スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダBC州でセシウム134のミステリー

 2014-03-15
vancouver_sun_logo.jpg


Troubled waters: Nuclear radiation found in B.C. may pose health concerns
問題の水: BC州で見つかった放射能は健康に影響を及ぼすかもしれない


Discovery of Fukushima radioactivity raises concerns for local marine life, and the effect it may have on humans
福島由来の放射性物質の発見は地域の海洋生物の影響が懸念され、人間にも及ぶかもしれない



By Larry Pynn, Vancouver Sun March 12, 2014


A radioactive metal from the Fukushima nuclear plant disaster in Japan has been discovered in the Fraser Valley, causing researchers to raise the alarm about the long-term impact of radiation on B.C.’s west coast.
福島原発事故由来の放射性物質がフレーザーバレーで発見され、研究者たちが放射能の長期に渡るBC西海岸への影響について警笛を鳴らすことになりました。


9606656.jpg


Examination of a soil sample from Kilby Provincial Park, near Agassiz, has for the first time in this province found Cesium 134, further evidence of Fukushima radioactivity being transported to Canada by air and water.
アガシーの近く、キルビー州立公園からの土壌サンプルを調査した結果、BC州で初めてセシウム134が検出され、大気と水により福島の放射性物質がカナダへ運ばれたことを更に証明することになりました。


“That was a surprise,” said Juan Jose Alava, an adjunct professor in the school of resource and environmental management at Simon Fraser University, in an interview on Tuesday. “It means there are still emissions ... and trans-Pacific air pollution. It’s a concern to us. This is an international issue.”
「驚きました。」とサイモンフレーザー大学の資源・環境管理学科の助教授であるジュアン・ホセ・アラバ氏は火曜日のインタビューで話しました。「まだ排出されていると言うことです。太平洋を横断する大気汚染です。私たちにとっては心配です。これは国際的な問題です。」


Cesium 134 has a half-life of two years, meaning its radioactivity is reduced by half during that time. Its presence in the environment is an indication of continuing contamination from Fukushima.
セシウム134は半減期が2年。その放射性が2年で半分に減るということです。環境にあるその存在は、福島からの汚染が続いているということです。


A more persistent danger to people and marine life is radioactive Cesium 137, which has a half-life of 30 years, and bioaccumulates in the food chain.
人々や海洋生物にとって更に執拗に危険なのは、放射性セシウム137で、半減期は30年、食連鎖において、生態蓄積されます。


Researchers developed a model based on the diet of fish-eating killer whales along with the levels of Cesium 137 detected and predicted (less than 0.5 becquerels per cubic metre, a measurement of radioactivity) by other researchers in the Pacific waters offshore of Vancouver Island.
研究者たちは他の研究者によるバンクーバー島沖の太平洋の海水から検出され(1立方メートルにつき0.5ベクレル以下)、予測されたセシウム137のレベルを元にモデルを展開しました。


The models suggests that in 30 years, Cesium 137 levels in the whales will exceed the Canadian guideline of 1,000 becquerels per kilogram for consumption of seafood by humans — 10 times the Japanese guideline.
そのモデルによると、30年でセシウム137の鯨の体内のレベルは、カナダの海産物消費ガイドライン、1kgあたり1000ベクレル(日本のガイドラインの10倍)を越える事を示しています。


“It’s a reference, the only benchmark we have to compare against,” Alava said.
「これは参考までのもので、比較しなければならないときのための基準でしかありません。」とアラバ氏は話しました。


He said recent federal government cutbacks have placed a greater burden of testing and monitoring for aquatic impacts on academics, non-governmental organizations and even private citizens.
彼は、最近の連邦政府の削減が、水生生物への影響についての検査やモニタリングをするのに、学者や、行政外の組織、一般市民にさえも大きな重荷なっているのだと言います。


“The Canadian government is the one that should be doing something, should be taking action to keep monitoring to see how these contaminants are behaving, what are the levels, and what is next.”
「何かするべきなのはカナダ政府です。汚染がどのようにどのくらいになっているのか、次に何が起こるのかを知るためにモニタリングを続けるために行動を取るべきです。」


It was a citizen, Aki Sano, who provided SFU with the soil sample from Kilby park, near the mouth of the Harrison River, on Nov. 16, 2013. Samples of chinook, sockeye and chum spawning salmon nearby are also being analyzed for evidence of radiation.
2013年11月16日ハリソン川の河口、キルビーパークからの土壌サンプルをサイモンフレーザー大学に提供したのは一般市民でした。近くで産卵していたキングサーモン、ベニザケ、シロザケのサンプルも放射能の分析がされます。


While the soil sample tested positive for Cesium 134, the exact level is not yet known, although it is thought to be low. The plan now is to test soil samples from Burnaby Mountain, closer to Vancouver.
セシウム134がその土壌サンプルから検出されましたが、正確なレベルはまだ分かっていません。しかし、そのレベルは低いと考えられています。今ある計画は、バンクーバー近くのバーナビー・マウンテンからの土壌サンプルを検査することです。


Burnaby-Kilby.jpg


Earlier research by Kris Starosta, associate professor of chemistry, and his colleagues at SFU has shown evidence of Iodine 131, which has a half-life of eight days, in rainwater and seaweeds in B.C. Fisheries and Oceans Canada conducted the analysis of sea water off Vancouver Island.
クリス・スタロスタ化学准教授は以前の調査により、サイモン・フレーザー大学の同僚と、BC州の雨水と海藻に半減期が8日のヨウ素131の形跡を示しました。BC州水産海洋省は、バンクーバー島沖の海水の分析を行いました。


I131_2014031603374593d.jpg
クリックでプレゼン動画へ。

A chart provided by Starosta shows that iodine-131 in rainwater in Vancouver peaked on March 20 at 12 becquerel per litre. Levels were at zero becquerel per litre up to March 18, 2011, and as of March 29, 2011 had fallen to just above three becquerel per litre. A becquerel is an international measurement of radioactivity related to radioactive decay per second.
Starosta氏が提供してくれたチャートは、バンクーバーの雨水に含まれるヨウ素131が3月20日に1リットル(1kg)あたり12ベクレルとなり、ピークでした。2011年3月18日では1リットル当たり0ベクレルでした。2011年3月29日には、1リットルあたり3ベクレル強までに落ちました。ベクレルとは、1秒に崩壊する放射性物質の国際的測定値です。

Meanwhile, seaweed samples were still showing increasing iodine-131 as of March 28, according to data provided by Starosta. In samples of dehydrated seaweed taken near the North Vancouver SeaBus terminal, the count was zero on March 15, 310 becquerel per kilogram on March 22 and 380 Bq/kg on March 28.
一方、海藻のサンプルには、Sarost氏のデータによると、3月28日でもまだヨウ素131の増加が見られていました。ノースバンクーバーのシーバスターミナル近くで採られた乾燥海藻のサンプルには、3月15日は0カウントだったのが、3月22日には、1kgあたり310ベクレル、3月22日は、380ベクレルが測定されました。

BC coast
クリックでプレゼンのパワーポイントへ。

2012年6月には福島からのセシウム134がP26地点の海面50mで検出されたが、P4地点や北極海地点では見られなかった。福島由来のセシウム137は0.3 Bq/m3。

2013年6月直線P上全ての地点でセシウム134が検出された。最高値はP26地点の0.9 Bq/m3。




An adult killer whale weighing up to 5,000 kilograms can eat five per cent of its body weight, or 250 kilograms of fish, per day.
5000キロにもなる大人のシャチは、1日あたり自分の体重の5%、あるいは250の魚を食べます。


Endangered resident killer whales already face a host of challenges: the need for high-protein chinook salmon, habitat degradation, underwater noise pollution, harassment from whale watchers, and climate change. While the additional impact of Cesium 137 is unknown, it may negatively affect the immune system or endocrine system, Alava said.
絶滅寸前のシャチは既に沢山のチャレンジに直面しています。たんぱく質豊富なキングサーモンの必要性、生息地域の退廃、水中の公害、鯨見物人たちによる悩み、気候変化。更にセシウム137の影響が加わるかは不明ですが、それが、免疫システムや内分泌系のシステムに悪影響を与えるかもしれないのだとアラバ氏は言います。


“The impact on the animal needs to be studied. This is part of a cumulative impact on the marine environment.”
「動物たちに与える影響を研究する必要があります。これは、海洋環境に与える累積的な影響の1つなのです。」


The results raise concerns for aboriginal people who maintain a diet heavy in fish.
その結果は魚が食生活の多くを占めている先住民の人々の懸念にもなっています。


“We might expect similar results because the diet of First Nation communities is based on seafood,” Alava said. “Humans at the top of the food web can perhaps see increasing levels in the future.”
「先住民社会の食生活は海産物が基本になっているので、同じような結果が考えられるかもしれません。」とアラバ氏。「食連鎖の最上部にある人間は、将来にそのレベルが増加していることになるかもしれません。」


The Fukushima Dai-Ichi nuclear power plant suffered a catastrophic failure due to a 9.0-magnitude earthquake on March 11, 2011, which killed almost 19,000 people. Alava noted the plant continues to leak radiation, meaning that the problem is not going away soon. “There’s going to be a long-term exposure to organisms building up in the marine environment.”
福島第一原発は、2011年3月11日に1万9000人の命を奪ったマグニチュード9.0の地震のため、悲惨な機能不全に陥りました。アラバ氏は、その発電所からまだ放射能が漏洩していることを認識し、問題がすぐには解決しないことも分かっています。「長期に渡り生物に被曝させることになり、海洋環境に蓄積されていくでしょう。」


While radiation levels so far remain low, the long-term implications deserve further study.
今のところ放射能レベルは低く留まっていますが、長期に渡る影響を考えれば、更なる研究の価値があります。


“So far the levels are safe,” Alava said. “We shouldn’t be worried now, but we need to keep monitoring in the long term to see whether these levels are building up in the food web.”
「今のところのレベルは安全です。」とアラバ氏。「今心配する必要はありませんが、このレベルが食連鎖に蓄積していくのかを見るためにも長期的なモニタリングをする必要があります。」


A victim of federal cutbacks, Peter Ross, a former research scientist with the federal Institute of Ocean Sciences in Sidney on Vancouver Island, joined the Vancouver Aquarium last month as director of a new ocean science program.
連邦政府が行った削減の犠牲者、バンクーバー島のシドニーにあるカナダ海洋科学研究所の元リサーチ科学者のピーター・ロス氏は、先月バンクーバー水族館に新たにできた科学プログラムの部長に就任しました。


Ross said he worked almost 18 years at the institute until Fisheries and Oceans Canada announced in May 2012 it would cut 55 positions nationally, nine of them within B.C., as part of a plan to “divest itself of ocean pollution research and monitoring to the private, non-profit and academic sectors.”
ロス氏は、カナダ水産海洋省が「海洋汚染調査とモニタリングを民間の非営利及び学術部門へ投げ出す」計画の一部として、2012年5月に国内で55のポジションが、そのうちの9つのポジションはBC州で削減すると発表するまでは、ほぼ18年間研究所で働いていました。


No one at Fisheries and Oceans Canada or Health Canada was available immediately to comment Monday.
カナダ資産海洋省、あるいはヘルス・カナダから月曜日にすぐコメントができる人は誰もいませんでした。


Alava noted that there remain low background levels of Cesium 137 dating back to the 1960s due to the dumping of radioactive material into the Pacific Ocean from nuclear submarines and reactors.
アラバ氏は、1960年代からの原子力潜水艦や原子炉からの放射性物質の太平洋への廃棄によるセシウム137が低いレベルでまだ残っている事を承知しています。


The BC Centre for Disease Control has been notified of the latest research finding.
この最新の発見については、BC州疾病管理センターにも通知されました。





サイモンフレーザー大学からの説明は以下の通りです。

Further investigations of soil are needed to understand any possible impacts posed by small amounts of radioactivity, following the testing of a soil sample near Kilby Park in the Fraser Valley, according to the Simon Fraser University researcher who studied it.
サイモン・フレーザー大学で研究していた研究者によると、フレーザー・バレーのキルビー・パーク近くの土壌サンプルの検査に続き、少量の放射性物質がもたらすかもしれない影響について理解するために更なる土壌の調査が必要であるとのこと。


SFU chemistry professor Krysztof Starosta studied the sample, provided to him by a colleague in the School of Resource and Environmental Management, and stresses that the presence of radiation by itself does not indicate danger to health. “It is the dose which determines the impact,” says Starosta. “At no point, we think, is there any risk to general public.”
サイモン・フレーザー大学のクリストフ・スタロスタ教授は、資源・環境管理学科の同僚から提供されたサンプルを検査し、放射能そのものが健康に与える危険性はないと強調している。「影響あるかどうかは線量によります。」とスタロスタ氏。「どの時点でも一般人に危険性があるものではないと考えています。」


The sample was found to contain a radioactive metal known as Cesium 134 (134C), which Starosta determined is from the Fukushima nuclear plant disaster in Japan three years ago.
そのサンプルからはセシウム134が検出され、スタロスタ氏はそれが3年前の福島事故由来であると確定しました。


Starosta has since followed up with other soil samples from Kilby and SFU, all collected in March, and did not find any evidence for the presence of 134Cs.
スタロスタ氏はキルビーとSFUの土壌サンプルを調べています。全てのサンプルは3月に採取され、セシウム134の存在は確認されませんでした。


Currently his group is working on improving sensitivity of the detection of 134Cs to further investigate its presence in B.C. soil.
現在彼のグループはセシウム134の検出度を改良し、BC州の土壌におけるセシウム134の更なる調査を行います。


Simon Fraser University is consistently ranked among Canada's top comprehensive universities and is one of the top 50 universities in the world under 50 years old. With campuses in Vancouver, Burnaby and Surrey, B.C., SFU engages actively with the community in its research and teaching, delivers almost 150 programs to more than 30,000 students, and has more than 125,000 alumni in 130 countries.
サイモン・フレーザー大学は常にカナダの総合大学のトップにランクされ、50年以下の若い大学の中では世界でもトップ50に入ります。バンクーバー、バーナビー、サーレーにキャンパスを持ち、リサーチ、教育において地域と積極的に関わり、ほぼ150のプログラムを3万人以上の生徒たちに提供し、130カ国に12万5000人以上の卒業生がいます。


大学の宣伝ばっちり!ですね。

----------------------
以下、そのスタロスタ教授のコメント。

Seattlepi

Starosta said the university has collected five other samples from the area looking for more of the radiation, but so far nothing.
大学ではその地域から更に5つのサンプルを採り、その放射能を探しましたが、今のところ何も検出されていません。


...“We have not seen any other cesium-134, but we’ve only tested five samples so far. … We are sure that we see it and can reproduce the measurement, but it is based on a single soil sample.”
「他からはセシウム134は検出されていませんが、たったの5つしか今のところ検査していないのです。サンプルから検出されたのは確かで、もう一度測定することもできますが、それは1つのサンプルに基づくものです。」


He said the big mystery, since they have just that one sample taken from a beach so far upriver, is how it got there. It could have been airborne, landed on a hill or mountain and been washed down to the river.
川上のビーチからのただ1つのサンプルしかなく、どのようにそこにたどり着いたのかが、大きなミステリーだと話しました。


“It’s inland, so it could not come in from the ocean, since the water flows the other way,” he said.
「内陸なので、海からということはありえません。水は逆方向に流れているのです。」

 


...When asked if a bird could have pooped it out there, he audibly shrugged. The mystery “indicates the need for further study,” he said.
鳥がそこに落とした糞からではないかと訊ねると、電話の向こうで肩をすくめました。「ミステリーは更なる研究が必要だと言うことを示しています。」


International Business Time


Scientists are speculating a number of guesses - it could have been airborne, landed on a hill or mountain and been washed down to the river.
科学者たちは色々と推測しています。風にのって、丘や山に落ち、川まで流された。。


"It's actually quite unexpected that we found it in soil so far inland," Mr Starosta said. "Common wisdom would be that Caesium would come through the ocean."
「実は、今のところ内陸の土壌から発見されることはかなり予想外です。通常、セシウムは海から来ると考えられていますから。」


Metro

“We only have a single sample,” he said. “We followed up in the same place later and didn’t find comparable radiation levels… This could just be a one-time blip.”
「たった1つのサンプルしかありません。後で同じ場所のサンプルを検査しましたが、比較できる放射能は検出されませんでした。これは一度きりの反応かもしれません。」






その土壌サンプル・・・

本当にビーチから採ったものなのでしょうかねぇ・・・



きちんとしたデータと

納得のいく報告を待ちたいと思います。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1165-d587e7db

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/03/25 05:38】 | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。