スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

抗議団体の取り締まり~組織としての警察、人としての警官

 2014-11-28



David Suzuki gives fiery speech on Burnaby Mountain to Kinder Morgan protesters
デイビッド・スズキの激しいスピーチ


~RCMP(警察)に対し~

"To the RCMP, I come before you with great respect,
カナダ警察に言わなければならないことがある。私はかつてあなた方をとても尊敬していた。

"(during the World War II at Japanese Canadian internment camps in Interior) I can tell you they treated us like human beings, and they were very kind and I have nothing but great thoughts towards the RCMP,"
(第二次世界大戦中、BC州内陸部の日系カナダ人強制収容所で)警察官たちは私たちを人間として扱ってくれた。とても親切で、私は警察に対してすごくよい思いしかない。

"But now you're here to enforce the law. That doesn't mean that you're above the law! Or that you make your own laws!"
けれど今あなたたちはここに法を施行しにきている。それは、あなたたちが法の上に立っているわえでも、自分たちの法を作っているわけでもない!

"My grandson was dragged across the line yesterday and was arrested! You are breaking the law! I'm disappointed and it grieves me because of the respect we have for you!"
わたしの孫は昨日この線を引きずり出され、逮捕された!あなたたちは法を破っている!私は失望した。あなたたちを尊敬しているからこそ心が痛むんだ!


~抗議に参加している人たちに向けて~

"If we continue to look at the land and the world around us just in terms of dollars and cents, we are going to destroy the very things that make that land so precious to us — the very things that keep us alive and healthy, That's what this battle is about."
わたしたちの土地や世界をお金の価値だけと考え続けてしまったら、自分たちの大切な土地を、私たちを生かし、健康でいさせてくれている大切なものを破壊することになる。それが今私たちが戦っていることなのです。



tamo and david




Kinder Morgan protester: The RCMP were kind and civil as they arrested me on Burnaby Mountain
キンダーモーガン抗議参加者~バーナビーマウンテンで逮捕されたとき警察官たちは親切で礼儀正しかった


Bob Kull   
Nov 24th, 2014


rcmp_woman_kinder.jpg


During the afternoon of Saturday, November 22, I chose to cross the police line and submit to arrest at borehole #2 on Burnaby Mountain. I was taken into custody and charged with Civil Contempt of the Order and Injunction pronounced by the British Columbia Supreme Court on November 14. How did this happen?
11月22日土曜日の午後、わたしはポリスライン(超えるとキンダーモーガンの作業を妨害するとされるボーダー)を超える選択をし、バーナビーマウンテンの試掘ポイントNo2で逮捕されることを甘んじて受け入れました。私は拘留され、11月14日にBC州最高裁判所が宣告した(抗議)禁止命令に従わなかったとして告発されました。どのようにそれが行われたのでしょう?

I’m 68 years old and I teach a course in interdisciplinary thought and practice at the University of British Columbia, as well as a course in systems thinking, worldviews and ethics in the Environmental Education and Communication graduate program at Royal Roads University. In teaching these courses it has become more and more clear to me that we are all embedded in our current dysfunctional political and economic system; there are no angels or demons here, no easy solutions. We all live lives of contradiction.
私は68歳で、学際的思考とその実践のコースをBC州立大学で教え、システムズ思考、環境教育とコミュニケーションにおける世界観と倫理についての大学院課程をロイヤルロード大学で教えています。これらのコースを教えていると、私たちがみな、機能の損なわれた政治的、経済的システムの中に組み込まれているということがより鮮明になってきます。そこには天使も悪魔もおらず、簡単な解決方法もありません。私たちはみな、矛盾だらでの生活をしているのです。


We all try to do the best we can.
そして、私たちはみな、最善を尽くそうとしています。


km1.jpg


Each September I spend a month alone in the wilderness to directly experience belonging in (and to) the world of lakes, mountains, trees and sky. To feel, again, in my bones, that the earth is my home. I’ve long recognized that climate change is real and is largely the result of human activities, and yet I don’t live as though I actually believe such destructive changes are happening. Sure, I recycle, drive an old Honda that uses little gas, minimize my driving, sign petitions, etc, but for the most part I go through my days as if everything will just keep on keeping on.
自分が湖、山、木々、空の世界の一部だということを直接感じるために、私は毎年9月に一人で自然の中で1ヶ月すごします。体の芯から再び地球が我が家なのだと感じるために。ずっと前から私は気候変化が現実のもので、そのほとんどが人間の営みの結果であるということに気づいていました。そして、わたしだって実際にはそんなに破壊的な変化が起きていることなど信じていないように生活しています。もちろんリサイクルはするし、燃費のよい古びたホンダにのり、なるべく車を使わないようにし、嘆願書に署名をしたりしますが、ほとんどの場合、毎日なにもかもがただなるようになるだというように過ぎていきます。


When I heard about the protest on Burnaby Mountain, I decided to go up and lend support. During my first several visits there were no police in sight. That changed last Thursday when the RCMP moved in to enforce the injunction handed down by the BC Supreme Court. We’ve seen media photos and video of the physical conflicts that have sometimes developed, but those instances have been rare and it’s important to keep them in perspective.
バーナビーマウンテンでの抗議運動のことを聞いたとき、私は足を運んで支援しようと思いました。初めのころの何回かは警察を見かけませんでした。それが木曜日、BC州最高裁判所が言い渡した禁止令を施行するために入ってきたときに事態は変わりました。時折起こる身体的衝突の写真やビデオがメディアで流れました。しかし、そのようなことは稀で、大局的に見ることが大切です。


On Thursday I was quietly sitting in my chair just to the side of the main body of protestors, when the RCMP’s shoulder-to-shoulder line started to push everyone back up the road so as to cordon off a larger prohibited area. Things were tense, but I decided not to move unless specifically asked.
木曜日、広範囲の立ち入り禁止場所にテープを張るため、警察が横に一列に並んで皆を道路から押し上げ始めたとき、私は主な抗議者たちのがいるところでいすに静かに腰かけていました。張り詰めた状態でしたが、わたしは何か言われない限りそこを動かないことにしました。


Even though I was within the newly stretched yellow ribbon, no one asked me to leave. After an hour or so I heard an officer ask another one who I was. The response was, “We don’t know, but he’s not causing problems so we’re letting him stay.”
私は、新しく黄色いテープが張られたところの中にいましたが、だれもどくようには言いませんでした。1時間後一人の警官がほかの警官に私が誰なのか聞いていました。その答えは、「知らないけど、彼は問題を起していないからそこに座らせてあげてるんだ。」


During the 3 ½ hours I sat there, meditating and quietly watching, several of the RCMP came over to ask if I was OK. They said I looked cold and offered me a blanket, water and other hot and cold beverages. I politely declined everything. What I wanted was to pee, but I didn’t want to move. One of the most solicitous of them said he had sort of adopted me and was concerned for my well-being.
3時間半そこに座っている間、私は瞑想し、静かに様子を見ていると、何人かの警官が大丈夫か、と聞きにやってきました。寒そうだからと言い毛布、水、温かい飲み物、冷たい飲み物を差し出してくれました。わたしは丁寧にすべてを断りました。私がしたかったのはただ排尿だけでしたが、動きたくはありませんでした。もっとも気遣ってくれた人の一人は、私を家族のように考え、私の健康を心配していると言ってくれました。


km2.jpg


At 4:30 another officer came over to say that heavy equipment was coming into the area and they were concerned for my safety in the gathering dark. He asked if I'd move to outside of the cordoned off area. I politely told him that I was considering whether to be arrested rather than move. He said he'd give me a few minutes to decide. I thought it over and decided it was time to go home. My 3 hour shift was over.
4時30分に、もう一人の警官がやってきて、重機がこちらに向かっているし、暗くなってきているので、私の安全が心配だと言いました。そして立ち入り禁止場所の外に動けないかと尋ねました。そして、決めるのに数分あげるから、と言いました。私は思案し、そろそろ家に帰る時間だと思いました。3時間の当番は終わっていたのです。


Mostly the day was peaceful. With a few exceptions, the RCMP were friendly and polite, except when someone physically challenged them, and then their response was instant and overwhelming. One of them told me he was glad we were there standing up for what we believe. I suspect many agree with the protest, but they have a job to do. It’s a tough spot for them to be in. And of course some of the young protestors had their testosterone flowing.
その日はほとんど平穏でした。いくつかの例外を除いては、警官たちはとても親近感があり、礼儀正しかったのです。体で彼らに挑戦的な態度をとらなければ。私は、多くの人たちが抗議に同意しているのではないかと思っています。しかし、皆仕事があるのです。そういう人たちにとっては、参加することで立場が厳しくなるでしょう。そしてもちろん若い抗議者たち中にはテストステロン(男性ホルモン)が強いこともあったでしょう。


Shortly after I arrived to the mountain on Saturday, I decided it was time to submit to arrest as an act of civil disobedience. The drilling rig was operating in front of us and I could no longer fail to respond. I told two of the RCMP on the line that I was going to peacefully step across, and that I have a prosthetic leg and buggered up shoulder. They walked me toward their van without putting hands on me.
土曜日にバーナビーマウンテンに到着してすぐに、私は市民的不服従の行為として逮捕されるべきときが来たと決めていました。私たちの目の前でボーリング機が動いていて、これ以上黙ってはいられませんでした。私は、一線上にいた2人の警官に、静かに線を越えるつもりで、私の足は義肢で、肩をだめにしてしまったと告げました。彼らは私に手をかけずにパトカーのほうに連れて行きました。


Seeing us walk in, the officer who had "adopted" me on Thursday came up and said he was glad to see me.
私たちが歩いてくるのを見て、例の、私を家族のように考えていた警官がやってきて、会えて嬉しいと話しかけてきました。


He thought I was returning to the spot where I'd been sitting, and when I told him I’d been arrested, he was upset and said, "You don't want to do that. Can I talk to you for a minute first?”
彼は私が座っていた場所に戻ってきたのかと思ったのです。そして、私が逮捕されたのだと話すと彼は狼狽して言いました。「こんなことをしたいわけじゃないだろ。まず話をしてもいいかい?」


“Sure,” I replied, “but I've made up my mind.” Then another officer came up and said we had to move the arrest process forward.
「もちろん。」と私は答えました。「しかし私は心を決めたんだよ。」すると他の警官がやってきて逮捕のプロセスを進めなければならないのだと言いました。


Again, everyone was polite, friendly and concerned for my wellbeing. Before climbing into the back of their car, I asked if I could bow to the four directions and they agreed.
繰り返しますが、皆、とても礼儀正しく、親しみがあり、私の体を心配してくれました。パトカーの後部座席に乗り込む前に、かがんでもよいかと頼むと、彼らは認めてくれました。


I was locked into a cell for about 4 hours as they processed me and others that earlier in the afternoon had been arrested. I thought I would need to catch a bus back to my car (again the contradictions) and they went online to find the route and schedule for me. But on my release a group of supporters was waiting outside. They had been there in the chill afternoon and night for hours to be sure each of us had someone to welcome us. They greeted me warmly and gave me a ride.
彼らが私と、少し前に逮捕された人たちの手続きをしているとき、私は独房に約4時間入れられました。私は、自分の車のところまで戻るのにバスに乗らなければ、と考えていました。(またもや矛盾です。。)彼らはネットでルートとスケジュールを調べてくれました。しかし、私が釈放されたとき、外ではサポーターの人たちが待っていたのです。この寒い午後に、夜まで彼らはそこに何時間もいて、逮捕された人たちを皆歓迎してくれたのです。彼らは暖かく私を迎え、車で送ってくれました。


This was not even close to being one of the more unpleasant experiences of my life. My biggest complaint was that the blueberry muffin, served as part of dinner in the jail, was tasteless. It is so easy to demonize the RCMP and to focus on their at times very problematic behaviour. So I think it’s important to also acknowledge when they behave not only professionally and respectfully, but also show friendship and kindness.
この体験は、私が今までの人生で経験した不快な出来事とは似ても似つかないものでした。一番の不満は、牢獄で出された夕食の、味のしないブルーベリーマフィンでした。警官を悪者にし、時折彼らが問題行動をすることだけに焦点をあてるのは本当に簡単ですが、彼らは友情や親切心も示しているのです。


They, like all of us, are embedded in a dysfunctional system that needs to change. This will be a long process of waking up and learning to live in different ways. None of us has a complete solution to our current difficulties, but it’s vital that we move in a positive direction. Expanding pipeline infrastructure and the tar sands is not a positive or sustainable direction.
彼らは、私たち皆と同様、変える必要のある機能不全システムの中に組み込まれています。異なる方法で生活することに目覚め、学ぶのには時間がかかるでしょう。誰にも私たちが今抱えている困難に対する完全な解決策などありませんが、正しい方向に向かうことが極めて重要です。パイプラインのインフラとタールサンドを拡張しすることは正しい方向でも、持続可能な方向でもありません。





そして昨日、地質調査中に抗議者の立ち入りを禁止した裁判所命令を12月12日まで延長したいとするキンダーモーガンの要請は、BC州最高裁で却下されました。


さらに11月14日に裁判所が発した11月17日午後4時からの立ち入り禁止令を施行するために警察が引いたテープのラインのGPSの測定が誤っていたため、まったく関係ないところに立ち入って逮捕されたことになる100名以上の人の告発は無効とされました。


km bby mtn
Kinder Morgan loses bid to extend injunction


キンダーモーガンは12月1日までに撤去しなければならないことになりましたが、今からそれまでに正確に改められたラインを超えたら、それは逮捕され告発の対象となるとのこと。


そして今日、キンダーモーガンは、日曜日までの引き上げの判決に従うべく、機器等をヘリコプターで撤去し始めました。


slide_379148_4602262_compressed.jpg


この間違った図こそ転換しなければならず、

惑わされず、

本来向き合うべき相手を間違わないために、

常に自分と向き合わなければならないと、

改めて確認させられる出来事でした。



キンダーモーガンの企みは、

これからが本番です。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1207-0067af4a

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。