FC2ブログ

お互いの思いの熟成

心に響く話
07 /01 2016
6月24日 選挙フェス DAY3 新橋駅SL前広場



引き続き主観バリバリの今回の目玉!です。

38万円の基礎控除が120万円になったら、素晴らしくないですか?
120万円の所得までには税金がかからないっていうのどうですか?
まず1。アイディアは出せるんです。
じゃあそれを実現するのはだれか?って。
もちろん僕ら全員ががんばんなきゃいけないんだけど、
やっぱ立法化する国会議員。そして、官僚を動かさないといけない。
120万円って多分、お金持ちとか富裕層の人にしてみてたら、
もう屁でもないみたいな所得
ですよね。
だけど、これを38万円にしてる現状の世界ってどうですか?
お金持ち恨まれてますよね?
恨みを金で買うのと、感謝を金で買うのとどっちがいいのかって話で。
しかもそこには、金では買えないいろんなリスペクトとか、血のつながらない家族愛とか、いろんなものがあって、
世の中の空気が良くなる
と思うんですよ。

昔の経済人は「結局、世の中が良くならないと自分たちの生業もうまくまわらない」ってことをちゃんと考えてたって話を、経済に詳しい方に、特に年配の方にはよく聞くんです。
90%の税金を、富裕層が払ってた時代が実は日本にはあるんですよ。
最高税率90%、所得税と住民税合わせて。
世界で一番、お金持ちがちゃんと税金を払う国だった時代があるんですよ。
昭和ですよ戦後。
で、今47%まで落ちてきてて。で、なんか社会が格差とか貧困という形で分断されて、ギスギスしてるような気がします。

これ日銀のサイトを開くと書いてあります。家庭の金融資産が1740兆円あるよ、と。
家庭の金融資産と言う言葉になんかちょっと一瞬ほっこりしそうなんですけど、要は個人の金融資産ですよね。
で、もちろん株やってる人だって頑張ってます。トレーダーとか。
毎日、胃に穴が開くようなおもいしてやってる人もいますから。
それも努力。
だけど、税金がかかってないんですよ。
分離課税で、その配当に対して、とか。20%、均一の税金てのがかかってるらしいんですけど。
で、これもおかしな話で、累進課税にしましょうよ、っていうアイデアが今出てるんです。
要は100円儲けた人も、100万円儲けた人も、同じ20%の税金がかかるっていうのはお金持ちにとって有利じゃないですか。
でさらに言うと、全体で1%の人が500兆円を握ってるんです。
1740兆円のうちの500兆円を1%の人が握ってるんです。平均5%の課税をすると、25兆円の財源がつくれます。

自分は3.11、福島原発事故のあと、娘が6歳だったんで、2日目には東京を出ました。
原発反対運動に首つっこんでたんで、多少情報があったんです。
例えば、SPEEDI(すぴーでぃ)っていうものがあるよ、って。
本来なら即座にその情報が公開されるはずだということもわかってたんです。
ところが、公開しないってことがわかったんです。はじめの数十時間の間に。
そのとき、「あぁこの人たちは、チェルノブイリで起きたときと同じように嘘を突き通すんだ」って思いました。
だから逃げたんです。で、沖縄に引っ越しました。
それに関してもすごい、仲間とか友人、家族の間で、いろんな分断が起きたんですけど、なんかそういう経験、被ばくに関しては皆さんもいろんな経験してると思うんです。
俺は放射脳って呼ばれました。
でもそれらの分断の原因は何ですか?
すごくシンプルです。
国が、正しい情報を、公開しなかったことが原因なんです。
そのとき、それを国にさせられる政治力が僕らになかったのが原因なんです。

じゃあ、自分がミュージシャンである前に一人間として、職業三宅洋平として、やっぱり中に入っていくしかないなと思ったんです。
何をしにいくか?
別に日本をひっくり返しに行くんじゃないんです。
717分の2の予算をとりにいきたいんですよね。
予算の配点を訴えにいきたいんです。
で、そこで、さっきの財源の話も展開したいわけです。
アイディアは、やっぱりまず口に出していかないと霞ヶ関にも永田町にも伝わらないと思うんですよね。
だからそこで、僕のような人材が必要だと、託したいと思ってくれる人は、今回の選挙も力を貸してほしいんです。

靖国神社の問題っているのは、もっとボクら深く考えなきゃいけないと思うんです。
あれを政治利用、軍事利用した人たちもいる。事実。
だけど、戦争の一番の被害者は、戦死者だと思うんですよ。
で、戦後の日本は「経済復興だ」って言って万進してきました。
オリンピックとか、万博とか、
「みんなあの戦争は間違ってたんだー」「お陰で今があるねー わーい」ってなってたときに、全くそれに乗り切れなかった人たちがいるんですよ。何千万人も。例えばそれが遺族会の人たちです。
お父さん、お爺ちゃん、お兄ちゃんが、戦争から帰って来なかった人たちが、少なくても1千万から2千万人はいるでしょ。
あの時代大家族だからもうちょっといるかもしれない。
日本の経済復興って、この人たちの気持ちを果たして拾ってきたのかな?って。
だから、ああいう、極右的な勢力っていうのが70年かけて、自分たちの想いを募らせてきたんじゃないですかね。
っていうことは、彼らを生んだりヘイトスピーチを生んでるのって何か?って、
そこに目を向けて来なかった、僕ら全体かもしれないんですよね。
で、それは陰謀じゃないっす。
あるいは利害とかね、利権だけの話じゃないと思うんです。
根本にあるのは、心の問題だと思うんですよ。
彼らには強い思念があって、それが今、 彼らを動かしてると思うんです。
だから、それに対して、僕らも同じように、自分たちの思いっていうのを、やっぱり10年20年かけて、熟成していかなきゃいけないし。

で、一人一人が自由であれる自由な社会
つまり、憲法に規定されてるような、
個人の尊厳とか、基本的人権とか、平和主義とか。
国民主権っていうのを大事にしたい人って、基本群れたくない人たちなんですよね。
だから選挙に勝てないんですよ。
どっちかっていうと、その内輪で内ゲバしちゃう。
で、理念と理念をぶつけちゃう。
ところが、こっちの人たちは、すごくシンプルな部分で繋がりあって、
さらに、利権と利害も大事にしてるから、時には思いをすっとばして、そこでも繋がれる。すごく強固な組織です。
で、これをなんかこう週刊誌っぽく、ただ悪く言う。
なんか悪の権化とか、安部やめろとか、安部倒せとかだけでは、僕は日本の政治は深まらないと思います。
そこに、対話を阻害する要因があるんですよ。
本当に、その歴史のバックボーンが何で、彼らが何を言いたいかということを咀嚼して、同じように自分たちが何を思い、何を伝えたいかを伝える場、としての、選挙。ていうものを僕は取り戻したいんです。

選挙に出る、公示日が始まる前の6月22日。
神社に行ったんですよ。鳩森神社、代々木の。
ちっちゃいすごくいい神社です。雰囲気も良くて。
で、ちょっと古い言葉なんですけど、そこでおみくじを引いたら大吉が出まして。
こりゃ幸先いいわいと思ったんですけど、書いてあるのは厳しいことばっかりで。

裏を返してみると、よくあの祝詞とか和歌が書いてありますよね。
で、そこに書いてあったのが、
平和で住みよい暮らし、社会を作る為に、世の中を作る為に、あまつつとめ 祈ること、くにつつとめ 国につとめること
国って言っても「国家」とか「立憲主義」とか、
「お国」ってやつじゃなくて、
一人一人のふるさとですよ。
邦人の邦、と書いて邦(くに)。その、くにつつとめを果たしなさいと書いてあったんですよ。

今回もこうやって選挙に出ました。
あなたを応援してます!って人が全国から、もう寝てる間も、ずーっとフェイスブックと、ラインと、インスタグラムと、ツイッターのメッセージが鳴りっぱなしです。
「髭剃れ、髪切れ、ボタンしめろ」
まあ前回に至っては「靴履け、ズボン履け」
それ全部の意見を取り入れると、完全に僕じゃないものが出来上がります。
でもさ、生きづらい社会作ってるのって安倍さんですか?って話なんですよ。
実は僕ら1人1人が、
そうやって謎の下から目線で政治家を追い上げて、
冷たい目で見放して、
あーしろこうしろっていい距離から言っているんですよね。
だからやっぱそこはおあいこだって俺は思います。

それよりむしろ、安倍総理大臣には国民栄誉賞をあげたいと思います。
あまりにひどい憲法改正草案を提出してくれたおかげで、多くの国民が憲法の問題について、考えはじめちゃった。
のらりくらりと誤魔化してきた日本の憲法教育。
まあ、あのサザンオールスターズの「ピースとハイライト」って曲にもありますけど、



現代史の授業、歴史の授業、いつも現代に入る前に時間切れ。
俺たちが1番知りたいのは、特に明治以降の日本の歴史。
そして戦後から今に至る日本の歴史。
あるいは、何で僕らがずっとアメリカのいうことを聞かなきゃいけないか?
っていう法体系のことなんです。そこに密約があるんですよ。

機密なんか作るなよ、俺たちの政治だろ」って思うんですけど。
そこに辿り着くにはちょっとまだ時間がかかると思います。
例えば、山本太郎が総理大臣になるとか、僕らが政権とってアメリカと交渉するとか、
そういう時代になったらやっと、そういう要求も出来るのかな。
そして世界単位で、もう戦争してる場合ちゃうやろ、と。
石油掘り続けてる場合ちゃうやろ、と。
それよりもそれらのソース(資源)、人的ソース(資源)、資金的ソース(資源)を、
平和で、気候変動とか環境破壊に対応する社会を作っていくことに費やしていこうっていう世の中に、したい
でしょ。

もう選挙なんか2度と出たくないって思ったけど。
まあやっぱりお鉢がまわってきて、自分はこういう星の下に生まれたのかなって。
でも、俺に時間と知識与えてくれたら、まあまあ面白い議員が出来上がるんじゃないかな?って、
育成ゲームとして、このゲームに参加してくれないすか?
三宅洋平です。三宅洋平と申します。よろしくお願いします。

昔の経営者は、「俺たちは社会をよくするためにやってんだ」
っていう意識がもっとあった
っていう、年配の方の話が身にしみるんですよ今。
で、松下幸之助とかどーだったのか知らないですけど、
もうちょっと邦(くに)のこと考えてたんじゃないかなって。
警察雇ってんのも自分たちだ、っていう意識があったはずなんです。
そのために俺はちゃんと税金払うよ、っていう。
70年前の戦争中の国づくりに戻そうとしてる人たちと、
40年ぐらい前のそこの精神に戻そうとしてる俺との、
まあこの復古主義の勝負


俺は言い始めて、最初に手を上げて最初に踊り出すから。
後に続く人がもっと欲しいんです。
今回の選挙で、そういう人間がたくさんいる、
一定いるってことを証明してください。

いー邦つくろう、日本。
ヤーマン。
三宅洋平です。
ありがとうございます




全文は以下のフェイスブックのリンクをどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Blue Dolphine

ボア君 23歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 20歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 11歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊が自分のライフスタイルを実現する場所だと考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 親の同居介護へ
にほんブログ村