スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

情報隠蔽・黙殺のトライアングル

 2014-03-29
the_oregonian_logo.jpg


More Fukushima radiation revelations
更なる福島放射能の新事実


BY Amy Goodman

Three years have passed since the earthquake and tsunami that caused the nuclear disaster at the Fukushima Daiichi nuclear power plant in Japan. The tsunami's immediate death toll was more than 15,000, with close to 3,000 still missing. Casualties are still mounting, though, both in Japan and much farther away. The impact of the Fukushima nuclear meltdown on health and the environment is severe, compounded daily as radioactive pollution continues to pour from the site, owned by the Tokyo Electric Power Company, TEPCO.
日本の地震と津波が福島第一原発の原子力事故を起こしてから3年がたちます。津波で命を落とした人は1万5000人で、3000人以上がまだ行方不明です。しかし、死傷者は日本でも、もっと遠く離れたところでもまだ増えています。福島メルトダウンが健康や環境に与える影響は深刻で、東電が所有する事故現場から注がれるの放射能汚染が続いているので、日々際立ってきています。


In an unusual development, more than 100 U.S. Marines and Navy sailors have joined a class action suit, charging TEPCO with lying about the severity of the disaster as they were rushing to the scene to provide humanitarian assistance. They were aboard the nuclear-powered aircraft carrier USS Ronald Reagan and other vessels traveling with the Reagan, engaged in humanitarian response to the disaster. The response was dubbed "Operation Tomodachi," meaning "Operation Friendship."
異常な増え方で、100名以上のアメリカ海兵、水兵たちが集団訴訟に加わりました。人道支援のために現場に駆けつけたとき、事故の深刻さについて東電が嘘をついていたと訴えているのです。彼らは原子力空母のロナルド・レーガン号に乗船し、他の船もロナルド・レーガンと航海し、災害の人道対応をしていました。それは「友達作戦」といわれていました。


Lt. Steve Simmons is one of the plaintiffs. Before Fukushima, he was physically robust. Eight months later, he suffered inexplicable health problems. He said on the "Democracy Now!" news hour, that, while driving to work: "I blacked out and drove my truck up on a curb. Following that, I started coming down with what maybe I thought was just maybe a flu, started running fevers. I dropped about 20 to 25 pounds unexpectedly and then started experiencing night sweats, difficulty sleeping."
スティーブ・サイモンズ大尉は原告の一人です。福島の前、彼の身体は強健でした。8ヵ月後に、不可解な健康問題に悩まされたのです。彼は「デモクラシー・ナウ」のニュース番組で、車で仕事に行くとき、「失神して路肩にトラックを乗り上げました。その後、流感ではないかと思える症状が始り、熱が出はじめました。予期せず20-25ポンド(9-11kg)体重が減り、夜に汗をかくようになり、眠れなくなりました。」と話しました。


He was hospitalized three times. Doctors dismissed his concerns about possible radiation poisoning. "Three days later, after I was discharged, I was back in the hospital because my lymph nodes started swelling, and still running constant fevers as high as 102.9." In April 2012, his legs buckled under him while he was hospitalized. He has relied on a wheelchair ever since. He will be allowed to "medically retire" this coming April.
彼は3回入院しました。医師たちは放射能による毒性の可能性についての彼の懸念を退けました。「3日後、私が退院にした後にリンパ腺がはれ始めたので病院に戻っていました。そして39度の高熱は続いていました。」2012年4月、入院している最中に足が曲がってしまい、それ以来車椅子に頼っています。彼は今度の4月で「医学的に引退」することを許されています。


This is the second attempt to sue TEPCO on behalf of these sailors and Marines. The first lawsuit had eight plaintiffs and was dismissed for technical reasons based on the court's lack of jurisdiction.
これは、これら水兵・海兵のために東電を訴える2回目の試みです。最初の訴訟は8名の原告によるものでしたが、裁判所の司法権の欠如に基づく法的な理由から却下されました。


"By June of 2013, we had 51 sailors and Marines who had contacted us with various illnesses," lead attorney Charles Bonner explained, "including thyroid cancers, testicular cancers, brain cancers, unusual uterine problems, excessive uterine bleeding, all kinds of gynecological problems, problems that you do not see in a population of 20-year-olds, 22-year-olds, 23-year-olds, even 35-year-olds. ... So, now we have filed a class action for approximately a hundred sailors." As news of the lawsuit spreads, many more will likely join in. The USS Reagan had at least 5,500 people on board when off the coast of Japan.
「2013年の6月までに51名の水兵・海兵がいろいろな病状で私たちに連絡をしてきました。」と弁護士の筆頭、チャールズ・ボナー氏は説明しました。「甲状腺癌、精巣癌、脳癌、子宮の異常、20歳、22歳、23歳、35歳には見られないあらゆる種の婦人科系の問題などです・・・なので今わたしたちは約100名の水兵たちの集団訴訟を提出しました。」訴訟のニュースが広がるにつれ、更に多くの人が加わるでしょう。日本の海岸沖にいた際、ロナルド・レーガン号には少なくとも5500人が乗船していたのです。


You might wonder why the group doesn't sue their employer, the U.S. Navy, as well. "The responsible party for these young sailors' injury is the Tokyo Electric Power Company, the fourth-largest power company in the world," Bonner explained. "Tokyo Electric Power Company failed to tell the public, including the Navy, that they were in an active meltdown. They had a triple meltdown following the earthquake and the tsunami. They didn't have batteries. They didn't have backup power. They didn't have any kind of auxiliary water supply to cool these reactors down."
なぜ彼らが雇用主であるアメリカ海軍を訴えないのかとも思うかもしれません。「これらの若い水兵たちの損傷にに対して責任があるのは、世界で4番目に大きな電力会社である東京電力です。」とボナー氏は説明しました。「東京電力は、海軍も含め、人々にメルトダウンが起こっていることを伝えなかったのです。地震と津波に続いてトリプルメルトダウンが起こっていたのに。バッテリーがなかった。バックアップ電力もなかった。原子炉を冷すための予備の水も用意していなかったのです。」


I interviewed Naoto Kan in his offices in Tokyo last January. He was the prime minister of Japan at the time of the disaster. Kan immediately set up control center to manage the nuclear crisis. Present at the center was a TEPCO executive. Kan told me, "From what I was hearing from the headquarters of TEPCO, and in particular from Mr. Takeguro, who was the former vice president, was, almost no accurate information was being conveyed about what was actually the situation on site." Frustrated with the ing, Kan flew to the plant to discuss the situation with workers on site. Once staunchly pro-nuclear, Kan now advocates for a nuclear-free Japan.
去年の1月に菅直人氏を東京の事務所でインタビューしました。彼は災害時の首相でした。原子力危機を管理するために直ちにコントロールセンターを立ち上げました。そのセンターにいたのは、東電の幹部たちでした。菅氏はこう話しました。「東電本社から聞いていた事から、とくに元副社長の武黒氏から聞いていたことは現場での実際の状況について伝えられていた情報がほぼ全く正確ではありませんでした。」その妨害に失望し、菅氏は現場作業員と状況について話をしに原発へ飛びました。一度は原発推進に忠実だった菅氏は、今では原発のない日本を主張しています。


The ongoing nuclear disaster at Fukushima should serve as a warning to the world. Instead of following the wisdom of Naoto Kan, President Barack Obama is committing public funds to build the first new nuclear power plants in the United States in more than 30 years.
福島で続いている原子力災害は、世界で警告として受け取られるべきです。菅直人氏の分別に続く代わりに、オバマ大統領は30年以上の作られていなかった新しい原発をにアメリカ国内に建設するための公的資金を約束しています。


In the wake of Fukushima, Obama's Nuclear Regulatory Commission put out talking points designed to diminish growing public concern with the safety of nuclear power plants in the U.S. NBC News obtained the NRC's internal emails instructing staff to downplay safety risks. U.S. nuclear plants are not safe. The U.S. sailors and Marines of Operation Tomodachi deserve their day in court. The U.S. public deserves an honest assessment of the grave risks of nuclear power.
福島の後、オバマ大統領の原子力規制委員会はアメリカ国内での原子力発電所の安全性について人々の高まる懸念を小さくするための論点を打ち出しています。NBCニュースは原子力規制委員会の職員が安全性についてのリスクを小さく見せるように支持している内部Eメールを入手しました。アメリカの友達作戦に参加した水兵と海兵は、法廷に立つ価値があります。アメリカ国民は、原子力の重大なリスクについての誠実な査定を示してもらうに値するのです。


Amy Goodman writes for King Features Syndicate.






何かすっきりしないのは・・・


アメリカは、いち早く情報を入手して、日本にいるアメリカ人に日本のものよりずっと用心深い避難勧告を出していたにもかかわらず、


なぜ、友達作戦の乗り組み員にその情報が伝えられなかったのか・・・??


salor3.jpg

salor5.jpg


当時の首相が菅さんだったのは確かに不幸中の幸いだったのかもしれないけれど、


弁明をするよりも先に、


自分が判断を間違えたことをなぜ正直に謝罪しないのか・・・


salor7.jpg



東電の究極の悪態を良いことに、


みんなが責任逃れをしているのが、


果てしなく悲しいことです・・・




隠蔽か黙殺か ~封印された汚染マップ~ 【テレメンタリー(2014年2月16日... by dm_51b1b62cafb2c


東電を訴えるだけで

済まされるようなことではありません。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1167-60c5c7c8

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/04/10 05:22】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。