スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チェルノブイリの長い影。。。忘れ去られた福島事故。。。

 2014-07-12
guardian_logo.jpg


The long shadow of Chernobyl
チェルノブイリの長いかげ



John Vidal
Friday 4 July 2014 06.00 BST


che1.jpg


A new book from National Geographic photographer Gerd Ludwig documents the worst nuclear disaster in history with sobering but stunning images. Ludwig visited Chernobyl nine times in 20 years to tell the stories of the lives of the victims, the exclusion zone and the abandoned city of Pripyat. The book also contains an essay from former president Mikhail Gorbachev on how the accident changed the course of the world's history by accelerating the collapse of the Soviet Union.
ナショナル・ジオグラフィックの写真家、ゲールト・ルートヴィヒが出した本には、冷静であるが衝撃的な写真が記録されています。ルートヴィヒは立ち入り禁止地区と廃墟となったプリピャチの犠牲者の生活について伝えるために、20年間で9回チェルノブイリを訪れました。その本はまた、事故がソ連崩壊を加速させることでいかにして世界の歴史の道筋を変えてしまったのかについてのミカエル・ゴルバチョフのエッセイも載せています。


che2.jpg


Victor Gaydack is now in his 70s and lives in a Kiev suburb. In April 1986 he was a major in the Russian army, on duty when reactor four at Chernobyl exploded. He was one of tens of thousands of fit, young “liquidators” sent in from all over the Soviet Union to try to make safe the stricken reactor. Since the accident, Gaydack has suffered two heart attacks, and developed severe stomach cancer.
ビクター・Gaydackさんは、今では70代で、キエフ郊外に住んでいます。1986年4月に彼はロシア軍の少佐で、チェルノブイリの4号機が爆発したとき勤務中でした。ソ連のいたるところから破壊された原子炉を安定させようとしにきた何万人もの若くて適任のリクビダートルの一人でした。事故以来、Gaydackさんは2回心臓発作にあい、深刻な胃がんを患いました。


Who is to say that Gaydack’s conditions were not caused by the accident or would have happened without the explosion? Or that the many mentally disabled Belarussian children and the thousands of people born in the fallout region who today suffer from thyroid cancers and congenital diseases were not also Chernobyl victims? Estimates of the eventual deaths, cancers, heart diseases, ailments and malformations that will eventually result from the accident vary enormously and are still bitterly contested by scientists.
Gaydackさんの病状が事故によるものではなかったとか、爆発しなくてもなったと誰が言えるでしょう?あるいは多くの精神的障害を持つベラルーシのこどもたちや、甲状腺癌、先天的疾患に今苦死んでいる、放射能降下地域に生まれた何千人もの人々も、チェルノブイリの犠牲者ではなかったと誰が言えるのでしょうか?最終的な死亡、癌、心臓病、疾患、奇形の数の推測はあまりにも様々で、今でもなお科学者によって論議されています。


What is certain is that about 350,000 people like Gaydack were evacuated and resettled from the high-level 2,600 square kilometre contamination zone that stretches from Ukraine into Belarus and Russia. It is certain, too, that the accident cost tens of billions of dollars in today’s money and that the area around the plant will be psychologically cursed for hundreds, if not tens of thousands of years.
確かなことは、Gaydackさんのように、約35万人の人々が避難し、ウクライナから、ベラルーシ、ロシアにまで至る2600平方kmの高い線量の立ち入り禁止地区から移住したということです。そしてまた、その事故で現在の額で何百億ドルもかかり、原発周辺の地域は何万年ではないにしても、何百年もの間心理的にたたられることになるということもまた確かなことです。


What has been less understood however is that Chernobyl changed the course of the world’s history and that its long shadow will hang over nuclear power for centuries. In an essay in National Geographic photographer Gerd Ludwig’s new book of the aftermath of the accident, Mikhail Gorbachev, the last president of the Soviet Union and on whose watch Chernobyl occurred, makes it clear - not for the first time - that the accident greatly accelerated the end of Soviet Union.
しかしながらあまり理解されていないことは、チェルノブイリが歴史の道筋を変え、何世紀にも渡り原子力にその長い影が残るということです。ナショナル・ジオグラフィックの写真家、ゲールト・ルートヴィヒの事故後の新しい本のエッセイの中で、ソ連最後の大統領であり、チェルノブイリが起きるのを目撃したミカエル・ゴルバチョフがそのことを明らかにしています。これが初めてではありませんが、チェルノブイリの事故がソ連の終焉を大きく早めることになったのだ、ということを。


che3.jpg


He writes:
彼はこのように書いています。

"The nuclear meltdown at Chernobyl even more than my launch of perestroika, was perhaps the real cause of the collapse of the Soviet Union five years later. Indeed, the Chernobyl catastrophe was an historic turning point: there was the era before the disaster, and there is the very different era that has followed ... the Chernobyl disaster, more than anything else, opened the possibility of much greater freedom of expression, to the point that the system as we knew it could no longer continue. It made absolutely clear how important it was to continue the policy of glasnost."
『ペレストロイカの施行よりも、チェルノブイリでのメルトダウンが、おそらく5年後のソ連の崩壊の本当の原因であった。実にチェルノブイリでの大惨事は、歴史の分岐点であった。悲劇の前の時代があった。そして、全く違う時代が後に続いた。チェルノブイリの惨事は、他の何よりもはるかに表現の自由の可能性を開いた。そのシステムがこれ以上続くことはありえないのだと知ることとなったのだ。情報公開の政策を継続することがいかに重要なのかが完全に明らかにされた。』


There’s no photograph of Gorbachev, but there is one of Gaydack, in his flat watching, horrified, as the Fukushima disaster unfolds on television 26 years later. There are also plenty of heartbreaking images of children without limbs, dramatic shots of the physical disaster in the belly of the stricken reactor and the wild world that has been left beyond ground zero.
ゴルバチョフの写真はありませんが、26年後にアパートで福島事故をテレビで見て恐れおののいているGaydackさんの写真のの一つがあります。また、手足のない子どものような多くの痛ましい写真、崩壊した原子炉の腹部そのものの劇的な写真や、グランドゼロの現場を越えて残っている手付かずの世界など多くの写真が載せられています。


“It is virtually impossible to connect specific illnesses to particular causes, but there is no doubt that the families and the doctors who work with the sufferers in radiation hospitals and who are brave enough to speak out have good reason to blame the disaster,” says Ludwig, who has documented the world’s worst nuclear disaster in nine visits over 20 years.
「病気の原因を特定するのは実質的に不可能です。しかし、被曝病院で苦しんでいる患者を診ている家族や医師達や、勇敢にも声を上げる人たちには、それが事故のせいだとするに足る理由があることは疑いの余地がありません。」と20年間に9回世界最悪の原子力事故現場に訪れ記録してきたルートヴィヒは話します。


“Women exposed to the fallout as children have now reached childbearing age and fear giving birth to babies with congenital defects, worrying how radiation may have affected their genes. While some in the scientific community question that birth defects and retardation are directly attributable to the disaster, noted scientist Alexei Okeanov [of the International Sakharov Environmental University in Minsk, Belarus] calls it ‘a fire that can’t be put out in our lifetimes’.”
「子供の時に降下物に被曝してしまった女性たちは、今出産可能な年齢になっていて、放射能が彼女たちの遺伝子にいかに影響を与えているかもしれないと、先天性異常の赤ちゃんを産むことを怖れているのです。出生異常や知能遅れが直接事故のせいであるということに疑問を投げかける科学集団がいる一方で、ベラルーシ、ミンスクにある国際サハロフ環境大学の科学者、アレクセイOkeanov氏は、『私たちが障害消すことのできない炎』であると言っています。」


Workers enter the so-called diarator stack, where they drill holes in the concrete to install support beams that are supposed to stabilise the outward leaning western wall which is in danger of collapsing. Their dark workspace is located close to the centre of the explosion and is so highly contaminated that they can only work in 15-minute shifts despite wearing highly protective gear and respirators.
崩壊の危険がある西側の外側に傾いている壁を安定させるとされる支持梁を設置するためにコンクリートに穴を開けに作業員たちが入ります。その暗い作業場は爆発の中心部近くに位置し、かなり高度に汚染されているため、作業員たちは高質の防護服と防毒マスクを装着していても15分しか働けません。


che4.jpeg


Entombing the radiation, a brick wall blocks the entrance to the control room of reactor four, where the fatal mistake occurred. It created a safer passage for workers who have to walk through the area. After the Chernobyl nuclear accident, a concrete and steel encasement, the so-called sarcophagus, was hastily erected to contain the radioactive remnants inside the failed reactor. Only intended to be temporary, it is leaky and structurally unsound. Scientists agree that it will ultimately give way, shaking loose enough radioactivity to cause a second disaster of even greater magnitude.
放射能を葬るのに、致命的な間違えが起こった4号炉の制御室への入り口はブロックの壁でふさがれています。それで、その場所を通り抜ける作業員たちのより安全な通り道ができたのです。チェルノブイリ事故の後、石棺と呼ばれるコンクリートとスチールの箱が事故を起こした原子炉内に放射性残物を収めるために早急に立てられた。一時的なものとしかされておらず、漏洩しやすく、構造的に安全ではありません。科学者はそれが最終的に崩れ、更に大きな規模の2次災害を起こしかねないくらいの放射性物質を放出しまうだろうということに同意しました。


che5.jpeg

A radiation sign along a road near Pripyat warns of radiation. The tranquility of the sight on an evening of heavy snowfall belies the lingering danger looming in the peaceful winter landscape. On April 26, 1986 at 1:23 am, the Chernobyl nuclear power plant's reactor number four blew up after operators botched a safety test, triggering the world's worst nuclear disaster to date. The nuclear accident at the in Ukraine contaminated thousands of square kilometres, forcing 150,000 inhabitants within an area now known as the exclusion zone to hastily abandon their homes.
プリピャチ近くの道路沿いの放射能のサインは、放射能について警告しています。平和な冬の景色、雪が降りしきる夜のその静寂な光景は、迫りくるいつまでも長引く危険とは反しています。1986年4月26日、午前1時23分。チェルノブイリ原発の4号炉が安全検査の手違いの後爆発し、今のところ世界で最悪の大惨事をひきおこしました。このウクライナの原子力事故で、何千平方kmもが汚染され、今は立ち入り禁止地区として知られている地域内に住む15万の住民は、あわただしく自分の家を立ち去らざるを得なかったのです。


che6.jpeg


At the Thyroid Centre in Minsk, surgery is performed on a daily basis. Amongst the patients in room #4 was Dima Bogdanovich, 13, who had just undergone his first surgery for thyroid cancer, and liquidator Oleg Shapiro, 54. He was exposed to high doses of radiation while remanteling small wooden homes in the villages close to the reactor. His commission was originally for six months. Blood tests were administered after three months and the workers were mysteriously sent home. Oleg says that out of the 300 workers in his brigade, one-third have since died. He himself has already been through three thyroid operations.
ミンスクにある甲状腺センターでは、手術が毎日行われています。4号室の患者の中で、13歳のディマ・ボグダノヴィッチと54歳のリクビダートル、オレーグ・シャピロは、甲状腺癌の最初の手術をしたところです。彼は原子炉近くの村にある木造の小さな家を再築している時に大量に被曝しました。3ヵ月後に血液検査をし、作業員たちは不思議にも家に戻されたのです。オレーグは、自分の隊の300人の作業員のうち、3分の1は死んでしまったと言います。彼自身は、既に甲状腺の手術を3回しています。


che7.jpeg


Despite scientific dispute over the cause of physical malformations, many homes in Belarus receive support from Chernobyl aid programmes funded by various international aid organisations around the world. Activist Adi Roche, is an Irish woman who founded the organisation, Chernobyl Children, and produced the 2004 Academy Award-winning documentary on Chernobyl victims called Chernobyl Heart. Adi has made the care of Chernobyl victims the centre of her life. Her organisation gives major help to the children's home in Vesnova, which cares for 150 abandoned and orphaned children with severe mental and physical disabilities. Some pictures show children with lesser disabilities harvesting fields and taking care of farm animals to produce food for the home.
身体的な奇形の原因を巡る科学的議論にもかかわらず、ベラルーシの多くの家庭は、世界中の国際的救済組織により設立されたチェルノブイリ救済プログラムからの支援を受けています。チェルノブイリの子どもたち、そして、2004年にアカデミー賞を受賞したチェルノブイリの犠牲者についてのドキュメンタリー、チェルノブイリハートが制作されています。アーディはチェルノブイリの犠牲者たちの面倒を見ることを生涯の目的にしました。彼女の組織は、重度の精神的、肉体的障害のある150名の見捨てられた子ども、孤児の世話をしています。いくつかの写真は、障害の軽い子どもたちがホームの食事となる畑で収穫作業をしたり動物の世話をしている様子を写しています。


che8.jpeg


We helped Ludmila Kirichenko, 49, her daughter Tatyana, 22 and their friend Ludmila Shapovalova, 55 to be allowed to privately visit their former hometown of Prypyat. It was only the second time that Shapovalova came to Prypyat since she had to leave 19 years ago. Together they visited the graveyard, the kindergarten, the hospital where both women gave birth, both of their apartments and the Polissia Hotel. In between they stopped for a picnic in the main square.
私たちは、49歳のリュドミラ・キリチェンコ、その娘のタティアナ22歳、友人のリュドミラ・シャポヴァーロバ55歳が故郷のプリピャチを訪問できる許可を取る手助けをしました。19年前に後にして以来、シャポヴァーロバさんがプリピャチを訪れるのはたったの2回目です。一緒にお墓、幼稚園、子どもを生んだ病院、彼女たちのアパートやポリーシャホテルを訪れました。合間に彼女たちはピクニックするのにメイン・スクエアーに立ち寄りました。


che9.jpeg


92-year-old Kharytina Descha is one of the few elderly people who have returned to their village homes inside the exclusion zone. Although surrounded by devastation and isolation, she prefers to die on her own soil. As she has difficulties walking and hearing she does not have much communication with anybody in the village but seems to be quite content with her situation. After the catastrophe, close to 100,000 inhabitants who lived in villages inside the 30km zone were evacuated. Ignoring radiation levels, a (now diminishing) number of elderly people have returned to their homes. At first Ukrainian officials discouraged them, but soon they turned a blind eye.
92歳のKharytina Deschaさんは、立ち入り禁止地区内の自宅に戻った数少ない老人の一人です。荒廃と孤立に囲まれていますが、彼女は、自分の土地で死にたいと思っています。歩くのも困難で、耳も遠いので、村の誰ともコミュニケーションをとることはあまりありませんが、自分の状況に満足しているようです。惨事の後、30km圏内の村に住んでいた10万人近くの住民は避難しました。放射線レベルを無視し、(今では数が少なくなっていますが)老人たちは自宅に戻っています。当初、ウクライナ政府は彼らを思いとどまるように言っていましたが、すぐに見てみぬふりをするようになりました。


che10.jpeg


When Soviet authorities finally ordered the evacuation, the residents' hasty departure often meant leaving behind their most personal belongings. The Soviet Union only admitted to the world that an accident had occurred two days after the explosion, when the nuclear cloud reached Sweden and scientists there noticed contamination on their shoes before entering their own nuclear power plant.
ソ連政府がついに避難を勧告したとき、住民たちのあわただしい出発で、自分たちの私物のほとんどを残してきました。ソ連は世界に対し事故が起こったことを認めたのは、爆発から2日経ってからのことでした。放射能の雲がスウェーデンに到達した時、そこの科学者たちは、自国の原発に入る前に自分たちの靴から汚染に気がついたのです。


che11.jpeg


Victor Gaydak, 70, liquidator of the Chernobyl accident, is watching the news from the nuclear disaster in Fukushima, Japan. A major in the military, he was on duty when the explosion occurred. Following the disaster he had two heart attacks, and developed severe stomach cancer. Evacuated from Pripyat, he now lives with his family in Troeschina, a suburb of Kiev, where more than 30% of the population are people relocated after the Chernobyl accident. An estimated 800,000 people, called liquidators participated in containing the Chernobyl disaster, cleaning up after the accident, and building the sarcophagus around the destroyed reactor. Most liquidators received high doses of radiation resulting in cancers and other diseases induced by their exposure, often only showing up decades after the event.
70歳のビクター・Gaydackさんはチェルノブイリ事故のリクビダートルで、日本の福島の原子力事故のニュースを見ています。軍の少佐で、爆発が起こったときは勤務中でした。事故後に2度心臓発作を起こし、深刻な胃がんを患いました。プリピャチから避難し、今は家族とキエフの郊外に住んでいます。人口の30%以上はチェルノブイリ後に移住してきた人たちです。推定80万人の人々が、チェルノブイリ事故を収めるためにリクビダートルとして参加しました。事故の後始末をし、崩壊した原子炉の周りに石棺を造ったのです。ほとんどのリクビダートルが高線量を受け、その結果発癌したり、被曝による他の病をわずらいました。しばしば発症するのが何十年もたった後でした。


che12.jpeg


The empty school rooms in Prypyat- once the largest town in the zone with 49,000 inhabitants - are being taken over by nature.
プリピャチの空っぽの教室。かつては49万人が暮らす最も大きな町でしたが、今は自然に取って代わられています。


On April 26, 1986, the nuclear accident at the Chernobyl Nuclear Power Plant in Ukraine contaminated thousands of square miles, forcing 150.000 inhabitants within a 30km zone to hastily abandon their homes. Nineteen years later, the still empty school and kindergarten rooms in Prypyat- once the largest town in the zone with 49.000 inhabitants bear witness to the sudden and tragic departure.
1986年4月26日、ウクライナのチェルノブイリ原発での事故は、何千平方マイルもの土地を汚染し、30km圏内の15万人の住民があわただしく自分たちの家を追われることになりました。19年後もプリピャチの学校や幼稚園は空っぽのままです。かつては49万人のこの地区では最も大きかった町が、その急な悲劇的な立ち退きの目撃者なのです。





福島で避難地域だった場所は、許容被曝量を引き上げるという形で人々を戻そうとしています。


原発の審査に厳しかった原子力規制委員会メンバーは、厳しすぎるからという理由で後退させられ。。。

「就任前直近3年間に、原子力事業者及びその団体-電事連、日本電機工業会、電中研、原産協会等の原子力事業者の団体-の役員、従業者等であった者は欠格」であるとされているにもかかわらず、

原子力学会元会長が後任。

九州川内原発の再稼動に向けての動きが活発です。

電力会社のほうは、原発の耐震強度にかかわる基準地震動についても過小申告。


完全に福島原発事故は忘れ去られているようです。



一方で、原発から30キロ圏の9市町議会で、再稼働に反対の意思を示し、廃炉も求めた決議案が可決。


秘密保護法、集団的自衛権、原発再稼動。。。


基本的人権軽視は進行するばかり。


日本は大きな分岐点にたっています。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1185-26cb8362

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 20歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 17歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 8歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。