スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

戻ってきたカナダ?!

 2015-12-08
結構注目を浴びている


Trudeau gets rock star exit at APEC Summit in Manila
APECでロックスター風に退場するトルドー、マニラにて

カナダの新首相のCOP21でのスピーチ at PARIS

Address by the Right Honourable Justin Trudeau, Prime Minister of Canada
Paris, France

30 November 2015


I am honoured to represent Canadians at this historic meeting.
この歴史的な会合にカナダを代表して参加していることを誉れに思います。

My message is simple. Canada can and will do more to address the global challenge of climate change.
私が伝えたいことはシンプルです。カナダは気候変動についての世界の変化にもっと取り組むことができますし、取り組みます。

We will do so because the science is indisputable, and tells us that our planet is already changing in ways that will have profound impacts on our future.
なぜなら、科学によりそれは明らかで、私たちの地球がすでに未来に重大な影響を与えるような変化をしていると示しているからです。

And we will do so because it’s the right thing to do, for our environment and our economy, and as part of the global community.
また、それが私たちの環境、経済にとって、世界のコミュニティーの一員として正しいことであるからです。


"Future generations will be proud" from Zack Embree on Vimeo.



Our government is making climate change a top priority, and our actions will be based on five principles.
わが政権は気候変動問題をトッププライオリティーとしており、それは5つの原則から実施されます。

First, we will act based on the best scientific evidence and advice.
1つ目。最良の科学的根拠と提言に基づき行動を起こします。

Second, we will support and implement policies that contribute to a low-carbon economy, and this will include carbon pricing.
2つ目。低炭素経済の発展に貢献する政策を支援し、実行します。それは炭素放出料を含むものです。

Third, and very importantly, we will work with our provinces, territories, cities and Indigenous leaders who are taking a leadership role on climate change.
3つ目。これはとても重要です。各州、テリトリー、市そして気候変動問題について先導的役割を果している先住民のリーダーたちと共にこの問題に取り組みます。

Indigenous peoples have known for thousands of years how to care for our planet. The rest of us have a lot to learn. And no time to waste.
先住民族たちが何千年もの間地球とバランスよく付き合ってきたことは周知の事実で私たちは彼らから大いに学ばなければならりません。そして、これ以上一切無駄にする時間はないのです。

But they are not alone. Canadian cities have also long been leaders in the fight to create clean growth and combat climate change.
しかし彼らだけではありません。カナダの都市は長い間クリーンな成長を遂げ、気候変動と戦うためのリーダー的役割を担ってきました。

There’s a lot that we, in other orders of government, can learn from our cities.
私たち異なったレベルの政府もその都市から学ぶことがたくさんあるのです。

Fourth, we will help the developing world tackle the challenges of climate change.
4つ目。気候変動のチャレンジに取り組む世界の発展を援助します。

Many of the world’s most vulnerable countries have done little to contribute to the problem, but face the most significant consequences.
多くの弱い立場の国々は、この問題に加担してきていないのにもかかわらず、もっとも大きな結果に直面しています。


And all countries deserve the right to develop, and this development can and should be based on access to clean energy technologies.
すべての国々が発展するべきであり、その発展はクリーンなエネルギー技術へアクセスすることに基づくものでなければなりません。

Finally, we view climate change not just as a challenge but as an historic opportunity.
最後に、私たちは気候変動をチャレンジだとのみ捉えるのではなく、歴史的チャンスだと考えるべきです。

An opportunity to build a sustainable economy, based on clean technology, on green infrastructure, and on green jobs.
クリーンな技術、グリーンなインフラ、グリーンな職業に基く持続可能な経済を構築する機会であると。

We will not sacrifice growth; we will create growth.
私たちは成長を犠牲にするのではなく、成長を作り出すのです。

I want to highlight the participation at COP 21 of several provincial and territorial premiers.
いくつかの州とテリトリーの知事たちがCOP21に参加していることも強調したいと思います。

Our provinces have taken a leadership role in Canada with regard to climate change.
私たちの州は気候変動に関してカナダでリーダーシップを取ってきたのです。

In the months to come, we will develop a pan-Canadian climate change framework, to assist us in implementing the Paris agreement.
これから数ヶ月、パリでの同意を実行するための全カナダの気候変動体制を展開させます。

This will include national emissions-reduction targets and, more importantly, a concrete plan to achieve them.
これはわが国の放出量削減目標を含み、さらに重要なのは、それを達成するための具体的な計画を立てることです。

Policy options will be informed by the best economic and scientific evidence.
政策は最良の経済、科学的根拠を参考にします。

These options include carbon pricing, support for energy efficiency, clean electricity and transport, and sustainable buildings and infrastructure.
炭素放出料を含み、エネルギーの効率、クリーンな電力と輸送、持続可能な建築とインフラなどです。

Adaptation will be a core focus of our efforts.
適応が、私たちの取り組みの中核となるものです。

And the plan will be flexible to the circumstances and policy approaches of the provinces and territories. From cap-and-trade to a ban on coal-fired electricity generation. From world leading innovation on carbon capture and storage to a revenue-neutral carbon tax.
計画は状況により柔軟なものであり、政策は各州、テリトリーに似たものです。キャップ・アンド・トレード(排出量の上限(キャップ)を定め、それに基づいた差分を取引する)から石炭を燃やす電力生産の禁止にいたるまで。二酸化炭素の貯留(気体として大気中に放出された、あるいは放出される直前の二酸化炭素を人為的に集め、地中・水中などに封じ込めること)の世界をリードする技術革新から、税収中立炭素税にいたるまで。

We can learn from and build on these models.
これらのモデルから学び作り上げることができるのです。

We will also emphasize innovation.
また、技術革新も重要視します。

We will support sectors ranging from energy to forestry to agriculture, as they develop technologies to reduce emissions, create high-quality jobs, and contribute to long-term sustainable economic growth.
放出を削減する技術を展開し、質の高い職業を生み出し、長期にわたる持続可能な経済成長に貢献するエネルギー、林業、農業の領域を支援します。

Our plan will build on the efforts of local governments, indigenous organizations, businesses, youth, the academic community, and non-governmental organizations, many of whom will be represented in Paris in the coming days.
私たちのプランは、地域の環境、先住民の組織、ビジネス、若者、学術コミュニティー、NGOなど、パリでこれから数日にわたり参加している多くの人々の取り組みを土台に築き上げます。

Canada will take on a new leadership role internationally.
カナダは国際的に新しいリーダーシップの役割を担います。

We will participate in collaborative initiatives, such as Mission Innovation and the Carbon Pricing Leadership Coalition and we will seek out opportunities to work bilaterally or multilaterally, beginning with our North American partners.
技術革新ミッションや炭素放出料について主導者たちの連携のような集団的イニシアティブに参加し、北米のパートナーたちから双方、多方面に働きかける機会を模索します。

We believe climate finance is critical.
私たちは気候対策財政が重要だと考えます。

Our commitment of 2.65 billion dollars over five years towards initiatives will help developing countries reduce their emissions and adapt to climate change.
わが政権が公約した、このイニシアティブに向けての5年間に渡る2億6500万ドルは、後進国が放出料を削減し、気候変化に適応するのに役立つでしょう。

These efforts can bring about transformative change through increasing access to energy and poverty alleviation.
これらの取り組みは、エネルギーへもっとアクセスできるようにし、貧困を緩和をすることを通して転換できる変化をもたらすことができるのです。

A Paris agreement should reflect a new reality.
パリでの同意は、新しい現実を反映したものであるべきです。

The world has changed for the better.
世界は良い方向へ変わっています。

Global development has increased at a rapid pace.
世界の展開は迅速さを増しています。

But this means that we are going to need the efforts of those countries that are now in a position to help others reduce their emissions and adapt to climate change.
しかしこれは、今他の国の放出量と気候変動への適応を助けなければならない立場いにいる国々の取り組みを必要とすることを意味しているのです。

The agreement also requires a prominent role for the private sector and multilateral institutions to mobilize finance.
今回なされる同意はまた、財政を結集するために、民間、そして多角的機関の傑出した役割を必要とします。

Those who can act, must.
行動できるものは、行動しなければならないのです。

COP 21 provides an opportunity for leaders to overcome old divisions and forge an ambitious, meaningful agreement, and an effective path forward.
COP21は、リーダーたちに古い分裂を乗り越え、大望の意味深い同意と効果的に前進する道筋を作り出す機会を与えてくれています。

Collectively, we are already rising to the task, with more than160 countries representing over 90 percent of global emissions having committed to taking action.
共に、私たちはその仕事に立ち上がっています。行動を起こすと約束した世界の90%の放出料を代表する160カ国以上を代表する者たちと共に。

This is unprecedented.
これは前代未聞のことです。

But the latest science tells us that we need to do more.
しかし、最新の科学は、私たちがもっと成さなければならないことを示しています。

Canada looks forward to playing a constructive role at COP 21.
カナダは、COP21で建設的な役割を果たしましょう。

Our delegates are focussed on finding common ground to achieve an agreement with strong commitments and ambition, one that all parties are able to adopt and implement.
私たち代表者は、強固な公約と大望を持って同意されたことを達成するための共通した基盤を見出すことに焦点を当てています。すべての党が承認し、実行できるのです。

We have an opportunity to make history in Paris - an agreement that supports a transition to a low-carbon economy that is necessary for our collective health, security, and prosperity.
私たちはパリで歴史を作る機会を与えられています。私たちみなの健康、安全、繁栄のために必要な低炭素経済への転換を支持するという同意です。

Canada is back, my good friends.
良き友よ。カナダは戻ってきました。

We are here to help.
私たちは助けとなるためにここにいます。

To build an agreement that will do our children and our grandchildren proud.
私たちの子供たち、孫たちが誇りに思う同意を作り上げるために。

Thank you.
ありがとうございました。




動画の部分のスピーチはすばらしく、

確かに、カナダらしいなぁ。。。

特に、カナダのハイスクールの先生らしいなぁ、

trudeau_ad-600x350.jpg

という印象ですが、



その後が・・・・


私の描く再生可能社会とはかなり違い・・・



それでも、この転換は、必要なステップなのかもしれません。


言うは易し。


実行するのは、私たち一人一人です。


すでにとっくに実行してる人、


さらに先を行っている人、

結構見かけます!








スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1243-be03c660

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。