Rigged USA Elections Exposed
https://www.youtube.com/watch?v=JEzY2tnwExs
【2016/07/27 10:43】 | 選挙について思う事 #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。