スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

犬のてんかん

 2014-07-31
夏休み。

愛犬エリーをつれて旅行に出かけました。

細いくねくね山道を走っている車の中で突然のてんかん発作。


エリー6歳。

最初の発作は3歳の夏。

熱中症かと思っていたら、次に起こったのはたしか1.2年後の春。

どうも、何か怖いもの(たいてい音)が引き金になって起こっている様子。


そして、旅行の前日の晩、ボア君が深夜近くに散歩させていたときに再び発作。

DSC_0656.jpg
右足の点々は、倒れたときの傷。。


翌日、いつも散歩中だったのが、今回は車の中。


突然ばたん、と倒れ、激しい痙攣が続き・・・

硬直してのけぞり、泡を吹き、白目をむき、苦しそうにあえぎ、うめき声を発し・・・・


これで死んでしまうのかも・・・ということが頭によぎる。。。


でも、そんなことは到底受け入れられず・・・


改めて「てんかん」について調べてみました。


seizure.jpg


Seizures in Dogs & Cats: An Integrative Approach with Natural Options
犬、猫の発作: 統合的自然療法

---犬の部分だけ抜粋

Allen M. Schoen, D.V.M., M.S.


One of the most frightening scenes for a dog or cat caregiver to see is their loved one having an epileptic seizure. Often times, they lose control, fall over, chomping their teeth, salivating, whining, paddling with all their feet and totally out of control. One feels helpless, hopeless and panicked when watching it happen. Until recently, once the cause was diagnosed, the only options were strong anticonvulsants that could have serious side effects. Sometimes, these still are your only option. However, over the past decade, natural approaches have been found to be helpful in some patients, either prior to stronger medications or in addition to them, so that you may not need as high a dose. Let us take a look at some of the causes, see what we can do to prevent them and what our options are.
犬や猫の飼い主にとって最も恐ろしい光景の一つは、愛する彼らがてんかん発作を起こすのを見ることです。しばしば彼らはコントロールできなくなり、倒れ、歯軋りをし、泡を吹き、鼻声で鳴き、足をバタバタさせ、完全にコントロールできなくなるのです。目の前で目撃すると絶望的になり、パニックになる人もいます。最近までは、一度原因が診断されると、副作用を起こす可能性のある強い抗けいれん薬が唯一の治療法でした。時にはまだこれが唯一の選択肢でもある場合もあります。しかしながら過去10年以上で、犬によっては自然療法が役立つことが分かってきました。強い薬の前に試したり、強い薬と併用することもできます。そうすることで、薬の量が少なくても良いかもしれません。いくつかの原因を、そして、発作を防ぐために何ができて、どのような選択肢があるのか見てみましょう。


Dr. Roger Clemmons, a renowned professor of neurology and neurosurgery estimates that nearly 1% of our dog population has some form of seizure disorder. Certain breeds with hereditary epilepsy may have as high as 15-20% incidence. This is normally called “idiopathic” epilepsy, in other words, we are not sure what caused it. Breeds that appear to be more susceptible to epilepsy include Cocker spaniels, Collies, german shepherds, golden retrievers, dachshunds, irish setters, labrador retrievers, miniature schnauzers, poodles, saint bernards, siberian huskies as well as wire-haired terriers. One big step in prevention is not to breed dogs that have a predisposition for epilepsy. This alone would decrease the incidence and the owners fears that go along with it. If you are looking for a purebred pup, make sure to check as thoroughly as possible that it does not run in the line that you are thinking of getting a pup from.
神経学、神経外科学の高名な教授であるロジャー・クレモンズ博士は、全体の約1%の犬にいくらかの発作の病気があると推測しています。犬種によっては、15-20%まで高い確率で遺伝的にてんかんもちである可能性があります。これは通常、「突発性」てんかんと呼ばれています。言い換えれば、何が原因が分からないということです。明らかにより影響を受けやすい犬種は、コッカースパニエル、コリー、ジャーマンシェパード、ゴールデンレトリバー、ダックスフンド、アイリッシュセッター、ラブラドールレトリバー、ミニチュアシュナウツァー、プードル、セントバーナード、シベリアンハスキー、硬い毛のテリアです。


What do you see, if your dog or cat has seizures? It can vary quite a bit. Sometimes you barely see anything except chomping their teeth rapidly out of control with a bit of salivation. Other small seizures may also resemble what is known as “fly-biting behavior”. This is when they are snapping into thin air as though they are going after a fly. However, most seizures are much more dramatic than that and quite scary to see. Often, your furry friend will stiffen up all over their body, start chomping at the mouth, fall on their side, almost unconscious, start whining or howling, sometimes urinate and defecate and lose all control of bodily functions, jerking and paddling their legs. They may only last a minute or two or may continue for longer periods of time. Occasionally they will go into what is known as status epilepticus, where they will not stop on their own, but will continue until strong medications are administered by a veterinarian. If your dog or cat does not stop within a few minutes, you should contact your veterinarian or an emergency clinic immediately.
犬が発作を起こしたときは、どんな風でしょう?それは実に様々です。コントロール不能の激しい歯ぎしりと唾液を少し出す以外にほとんど何も分からないときもあります。また、軽い発作の場合、「ハエを噛むような振る舞い」と知られているものに似ているものであるかもしれません。まるでハエを追うように空気に噛み付いているようなときです。しかしながら、ほとんどの発作がこれよりずっと劇的で、見るにはかなり恐ろしいものです。しばしばあなたの毛むくじゃらの友は全身に痙攣を起こし、歯をがちがちいわせ始め、横に倒れます。ほとんど意識不明の状態で、鼻声で鳴き、遠吠えを始めます。時にはおしっこやウンチを漏らし、身体の全ての機能を失い、ピクピクし、足をバタバタさせます。おそらく1分か2分続きますが、もっと続くこともあります。時折てんかん発作重積状態として知られる状態になり、自分で止められなくなり、獣医による強い薬が処方されます。数分で発作がおさまらない場合は、すぐに獣医か救急クリニックに連絡してください。


If this has happened more than once, a comprehensive workup should be performed including blood tests, x-rays and whatever else may be needed, even electroencephalograms occasionally. Certainly there are many causes besides hereditary epilepsy. These include poisonings, low blood sugars, liver and kidney disease, tumors, and sometimes even something as simple as food allergies. Some food allergies are not just to foods but rather to chemicals, preservatives, flavors etc. in certain foods. Food allergies are not that uncommon in many dogs these days and should be ruled out if suspicious.
1回以上起こった場合、血液検査、レントゲン、更に総括的な検査が必要です。脳波の検査が必要かもしれません。遺伝的てんかんのほかの多くの原因が確かにあります。原因は、毒、低血糖値、肝臓や腎臓疾患、腫瘍、時には、食物アレルギーのような単純なことであるのです。食物アレルギーは食事だけでなく、むしろ一定の食物に含まれる添加物、保存剤、フレーバーなどでしょう。食物アレルギーは近頃では多くの犬に普通に見られ、疑われる場合は避けるべきです。


Once you have a diagnosis and it is not something that you can cure and you realize that you and your buddy may have to live with and manage these seizures, one now can look at a number of different options including nutritional supplements, acupuncture, homeopathy and herbs as well as conventional medications.
一度診断され、それが治せるようなものでなく、あなたの親友と生涯付き合い、発作を管理していかなければならないと認識したら、栄養剤、鍼、ホメオパシー(類似療法) 、ハーブ、従来の薬などの様々な選択肢があります。


The first step is to consider a more natural diet. In my opinion, nothing beats a home-made balanced natural diet! I stress balanced, because an unbalanced diet can be just as bad as a poor quality processed food. The purpose is to try to remove any possibility of chemical sensitivities to different food additives, preservatives or other chemicals. I have seen dogs with occasional seizures completely resolve with a home made natural balanced diet.
まず考えられるのは、より自然な食事です。わたしの考えでは、ホームメードの食事に勝るものはありません!バランスの取れたものが大事です。バランスの欠けた食事は悪質なプロセスフードと同じくらい体に悪いのです。目的は、様々な添加物、保存料、他の化学物質に対する敏感性のあらゆる可能性を取り除くことです。たまに発作を起こす犬がホームメイドのバランスの取れた自然食に変えただけで、完全に解決できた犬を見てきました。


The next step is to try to remove as many other toxins from our furry friends environment. Innocently, we try to help our pets remain free of parasites such as fleas, ticks and heartworms and inadvertently end up putting multiple toxins in their body. No one knows what many of these different chemicals may do when combined in the body. These studies have simply not been done! Some veterinary neurologists suggest that certain heartworm medications and flea prevention products may lower the seizure threshold of dogs and may make seizures more difficult to control. By all means, I suggest avoiding all organophosphate insecticides which tend to be neurotoxic anyway. Dr. Roger Clemmons at the University of Florida veterinary school suggests that interceptor and filaribits appear to be safer heart worm preventatives for dogs that are prone to seizures. He also feels that Frontline may be a safer flea and tick repellant for seizure prone dogs.
次のステップは、あなたの毛むくじゃらの友の環境から有毒なものを取り除く試みです。純粋に私たちはペットから、寄生虫やノミ、ダニ、をイヌ糸状虫遠ざけようとし、軽率にペットの体内にいくつもの毒を入れてしまうことになります。体内で様々な化学物質が混ぜ合わされたとき何が起こるのか誰にもわからないのです。ただ、この研究がまだ行われていないだけです!神経学獣医の中には、あるイヌ糸状虫防止剤やノミ防止剤の中に犬の発作に対する敷居値を下げてしまい、コントロールしずらくしてしまう、という獣医もいます。私は、全ての有機りん系殺虫剤を避けることを主張します。これらはいずれにしても神経に毒性があるのです。フロリダ獣医学校のロジャー・クレモンズ博士は、IntercepterFilar ibitsが発作を欲起こす犬のイヌ糸状虫の予防に安全で、ダニ、ノミ防止には、Frontlineが比較的安全だろうと言います。

Sentinel_group_420.jpg
これ、飲ませてた・・・しばらくやめていて、7月1日に、暑くなってきたし、と思って再開したばかり・・・


Some holistically oriented veterinarians feel that overvaccination with yearly vaccines may also predispose pets to epilepsy. Though there have not been any definitive studies concerning this matter, there has been sufficient evidence suggesting that we need not vaccinate our pets annually anyway. Check with a well respected holistically oriented veterinarian in regards to this matter.
また、毎年のワクチンの打ちすぎがペットの発作を起こしやすくしていると考えているホリスティック獣医もいます。これについては最終的な研究がなされていませんが、毎年ペットにワクチンを打つ必要はないことを示すのには十分な証拠があります。このことについては、評判のよいホリスティック獣医に確認してみてください。


As far as supplements go, one can use a number of supplements that appear to decrease the incidence of seizures. I suggest an antioxidant combination of Vitamin C, E, selenium along with B-6. For a 50 lb. dog, one would start with 500mg. Vit. C. 2x/day, 400 I.U. 1 x/day and 50mg. B-6 per day. Consult with your veterinarian on appropriate dosage for your pet. Other supplements that appear to help prevent seizures include DMG or dimethyl glycine which you can get from many veterinarians as well as magnesium.
サプルメントについて言えば、発作を減らすことが明らかなものがいくつもあります。ビタミンC、Eの抗酸化剤、B-6入りのサレンをおすすめします。50ポンド(22.6kg)の犬には、500mgのビタミンCを1日2回。400 I.U.を1日1回。 50mgのB-6を1日1回です。適切な量については獣医に相談してください。他のサプルメントは、多くの獣医から手に入るDMGやジメチルグリシンと、マグネシウムが発作の予防によいことが分かっています。


Acupuncture is another excellent option that I have used numerous times to successfully control seizures. There are three different approaches that I use with acupuncture. I usually begin by using an ear acupuncture tack in the dogs ears. This simply requires one office visit and I have seen many dogs stop seizuring completely with just this simple acupuncture technique. If that doesn’t control the seizures, then i consider implanting gold implants in different locations under the skin in acupuncture points on the dogs head. This is based on a study conducted by Dr. Klide at the University of Pennsylvania veterinary school. If this too doesn’t help sufficiently, then I will do traditional chinese acupuncture once a week for four to six weeks and then taper off treatments to once every month or two. This too can have excellent results. I have had dogs who seizured despite all conventional medications and stop completely for years with periodic acupuncture and they were able to lower their drug dosages as well. It is an excellent option.
発作をコントロールするのに成功した多くの例があるのが、鍼治療というすばらしいオプションです。3つのアプローチがあります。まず打つのは耳。1回の訪問で簡単な鍼のテクニックで完全に発作が止まった犬がたくさんいます。もしこれでコントロールできなければ、頭の上のいくつかの鍼のポイントの皮膚内に金のインプラントを埋め込みことを考えます。これは、ペンシルバニア獣医学校のクライド博士によって行われた研究に基づいています。これも効かない場合は、伝統的な中国の針治療を1週間に1度、4から6週間続けます。そして少しずつ少なくし、月に1度か2度にします。これも効果はすばらしいものです。従来の薬を全て試したにもかかわらず発作の起きる犬を飼っていました。そして、定期的な針治療で何年もの間発作を止めたのです。そして、薬の量を減らすこともできました。これはすばらしいオプションです。


The next step is to try to minimize stress in your pets life. It is not uncommon for a client to tell me that a particularly stressful event occurred just prior to there pets seizures. Try to avoid sudden loud noises, stressful situations and sudden changes in their environment. Herbs that may be beneficial as sedatives or antianxiolytic include valerian root, skullcap, oatstraw and kava. One may need to lower the dosage of other anticonvulsants when using herbs and supplements.
次のステップは、生活のストレスを最小限にすること。発作を起こす間に、特にストレスの多いことが起きたと話す患者さんは珍しくありません。突然の大きな音や、ストレスの多い状態、環境の急な変化を避けるようにしてください。ワレリアナ根、タツナミソウ、エンバクわら、カバなどのハーブは鎮静剤、抗不安剤として有益です。ハーブをサプルメントとして使用したときは、抗けいれん薬の量を減らす必要があるかもしれません。


harb.jpg


First Aid for Seizures  by Mary L. Wulff-Tilford & Gregory L. Tilford
発作の際の救急処置

If your animal experiences a seizure, gently protect his head from sharp or hard objects until the episode passes. Don't attempt to restrain the animals body- the muscle contractions of a violent convulsion can be self-injurious if the animal cannot move or jerk about freely. Never place your hand in or near the animal's mouth during a seizure-your companion may be unaware of your presence and may unknowingly bite you with incredible force. If you are indoors during the episode dimming the lights and speaking softly to your companion helps reduce the fear and confusion that sometimes precedes and usually follows the episode. Rescue Remedy rubbed on the ears before, during, and after a seizure sometimes helps moderate the episode and calm the animal. Be sure to take a hearty dose yourself!!!!!
あなたのペットが発作を起こしたときは、おさまるまで頭をとがったものや硬いものからやさしく守ってあげましょう。体を押さえつけたりしてはいけません。激しい発作の筋肉の収縮は動けなくなったり、自由に痙攣できなくなると自分を傷つけかねません。発作中は、手を口に近づけないでください。あなたがいることに気付かず、知らずに信じられないくらいの力でカム噛むかもしれません。発作が室内で起こった場合、灯を弱くし、やさしく話しかけると、たびたび発作の前に、大抵発作の後に起こる恐怖や混乱をやわらげます。救急処置は、発作の前、発作中、発作の後に耳をなでることです。時には発作を和らげペットを落ち着かせます。必ずあなたからの心のお薬を飲ませてあげてください。




てんかん発作が起きてから、とにかく寝てばかりいる2日間。


sleep.jpg


音に敏感で、いつも吠えていたエリーが、どんな音がしても全く吠えない。

しかもたまにふらふらして倒れそうになる・・・


いつも「あそぼっ」って催促に来てピョンピョンはねたりがーがーしたりして遊ぶのに、


こっちから誘っても反応なし・・・



うるさくて大変だったけど、


それでも、やっぱり元気な方がいい。


明日はホリスティックな新しい獣医先生と面会。

早く元気にな~れ!


ellie_2014080105270274a.jpg



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1190-2b85e95a

コメント
エリーちゃん、早く元気になりますように。
【2014/08/05 08:51】 | wocean2 #- | [edit]
 心配ですよね。
「どこがどう具合が悪いのか言ってくれ~」って思います。
新しい獣医師さんとの出会いが
エリーちゃんにとって良い結果になりますように。
【2014/08/05 19:23】 | kojirou #FCOfbz1s | [edit]
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。
【2014/08/09 00:02】 | 鬼藤千春の小説 #g.qUwJtQ | [edit]
woceanさん、kojirouさん

ありがとうございます。ご心配おかけしました。
獣医さんは、予約の時間を変更したら、ちょっと経験不足の若い方にあたってしまい、神経科のスペシャリストを紹介されたのですが、症状がよくなってきたので当日キャンセルしました。車のストレスと新しい病院環境のストレスを考えたら症状は悪化するだけのような気がして・・何千ドルもかけて検査漬け、薬漬け、手術までしても、で結局原因が分からない、とか全然良くならない、って話も良く聞きますよね。

犬はしゃべらないので、飼い主に診断を迫られてストレスでノイローゼに近い状態になってしまう獣医さんもいるとか。

ということで、ちょっとホメオパシーとか勉強したいなぁ、と思ってます♪

今、夏の恒例!黒ラブ、Juniorくんを預かっています。Juniorセラピーがなりよりの薬で、全く良いタイミングで着てくれたものです。感謝!

しばらくはフラーッ倒れそうになったり、後足がガクンと折れてよろめいたりが続きましたが、少しずつ回数が減り、顔がたまにピクピクしてたのもこの2日間くらいは目撃しなくなりました。




【2014/08/09 21:34】 | Blue Dolphine #- | [edit]
鬼藤千春さま

ブログ拝見させていただきました。
小説のあるくらし、よいですね。
原発事故がおこってからというもの、小説というものからずっと離れていました。
今度ゆっくりブログ読ませていただきます。
ありがとうございました。


【2014/08/09 21:49】 | Blue Dolphine #- | [edit]
心配です。
だんだん元気になってきたのなら嬉しいです。

めめの友達のうららちゃんが、なんか元気がないと思っていたらてんかんをおこして、脳に腫瘍ができていたので、てんかんと聞くとドキドキしてしまいます。

めめも0さいか1さいのとき、てんかんを起こしたし、そういううららちゃんのような重い病気からきてるてんかんでないと思いますが、何度も起きるとつらいですね。

今は、黒ラブくんと楽しい毎日を過ごしてるみたいでエリーちゃん、よかったね♪
【2014/08/10 03:42】 | meme #- | [edit]
めめままさん。

ご心配おかけしました。
ありがとうございます。
てんかんについては、めめちゃんのケースを教えてもらおうかな、と思っていました。めめちゃんは1回だけだったんですね。

血液検査では、筋肉のダメージ、肝臓の問題、脳の良性、悪性の腫瘍の可能性を指摘されました。
それでも、これ以上検査するのはやめました。
いろいろな意見があるかと思いますが、強い薬、CTスキャンなどの放射線検査、もしかしたら手術、という対処法治療ではなく、崩れたバランスを取り戻すホリスティックの方向に転換しようと思っています。医療大麻が脳の腫瘍を消滅させてしまった人間の例もあり、カナダでも今年医療大麻が合法化されました。私自身が癌になったら、抗がん剤などを使わない治療を考えてもいるんです。近くにこのような方針で治療をしている獣医さんもいて、個人的にも少し勉強してみようかと思っています。

基本的にエリーが楽しく暮らしているか、というのが判断の基準です。食欲満点。Juniorとは遊ぶ気まんまん。今はいつもより外のことが少し怖く、車に乗るのもかなりのストレスのようなので、できるだけ心の元気さを取り戻しすために時間をかけて楽しい環境を保ってあげようと思っています。

いつも観察している飼い主の診断としては、おそらく心から来る自律神経失調症のようなもの、ではないかな、と。様子を見ながら、少しずつ対処していくつもりです。

暖かいメッセージありがとうございます。
めめちゃん、りりぃちゃん、いつも楽しそうですよね。
2頭いるのって、ほんと、いいなぁ、って今回更につくづく思いました。
【2014/08/10 19:17】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。