スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チェルノブイリ事故処理従事者からのメッセージ

 2014-03-06
Chernobyl Cleanup Survivor's Message for Japan: 'Run Away as Quickly as Possible'
チェルノブイリ汚染除去処理従事者から日本へのメッセージ:「できるだけ早く逃げなさい」


日本の福島原発事故について、米国のAOLニュースがチェルノブイリ事故汚染除去に従事した女性に電話インタビューした。(大倉純子) 以下日本語訳は日刊ベリタより

Mar 22, 2011 – 1:23 PM

Natalia Manzurova, one of the few survivors among those directly involved in the long cleanup of Chernobyl, was a 35-year-old engineer at a nuclear plant in Ozersk, Russia, in April 1986 when she and 13 other scientists were told to report to the wrecked, burning plant in the northern Ukraine.
チェルノブイリの汚染除去作業に長期に渡り直接従事したメンバー中の生存者の一人、ナタリア・マンズロヴァ(Natalia Manzurova)。彼女は1986年4月当事35歳、ロシアのオジョルスク(Ozersk)の原発技師だった。マンズロヴァはウクライナ北部の、焼けて大破した発電所に他の13人の科学者とともに派遣された。


It was just four days after the world's biggest nuclear disaster spewed enormous amounts of radiation into the atmosphere and forced the evacuation of 100,000 people.
大気中に膨大な量の放射線を撒き散らし10万人の避難を余儀なくさせた史上最悪の核災害のわずか4日後のことだった。


Manzurova and her colleagues were among the roughly 800,000 "cleaners" or "liquidators" in charge of the removal and burial of all the contamination in what's still called the dead zone.
マンズロヴァとその同僚たちはいまだ「死のゾーン」と呼ばれる地域のすべての汚染物質の除去と埋蔵の任を負った約80万人の「汚染除去作業者」つまり「リクビダートル」のメンバーだった。


She spent 4 1/2 years helping clean the abandoned town of Pripyat, which was less than two miles from the Chernobyl reactors. The plant workers lived there before they were abruptly evacuated.
彼女は住民が去ったプリピャチで4年半にあたり汚染除去作業に従事した。プリピャチからチェルノブイリ原発までは2マイル(3.2km)以下の距離。緊急避難させられた原発職員が住んでいた町である。


1300809395628.jpeg


Manzurova, now 59 and an advocate for radiation victims worldwide, has the "Chernobyl necklace" -- a scar on her throat from the removal of her thyroid -- and myriad health problems. But unlike the rest of her team members, who she said have all died from the results of radiation poisoning, and many other liquidators, she's alive.
現在59歳で世界中の放射能被害者のためにアドヴォカシー活動をしているマンズロヴァの首には「チェルノブイリの首飾り」が見える-喉から甲状腺を切除した傷跡である。彼女は他にもさまざまな健康上の問題を抱えている。しかし彼女のチームメイト(全員、放射線障害で亡くなったと彼女は言う)やその他大勢のリクイデーターとは異なり、彼女は生き残った。


AOL News spoke with Manzurova about the nuclear disaster in Japan with the help of a translator on the telephone Monday from Vermont. Manzurova, who still lives in Ozersk, was beginning a one-week informational tour of the U.S. organized by the Beyond Nuclear watchdog group.
AOLニュースは月曜日、通訳の助けを借りて日本の原子炉災害についてバーモントから彼女に電話取材した。現在もオジョルスクに住むマンズロヴァは、米国の原子力監視団体Beyond Nuclear の招待で一週間に渡る講演旅行を始めるところだった。


AOL News: What was your first reaction when you heard about Fukushima?
福島原発事故のことを最初に聞いたときどうでしたか?


Manzurova: It felt like déjà vu. I felt so worried for the people of Japan and the children especially. I know the experience that awaits them.
マンズロヴァ(以下マ):デジャヴを見ているようでした。日本の人々、特に子どもたちのことが大変心配です。何が彼らを待ちうけているか経験でわかるからです。


But experts say Fukushima is not as bad as Chernobyl.
専門家は福島事故はチェルノブイリほどひどくないと言っていますが。


Every nuclear accident is different, and the impact cannot be truly measured for years. The government does not always tell the truth. Many will never return to their homes. Their lives will be divided into two parts: before and after Fukushima. They'll worry about their health and their children's health. The government will probably say there was not that much radiation and that it didn't harm them. And the government will probably not compensate them for all that they've lost. What they lost can't be calculated.
マ:すべての核事故はそれぞれ違います。そしてその被害も何年にも渡らねば本当には計測できません。政府がいつも真実を言うとは限りません。多くの人が家にもうもどれないでしょう。その人たちの人生は二つに分かれるでしょう:フクシマの前と後に。自分の、そして子どもたちの健康を絶えず心配することになるでしょう。政府はおそらくそんなに大量の放射線はなかった、人体に害を及ぼしたはずはない、というでしょう。そしておそらく人々が失ったものすべてを補償などはしてくれないでしょう。彼らが失ったものは計算不可能です。


What message do you have for Japan?
日本の人へのメッセージがありますか?


Run away as quickly as possible. Don't wait. Save yourself and don't rely on the government because the government lies. They don't want you to know the truth because the nuclear industry is so powerful.
マ:できるだけすぐに逃げなさい。待ってはいけません。自分を救うのです。政府を信じてはだめ。政府はうそをつくから。政府はあなたに真実を知ってほしくないのです。それほど原子力産業は強力なのです。


When you were called to go to Chernobyl, did you know how bad it was there?
チェルノブイリに行くように召集されたとき、状況がどれほど悪いか知っていましたか?

I had no idea and never knew the true scope until much later. It was all covered in secrecy. I went there as a professional because I was told to -- but if I was asked to liquidate such an accident today, I'd never agree. The sacrifices the Fukushima workers are making are too high because the nuclear industry was developed in such a way that the executives don't hold themselves accountable to the human beings who have to clean up a disaster. It's like nuclear slavery.
マ:全く見当もつきませんでしたし、かなり後になるまで本当はどんな状況だったかも知りませんでした。すべての秘密のベールに覆われていました。私は言われた通りに専門家としてそこに行きましたが - もし、今、同様の事故の処理のために行ってくれと言われたら絶対断るでしょう。フクシマで作業をしている人たちは非常に大きな犠牲を払っています。原子力産業のトップは災害の後始末をしなくてはならない人々に説明責任を果たしたりはしません。原子力産業はそうやって発展してきたのです。それは核の奴隷制のようなものです。


What was your first impression of Chernobyl?
チェルノブイリを見たときの最初の印象は?


It was like a war zone where a neutron bomb had gone off. I always felt I was in the middle of a war where the enemy was invisible. All the houses and buildings were intact with all the furniture, but there wasn't a single person left. Just deep silence everywhere. Sometimes I felt I was the only person alive on a strange planet. There are really no words to describe it.
マ:中性子爆弾が落ちた後の戦場のようでした。敵が見えない戦争をしているようにいつも感じていました。すべての家も建物も、すべて家具はそのまま、なのに人っ子一人いないのです。どこでも深い静寂が支配していました。見知らぬ惑星に私一人のような。どんなに言葉を尽くしても表現仕切れません。


What did your work as a liquidator entail?
リクビダートルとしてどんな仕事をしたのですか?


First, we measured radiation levels and got vegetation samples to see how high the contamination was. Then bulldozers dug holes in the ground and we buried everything -- houses, animals, everything. There were some wild animals that were still alive, and we had to kill them and put them in the holes.
マ:最初、放射線レベルを測り、どれほど汚染が進んでいるか見るため植物サンプルを採取しました。それからブルドーザーで地面に穴を掘り、すべてをそこに埋めました-家、動物、すべて。まだ野生動物がいくらか生き残っていましたが、私たちはそれも殺して穴に埋めなくてはなりませんでした。


Were any pets left in the houses?
家にはペットが残っていたのですか?


The people had only a few hours to leave, and they weren't allowed to take their dogs or cats with them. The radiation stays in animals' fur and they can't be cleaned, so they had to be abandoned. That's why people were crying when they left. All the animals left behind in the houses were like dried-out mummies. But we found one dog that was still alive.
マ:人々は退避までに数時間しか与えられていなかったし、犬や猫を連れて行くことが認められなかったのです。放射性物質は動物の毛に残りますがそれは除去できません。だから殺さなくてはならなかったのです。だから人々は去るときに泣いていました。家に残された動物はすべて乾燥したミイラのようになっていました。一匹だけ生きている犬がいたのですが・・。


Where did you find the dog and how did he survive?
どこで見つけたのですか?その犬だけどうやって生き残ったのです?


We moved into a former kindergarten to use as a laboratory and we found her lying in one of the children's cots there. Her legs were all burned from the radiation and she was half blind. Her eyes were all clouded from the radiation. She was slowly dying.
マ:私たちは研究室として使うため元幼稚園だった建物に入り込みましたが、その犬はそこのベビーベットに寝ていたのです。彼女のすべての足は放射線のやけどを負っていて、半分目が見えなくなっていました。目が放射線で曇ってしまっていたのです。彼女は大分弱っていました。


Were you able to rescue her?
助けることはできなかったんですか?


No. Right after we moved in, she disappeared. And this is the amazing part. A month later we found her in the children's ward of the (abandoned) hospital. She was dead. She was lying in a child's bed, the same size bed we found her in the kindergarten. Later we found out that she loved children very much and was always around them.
マ:いいえ、私たちがその建物に入った直後、彼女はいなくなりました。ここからが驚きなのですが、一ヵ月後、私たちは彼女が廃墟になった病院の子ども病棟にいるのを見つけました。すでに死んでいました。彼女は子供用のベッドに横たわっていて、私たちが最初に彼女を見つけた幼稚園のベビーベッドと同じサイズのベッドでした。後でわかったんですが、その犬は生前子どもたちが大好きで、いつも子どもたちのそばにいたというのです。


How did working in the dead zone begin to affect your health?
死のゾーンで働いたことはあなたの健康にどう影響しましたか?


I started to feel as if I had the flu. I would get a high temperature and start to shiver. What happens during first contact with radiation is that your good flora is depleted and the bad flora starts to flourish. I suddenly wanted to sleep all the time and eat a lot. It was the organism getting all the energy out.
マ:インフルエンザにかかったようでした。高熱が出て震えだしました。放射線に当たって最初に起こることはよい働きをする微生物叢(びせいぶつ そう:体内の特定の場所にいる無害なバクテリア)が死んでいって、悪い働きをするバクテリアが繁殖し始めるのです。いつでも突然に眠たくなり、またたくさん食べました。生きてはいるもののエネルギーが全くありませんでした


How much radiation were you subjected to?
どれくらいの放射線を浴びたのですか?


We were never told. We wore dosimeters which measured radiation and we submitted them to the bosses, but they never gave us the results.
マ:教えられませんでした。私たちは放射線を測る線量計を身につけそれを上司に提出しましたが、結果は教えてもらえませんでした。


But didn't you realize the danger and want to leave?
危険を察知して逃げようとはしなかったのですか?


Yes, I knew the danger. All sorts of things happened. One colleague stepped into a rainwater pool and the soles of his feet burned off inside his boots. But I felt it was my duty to stay. I was like a firefighter. Imagine if your house was burning and the firemen came and then left because they thought it was too dangerous.
マ:はい、危険は承知していました。いろいろなことが起こりました。一人の同僚が雨水の水溜りにはまってしまったんですが、ブーツの中でかかとがやけどしてしまいました。しかし私は留まることが義務だと思っていました。消防士と同じです。もしあなたの家が燃えていて消防士が来たのに、「危なすぎる」と言って帰ってしまったらどうします?


When did you discover the thyroid tumor?
いつ甲状腺がんだとわかったのですか?


They found it during a routine medical inspection after I had worked there several years. It turned out to be benign. I don't know when it started to develop. I had an operation to remove half the thyroid gland. The tumor grew back, and last year I had the other half removed. I live on (thyroid) hormones now.
マ:チェルノブイリで数年働いた後の定期健診で見つかりました。良性だとわかりました。いつでき始めたのかはわかりません。甲状腺を半分切り取る手術を受けました。癌は再発し、昨年残りの半分を切り取りました。今は甲状腺ホルモン剤に頼って生きています。


Why did you go back to Chernobyl after getting a thyroid tumor?
甲状腺がんができたのになぜチェルノブイリに戻ったのですか?


Right around the time of my operation, the government passed a law saying the liquidators had to work for exactly 4 1/2 years to get our pension and retire. If you left even one day early, you would not get any benefits.
マ:ちょうど私が手術を受けたころ、政府はリクビダートルは4年半きっかり働いていなくては引退して年金が貰えないという法律を通したのです。一日でも足りなければ、なんの手当てももらえないのです。


Really? That seems beyond cruel.
本当ですか?それはあまりにひどいですね。


It's why the nuclear industry is dangerous. They want to deny the dangers. They kept changing the law about what benefits we'd get because if they admitted how much we were affected, it would look bad for the industry. Now we hardly get any benefits.
マ:だから原子力産業は危険なのです。彼らは危険性を否定したい。彼らは私たちがもらえる手当てについていつも法律を変え続けています。私たちがどれほどひどい被害を受けたか認めしまうと、原子力産業の体裁が悪くなるからです。いまや私たちはほとんどなにも手当てを受けられません。


Did your health worsen after you finally finished work at Chernobyl?
最後にチェルノブイリでの仕事を終わってから健康状態は悪化しましたか?


1300809425195.jpeg


I was basically disabled at 43. I was having fits similar to epileptic fits. My blood pressure was sky high. It was hard to work for more than six months a year. The doctors didn't know what to do with me. They wanted to put me in a psychiatric ward and call me crazy. Finally they admitted it was because of the radiation.
こしていました。血圧は大変高くなりました。一年のうち6ヶ月以上働けなくなりました。医者も手のつけようがありませんでした。私が狂っていると言って精神病棟にいれようとしました。最終的には彼らは放射線がこれらの原因であることを認めたのです。





福島事故から3年。


福島からをも

どこかに向けて

同じメッセージを出すことがあってはなりません。



これ以上の悲劇の受け皿は

もう

どこにもありません。



この過ちだらけだった時代を

終わらせましょう。







スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1163-cc06509f

コメント
このブログは原発のリスクに関する内容は豊富ですが、原発が無い場合のリスクの内容はほとんど見当たらず、内容が偏っているように思います。
原発が無くなったら第一に電気代が高騰するのです。
原発を無くしたいなら原発が無くなっても電気代が上がらずに済む方法を用意してからにするべきだと思います。
電気代が上がったら貧しい人々は電気を使えなくなります。
それにも拘らずあなたたち反原発の方々は、原発が無くなっても電気代が上がらずに済む具体的な方法を未だに提示していません。
弱者を切り捨てての原発ゼロは許せません。
電気代が上がったら生きていけなくなる貧しい人々が存在することを忘れないでください。
それこそが日本国民の大多数が反原発とならない理由だと思います。
【2014/03/18 05:49】 | えりこ #pzEDURrk | [edit]
えりこさま

コメントありがとうございます。
原発が安い、という神話は良く調べた方が良いかもしれません。
また、リスクをどこまで許容できるかと言うのは、他人を犠牲にすることなしに、自分たち自身のリスクとして議論されるべきだと思っています。
電力(にかぎりませんが)は、各コミュニティーベースになるべきで、原発のリスクを背負ってでもそれが安いのだと考え電力源とすると考えるコミュニティーは、自分たちの土地に原発を持ち、自分たちで原発を稼動し、自分たちの所で核廃棄物を貯蔵するべきでしょう。稼動中のベントなどで、仮にソーラーパワーなどで暮らしている近隣のコミュニティーの空気を汚染するようなことがあってもならないと思います。

えりこさんはどちらにお住まいでしょうか?
必要のない電気を沢山使っていると言うことはありませんか?
自分ではなく、誰かにリスクを押し付けて電力を使っていると言うことはありませんか?
弱いものを切り捨てて原発電力を使っている、と言うケースもあるのではないでしょうか?

【2014/03/22 23:28】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。