スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

パニックを起こさないための科学

 2014-03-21
new_york_times_logo.jpg


Squelching Efforts to Measure Fukushima Meltdown
福島メルトダウンの測定を鎮圧する取り組み

title revised to...
改め

Concerns Over Measurement of Fukushima Fallout
福島降下物測定を巡る懸念



By DAVID MCNEILL | THE CHRONICLE OF HIGHER EDUCATIONMARCH 16, 2014


17iht-educlede17-master675.jpg


TOKYO — In the chaotic, fearful weeks after the Fukushima nuclear crisis began, in March 2011, researchers struggled to measure the radioactive fallout unleashed on the public. Michio Aoyama’s initial findings were more startling than most. As a senior scientist at the Japanese government’s Meteorological Research Institute, he said levels of radioactive cesium 137 in the surface water of the Pacific Ocean could be 10,000 times as high as contamination after Chernobyl, the world’s worst nuclear accident.
2011年3月11日福島原発危機が始ってからの混沌とした恐怖の数週間、研究者たちは住民が浴びた放射能降下物を測定しようと奮闘しました。青山道夫氏の最初の発見は、最も驚かされるものでした。日本政府の気象庁気象研究所で長年勤めた科学者の彼は、太平洋海面のセシウム137のレベルが世界で最悪の原発事故であるチェルノブイリの後の汚染より1万倍高い可能性があるのだと述べたのです。


Two months later, as Mr. Aoyama prepared to publish his findings in a short, nonpeer-reviewed article for Nature, the director general of the institute called with an unusual demand — that Mr. Aoyama remove his own name from the paper.
2ヶ月後、青山氏が短い、査読なしの発見をネイチャーに発表しようとしたとき、研究所の長官が異例の要請をしました。それは、青山氏の名前を文書から取り除くように、というものでした。


“He said there were points he didn’t understand, or want to understand,” the researcher recalled. “I was later told that he did not want to say that Fukushima radioactivity was worse than Chernobyl.” The head of the institute, who has since retired, declined to comment for this article. Mr. Aoyama asked for his name to be removed, he said, and the article was not published.
「理解できないところがある、あるいは理解したいことがある、言ったのです。」とその研究者は思い起こします。「後で福島の放射能がチェルノブイリより酷いと言いたくなかったのだと言われました。」それ以来引退した研究所長はこの記事についてのコメントを断りました。秋山氏は名前を除くように言われ、その記事は発表されなかったのだと言います。


The pressure he felt is not unusual — only his decision to speak about it. Off the record, university researchers in Japan say that even now, three years after the triple meltdown at the Fukushima Daiichi plant, they feel under pressure to play down the impact of the disaster. Some say they cannot get funds or university support for their work. In several cases, the professors say, they have been obstructed or told to steer clear of data that might cause public “concern.”
彼が感じた圧力は珍しいことではありません。オフレコでそのことについて話してくれることになりました。日本の大学の研究員たちは福島第一原発でトリプルメルトダウンから3年たった今でさえも、その災害の影響を小さく見せなければならないと言う圧力を感じていると言います。自分の研究に資金が出なかったり、大学の支援を受けられなかったりするのだという者もいます。妨害されたり、人々の「懸念」を引き起こすようなデータを避けるように言われたケースもあると教授たちは話します。


“Getting involved in this sort of research is dangerous politically,” said Joji Otaki, a biologist at Japan’s Ryukyu University who has written papers suggesting that radioactivity at Fukushima has triggered inherited deformities in a species of butterfly. His research is paid for through private donations, including crowdfunding, a sign, he said, that the public supports his work. “It’s an exceptional situation,” he said.
このような調査に関わるということは、政治的に危険なのです。」と琉球大学の生物学者で、福島の放射能がある種の蝶の奇形に起因していると論文を書いた大瀧丈二氏は話しました。彼の調査はインターネットのクラウドファンディング、署名を含む民間からの寄付でまかなわれ、一般の人々が彼の研究を支援しています。「異常な状況なのです。」と彼は言いました。


The precise health impact of the Fukushima disaster is disputed. The government has defined mandatory evacuation zones around the Daiichi plant as areas where cumulative dose levels might reach 20 millisieverts per year, the typical worldwide limit for nuclear-power-plant workers. The limit recommended by the International Commission on Radiological Protection is one millisievert per year for the public, though some scientists argue that below 100 millisieverts the threat of increased cancers is negligible.
福島事故の正確な健康への影響が議論されています。政府は福島第一原発周辺の強制避難地区の年間累積線量が 20ミリシーベルトである地域と位置づけています。世界的に原発従業員の典型的な限界値です。国際放射線防護委員会が一般人に勧めている限界値は年間1ミリシーベルトですが、中には100ミリシーベルト以下であれば、発癌の増加の怖れはとるに足らないものだと主張する科学者もいます。


In an effort to lower radiation and persuade about 155,000 people to return home, the government is trying to decontaminate a large area by scraping away millions of tons of radioactive dirt and storing it in temporary dumps. Experts at Japan’s National Institute of Advanced Industrial Science and Technology put the cost of this project at $50 billion — widely considered an underestimate.
線量を下げ、約15万5000人の人を家に戻るように説得しようとする取り組みの中、政府は広域の何百万トンもの放射性汚染土を剥ぎ取る除染を試み、その汚染土を仮置き場に保管しています。産業技術総合研究所は、このコストを500億ドルと見込んでいますが、それは過小評価だと広く考えられています。


The chance to study in this real-life laboratory has drawn a small number of researchers from around the world. Timothy A. Mousseau, a professor of biological sciences at the University of South Carolina who has written widely on Chernobyl, studies the impact of radiation on bird and insect life. He has published papers suggesting abnormalities and defects in some Fukushima species. But he said his three research excursions to Japan had been difficult.
このことについての実在の研究所での研究にひきつけられた研究者は世界でも数少ないのです。ティモシー・A・ムソー氏は、南キャロライナ大学の生物科学の教授で、チェルノブイリについて広域にわたり著作し、鳥や虫に放射能が与える影響を研究しています。福島の数種に奇形や異常が見られることを主張した論文も発表しました。しかし、日本への研究周遊は難しかったと話します。


In one case, a Japanese professor and two postdoctoral students dropped out of a joint research paper, telling him they could not risk association with his findings. “They felt it was too provocative and controversial,” he said, “and the postdocs were worried it could hamper their future job prospects.”
1つの例は、博士号を取得した2人の生徒が共同調査論文から抜けたことです。彼の発見で協会を危険に曝すことはできないと言うのです。「彼らはそれがあまりにも挑発的で物議をかもすことなのだと感じていました。そしてその生徒たちは自分たちの将来性を妨げることになりかねないと心配していました。」


Mr. Mousseau is careful to avoid comparisons with the Soviet Union, which arrested and even imprisoned scientists who studied Chernobyl. Nevertheless, he finds the lukewarm support for studies in Japan troubling: “It’s pretty clear that there is self-censorship or professors have been warned by their superiors that they must be very, very careful,” he said.
ムソー氏は、チェルノブイリを研究した科学者たちを逮捕し、拘留までしたソ連と比較することは注意深く避けました。にもかかわらず、日本のトラブルについての研究の支援には気乗りしていないようだと気付いています。「自分の意見を控える、あるいは教授たちが上から注意に注意を重ねるするように警告されているのはあまりにも明らかです。」


The “more insidious censorship” is the lack of funding at a national level for these kinds of studies, he added. “They’re putting trillions of yen into moving around and almost nothing into environmental assessment.”
「更なる陰湿な検閲」はこの種の研究のための国レベルの資金の欠如となっているのだとも話しました。「日本政府は何兆円もごみを動かしまわることにつぎ込み、環境査定のためには全く資金繰りをしていないのです。」


Long before an earthquake and tsunami triggered the Fukushima meltdown, critics questioned the influence of Japan’s powerful nuclear lobby over the country’s top universities. Some professors say their careers have been hobbled because they expressed doubts about the nation’s nuclear policy and the coalition of bureaucrats, industrialists, politicians and elite academics who created it.
地震と津波が福島メルトダウンを引き起こすずっと前に、批評家たちは日本でトップの大学を巡る協力な原子力ロビーの影響について疑問を投げかけていました。国の原子力政策や官僚、業界、政治家、エリート学者で成っている一体化について疑いを示すことで自分のキャリアは妨げられるのだと話す教授もいます。


Mr. Aoyama, who now works at Fukushima University, sees no evidence of an organized conspiracy in the lack of openness about radiation levels — just official timidity. Despite the problems with his Nature article, he has written or co-written eight published papers since 2011 on coastal water pollution and other radiation-linked themes.
現在は福島大学に勤務する青山氏は、放射能レベルについての公開性の欠如について組織的な陰謀を示すものは全くないと言います。ただ職業上小心なのだと。ネイチャーの記事の問題にも関わらず、彼は2011年以来日本沿岸の海水汚染と他の放射能関係のテーマについて発表された8つの論文を執筆、あるいは共同執筆しました。


But stories of problems with Fukushima-related research are common, he said, including accounts of several professors’ being told not to measure radiation in the surrounding prefectures. “There are so many issues in our community,” he said. “The key phrase is ‘don’t cause panic.”’
しかし、何人かの教授の弁明を含み、福島県周辺の放射能測定をしないように言われるという福島関連の調査の問題についての話は共通しているのだと言います。「私たちの地域はあまりにも多くの問題だらけです。重要な文句は「パニックを起こすな」と言うことなのです。


He is also critical of the flood of false rumors circulating about the reach of Fukushima’s radioactive payload.
彼はまた、福島の放射性物質の到達について流布している間違ったうわさの洪水についても批判的です。


Ken Buesseler, a senior scientist at the Woods Hole Oceanographic Institution’s department of marine chemistry and geochemistry, in Massachusetts, who has worked with Mr. Aoyama, said he has spent much of his professional energy fighting the rumor mill. The cause is not helped, he added, by institutional attempts to gag Japanese professors.
マサチューセッツ州ウッズホール海洋研究所の海洋化学及び地球化学部門のベテラン科学者ケン・ベッセラー氏は、青山氏と研究しましたが、その多くのエネルギーを出回るうわさと闘うために費やしていたのだと話しました。教授たちの発言を禁止する組織的な試みによりその主張が助けられることはなかったのだとも言いました。


“Researchers are told not to talk to the press, or they don’t feel comfortable about talking to the press without permission,” Mr. Buesseler said. A veteran of three post-earthquake research trips to Japan, he wants the authorities to put more money into investigating the impact on the food chain of Fukushima’s release of cesium and strontium. “Why isn’t the Japanese government paying for this, since they have most to gain?”
研究者たちは報道陣に話さないように言われています。あるいは許可なしに話すことについて気が進まないのです。」とベッセラー氏は言います。地震の後、日本へ3回調査しに行った彼は、福島が放出したセシウムとストロンチウムが食連鎖に与える影響を調査することに政府がもっと資金を出すように願っています。「なぜ日本の政府はこのことにお金をかけないのでしょう?一番自分たちに役に立つのに?」


One reason, critics say, is that after a period of national soul searching, when it looked as if Japan might scrap its commercial reactors, the government is again supporting nuclear power. Since the conservative Liberal Democrats returned to power, in late 2012, Prime Minister Shinzo Abe has begun trying to sell Japan’s nuclear technology abroad.
1つの理由として、日本人の自己反省してた期間の後で、日本が商業的原子炉をやめるかもしれないように見えていましたが、政府はまた原子力を支援しているからだと言う批判があります。保守的な自民党が2012年終わりに返り咲き、安倍晋三首相は日本の原子力技術を国外に売り込み始めました。


Professors, meanwhile, say that rather than simply defend what is a piecemeal approach to studying the disaster, the government should take the lead in creating a large, publicly financed project.
一方、教授たちは事故の研究に断片的に取り掛かることを単に弁護することよりも、むしろ、政府が幅広い、公的財政によるプロジェクトを立ち上げるのを主導するべきだと言っています。


“If we’ve ever going to make any headway into the environmental impact of these disasters, statistical power, scientific power, is what counts,” said Mr. Mousseau of the University of South Carolina. “We get at it with massive replication, by going to hundreds of locations. That costs money.”
「これらの災害が環境に与える影響へ前進をするのであれば、統計的、科学的な力が重要なのです。」と南キャロライナ大学のムソー氏は話しました。「何百箇所へも赴き、大量の複製をとることでそれを成し遂げられるのです。それには費用がかかります。」





カナダで起こっていることと全く同じです。



悲しいことに、

Authorityというものが私たちの税金を使って大きなプロジェクトを立ち上げても、

それは納税者である一般市民に貢献するものとはなりません。



本当に支援したいと一般市民が心から思える研究者は、

大抵、大きな権威のある組織に属さず(属せず)

暖かい寄付金でその研究が成り立っています。



支援したいと心から思っていても、

税金を払うことが精一杯で、

実際に寄付できない市民も沢山いるでしょう。



心ある研究者の研究は、

権威ある組織の研究室の設備を使う価値が最もあると言うのに、

その最善の設備にアクセスができず、

その限界を常に突きつけられながら前進することになります。



強制的に払われされている税金と

心からの支援による寄付金。



お金の価値は、

その額の大きさではまったく測れない。。。


という矛盾を終わらせなければなりません。





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1166-52ba924e

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。