福島原発事故4年後にみる影響

 2015-05-20


In April of 2015, Fairewinds’ Chief Engineer, Arnie Gundersen and the Fairewinds crew headed to Quebec City for the World Uranium Symposium. Attended by more than 300 delegates from 20 countries that produce uranium for nuclear power and weapons, the symposium brought together experts who are calling on governments throughout the world to end all uranium mining. In this speech about the Fukushima Daiichi Disaster, Fairewinds Arnie Gundersen introduces new scientific evidence to prove high radiation exposures in Japan. Enjoy the World Uranium Symposium 2015 Fukushima Workshop here!
2015年4月、技術者チーフ、アーニー・ガンダーセン氏とフェアウィンズのチームが世界ウランシンポジアムに参加するためにケベック市に向かいました。原子力や核兵器のためにウランを生成している20カ国から300人以上の代表が参加し、ウラン採掘を全廃するよう世界中の政府に要求する専門家たちが集まりました。福島原発事故についてのスピーチで、フェアウィンズのアーニー・ガンダーセンは日本における高線量の被曝を示す新しい科学的証拠を紹介しています。ご覧ください。

wus1.jpg



FAIREWINDS ENERGY EDUCATION – World Uranium Symposium 2015 : Fukushima Workshop Audio


wus2.jpg

Before we put the official Power Point up, I wanted to talk about the role of luck at Fukushima. And it’s something the nuclear industry really doesn’t want to admit. When the earthquake hit, the plant shut down, but the problem with nuclear power is that only 93 percent of the power comes from when a uranium atom splits. And this radioactive rubble that’s left behind – we call it fission products – still continue to give off 7 or 8 percent of the heat. So stopping the nuclear reactor – the reaction – doesn’t stop the heat.
パワーポイントをお見せする前に、まず、福島での幸運が果たした役割についてお話したいと思います。それは原子力業界はまさに認めたくないと思っていることです。地震がおきたとき、原発は停止しますが、原子力の問題はウラン原子が分裂するときに、93%が電力になります。そして、放射性の破片、これを核分裂生成物といいますが、それが7-8%の熱をまだ発し続けているのです。つまり、原発、核反応を止めても、発熱はとまらないのです。


There’s still 8 percent left. So when the tsunami hit about 45 minutes later, there still was an enormous amount of heat, not from the chain reaction but from this radioactive rubble. The tsunami wiped out the cooling – well, you’ll hear the tsunami wiped out the diesels and without electricity, they couldn’t cool the plant. That’s really not what happened and that is what the nuclear industry wants you to know, but it’s not true.
まだ8%残っています。なので、津波が45分後に襲ったとき、核分裂からではなく、核分裂生成物からの大量の発熱があったのです。津波は冷却―えぇ、津波でディーゼルが流され電源が喪失し、原発を冷やすことができなかった、と聞かされているでしょうが、これは本当に起こっていたことではなく、原子力業界がそう思ってほしいことで、真実ではないのです。


wus3.jpg


The tsunami wiped out the cooling pumps along the ocean. And just like your car has a water pump, those pumps are needed to keep your car engine cool. So even if the diesels hadn’t failed, they wouldn’t have been able to be cooled because the cooling pumps at the ocean were destroyed. And it didn’t just happen at Fukushima Daiichi. It happened at Fukushima Daini – a little further to the south. There’s four units there.
津波は冷却ポンプを流しました。車にも冷却ポンプがあるように、これらのポンプは車のエンジンを冷やすために必要です。なので、ディーゼルが動かなくなることがなかったとしても、海の冷却ポンプが破壊されていたので、冷やすことはできていなかったでしょう。それは福島第一だけではなく、少し南にいったところの福島第二でもおきていたのです。そこには4つの原子炉がありました。


It happened at Onagawa, which is a little further north, and it happened at Tokai, which is a little further south. In fact, 14 nuclear plants had their cooling pumps destroyed. And of the diesels that relied on those cooling pumps, there were 37 – 24 of them failed. We almost were at a point where we didn’t have three meltdowns at Fukushima but the world could have easily faced 14 meltdowns.
同じことが、少し北の女川原発でも起き、さらに南の東海原発でも起きました。実に14の原発の冷却ポンプが破壊されたのです。そして冷却ポンプに依存しているディーゼルの37のうち24は機能しませんでした。福島の3つのメルトダウンだけではなく、14のメルトダウンが起き得たということが分かっていただけるでしょう。


And it was because the earthquake occurred at 2 o’clock in the afternoon – here’s where luck comes in – 2 o’clock in the afternoon, that there was enough people on site to save the day. There were 1,000 people at Fukushima Daiichi site, 1000 down at Daini, hundreds at Onagawa and at Tokai. And the net effect was there were people who could bravely try to mitigate the accident. If that tsunami had hit at 2 in the morning, there would have been 100 people there and we would have had the Daini site with four nuclear reactors in meltdown and we would have had faster meltdowns at Fukushima. So role of luck is critical.
そして、地震は午後2時におきました、これが幸運だったのです。午後2時にはその日を乗り切るのに十分な人が現場にいました。福島第一原発に1000名、第2原発に1000名、女川原発と東海原発には数百名つめていたのです。そして、事故を軽減しようと勇敢に戦った人がいたからに他なりません。もし津波が午前2時に襲っていたら、現場には100名しかいなかったでしょうから、第2原発の4つの原子炉もメルトダウンしたでしょうし、福島のメルトダウンはもっと早く起きていたでしょう。この幸運は致命的な役割を果たしたのです。


The other piece of luck is that the nuclear – imagine my hand is a nuclear reactor and over here is a spent fuel pool and over here is an equipment pool. At Fukushima Daiichi unit 4, the fuel pool started to boil and was very rapidly getting to the point where there wasn’t enough water. Well, in this pool on this side, there was water. It had been scheduled to be drained on March 10th, and Tokyo Electric was behind schedule, so this pool had water and this pool needed water. There is a gate between them. The gate failed. And the water from the one flowed into the other side and saved the day. It’s divine intervention, if you will, that saved the day on Daiichi unit 4 because Tokyo Electric was behind schedule and hadn’t drained the equipment pool. Luck, not high technology, saved the day.
もう一つの幸運は-私の手を原子炉だと思ってください。ここにあるのが使用済み燃料プールで、こっちがモータープールです。

wus4.jpg


福島第一原発の4号機では、燃料プールが急速に沸騰し始め水が十分にないという状況に達しました。そうです、こちら側のこのプールです。なので、このプールには水があり、このプールは水が必要だったのです。この2つのプールの間にはゲートがあります。ゲートが機能しませんでした。1つのプールからもう一つの方へ水が流れ、その日は救われたのです。神のご加護です。第一原発4号機で、東京電力の作業が遅れていたので、まだ、モータープールの水を抜いていなかったので、救われたのです。高度なテクノロジーではなく、幸運のため、その日は救われました

wus5.jpg


Okay. I wanted to talk about cost, time, leaks and exposure at Fukushima Daiichi four years out. Point number one is the cost. The costs to clean up Fukushima Daiichi are astronomical and are still being underestimated by Tokyo Electric and the Japanese government. I said when I was at Japanese Press Club 11 months after the accident that this was a half a trillion-dollar problem. And Tokyo Electric is finally admitting that it might be $100 billion. So we now have the same number of zeroes at least in our estimates.
はい、それでは福島第一原発から4年経ち、コストと時間、漏洩、そして被曝について話したいと思います。

wus6.jpg


まず1点目はコストです。福島第一原発の廃炉にかかる費用は天文学的で、いまだに東電と日本政府は過小評価しています。事故後11ヵ月後に、日本記者クラブでわたしは5000億ドルかかる問題だと話しました。東電はようやく1000億かかるかもしれないと認めました。つまり、今私の推定と少なくとも同じ桁数になったと言うわけです。


But they are not coming out and making an estimate of the total cost. And I think it’s because they want to start up all the other reactors. And if people really thought that there was a half a trillion-dollar liability that would cause the average Japanese to say why are we trying to do this again. So costs are skyrocketing. And related to that is, nobody really knows how long it’s going to take to clean this up.
しかし東電はトータルでかかるコストを考えていません。それは他の原子炉を再稼動したいからだと私は思います。そして、もし人々が本当に5000億ドルの保障がかかるのだといることを考えれば、ふううの日本人は、なぜ再びそんなことをしようとするのかと言うでしょう。コストは跳ね上がるのです。そしてこれに関して言えば、廃炉にするのにどのくらいの時間がかかるのか、誰にも分からないのです。


wus7.jpg



NHKspecial._2015hairohenomichi... by soekosan
NHKスペシャル 廃炉への道 

I did decommissioning as a business when I was in the nuclear industry and the problems at Fukushima Daiichi are – not even worse, they’re unimaginably worse than at Three Mile Island. At Three Mile Island, we had pictures of what the nuclear core looked like in less than two years after the accident. But at Daiichi, we can’t even get near the nuclear core. And water is continuing to enter the building and this is a problem that no one has any idea how to stop yet. So until you come up with a theory on how to stop the accident, the time is unknown.
私は業界にいたとき廃炉の仕事をしました。福島第一原発の問題は、スリー・マイル島よりさらに想像を絶するほど酷いものです。スりー・マイルでは、事故後2年以内に炉心がどのようなものか描くことができました。しかし福島第一の場合、炉心に近づくことができないのです。そして水が常に建屋に流れ込み、それを止める術がまだ誰にも分からないということが問題なのです。どのように事故を止めるのか、という論理を誰かが見出さない限り、時間については分からないままです。

wus8.jpg


And I’ll use Chernobyl as an example. Chernobyl is out there at about a half a trillion dollars and that core never hit groundwater. That core stayed in the building and remained dry. So we have three nuclear cores in contact with groundwater. So neither the time nor the costs are known. And the Japanese and TEPCO, hand in glove, want to assure the world that the situation is under control. It is not. We have a half a trillion-dollar problem that may take 200 years to solve. And if the Japanese knew that, they would not want to start up the remaining reactors.
チェルノブイリを例にとってみましょう。チェルノブイリは今のところ約5000億ドルかかっており、炉心が地下水に触れることはありませんでした。炉心は建屋の中にあり、乾いていました。(福島では)3つの炉心が地下水に接触しているのです。なので、かかる時間も費用も分かりません。日本と東電は結託して状況が制御されていると世界に保障したいのです。実際は違います。5000億ドルかかる問題が解決するまでに200年かかるかもしれないのです。もし日本人にそれが分かっていたら、再稼動したいなどと思わないでしょう。


The next point is that Fukushima continues to bleed into the Pacific. And this was known – I was saying it in April 2011; some key Japanese were also saying it in April 2011. This should not be a surprise to anyone. Until the bleeding stops, the healing can’t begin. Now just last week, Woods Hole announced a study that showed that about as much as 7 Becquerel – and a Becquerel is disintegration in a cubic meter. So think of a cubic meter – about that – and there would be 7 atoms disintegrating every second.
次の問題は福島原発から太平洋に流血している件です。このことは、2011年の4月から分かっていたことです。何人かの日本の専門家も2011年4月に同じことを言っていました。これは驚きでも何でもないのです。出血が止まらなければ、治癒は始まりません。つい先週に、ウッズ・ホール海洋研究所の研究で1立方メートルあたり約7ベクレルも―ベクレルとは崩壊の数のことですが、検出されたと発表しました。1立方メートルは、このくらいで、そこで毎秒7つの原子崩壊が起こっているということです。


wus9.jpg


Think of 7 flashes of light every second for hundreds of years to come – are in the Pacific Ocean right now. Now this was the press release. They called it trace amounts. I don’t call 7 Becquerel in a cubic meter a trace amount. It could be a lot worse but that’s significant and measurable, and it’s just the beginning of the onslaught. This is the most fascinating slide. This comes from Ian Goddard. There was a study in 2012 that predicted how much radiation was going to get to the west coast of British Columbia. And at this point in time, the study in 2012 was 29 times lower than what they actually measured.
毎秒懐中電灯の光線が7本、何百年もの間続くことを考えてみてください。これが、現在の太平洋です。これが今報道発表されたことです。彼らはこれを微量だと言いますが、1立方当たり7ベクレルと言うのは私は微量だとは思いません。それどころではない可能性がありますが、それは意義深く、測定可能なことです。そして、これは、猛襲の始まりでしかありません。これは一番興味深いスライドで、イアン・ゴーダード氏からのものです。2012年の研究で、BC州の西海岸に到達する放射能がどのくらいなのかを推定したものがありました。そして、今、2012年の研究が実際の測定値より29倍も低かったことが分かったのです。


wus10.jpg


So scientists have no clue how to measure what’s transporting through the ocean. And that studies two years ago area already wrong by essentially a factor of 30. So if we believe the scientists in 2012, whose real goal was to downplay the significance of the damage to the Pacific Ocean, it’s in fact 29 times worse than predicted.
つまり、科学者たちにも海をどのくらい移動するのかをどのように測定するのかまったく分からないのです。そして、その2年前の研究はすでに本質的に30倍も間違っていたことになります。もし私たちが2012年に科学者たちを信じているとすれば、彼らの本来の目的は太平洋に与えるダメージの重大性を過小評価することにあったということになります。実際には予測より29倍ひどいのです。


wus11.jpg


wus12.jpg


So the last piece of this is a critical study that just came out, and Dr. Kaltofen (?8:53) has agreed that I can be the person to announce it to the world. I believe that the exposures in Japan are grossly underestimated. You see everybody walking around with their radiation detector and measuring atmospheric gamma rays. But that’s not where the problem lies. Dr. Kaltofen wrote this peer-reviewed report and down at the bottom – you can get it on line – it’s 170 pages long, on the Worcester Polytechnic website. And what Dr. Kaltofen did was he analyzed dust – common house dust – at 85 locations in Japan.
最後に、最新の重大な研究を紹介します。カルトーフェン博士はこのことを私が世に示すことに同意してくれました。日本での被曝はひどく過小評価されていると確信します。皆が放射能検出器を持ち歩き、空気中のガンマ線を測っているのを目にしますが、大気中に問題があるのではないのです。カルトーフェン博士がこの査読済みのレポートを執筆しました。これは170ページにわたるものでWorcester Polytechnicのウェブサイトで見れるものですが、最後の部分に彼が分析したホコリのことがあります。普通の家のホコリで、日本の85箇所からのものです。


wus13.jpg


And here’s what he found. He found that 27 percent of the house dust in Japan was not contaminated. That means that 73 percent of the house dusts that he measured in the 85 samples was contaminated. So this is Becquerel per gram – a gram is a phenomenally small piece – if you multiply that by 1,000, you’ll end up with Becquerel’s per kilogram. So somewhere between 1,000 and 10,000 Becquerel per kilogram are in the house dust in 41 percent of the samples Kaltofen tested. And I have no reason to believe that it’s not worse than that. Actually, we were able to get 85 samples but in fact if we had a larger base, I think these numbers would go up. The Kaltofen data shows 41 percent of the houses have house dust at less than 10 Becquerel per gram. And it is Fukushima related because it’s not just cesium 137. Cesium 134. And Kaltofen got there early enough that he also captured iodine. And moving down, 25 percent have significant –
これが、彼が発見したものです。日本の27%のホコリは汚染されていませんでした。つまり彼が測定した85の検体のうち73%のものは汚染されていたのです。これは1グラムあたりのベクレルです。1グラムは驚くほどに小さい破片です。それを1000倍すると1キロあたりのベクレルになります。なので、カルトーフェン氏が検査した85のサンプルのうちの41%が1kgあたり1000から10000ベクレルがホコリにふくまれていたことになります。そして私にはそれ以上ひどくないと信じるに足る理由が見当たりません。実際に私たちは85のサンプルを取ることができましたが、もしもっとたくさんサンプルをとっていたら、この数字は上がったでしょう。カルトーフェン氏のデータは41%のホコリが1グラム当たり10ベクレル以下だったことを示し手います。そしてそれは福島からのセシウム137,134だけではありません。カルトーフェン氏はヨウ素を捕らえることができるくらいに早くにサンプルを採取したのです。さらに下に行くと、25%がかなりの―


wus14.jpg



F: Are these samples in Japan or in Fukushima itself?
観客からの質問:これらのサンプルは日本全体の物ですか?それとも福島だけのものですか?


This is in Japan. I’ll show you the locations of where those samples are in the next slide. But the last number – way down at the bottom there, the 1 percent – is essentially nuclear fuel. Kaltofen found nuclear fuel in a dust sample 300 miles away from Fukushima at Nagoya. So this is the top 11 dust samples that Kaltofen found, of the 85 that he analyzed. Now look where they’re from. Start at the bottom. Tokyo, Tokyo, Tokyo, Tokyo. Skip one. Tokyo. Iitate – and at the top is Nagoya. So these samples are from far away from Fukushima. The only one that’s reasonably close is Fukushima City, which is a taxicab air filter. That was about 20 miles away.
これは日本全体のものです。次のスライドでどこからサンプルを取ったのかお見せしましょう。ずっと下のほうの最後の番号は1%ものもが本質上核燃料だと示しています。カルトーフェン氏は福島から300マイル離れた名古屋のホコリのサンプルの中に核燃料を見つけたのです。これが彼が分析した85のサンプルのうちのトップ11のサンプルです。どこからのものだか見てみてください。はじめから最後まで。東京、東京、東京、東京、1つ飛ばして東京、飯館―そして一番上が名古屋です。つまりこれらのサンプルは福島から遠く離れたところからのものです。比較的近い唯一の物は福島市のもので、タクシーのエアーフィルターです。原発から20マイルほどのところからのものです。


wus15.jpg


So what that tells me is that the Japanese are breathing in contaminated house dust in their own homes 24/7, 365. We also analyzed kids’ shoes. And these are American shoes on the right and the samples from the Fukushima Prefecture on the left. What do kids do? They tie their shoelaces; they put their hands in their mouth. And one can expect incredible internal contamination from what they’re breathing and what they’re touching. And yet the IAEA walks around with radiation detectors and says everything’s fine, don’t worry, be happy.
24時間7日間、365日間自分の家の汚染されたホコリを日本人がすっていることは何を意味しているのでしょう?子供の靴も分析しました。右側がアメリカ人の靴、左側が福島県の靴です。子供たちは何をしますか?靴紐を結びます。その手を口に入れます。そして呼吸と触るものから信じがたいほどの内部被曝をしている可能性があるのです。それでもまだIAEAは放射能検出器を持ち歩き「何も問題ない、心配することはない、ハッピーでいましょう。」といっているのです。


wus16.jpg


Last slide. This is the Nagoya dust sample. There’s one other piece of the Nagoya dust sample and it’s a perfect sphere. Now what does that mean? That means it was so hot when it left the nuclear reactor that it condensed, some say like a drop of rain. And that shows that it was essentially hot nuclear fuel that we captured in Nagoya. So my bottom line is that I have said for the last four years that I think somewhere between 100,000 and a million Japanese are eventually going to get cancer from this accident, and this data confirms that to me. And frankly, I think the IAEA and the Japanese government is in a massive cover-up so that they can start those nukes up without looking at this data. Thank you.
最後のスライドです。これは名古屋のホコリのサンプルです。完全な球体です。これは何を意味するでしょう?それはあまりにも線量が高く、原子炉に残されているときは凝縮されているものです。雨の水滴のようなものだという人もいます。名古屋で採取したものが線量の高い核燃料であることを示しているのです。何が言いたいかというと、私はこの4年間、10万人から100万人の日本人がいつかはこの事故が原因で発癌することになるだろうと考えていることです。このデータが私を確信させます。率直に、IAEAや日本政府はこのデータを見ることなく原発再稼動をするために膨大な情報隠蔽をしていると言うことです。拝聴ありがとうございました。


WUS17.jpg





すでに、当初から警告されていたことが、

少しずつ実証されてきている。。。

という感じがします。



きれいな空気

きれいな水

きれいな土


命を守るために、これ以上にほしい物はありますか?




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1225-6811446d

コメント
海外からの警告を無視し、今は毎日のように報道で福島の米は安全です!食べましょう!と流されています。危険だと知らずに食べています。危険だとは知らずに、関東や東北に住み、危険だとの意見に耳をふさぎ、反対に危険だという人を非国民みたいにつるし上げようとしています。私は100ベクレル近い米は絶対危険だと思います。子供や若者は東北や関東の米や食材は絶対食べてはいけないといいつづけます。
【2016/02/21 23:20】 | たんばまき #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック