スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島放射能カナダBC州海岸に到達!

 2015-04-06
ctv_logo.jpg


今日BC西海岸はこのニュースで持ちきり!

CTVで朝一番に放送された、一番たどたどしいバージョンです。


First low-level trace of Fukushima radioactivity detected off B.C.
BC州で初めて検出された福島からの低レベル放射性物質



vancoast.jpg

BC州沖で放射能が検出されたことはすでに分かっていたことですが、今、初めて福島原発事故由来の放射性核種が出現しました。地震により原発にメルトダウンが起こってから4年以上経ってからです。



vancoast2.jpg

バンクーバー島ユクルーエットから、ジェット・バッシィがこの発見の詳細について生中継でお伝えします。ジェット、何が分かったんですか?実際に発見されたことは正確にどのようなことなのでしょうか?



vancoast3.jpg

今のところ、福島事故からの人工放射性核種であるセシウム134がここカナダの海岸、特にユクルーエットに到達したという事実が分かりました。2月19日にカナダ政府の埠頭でそのサンプルが採取されました。


vancoast4.jpg

このサンプルはビクトリア大学と共同で行われているInFORMの地元のボランティアグループにより採取されたもので、アメリカのウッズホール海洋研究所に送られ、この海水サンプルに、福島から海に放出され福島で見られたものと同じレベル(??それはないでしょ。。。いくらなんでも。)、同じ核種のセシウム134が含まれていたのです。



vancoast5.jpg

それは住民にとってどういうことを意味するのですか?海で泳げるのですか?水を飲むべきではないのでしょうか?何が分かっていますか?






vancoast6.jpg

今のところ科学者たちは海水が安全だと言っています。人間や海洋生物、海のエコシステムには影響がないと。なので今は海水は安全です。しかし、トフィーノもユクルーエットも観光地なので、懸念があります。


vancoast7.jpg

放射能と言う言葉を聞いたり、放射能汚染された海水がこのあたりに到達したと考えると怖がる人もいるでしょう。今の時点ではこれから数ヶ月の間に放射能のピークも訪れると考えられます。なので、科学者たちは更なる検査をしてどのくらいレベルが上がるのかそうではないのかを見極めるのに必要だと考えているのです。



vancoast8.jpg

それでは、もし海をきれいにすることができるのなら、専門家はどうしなければならないと言っているのでしょうか?



vancoast9.jpg

2020年までには海流が循環して放射能を沖に戻し自然に流されてしまうと考えています。



vancoast10.jpg

では、正確に言うと、これらのことはどのようにして発見されたのでしょうか?定期的にその地域を、あるいはBC州海岸沿いをずっと検査しているのですか?それとも住民にとって何か奇妙な感じがしていたから、とか?どんな風にこのことが分かったのですか?



vancoast12.jpg

実は科学者たちはこうなることを予測していました。なので彼らはボランティアグループのInFORMを結成し、このグループが海岸沿いの北から南までサンプルを集めていたのです。サンプルを集め、送り、そして検査したのです。そして、予測どおり確かに福島から放出された放射能がここに到達したということが分かったのですが、彼らは2020年までに海流によってこの放射能が自然に流されてしまうであろうと予測しています。





vancoast11.jpg

CTVのジェット・バシィがBC州海岸で検出されたこの放射性核種についてお知らせしました。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

こちら、バンクーバー食品放射能モニタリングさんのフェイスブックからの情報です。
 

【First low-level trace of Fukushima radioactivity detected off B.C.】CTV福島からの放射能初めてBC海岸で検出されるUcluelet, British...

Posted by Vancouver Food Radiation Monitoring on Monday, April 6, 2015




2012年の夏に出されたシュミレーションの4年後、つまり今は、こんな感じでした。

Picture9_20120718135601.jpg

大体予測どおりのようです。

2013年の8月には、アメリカ西海岸に到達する放射能が日本の海岸より10倍高いものになるだろうと予測する人もいましたが。。。

今も福島原発からもれ続けていることを考えると、違った現実になっていることでしょう。

特にストロンチウムについては実態が全く分からず、恐ろしいことです・・・




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1220-093d16d5

コメント
福島の現状です。(English & Japanese)
福島がこのような酷い状態であるのと地震や火山活動が活発な国である日本で、
日本政府が再稼動を推進するという事はあってはならないと強く思います。

日本のような位置(リングオブファイアー)に原発は置くべきではなく、
危険すぎると誰でもわかる事なのに、
インターナショナル原子力発電には安全規制がないという事でしょうか?


元京都大学原子炉実験所助教小出裕章氏・外国特派員協会記者会見
Published on Apr 25, 2015
https://www.youtube.com/watch?v=DrLFNQpsv_g
http://www.videonews.com/
【2015/04/26 10:25】 | S #- | [edit]
悲しい現実ですね。
バンクーバーの南東でもコロンビア原発という福島と同じ型の老朽原発が動いています。
このあたりもマグニチュード9級の地震がいつ来てもおかしくない時期に入っています。

原発だけではなく、核を取り扱い施設も世界中にたくさん存在しています。
そのほかにも汚染源は数限りなく。。。
もう地球は限界ですね。
そのことに気付いて1つ1つの小さな選択を積み重ねることができるかどうか、と言うことにかかっているのです。

子供たちに、きれいな空気、水、土を残したいです。

小出先生のインタビューありがとうございました。
【2015/04/28 21:19】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。