スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

自由を取り戻したカナダの科学者たち

 2015-11-13
cbc_logo

Unmuzzled federal biologist Facebook post goes viral
発言の自由を取り戻したカナダ政府機関の生物学者のフェースブックポストが大拡散


Online posting by fisheries biologist's mother racks up thousands of likes and shares
水産省の生物学者の母親のオンライン投稿に何千もの「いいね」と「シェアー」


By Haydn Watters, Posted: Nov 08, 2015 12:54 PM ET Last Updated: Nov 08, 2015 12:54 PM ET

silence.jpg

Facebook post from the mother of an unmuzzled B.C. biologist has gone viral, shedding more insight into the changes in the control of information since the new federal government took office last week.
口輪をはずされた生物学者の母親のフェースブックへの投稿が拡散され、新しい連邦政府が先週発足して以来、その抑制に変化がもたらされたことがさらに伺えます。

Jody Paterson, the mother of a fisheries biologist with the Department of Fisheries and Oceans, shared a "spirit-lifting" message from her son in a Facebook post on Friday.
ジョディ・パターソンさんは水産海洋省の生物学者の母親で、息子からのなんとも嬉しいメッセージをフェースブックにポストしたのです。

fb.jpg

Paterson quoted a status update her son made on his personal Facebook account, where he announced that his DFO supervisors told him the muzzle order on scientists had been lifted. He said the changes were announced by his supervisors at an all staff meeting on Thursday.
パターソンさんは息子が自分のフェイスブックのアカウントを開き、DFO(水産海洋省)の上司が、科学者たちに命じられていた口封じが取り下げられたと伝えられたことを告げました。彼は、木曜日にスタッフ全員のミーティングで、上司がこの変化を発表したのだと述べています。


"We were told that it's ok to talk to the media or anyone about what we do without permission. That's how surreal it was. That's how things changed over night," the post reads.
「メディアや他の誰にでも自分たちがやっていることを許可を取らずに話してよい、と告げられた。今までのことがなんとシュールだったことか。これが一晩にして物事がどんな風に変わるのっていうことだ。」と書かれています。


Paterson says her son has been working with the department for about a year.
パターソンさんは息子がDFOで働き初めて約1年になるといいます。


She shared his message with her own Facebook friends, adding a few comments of her own. The post now has more than 11,000 likes and 8,200 shares.
フェースブックのフレンドに自分のコメントをつけてシェアーしました。そのポストは1万1000人から「いいね」、8200件シェアーされています。


Paterson, a former journalist in B.C. who now lives in Nicaragua, says she has been shocked by the response.
かつてBC州でジャーナリストであり、今はニカラグアに住んでいるパターソンさんは、その反応にびっくりしていると話しました。


"I've had people tell me they cried when they read that post, and now I'm seeing comments from others who are talking about crying during the swearing-in ceremony, crying on the day after the election," she told CBC News in a written statement.
「あのポストを読んだとき、泣けてきたのだというのです。選挙の後泣いたとか、宣誓式のときに泣けてきたと話している人たちのコメントもあります。」とCBCニュースに書面で寄せてくれました。


"These are regular people who are not particularly political, and they had been stuffing down their feelings of rage and helplessness for so long that when it was finally over and the Harper government was vanquished, all the emotions flooded out."
「特に政治に関心の強いというわけではない普通の人たちです。そういう人たちが怒りや、無力さをあまりにも長い間封じこめてきて、それが今ついに終わり、ハーパー政権は敗れました。あらゆる感情があふれ出たのです。」


Paterson has written a blog post about the experience and sent a letter to Prime Minister Justin Trudeau to tell him about her son and thank him for reversing the communication policy of the previous government.
パターソンさんはこの経験についてブログ記事を書き、ジャスティン・トルドー首相に手紙を送り、息子のことを話し、前政権のコミュニケーション政策を覆したことに感謝の意をつげました。


Government announced reversal on Friday
カナダ政府、金曜日に(コミュニケーション制限政策)を破棄


Kristi Miller, a B.C.-based molecular geneticist with Fisheries and Oceans Canada, was among the first scientists to speak out after the unmuzzling.
BC州のDFO分子遺伝学者、クリスティー・ミラー氏は、口封じが行われて初めて声を上げた科学者です。


"When we were banned, it almost made government scientists second-class citizens in the scientific arena," she said. "It was quite embarrassing. I really felt like a second-class citizen."
「私たちの発言が禁じられたとき、政府機関の科学者たちが科学分野では二流なのだと感じさせられました。本当に当惑しました。私は、自分が本当に二流の市民なのだと感じたのです。」


Navdeep Bains, the new minister of innovation, science and economic development, announced the policy change Friday, two days after Trudeau and his cabinet were sworn in.
新しい科学・経済革新大臣であるナヴディープ・ベインズは、トルドーと内閣メンバーが宣誓した2日後の金曜日に政策変更を発表しました。


"Our government values science and will treat scientists with respect. That is why government scientists and experts will be able to speak freely about their work to the media and the public," he said in a written statement.
「わが政権は科学を重んじ、科学者を尊敬の念を持って扱います。だから政府機関の科学者や専門家は彼らの研究をメディアや人々に自由に話すことができるのです。」と文書で述べています。


"We are working to make government science fully available to the public and will ensure that scientific analyses are considered in decision making."
「政府機関の科学を人々にオープンにし、科学的分析が意思決定に考慮されるよう努力します。」


The previous government of former prime minister Stephen Harper brought in a restrictive communications policy that required national or international media requests to speak with federal government scientists to be approved by a minister's office, and all communications with government scientists to go through a government communications office.
ステファン・ハーパーの前政権は、政府機関の科学者たちと話しをしたいという国内外メディアの要望に対して官邸の認可が必要であり、政府機関の科学者たちとのすべてのコミュニケーションは政府通信局を通さなければならないという制限的なコミュニケーション政策を持ち込んでいました。




ということで・・・

環境科学を専攻しているボア君の将来にとってもちょっとほっとできる状況にはなったのですが。。。



本当にもてはやされているほどすばらしい政権になるかどうかはまだまだ目が離せません。

前政権の締め付けがあまりにもひどかったので、どんな政権でも普通より輝いて見える、という効果もあるでしょう。


環境保全を重視しながら、アルバータのオイルサンドを経済のために推進する、という矛盾をどう説明していくのか?


macleans_logo

Why David Suzuki called Justin Trudeau a twerp
ディヴィット・スズキはなぜジャスティン・トルドーをばか者と呼んだのか


Environmental crusader tells his side of a conversation about the Liberal plan for the environment
環境改革運動者、自由党の環境計画についての会話について自分の立場を話す


Evan Solomon
September 26, 2015

During a testy phone call, Justin Trudeau dismissed David Suzuki’s views on the Liberal climate change policy as “sanctimonious crap,” according to Suzuki. Suzuki revealed the contents of the conversation during an interview on SiriusXM’s Everything is Political with Evan Solomon. Suzuki says he fired back, calling Trudeau a “twerp.”
ジャスティン・トルドーは、ディヴィット・スズキとのつっけんどんな電話の会話で、自由党の気候変動政策の見解について「聖人ぶったたわごと」だとしてその見解を退けたのだと、シリアスXMの「すべては政治的」番組のエヴァン・ソロモンとのインタビューで明かしました。


The renowned scientist, broadcaster and activist says Trudeau called him personally June 28, 2015, to talk about the Liberal platform on climate change that was to be revealed the next day. “I didn’t call Justin, he called me,” Suzuki said. “He wanted an endorsement and he wanted to tell me exactly what his program was.”
高名な科学者であり、キャスターであり、活動家である彼は、トルドーが翌日発表される予定だった気候変動についての自由党の綱領について話すために、2015年6月28日に個人的に電話をしてきたのだといいます。「私がジャスティンに電話したのではなく、彼が私に電話してきたのです。私の保証宣伝がほしく、彼のプログラムがどんなものなのかを正確に話したかったのです。」


The program includes support for the Keystone XL pipeline, a rejection of the Northern Gateway pipeline and a commitment to work with the provinces to establish a cap-and-trade system.
そのプログラムはキーストーンXLパイプラインを支持、ノーザン・ゲートウェイは反対、キャップ・アンド・トレード(排出量の上限(キャップ)を定め、それに基づいた差分を取引する)システムの確立、となっています。


“I said, ‘Justin, stop it, you’re just being political, you just want to make headway in Alberta,’” Suzuki says he told Trudeau. “You’re for the development of the tar sands, you’re for the Keystone pipeline, but you’re against the Northern Gateway, you’re all over the damn map!”
「私は言ったんですよ。君は政治的でしかない。アルバータに進行したいだけだ。とね。」また、トルドーにこうも言ったといいます。「タールサンド開発に賛成なんだね。キーストーン・パイプラインにも賛成。だけどノーザン・ゲートウェイには反対。何もかもめちゃくちゃじゃないか!」

Tankers_2012_newspaper_Updated_Map.jpg
 クリックすると拡大地図に飛びます

選挙中の演説でノーザン・ゲートウェイパイプラインについてはこのように述べていました。

"If I win the honour of serving as prime minister, the Northern Gateway Project will not happen. I've been to that part of the world. I've met with many who make their living off the pristine coastal waters. It is just not a place for a pipeline."
「もし私が首相になったら、ノーザン・ゲートウェイプロジェクトは実現しません。私はその地域に行きました。そのきれいな海で生活を立てている多くの人に会いました。そこはパイプラインの場所ではないのです。」


バーナビーや、アメリカのキーストンパイプラインの通る各州に住む人、生き物、環境は汚れてもよい、ということでしょうか?

ちなみにこのキーストーンパイプライン計画はオバマ大統領に却下されました!

これに対しトルドー首相のコメントは、

"We are disappointed by the decision but respect the right of the United States to make the decision,"
「その決断には遺憾であるが、米国が意思決定をする権利を尊重する。」

?????

"We know that Canadians want a government that they can trust to protect the environment and grow the economy. The government of Canada will work hand in hand with provinces, territories and like-minded countries to combat climate change, adapt to its impacts, and create the clean jobs of tomorrow."
「私たちはカナダ市民が政府に対し環境を保護し、経済を成長させることを望んでいることは分かっています。カナダ政府は各州、テリトリーと同士の国々と手を携えて気候変動と闘い、その影響に順応し、明日のきれいな仕事を作り出します。」

しっくり行かない矛盾を感じる人はごく少数でしょうか?

言葉選びが政治ゲームなのでしょう。

おそらく多くの人が、このゲームで使われている言葉に惑わされてしまうのだと思います・・・




Suzuki went on to advise Trudeau that taking the target of a two-degree rise in temperature seriously means 80 per cent of the oil sands has to stay in the ground. Suzuki believes stopping oil sands development will mean “no debate about pipelines or expanding railways or shipping stuff offshore—none of that comes into it.”
スズキ氏はトルドーに2度の気温上昇を深刻に受け止めるのであれば、80%のオイルサンドは地中に眠っていなければならないのだと忠告しました。オイルサンド開発をやめるということは、「パイプラインについての議論や鉄道の拡張、海路からの輸送などということは一切含まれないはずだ。」と。


Suzuki says this is when the exchange turned nasty. “He said, ‘I don’t have to listen to this sanctimonious crap.’ I proceeded to call him a twerp.”
スズキ氏はこのとき会話が荒れたのだといいます。「彼はこういったんですよ。『聖人ぶったたわごとを聞く必要はない。』と。わたしは彼をばか者、と呼びましたよ。」


Trudeau ended up with the support of environmental scientist Wade Davis, an honourary board member of the Suzuki Foundation. Davis introduced Trudeau at his Vancouver event the next day.
トルドーは結局スズキ・ファンデーションの理事会のメンバー、環境科学者のウェイド・デイヴィスからの支持をとりつけました。翌日バンクーバーのイベントでデイヴィスがトルドーを紹介したのです。

そのときのスピーチはこちら


”But speaking of those two things, the environment and the economy…
「環境と経済。この2つのことを話すとき、

They go together … they go together like paddles and canoes. If you don’t take care of both, you won’t get to where you are going.
それらは一緒です。水かきとカヌーのように一緒でなければならないのです。両方の手当てをしなければ自分の進むところにはたどり着かないのです。

Because you can’t have a strong economy without a healthy environment.
強固な経済は、健全な環境なくてはあり得ません。

If we want to leave both to our children and grandchildren…
双方を私たちの子供、孫たちに残したいのであれば

If we want them to inherit clean air to breathe … clean water to drink and paddle, and a strong, vibrant, high-tech economy with good jobs …
もし、彼らに呼吸をするためのきれいな空気、きれいな飲み水、そして強固な、活気に満ちたハイテク経済、それに伴う良い仕事を受け継いでほしければ

Well, We’ve got to do them both together.
そう、私たちはその両方を実現しなければなりません。

...Now and in the future, the path to economic growth and good middle class jobs is through strong environmental policy.
・・・今、そして将来、経済成長とミドルクラスの良い仕事が、この強固な環境政策を通してなされるのです。

We’ve got to act now.
私たちは今行動しなければなりません。

We can create clean jobs, grow our economy, and protect our environment by working together.
私たちはきれいな仕事を作り出し、経済を成長させ、共に働き環境を守るのです。

Not just different leadership, better leadership.
今までとは違うリーダーというだけではない、よりよりリーダーシップで。

Not just a new team, but a stronger team.
ただの新しいチームというだけではなく、より強いチームで。

Because Real Change means a Real Plan for Canada.
なぜなら、本当の変化こそ、カナダのための真のプランなのだから。

Merci beaucoup.”


パイプラインの’ぱ’も出てきませんでした。上手ですね♪


No Liberal would comment on the exchange, but sources tell “Everything Is Political” that Trudeau was not formally seeking an endorsement, but rather making a courtesy call to Suzuki about the plan.
このやり取りについて自由党はだれもコメントしていませんが、情報筋は「すべては政治的」番組に対し、トルドーが公式に保証宣伝を求めていたのではないが、自分の計画についてスズキ氏にお伺いを立てたのだと言っています。


Suzuki says he has not spoken to Thomas Mulcair or Stephen Harper about their climate change or their plans for the environment. “My feeling is that none of the parties except for the Greens is really taking it seriously.”
スズキ氏はトーマス・マルカー(NDP党首)やステファン・ハーパー(保守党党首)から気候変動や彼らの環境に関する計画について話したことはない、といいます。「私は、グリーン(緑の党)以外のどの党も環境を本当に深刻に考えていないと感じています。」


During the conversation with “Everything Is Political” Suzuki also said he is troubled by the debate about the niqab and Stephen Harper’s use of the term “old stock Canadians.”
「すべては政治的」番組での会話で、スズキ氏はまた、ニカブ(イスラム教徒の女性が着ける、顔の下を覆うフェイスベール)やステファン・ハーパーが討論で使った「旧株」という言葉に当惑したのだと話しました。


“The ‘old stock’ sent a shiver up my back,” Suzuki said. During the Second World War, Suzuki and his family were among thousands of Japanese Canadians interned in camps. “I’ve lived through a time when my Mom and Dad who were born and raised in Canada couldn’t vote. ‘Old stock’ implies that somehow there is difference if you are a Canadian, that there are differences that matter.”
「”旧株”という言葉は私の背中まで震わせました。」とスズキ氏は話しました。第二次世界大戦の間、スズキ氏と家族は他の何千人もの日本人と共に収容所に抑留させられました。「カナダで生まれた母と父が2人とも選挙権をもてなかった時代を生きてきたのです。”旧株”はカナダ人であるなら、何か違った意味合いを感じます。他とは違っている、という。」

Suzuki says such distinctions invite divisiveness. “Either we are citizens or we are not,” he said. “It’s very scary to me.”
そういう区別は分裂を招くのだといいます。「私たちが市民であろうとなかろうと、私はそれをとても恐ろしく感じます。」





健全な環境を取り戻すための持続可能な社会と既存経済の発展は相容れるものではありません。

クリーンな仕事を作り出す。

それは、今の経済システムの中では、


新たな利権を生み出すということです。



政治という場で、この新しい若き首相が何を考え、感じ、どんな風にREAL CHANGEしていくのか楽しみではありますが


本当に何かを変えたければ、

政治に過大な期待をしたり、失望して批判したりするのではなく、

各個人がまず変わることなのだと思います。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1241-7219de0e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。