スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

奇形植物からのメッセージ

 2015-07-27
independent_logo.jpg

Mutant daisies found near Fukushima nuclear disaster may have nothing to do with radiation
福島原発事故現場近くの突然変異のマーガレットは放射能とは全く関係ないかも・・


LIZZIE DEARDEN Thursday 23 July 2015

Horticultural experts believe they may have undergone 'fasciation'
園芸専門家たちは帯化現象が起こっていると考えている。


The strange discovery of mutated flowers near the site of the Fukushima nuclear disaster may have nothing to do with radiation at all, experts have claimed.
福島原発事故現場近くで見つかった突然異変を起こした花の奇妙な発見は放射能とは全く関係ないかもしれないと、専門家たちは主張しました。


Many people dismissed photos of the daisies as fake when they emerged on social media but botanical experts say there is a logical explanation for their bizarre appearance.
そのマーガレットの写真がソシアルメディアに現れると、多くの人たちが偽者だと退けましたが、植物専門家たちはこの奇怪な形には論理的に説明がつくのだと言います。


A Twitter user called San Kaido photographed the flowers in Nasushiobara city in May, showing them with multiple stems, conjoined centres and oddly-shaped petals.
三悔堂 というツイッター主は5月に那須塩原の花の写真をとりました。複数の中心で結合している茎や、奇妙な形の花弁です。





A tweet described: “The right one grew up, split into two stems to with two flowers connected to each other, with four stems of flowers tied belt-like.

“The left one has four stems that grew up to be tied to each other and it had a ring-shaped flower.”


The radiation level near the daisies was measured at “0.5 μSv/h at 1m above the ground”, deemed slightly above normal but to be safe for habitation.
マーガレットが咲いていた付近の地上1mで0.5 μSv/h、というのは、通常より少し高めとかんがえられていますが、居住するのに安全です。


Guy Barter, the Royal Horticultural Society’s (RHS) chief horticultural advisor, said the images were consistent with a phenomenon known as “fasciation” found around the world.
ロイヤル園芸協会の園芸アドバイザー長であるガイ・バーター氏は、この写真が世界中で見られる「帯化現象」として知られている現象と一致していると話しました。


He told The Independent: “It’s likely to be just random mutation - we get lots of examples of fasciation sent to the RHS every year - but, of course, it’s not possible for us to say for certain if there is a link to radiation.
彼はインディペンデント紙に、「たまに起こる突然変異のようです。協会にはたくさんの帯化現象の例が毎年送られてきます。といっても、もちろん放射能と関係がある可能性が絶対にない、と言うことはできませんが。」


“To be sure, one would have to examine the incidence in terms of numbers and area and any excess radiation present and do this over several years I suspect."
「確かめるには、数、地域、高レベルの放射能汚染という見地から何年も調べなければならないでしょう。」

 調べましょうよ!


Fasciation causes an abnormal number or shape of flowers, leaves or stems and can be caused by genetic mutation, bacteria, viral infections, physical damage or radiation.
帯化現象は異常な数の花、葉、茎を引き起こし、遺伝上の突然異変、細菌、ウィルスの感染、外傷や放射能が原因である可能性があります。


The disaster at the Fukushima I Nuclear Power Plant, caused by the 2011 earthquake and tsunami in Japan, was the worst since Chernobyl.
福島第一原発の事故は2011年の地震と津波により起こり、チェルノブイリ事故以来最悪のものでした。


Hundreds of thousands of people fled their homes as radiation escaped into the atmosphere and water when three of its six reactors went into meltdown.
6つの原子炉のうちの3つがメルトダウンしたときに放射能が大気中や水に放出されたため、何百、何千人もの人々が家を追われたのです。


No deaths have yet been recorded as a direct result of the disaster, which was classed as a level seven “major accident” on the International Nuclear Event Scale.
事故が直接の原因としての死亡は今のところ記録されていませんが、国際原子力事故の規模としては「大事故」であるレベル7とみなされました。



national_Geographic_logo.jpg

Are ‘Mutated’ Daisies Really Caused by Fukushima Radiation?
「突然変異」のマーガレットは本当に福島の放射能が原因か?


Radiation from damaged power plant may be responsible for odd flowers, but there could be other forces at work.
事故を起こした原発からの放射能が奇妙な花の原因かもしれないが、他の事が影響している可能性も。


By Brian Clark Howard, National Geographic
PUBLISHED JULY 23, 2015

A picture of malformed daisies uploaded to Twitter from Japan is going viral, causing many people to speculate that radiation from the damaged Fukushima nuclear power plant, which was rocked by a 2011 tsunami is to blame for the oddity.
日本から奇形のマーガレットの写真がツイッターで流れ、多くの人が事故を起こした福島原発からの放射能に考えをめぐらせることになりました。津波で打ちのめされた原発がこの奇妙な現象の原因と疑われているのです。






“Frightening. Fukushima daisies go viral as nuclear radiation is blamed for deformities,” one twitter user noted.
「脅威。福島のマーガレットが放射能のせいで奇形したとして話題に。」とツイッターでつぶやいた人がいました。


But plant scientists aren’t so sure. It’s possible the radiation could be involved, but there are a number of other explanations as well, they say.
しかし植物学者たちはそれほど確信がありません。放射能が関係している可能性もありますが、他にも多くのことで説明がつくのだとも言います。


Twitter user @san_kaido first shared the picture in late May, from Nasushiobara City. That’s about 108 miles (173 kilometers) southwest of the Fukushima Daiichi power plant, which was disabled by the March 2011 tsunami and leaked radiation into the environment.
ツイッター主の三悔堂が最初5月の下旬に塩原市からのその写真をシェアーしました。2011年3月に津波で破壊され環境に放射能を漏らした福島第一原発から173kmのところです。


The radiation at the site where the stretched-looking Shasta daisies were photographed was 0.5 μSv/h, wrote @san_kaido, an account set up in the Tochigi Prefecture Nasu district to disseminate information about radiation and Fukushima. That might sound scary, but that level is considered only slightly above normal and is classified as safe for “medium to long term habitation.”
伸びたように見えるマーガレットの写真が撮られた場所の放射能レベルは毎時0.5マイクロシーベルトだと、放射能の福島についての情報を広めるために作られたアカウントの主、三悔堂は書いていますが、このレベルは通常よりわずかに高いと考えられる位で、「中期から長期居住」には安全だと分類されています。


It’s possible the flower deformity could have been induced by radiation, says Jeffrey J. Doyle, a professor of plant biology at Cornell University. However, “this is a pretty common mutation in daisies that I’ve seen sporadically in various places not associated with radioactivity,” he says.
花の奇形は放射能が原因だという可能性もある、とコーネル大学の植物生物学のジェフリー・ドイル教授は話します。しかしながら、「これはマーガレットには珍しくない突然変異で、放射能汚染とは関連のないいろいろな場所で散在的に見てきた。」とも言います。


There are many factors that can cause the oddity, Doyle says, from chemicals to diseases, a hormone imbalance, or random mutations to inherited genes. This particular malformation has been seen in numerous species of the world’s 20,000 members of the daisy family, from Holland to Idaho.
この奇妙な現象にはいくつかの要因が考えられるのだとドイル氏は言います。化学物質から疾病、ホルモンのアンバランス、確率的な変異から受け継がれた遺伝子など。オランダからアイダホにいたるまで、世界中の2万種に及ぶキク科の植物に特定の奇形が見られます。


He's not ruling out a role for Fukushima: “It wouldn’t surprise me to find mutations of all types, including this one, in places that have higher than average levels of mutagenic agents, such as a radioactive site or toxic waste dump.”
彼は福島が原因であるということを除外はしていません。「これを含めて、放射能汚染されている場所や有毒廃棄物投棄所などのような、平均以上のレベルの突然変異誘発物のある場所であらゆるタイプの変異が見つかるのは驚くことではありません。」


But this single plant is not enough to make a connection. If many other plants were found in the immediate area with mutations, that would provide more evidence of a possible link, he says.
ただ、たった一つの植物というのは関連付けるのに十分ではありません。変異のあったすぐ近くの地域で他の多くの植物が見つかれば、その関連性の更なる証拠となるだろう、と彼は言います。


Even if radiation levels were 10 times what was reported at the site, “the dose rate would be highly unlikely to induce a significantly higher level of mutations,” says Edwin Lyman, a senior scientist with the Union of Concerned Scientists. “But at areas closer to the release site, local dose rate levels were much higher at the time of the accident and possibly could have caused high additional mutation rates in flora in highly contaminated areas.”
仮に今回報告された場所が10倍の放射能レベルだとしても、「その被曝量は変異を引き起こすほど著しく高いレベルではありません。」と憂慮する科学者同盟のベテラン科学者であるエドウィン・ライマン氏は話します。「しかし放射能漏れに近いところでは事故当時かなり高いレベルの被曝量で、高汚染地域では植物により多くの変異を引き起こす可能性は高いでしょう。」


"Not That Rare"
「そんなに珍しくない」



Beth Krizek, a plant biologist at the University of South Carolina, agrees that radiation is a possible cause of the flower oddity, but says there are many other possible explanations.
南キャロライナ大学の植物生物学者であるベス・クリチェク氏は、放射能が花の変異の原因になりうることに同意していますが、他にもいろいろ考えられることがあるとも言います。


“It’s not that rare,” Krizek says of the odd daisies. “You could occasionally see this just in plants growing in your garden.”
「それほど珍しいことではないのです。自分の庭で育つ植物にもたまに見ることもあるでしょう。」


That being said, it’s likely that the nuclear disaster has been impacting wildlife in Japan, scientists reported in the Journal of Heredity in 2014. As in the aftermath of the Chernobyl nuclear disaster in 1986, scientists have observed higher mortality rates among birds, insects, and plants in the immediate vicinity of the radioactive leaks.
そうはいっても、日本の野生生物に原発事故が影響しているようだと、科学者たちが2014年に遺伝情報誌で発表しました。1986年のチェルノブイリ事故の後に放射能汚染された近隣では、科学者たちが鳥類、昆虫、植物に高い死亡率を観察しているのです。





dandilion.jpg

うちの近くの空き地で見つけたたんぽぽ。


stanley.jpg

これは、バンクーバーのスタンレーパークのトレイルで見つけたマーガレット。


ほか、バンクーバーで見つけられた奇形植物はこちら



甲状腺がんが増えたのは被曝の影響とは言いにくい。

心臓疾患が増えたことには被曝のひ、も言及されない。

だらだら病はなまけもの。


わずかな可能性でさえも大きく否定されている被曝の影響。


そもそも

放射能汚染が原因でなければ、奇形しても「普通」なのでしょうか???

放置してよいのでしょうか???


海洋生物の大量死も、

突然死、発癌、その他いろいろな疾病の増加も

世界中で起きているいろいろな異変は

放射能汚染だけでなく、

人間が作り出してしまった毒性産物が複雑に絡み合っての現象。



これはもはや

誰かを批判したり、打倒したり

ということでは解決されません。


脱原発も安全保障関連法案廃案も始まりに過ぎないのです。

声を上げることも大事。

NOといえるようになった日本人は素敵。



でも、同時に、一瞬一瞬の小さな決断と行動を積み重ねていくことが、

そしてそれを一生続け、子供たちに受け継いでいくことが

今一番大事だと

そう思えてしかたありません。


そんな意識と覚悟があれば、


きっと1つ1つの「声」に

批判ではなく、優しく揺るがない「力」が宿るような、

そんな気がします。






スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1231-dba49ab1

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。