スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

びっくり!?犬が食べると危険なたべもの

 2014-09-09
Common Foods That Are Hazardous or Fatal To Dogs
犬にとって、有害、あるいは致命的なたべもの



This should be read by every single dog owner and dog lover.
犬御飼い主、犬好きな人は皆、読んでください。

Dogs love eating what we eat and many owners regularly give them titbits. The danger comes from several common foods that can prove fatal or at least cause serious illnesses to man’s best friend. Some of these (listed below) will surprise you and others you would never give your dog deliberately, but care should be taken to keep them out of reach of pets.
犬は私たちの食べるものが大好きで、多くの犬の飼い主はがおこぼれをあげています。私たちの親友にとって致命的、あるいは、少なくとも深刻な病気を引き起こしてしまういくつかの危険な食べ物があります。いくつかのものは(下記にリストしました)は、驚かされるもので、わざわざ与えるようなことは決してしないでしょう。ペットの届くところにおかないよう、注意しましょう。


1. CHOCOLATE:  チョコレート
 知ってた!

This is most commonly reported around Easter and Christmas when often playful dogs decide to help themselves to wrapped chocolate treats, candies and baked goodies. The toxic ingredients in the chocolate are caffeine and theobromine, which belong to a group of chemicals known as methylxanthines. The general rule is “the darker it is, the more dangerous it is.” So bakers chocolate usually has a very high level of methylxanthines when compared with say white chocolate which is lower in toxicity for dogs, although still should not be eaten. The worst form is simple cocoa powder. Symptoms can range from sudden excessive thirst with or without vomiting, abdominal pain, high temperatures, muscle tremors, restlessness and agitation, and at worst seizures and even death. If you even suspect your pooch has eaten any type of chocolate, consult your vet immediately as symptoms may not always show up right away.
イースターやクリスマスに遊び好きな犬が自分でチョコレートを包もうとしたときによく報告されることです。チョコレートに含まれる有毒な原料は、カフェインとテオブロミンで、メチルキサンチンとして知られる化学物質のグループに属します。一般的に「チョコレートが濃いほど危険」です。つまりメチルキサンチンのレベルの低いホワイトチョコレートと比べると、ベーカーズチョコには通常メチルキサンチンのレベルがとても高く、ホワイトチョコの方が、犬にとっては毒性が低くなります。しかし、食べさせないでください。最悪なのは、単なるココアパウダーです。症状は、突然の過度の喉の渇きで、吐くこともあります。お腹の痛み、高熱、筋肉の震え、不穏状態、動揺、最悪の場合は発作や死に至ることさえあります。あなたの愛犬がいかなる種類のチョコレートをも食べた疑いがあるときは、すぐに獣医に相談してください。症状がすぐに現れるとは限りません。


2. AVOCADO: アボガド
 
知らなかった。。。たまにちょっとあげてみたら喜んでた・・・

It may be a super-food for humans but it is definitely not for dogs. The leaves, seeds, and bark, as well as the actual fruit, contain the toxin persin. Each variety of avocado varies in toxicity. It can result in respiratory distress, congestion, fluid accumulation around the heart, and even death when eaten by other animals such as rabbits and horses, although it is not usually fatal to dogs but can still result in an upset stomach. There is also the danger that they can choke on the stone/pip. Some pet foods contain small amounts of avocado for health benefits and would not be in any levels that would be dangerous.
アボガドは人間にとって、スーパーフードですが、犬にとっては全く違います。アボガドの葉、種、皮、そして実際の実の部分でさえ有毒なペルシンを含んでいます。種類により毒性が異なります。うさぎ、馬のような動物が食べると呼吸困難、うっ血、心臓周囲に液体が溜まる、そして、死に至るということになりかねません。犬については通常それほど致命的ではありませんが、胃の不快感などが起こりえます。石のような種を飲み込むと窒息の危険もあります。ペットフードのなかには健康のためにアボガドが少量含まれていることがあり、それは、危険なレベルではありません。


3. GRAPES AND RAISINS: ブドウ
 し・・し・・しらなかった・・・・・・・ ごめん。。。結構たべてたよね・・・大好物だよね・・・・

Recent research has linked these to kidney failure in some dogs. As little as a handful of raisins has been fatal in some cases, but some dogs become ill after eating small amounts over a period of time, whilst others can eat with no ill effects. Until more is known about the exact toxicity and root cause of the sickness or kidney damage, it is safest to avoid letting your dog have these foods. If your dog is suffering from grape or raisin toxicosis, they will usually develop vomiting, lethargy or diarrhoea within 12 hours of eating them, and become more lethargic. Changes in urination will also become obvious. Death due to kidney failure could occur as soon as three to four days, but long-term kidney disease may persist in dogs who survive the acute intoxication. Always consult your vet if you have concerns.
最近の研究から、フドウが犬の腎臓疾患に関係していることがあることが分かりました。一握りほどのレーズンが致命的である場合がありますし、少量を長期に渡り食べたあと病気になる犬もいます。一方で、全く病気にならない犬もいます。病気や腎臓損傷の原因になる確かな毒性や根拠が更に分かるようになるまで、犬に与えるのを避けた方が安全でしょう。愛犬がグレープやレーズン中毒をひきおこすと、通常食べてから12時間以内に嘔吐、嗜眠、下痢を引き起こし、ぐったりします。尿にも明らかに変化が見られます。3日4日という速さで腎不全から死に至ることもあります。急性中毒を切り抜けても、腎臓疾患が長引くかもしれません。心配なときはいつでも獣医に相談しましょう。

全く病気にならない犬。。かな・・?!でも、、やめとこっ。


4. BREAD DOUGH: パンの生地
へぇ・・そうなんだ。(冷静)

Raw bread dough with live yeast is very dangerous. This is because, when it reaches the warm and moist environment of the stomach, the dough expands. If the stomach expands too much, then it will not receive enough blood flow so tissue can die. Also it could cause breathing difficulties from added pressure on the diaphragm. Possibly the biggest danger i that, as the yeast ferments, it produces alcohols leading to intoxication. Dogs may suddenly have a swollen abdomen and lack coordination with vomiting. At worst, it can result in seizures and comas. Vets help will be needed if you think your dog has eaten raw dough.
生のイースト菌を使った生のパン生地はとても危険です。虫と合流したり、胃の中の湿った環境にたどり着いてしまうと、生地が膨らむからです。胃が膨らみすぎると血液が十分に通わなくなり、細胞が死んでしまいます。また、横隔膜を圧迫し、呼吸困難を引き起こすこともあります。最も危険なのはおそらくイースト菌が発酵するときアルコールを作りだし、それが中毒を引き起こすことでしょう。お腹が膨らみ吐くことができなくなるかもしれません。最悪の場合は発作がおき、昏睡状態になるでしょう。愛犬が生地を食べてしまったら、獣医にみてもらいましょう。


5. ALCOHOL: アルコール
 がはは!!!あったりまえじゃん。

Dogs are hyper sensitive to alcohol. Not that we are suggesting that you are deliberately giving your dog alcohol, but they can easily help themselves if a drink is left within reach. See point above on the signs and dangers of alcohol intoxication for dogs.
犬は、ものすごくアルコールに敏感です。わざわざ犬にアルコールを与えることを言っているのではなく、犬の届くところにおいておくと、簡単に飲んでしまうことがあるということです。上記に書かれているアルコールが犬に引き起こす中毒の症状と危険を参照してください。

 気をつけます・・・


6. ONIONS AND GARLIC: たまねぎとにんにく
  
知ってた!

These come from the same family and the toxic compound to dogs will damage their red blood cells. The usual rule is “the stronger it is, the more toxic it is.” Any apparent damage may not even be obvious until 3 or 4 days after ingestion. Danger also comes from the more concentrated forms of onion or garlic, such as dehydrated onions, onion soup mix or garlic powder. Chives can also be a danger. Watch for general weakness and changes to the color of their urine – it could become very orange or even dark red. In most severe cases a blood transfusion may even be necessary.
これらは同じ種類の植物で、犬にとっての毒素は赤血球に損傷を与えます。「強ければ強いほど有毒」という通常のルールが当てはまります。摂取してから3、4日間は症状が明らかに分からないかもしれません。乾燥オニオンや、オニオンスープミックス、ガーリックパウダーなどたまねぎとガーリックの濃縮度が濃いものほど危険でもあります。葱も危険です。元気がなくなったり、尿の色が変わったりしないか注意してください。尿はオレンジが濃くなったり、濃い赤になったりもします。酷い場合は、輸血が必要になったりするかもしれません。


7. XYLITOL: キシリトール
 
ま、そうだよねぇ。

This is a sweetener common in sugar-free gum and some baked goods. It is used as a calorie free alternative to sugar. In dogs, ingestion of xylitol can lead to a sudden and dangerous drop to their blood sugar levels. Dogs can develop seizures within 30 minutes of eating anything containing xylitol, but others show no signs for several hours. Ultimately it can lead to liver failure.
シュガーフリーガムや焼き菓子などに含まれている甘味料です。砂糖のかわりにカロリーフリーとして使われています。犬がキシリトールを摂取すると、突然危険なまでに血糖値が下がります。キシリトールの入ったものを食べると30分以内に発作を起こすでしょう。しかし、数時間なんの徴候もない犬もいます。酷いときは、肝不全を引き起こします。


8. TOMATOES: トマト
 
ガビョン・・・全然知らなかった・・・好物だよね・・・たべてたよね・・・ごめん・・・

20140910_125158.jpg

Tomatoes Both the tomato fruit and the plant contain tomatine. It is present in higher levels in unripened tomatoes, metabolizing as the fruit ripens. It is the unripe fruit that are more dangerous. Poisoning can result in vomiting, drooling, breathing problems, lethargy and diarrhoea. But can also be as severe as cardiac problems, seizures, widely dilated pupils and ultimately death. Tomatoes also contain atropine, which can again cause dilated pupils, tremors, and heart arrhythmias. The highest concentration of atropine is found in the leaves and stems of tomato plants, with less in unripened tomatoes, and even less in ripe tomatoes.
トマトの実も植物もトマチンを含んでいます。熟していないトマトの方がレベルが高く、熟すうちに代謝していきます。熟していない実がより危険です。中毒症状は、吐いたり、よだれが垂れたり、呼吸困難、嗜眠、下痢などです。しかし、心臓疾患、発作、散大瞳孔、ついには死に至るような深刻な状態になることもあります。トマトはアトロピンも含んでいます。これもまた散大瞳孔、振戦、心臓不整脈を引き起こします。アトロピンの高い濃縮は葉や茎に見られます。熟していないトマトは少なく、熟したトマトは更に少なくなっています。

 ふぅ。。。いつも熟していたのを食べてたね!


9. CAFFEINE: カフェイン
 
ま、そうだよねぇ。

We mentioned this briefly in relation to chocolate. But the danger also comes from coffee, ground coffee, tea and tea bags. These will over stimulate the dog’s central nervous system and can cause cardiac problems. Symptoms are vomiting , heart palpitations and restlessness and can be fatal.
チョコレートのところで既に述べました。しかし、コーヒー、轢いたコーヒー豆、紅茶、ティーバックも危険です。これらは過度に犬の中枢神経システムを刺激し、心臓に問題を起こしかねません。症状は、嘔吐、動悸、不穏状態で、命に関わることもあります。


10. VARIOUS SEEDS/PIPS/STONES: 様々な種
 
聞いたことあったような・・・つるって滑ったパパイヤの種をすごい勢いで飲み込んだときはあせった・・・でもけろっとしてて・・・翌日クレートの中にはいていた・・・

Peach pits (also called stones), plums pits, cherry pits, pear pips, apricot pits and apple pips all contain cyanide, a well known poison. While a few apple seeds alone may not cause any ill effects, the danger is that over a period of time the effects can accumulate if eaten regularly. Dogs should never be allowed to chew on a peach pit, cherry pit, apricot pit, or plum pit as they will inevitably swallow some of the cyanide from salivating. Chewing could also result in the pit being swallowed, causing continuous exposure to cyanide, or the more obvious problem of choking to death.
桃の種、プラムの種、チェリーの種、なしの種、アプリコットの種、りんごの種は毒素として知られる青酸塩が入っています。数個のりんごの種は病気を引き起こさないかもしれませんが、定期的に食べていると、蓄積されて危険を及ぼします。桃の種、チェリーの種、アプリコットの種、またはプラムの種を噛ませたりしては決していけません。よだれと一緒にどうしても青酸塩をいくらか飲み込んでしまうからです。噛んでいると、飲み込んでしまうこともあり、j継続的に青酸塩に曝されることになってしまったり、単に詰まらせてしまって死んでしまうかもしれません。


11. HAM/BACON: ハム・ベーコン
 
はは~ん。人間にもよさそうじゃないからねぇ・・・

These are both high in fat and salt and can result in pancreatitis. Also, larger breeds of dogs that consume a lot of salty food may then drink too much water and develop a life-threatening condition called ‘bloat’ – the stomach fills up with gas and can twist which causes death.
これらは脂肪分と塩分が高く、膵炎を引き起こす可能性があります。また、大きな犬種の場合、塩分をたくさんとると水をたくさん飲みすぎることになり、「鼓脹症」と呼ばれる命に関わる状態に陥ってしまうことがあります。胃がガスでいっぱいになり、ねじれてしまい、死に至るのです。



12. COOKED BONES: 調理した骨
 
Juniorのご飯はいっつもCooked Boneだけど・・・?バリバリかんで食べてたなぁ。鳥の骨はだめって言うけど、牛の骨は大丈夫そう??!

Cooked bones of any size can splinter tearing a dog’s internal organs.
どのような大きさの調理した骨も犬の内臓を引き裂いてしまうかもしれません。


13. COINS: コイン
 
間違えて飲み込まないようにね!

Yes, coins! Modern money in coin form often contains zinc. If a dog swallows even a single coin it can result in damage to the red blood cells and even kidney failure. It should be seen by a vet and needs removing as they can cause in death.
はい、コインです。現代の硬貨は多くの場合亜鉛を含んでいます。犬がたった1つでも飲み込んでしまうと赤血球に損傷を与え、肝不全になることさえあります。死に至ることもあるので、獣医に取り除いてもらいましょう。

DSC_0707B.jpg



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1199-774da9e2

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。