スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

緊急報告~放射能被曝が生態系に与える影響

 2014-09-01
Biological effects of Fukushima radiation on plants, insects, and animals
福島の放射能が植物、昆虫、動物に与える生物学的影響


Aug 14, 2014

lead_large.jpg


Following the 1986 Chernobyl nuclear power plant meltdown, biological samples were obtained only after extensive delays, limiting the information that could be gained about the impacts of that historic disaster. Determined not to repeat the shortcomings of the Chernobyl studies, scientists began gathering biological information only a few months after the disastrous meltdown of the Fukushima Daiichi power plant in Japan in 2011. Results of these studies are now beginning to reveal serious biological effects of the Fukushima radiation on non-human organisms ranging from plants to butterflies to birds.
1986年のチェルノブイリ原発のメルトダウンの後で、生物学的サンプルが採取されたのは、歴史的な惨事の与えた影響について入手し得た情報が制限されてからずっと後になってからのことでした。チェルノブイリの研究の欠陥を繰り返さないと決意し、科学者たちは2011年に日本で起きた福島第一原発の悲惨なメルトダウンの後わずか数ヵ月後に、生物学的情報を集め始めたのです。


A series of articles summarizing these studies has now been published in the Journal of Heredity. These describe widespread impacts, ranging from population declines to genetic damage to responses by the repair mechanisms that help organisms cope with radiation exposure.
これらの研究をまとめた一連の記事が今、遺伝ジャーナルに発表されました。これらは、数の減少から、被曝に対処するための修復メカニズムによる反応に与える遺伝的損傷に至るまで、広範囲に及ぶ影響が描かれています。

"A growing body of empirical results from studies of birds, monkeys, butterflies, and other insects suggests that some species have been significantly impacted by the radioactive releases related to the Fukushima disaster," stated Dr. Timothy Mousseau of the University of South Carolina, lead author of one of the studies.
「鳥、サル、蝶、そして他の昆虫の研究から得られた実験に基づく結果の積み重ねから、いくつかの種が福島事故からの放射能の放出により、かなりの影響を受けているということが考えられます。」とこの研究の著者の主導者である南キャロライナ大学のティモシー・ムソー氏は話しました。


Most importantly, these studies supply a baseline for future research on the effects of ionizing radiation exposure to the environment.
最も重要なのは、これらの研究が電離放射線被曝が環境に与える影響についてのこれからの調査のベースラインとなることです。


Common to all of the published studies is the hypothesis that chronic (low-dose) exposure to ionizing radiation results in genetic damage and increased mutation rates in reproductive and non-reproductive cells.
慢性的に(低線量の)電離放射線に被曝すると、遺伝子に損傷を与えることとなり、再生、非再生細胞に突然変異が現れる確率が高くなるという仮説が、発表されている全ての研究に共通しています。


One of the studies (Hayashi et al. 2014) documented the effects of radiation on rice by exposing healthy seedlings to low-level gamma radiation at a contaminated site in Fukushima Prefecture. After three days, a number of effects were observed, including activation of genes involved in self-defense, ranging from DNA replication and repair to stress responses to cell death.
それらの研究うちのひとつは、健全な米の苗に福島県の汚染地区で低線量のガンマ放射線にさらすことにより、放射能が米に与える影響を記録したものです。3日後、いくつもの影響が観察されました。DNAの複製から細胞死に対するストレス反応にいたるまでの護身を含む遺伝子が活性化したのです。


"The experimental design employed in this work will provide a new way to test how the entire rice plant genome responds to ionizing radiation under field conditions," explained Dr. Randeep Rakwal of the University of Tsukuba in Japan, one of the authors of the study.
「この作業に使われた実験計画は、米植物のゲノム全体が、その様な状況の下どのように電離放射線に反応するのかを調べる新しい方法を提供するでしょう。」とこの研究の著者の一人である筑波大学のランディープ・ラクワル博士は説明しました。


Another team of researchers (Taira et al. 2014) examined the response of the pale grass blue butterfly, one of the most common butterfly species in Japan, to radiation exposure at the Fukushima site. They found size reduction, slowed growth, high mortality and morphological abnormality both at the Fukushima site and among laboratory-bred butterflies with parents collected from the contaminated site.
他の研究者のチームは日本で最もよく見られる蝶、ヤマトシジミの福島での放射能被曝への反応について調査しました。福島の蝶と汚染地区から採集した親蝶から研究室で繁殖させた蝶の双方から彼らが発見したのは、大きさの減少、発達不良、高死亡率、形態学的異常でした。


fukushimasle.jpg


Multiple sources of exposure were included in the butterfly study. "Non-contaminated larvae fed leaves from contaminated host plants collected near the reactor showed high rates of abnormality and mortality," explained Dr. Joji Otaki of the University of the Ryukyus in Okinawa, Japan. Some of their results suggested the possible evolution of radiation resistance in Fukushima butterflies as well.
その蝶の研究には、色々な被曝の源が含まれています。「汚染されていない幼虫に、原発に近いところで採集した汚染された宿主植物を食べさせたところ、異常と死亡率が高いことを示しました。」と沖縄の琉球大学のオオタキ・ジョウジ博士は説明します。いくつかの結果からは、福島の蝶に、放射線抵抗性への進化の可能性も示されました。


A review of genetic and ecological studies for a range of other species at both Chernobyl and Fukushima (Mousseau 2014) revealed significant consequences of radiation. Population censuses of birds, butterflies, and cicadas at Fukushima showed major declines attributable to radiation exposure. Morphological effects, such as aberrant feathers on barn swallows, were also observed. The authors suggest that long-term studies at Chernobyl could predict likely effects in the future at the Fukushima site.
チェルノブイリと福島のほかの種に渡る遺伝的、生態学的研究の再調査では、放射能による重要な結果が明らかにされました。福島の鳥、蝶、セミの数の調査により、放射能被曝に起因する大きな現象が示されました。ツバメの変形した羽のような形態学的影響も観察されました。この著者たちは、チェルノブイリの長期に渡る研究が、福島で将来起こるであろう影響を予測することを可能にするのだと提唱しています。


All of these studies highlight the need for early and ongoing monitoring at sites of accidental radiation release. "Detailed analyses of genetic impacts to natural populations could provide the information needed to predict recovery times for wild communities at Fukushima as well as any sites of future nuclear accidents," Mousseau said. "There is an urgent need for greater investment in basic scientific research of the wild animals and plants of Fukushima."
これら全ての研究が放射能放出事故の起きた現場での早期的、そして持続的なモニタリングの必要性を強調しています。「自然界での遺伝子に与える影響についての詳細にわたる分析が、福島の野生社会の、そして将来の原子力事故のいかなる現場での回復時についての予測に必要な情報を提供してくれるのです。」

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ことの緊急性を感じたティモシー・ムソー博士の記者会見

"Fukushima Catastrophe and its Effects on Wildlife,"
福島惨事と野生生物への影響 (外国人記者クラブにて)





3.15 "There’s been some developments in the last year or two — especially in recent months — that really bring some sense of urgency to sharing some of these latest findings…Hopefully this will be of some relevance to the people of Japan, as well as people that might be visiting Japan in the coming years. My concerns of the past few months stems from the fact that there’s a growing number of scientific studies concerning radiation effects on plants and animals from Chernobyl, but also from Fukushima. These have clearly demonstrated impacts — injuries — to individuals, populations, communities, and even whole ecosystems. These findings have significant implications for the recovery of contaminated regions of Japan."
「この1,2年で進展がいくらかありました。特に最近の数ヶ月です。これら最も最近の発見を共有することの緊急性を本当に感じています。・・・これが日本の人々、そしてこれから数年中に日本に訪れる人々に適切なものであれば、と思います。ここ数ヶ月の私の懸念は、チェルノブイリ、そして福島をもの動植物に与えた放射能の影響についての科学的研究が数々でてきているという事実からのものです。これらは、明らかにその影響を示しています。-危害-個人、住民、社会、エコシステム全体にさえ与える危害です。これらの発見は日本の汚染地域の回復のために重要なことを示唆しています。」


Natural News

22.00 "These next figures are really, really important, and this really was the motivation for speaking today," he said. "These are the results from four years of data, so starting July 2011, and we just did the last count last month here in Fukushima. What this graph shows very, very strikingly is that the total numbers of birds drops off with radiation in Fukushima in a very consistent pattern."
「次に示す数は、本当に、本当に重要です。このことが、実に今日話しをしようという動機にになったのです。これらは、4年間のデータからの結果です。2011年7月に始め、一番最近のカウントは、福島で先月行ったばかりのものです。このグラフが示しているのは、福島の放射能で、鳥の全体異数がとても一貫性を持つパターンで、かなり、かなり著しく減少しているということです。」

tim4.jpg


Scientist reveals albino birds, mutant firebugs, and deformed pine trees derived from Fukushima radiation
福島放射能由来の鳥のアルビノ(白子)、昆虫の突然変異、松の奇形


He pointed to the consistency of bird die-offs through the years, increasing over time. He showed how both the Chernobyl and Fukushima disasters showed these striking similarities. He rose even more alarm over radiation's "effects on species richness or biodiversity," stating that the effects "are even more striking, again, dropping off with increasing radiation." He talked about mutations in birds seen near Fukushima, mentioning the first swallow with patches of white feathers. "We've since been documenting in collaboration with the Wild Bird Society of Japan many more additional cases of these albinos." He talked about other biomarkers like Japanese cows with white spots on their rears. He showed pictures of birds with tumors, showing documentation of higher frequency of cataracts in humans and birds in areas with high radiation levels. Taking it a step further, he showed growth abnormalities in both firebugs and scotch pine trees.

tim1.jpg

彼は、数年を通しての鳥の大量死について指摘しました。時が経つごとに増加していました。チェルノブイリと福島の惨事が示すこれらの衝撃的な類似性も明らかにしました。「種々の豊富さや生物多様性における放射能の影響」についての更なる警告さえ発しました。その影響が「更に衝撃的なものでさえあり、放射能レベルが上がるほど数が落ちていたのだ」と述べました。福島付近の鳥に見られる突然変異についても話し、羽に白い斑点のあった最初のツバメについて言及しました。「日本野鳥の会との協力で、アルビノの更なるケースについて記録してきました。」背後に白い斑点のある日本の牛のような他の生物マーカーについても話しました。腫瘍のある鳥の写真、高レベルの放射能の地域の人や鳥に見られる白内障の頻度の増加についての記録を示しました。更に、昆虫と松の木に見られた成長異常を明らかにしました。

tim2.jpg

tim3.jpg



Mousseau showed that the effects of radiation from Fukushima are similar to that of Chernobyl, which exploded in Ukraine in 1986. "The point today is that as far as we can tell so far, there does not seem to be any dramatic difference between the effects of radiation in Chernobyl versus the effects of radiation in Fukushima. I think that is one of the take home messages," he said.
ムソー氏は、福島の放射能の影響が、1986年にウクライナで爆発を起こしたチェルノブイリのものとよく似ていることを示しました。「今日、指摘したいのは、現在ところを言えることが、チェルノブイリの放射能の影響と福島の放射能の影響に大きな違いが見られない、ということです。これが今持ち帰ろうと思うメッセージの一つだと考えます。」


Governments continue to censor the effects of Fukushima
福島の影響を検閲し続ける政府


Mousseau detests the "official government reports" on Fukushima that downplay the impact that the radiation is having on Japan and the global ecosystem. "Contrary to governmental reports, there's now an abundance of information demonstrating consequences -- in other words, injury -- to individuals, populations, species, and ecosystem functions, stemming from the low dose radiation due to Chernobyl and Fukushima disasters," he stated.
ムソー氏は、放射能が日本と世界のエコシステムに与える影響について過小評価している福島についての「公式な政府の報告」を酷く嫌っています。「政府の報告に反して、今では(放射能が与えた)結果を示す溢れるばかりの情報があるのです。言葉を変えて言えば、チェルノブイリと福島事故による低レベルの放射能に由来する、個人、住民、種々、エコシステムの機能、に対する危害です。」と彼は述べました。

人々のパニックやストレスを軽減するために、放射能が人間に与える影響がほとんどない、ストレスの方が直接の被曝より健康に害を与える、という発表を科学的根拠を示さずに結論付けている政府や政府関連の主張は、実際に調査をしなければ分からないはず。国際機関は、人々の健康を守るだけでなく、環境全体を守るべき・・・・と。もっとものことだと思います。


At 38 minutes into his speech, Mousseau told an Associated Press reporter that the effects are not local but are impacting the global ecosystem. "I think the only conclusion you can come to from the increasing body of evidence of Chernobyl is that all components of this ecosystem seem to be affected, from the bacteria in the soil, the fungi in the soil, all the way up to the top predators... they are all connected of course. As we pick away at the various components of the ecosystem, we have not found any particular components that don't seem to be affected in some way."
38分のスピーチで、ムソー氏はAPの記者に、その影響が地域的なものではなく、世界的なエコシステムに及ぶものだと話しました。「チェルノブイリからの証明され続けていることから出せる結論は、エコーシステムの全ての構成要素が影響を受けているということです。土の中のバクテリア、土の中の菌、そして最上の捕食者にいたるまでです・・・それらはもちろん全て汚染されています。エコシステムの色々な構成要素を取り除いたとき、どんな形でも影響を受けているように思われないという特定の要素はないことが分かりました。」


tim5.jpg

これら全てが何を意味しているのか?

政府関係の報告に反して、個人、住民、種々、エコシステムの機能がチェルノブイリと福島由縁の低レベル放射能からの影響を受けていることを示す大量の情報が今ではあるということ。




研究をすることを禁じられている日本。

人間に与えている影響については、「被曝とは関係ない」の一言で終わらせるのがルール。



それが通用しなくなる日が迫っています。





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1198-27d564e0

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。