スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ドックフードにストロンチウム??!

 2016-04-12
HOW TO AVOID FOODS HIGH IN ARSENIC AND KEEP YOUR DOG HEALTHY
愛犬を高度のヒ素のフードから守りいかに健康を保つか


by Dr. Peter Dobias, DVM

ARSENIC LEVELS HAVE BECOME A BIG PROBLEM IN DOG NUTRITION
ヒ素のレベルが犬の食事の大きな問題になっている



ellie_2016041313132378a.jpg


Many dog lovers have reached a new level of awareness when it comes to food. People are switching to raw and cooked natural diets in droves. It appears that processed pet food companies are having a harder time convincing people that their food is better than the food nature intended.
多くの愛犬家がフードについて今までとは違う認識レベルに達しています。ローフードや調理済みのナチュラルフードにこぞってシフトしています。プロセスフードを提供する会社は自然志向のフードよりも良いのだと消費者を納得させるに明らかに苦労しています。


However, even when one switches to raw or cooked food, not all food-related problems are solved. Nutrient depletion in soil results in nutrient deficient foods and dog food is no exception. People who have put their dogs on whole-based natural supplements have seen the transformations in their dogs. However, there are still many nay sayers who stubbornly claim that feeding good food is enough.
しかしながら、いくらローフードや調理済みフードにしたところで全ての食に関する問題が解決するわけではありません。土壌の栄養の枯渇は栄養の欠乏した食物となり、ドックフードも例外ではありません。ナチュラルサプルメントを犬に与えている人たちは犬に変化が現れたが分かったでしょう。しかし、それでもまだ頑固に質の良いフードを与えていれば十分だと言う人も多くいます。


As a veterinarian, I source from almost three decades of experience, but still I like to see the proof. Hair testing for minerals and toxic elements has been really helpful because it is highly accurate and shows what is happening in different groups of dogs.
獣医師として、ほぼ30年の経験を元に、私はその証拠をこの目で見たいと思っています。ミネラルと有害要素を検査するヘアーテストは本当に参考になります。その検査のは精度が高く、異なった犬のグループに何がおきているのかが分かるのです。


In the course of many years of testing, I have learned that dogs who eat fish-based foods have elevated mercury levels and sardines appear to be the cause of increased strontium. Since the Fukushima nuclear accident strontium is continuously being released into the oceans and not much is being done to inform the general public.
何年も検査してきて、魚ベースのフードを食べている犬は、水銀のレベルが、イワシを食べている犬はストロンチウムが上昇する原因となっていることが分かりました。福島原発事故のため、ストロンチウムは継続的に海に放出されていますが、一般にほとんど知らされていないのです。


Sadly, I have noticed that dogs who have epilepsy have higher than average levels of strontium and mercury, which made me recommend against feeding fish and sardines to dogs, despite their nutritional benefits. Fish is not what it used to be.
悲しいことに、ひきつけを起こす犬に、平均より高いレベルのストロンチウムと水銀が見られました。そのため私は魚やイワシを犬に与えることは栄養的なベネフィットがあるにしても薦められなくなりました。魚はかつてのものとは違うのです。


Arsenic has also been on my radar for some time, mainly because it is highly toxic and appears to be often elevated in dogs’ hair.
ヒ素も時々私のレーダーにかかります。その有害性が高く、犬の毛にしばしば高いレベルが見られます。


Where does arsenic come from?
ヒ素はどこから来るのでしょう?



Even our medieval ancestors knew arsenic was toxic, but our modern problem with arsenic is related to industrial pollution and especially water.
中世の祖先たちでさえもヒ素が有毒であることを知っていましたが、現代の私たちの問題は工業汚染、特に水に関するヒ素です。


“Arsenic toxicity is a global health problem affecting many millions of people and animals. Contamination is caused by arsenic from natural geological sources leaching into aquifers, contaminating drinking water and also occur from mining and other industrial processes.”
「ヒ素の毒性は世界中の何百万人の人々、動物たちの健康に影響を与えます。汚染の原因は自然界の地質上のヒ素によるもので、帯水層に浸出し、飲み水を汚染されるのですが、鉱山や他の工業過程により起こるものもあります。」


The presence of arsenic in our body is unavoidable in our industrial age. Naturally the next question to ask is, which foods contain the most arsenic and how can we protect our dogs?
この工業時代においては、体内にヒ素が存在することは避けることができません。ごく自然に浮かぶ疑問は、どの食べ物がもっともヒ素で汚染されていて、どうすれば愛犬を守ることができるのか、ということです。


Rice is a significant source of arsenic
米はヒ素汚染の重大な要因



From the hair test results, I consistently see higher arsenic values in dogs that eat rice supplemented diets. I usually do not recommend rice and other grains for dogs because it is not species appropriate, but I still see some people using it.
ヘアーテストの結果から、お米のサプルメントを取り入れている犬には常に高いレベルのヒ素が見られます。なので、通常米や他の穀物は勧めません。犬に適していないからです。しかし与えている飼い主をまだ見かけます。


Pet food companies love rice because it is relatively cheap, especially when it comes from Asia, which is a part of the problem. The water quality in many Asian countries is poor, with some exceptions. If you have ever traveled to the region, you may have seen puddles, streams and lakes covered with oil or full of plastic and garbage. As a consequence, chemicals, including arsenic, end up in the rice fields that get flooded for a part of the growing season.
ペットフード会社は米を使うのを好みます。特にアジアからのものは比較的安いからです。これが問題でもあります。例外もありますが、多くのアジアの国の水質は良くありません。その地域に行ったことのある人なら、水溜りや小川、湖が油やびっしりのプラスティックやごみで覆われているのを見たことがあるでしょう。その結果として、ヒ素のような化学物質が田んぼに入り込み、米が育つ時期に田んぼにあふれてしまうのです。


small_garbage-dump-contaminating-lakeside.jpg


There are many studies available online to confirm that arsenic in rice is a serious problem. One study compares the presence of arsenic in rice from different regions and California rice appears to be the safest.
ネットでも米に含まれるヒ素が深刻な問題であると認めている研究が多くあります。様々な地域の米に含まれるヒ素を比較した研究ではカリフォルニア米がもっとも安全なことが明らかになっています。


The question is, is rice is really necessary for dogs? The answer is no because it is not a part of their species-appropriate diet. Now you have two reasons not to feed dogs rice and think twice before you order rice from your local restaurant.
問題は、犬に米が本当に必要なのか?ということです。答えはNOです。犬という動物に米は適していないのです。犬に米を与えない理由が2つあるということです。そして、あなたも、レストランで米をオーダーするときによくよく考えてみてください。


How to find out if your dog has higher than normal arsenic levels?
愛犬の体内に通常より高いレベルのヒ素を取り込んでしまっているのかの調べ方



While blood tests can help determine the momentary levels of enzymes and electrolytes, it does not give you a comprehensive evaluation of your dog’s arsenic levels over the past several months.
血液検査は一時的な酵素と電解物のレベルを特定するのに役立ちますが、過去数ヶ月にわたるヒ素のレベルを総合的に確かめることはできません。


Your dog’s hair is a kind of time capsule that seals its mineral content profile over the course of its growth. Analyzing your dog’s hair is the best way to determine your dog’s levels of arsenic exposure in the past four to six months.
犬の毛が、成長する過程にわたってミネラルの成分を閉じ込めるタイムカプセルのようなものなのです。その犬のけを分析することが過去4ヶ月から半年にわたってどのくらいのヒ素にさらされているのかを見る最善の方法です。


How to get rid of arsenic and neutralize its effect
どのようにヒ素を取り除き、その効力を消す?



1. Eliminate rice from your dog’s diet and treats. In the age of gluten-free diets, the content of rice in food is greater than ever before.
あなたの愛犬のえさ、おやつから米を取り除いてください。グルテン・フリーの時代に、今までになく米を食生活に取り入れることが多くなっています。


2. Check your dog’s arsenic levels by doing a hair test.
愛犬のヘアーテストでヒ素のレベルを調べてください。


3. If your dog’s results show high/normal or abnormal levels of arsenic consider using a homeopathic remedy that has been proven to reduce the effect of arsenic exposure. I have found the homeopathic remedy Arsenicum Album very helpful. I propose that you give one dose (three to five pellets) 30C or 200C potency twice, two weeks apart. Please note that this remedy will not reduce the arsenic levels, but will reduce some symptoms that may be related to chronic arsenic poisoning. Arsenic toxicity can affect multiplex organ systems and the symptoms can be non-specific, ranging from digestive upsets to the tendency for diarrhea, kidney disease, liver disease, cancer and changes in behaviour.
もし愛犬のヘアーテストの結果から、高い・普通・あるいは異常なレベルのヒ素が見つかったら、ヒ素の効果を少なくすると分かっているホメオパシーのレメディーを取ることを考えると良いでしょう。アーセニカム・アルバムはとても便利です。ポーテンシー30Cか200Cのものを1回(3-5粒)を2回、2週間間隔で与えると良いでしょう。このレメディーはヒ素のレベルを下げるのではなく、慢性的にヒ素に侵されていることから出てくるいくつかの症状を抑えるものです。ヒ素の毒性はいくつもの内臓に悪影響を与える可能性があり、症状は特定できません。消化不良から下痢、肝臓病、腎臓病、癌、挙動の変化など様々です。


4, There are two ways of keeping your dog’s body as toxin free as possible.
愛犬をできるだけ毒性から遠ざけておくための2つの方法があります。


Arsenic levels have become a big problem in dog nutrition
ヒ素のレベルは犬が取る栄養において大きな問題

A. Providing essential minerals and vitamins, which help to push out toxic elements from the body.
 必須ミネラル、ビタミン成分を取らせると、解毒に役立ちます。

B. A semi-annual liver cleanse with Livton.
 LIVTONで年に2回肝臓解毒をします。


It would be unreasonable to expect that your dog or anyone will be arsenic free, however reducing exposure to this toxic element can be another deposit in your dog’s health and longevity account. Your dog’s health starts with awareness and taking small steps can make a big difference.
愛犬や人間が体内にヒ素をためていないと考えるのは無理がありますが、有毒物質を減らすことは犬の健康と寿命に貢献します。このことを意識し、小さな一歩を踏み出すことが、犬の健康に大きな変化を与えるでしょう。





ellie2.jpg


愛犬もそうですが、人間も気をつけましょう!

ラビ君もヘアー・テストしましたが、

まぁ、体内の重金属の汚染、特に鉛のレベルは著しく。。。。

ウランまで。。。。ショック・・・・


hair.jpg

鉛のレメディーはプラムバムのようです。

全てをカスタマイズしたレメディーをいただいてきましたが、半年後の改善具合が楽しみです。



参考までに。。。

ホメオパシーを調べていて、ストロンチウム(安定)が基本のミネラル要素だということを知りました。


hair2.jpg


ラビ君はこの体に良いミネラルのとりすぎ、欠乏など、バランスがよくありませんでしたが、

上記の犬のフードに含まれていたストロンチウムが放射性のものかどうか、という疑問はぬぐいきれません。。。

このヘアーテストで、放射性ストロンチウムを測れるとはおもえませんし、リストにもありません・・・・

水のフィルターでストロンチウムを取る、というものもありますが。。。

我が家も使っているのですが・・・


もしかしたら、良いミネラルを根こそぎとってしまっているかもしれません。


ふか~~~い知識と、正確な情報が本当に必要ですね!








スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1253-7163f411

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。