スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

原発事故からの教訓 ~ 国は国民を守らない

 2014-02-20
First Nations call for radiation tests
先住民たちが放射能検査を要請


Effects on marine life from Fukushima fallout a concern
福島からの降下物が海洋生物に与える影響が懸念される


John Gleeson / North Shore News

February 14, 2014 12:00 AM


B.C.'s grand chief and First Nation leaders on the Sunshine Coast are supporting a call for Ottawa to "systematically and properly" study the full impact of Fukushima radiation on the West Coast fishery.
BC州先住民会議チーフとサンシャインコーストの先住民会議のリーダーたちは、オタワに対し福島からの放射能が西海岸の漁業に与える包括的な影響について、「系統だった適切な研究」の必要性を支持しています。


Radiation from the March 2011 nuclear accident arrived off the B.C. coast last year, Robin Brown, ocean sciences division manager with the Department of Fisheries and Oceans, said Feb. 4. "According to our observations, the radiation from Fukushima was detected in B.C. coastal waters in June 2013. Barely detectable, but detectable," Brown said.
2011年原子力事故からの放射能が去年BC州海岸に到達したのだと水産海洋省の海洋科学部長であるロビン・ブラウンが2月4日に述べました。「私たちの観測によると、福島からの放射能は2013年にBC州海岸の海水から検出されました。やっと検出された程度ですが、検出されたことには違いありません。」

【Radionuclide Transport from Fukushima to Eastern North Pacific】
 福島から北東太平洋に運ばれた放射性核種

Presented at North Pacific Marine Science Organization Annual Meeting in Nanaimo, BC, October 15, 2013


Pacific Sta.


Levels of 137Cs equal to 0.3 Bq/m3 measured at Sta. P26 in 2012 represent leading edge of Fukushima plume.
2012年にP26地点で測定されたセシウム137のレベルは0.3 Bq/m3で、福島プルームの最先端であることが分かる。


pacific prum


Distribution of 137Cs from Fukushima on Line P in June, 2013 shows highest levels at Sta. P26 decreasing eastward to values
< 0.5 Bq/m3 at Sta. P1.
福島からのセシウム137の値は2013年6月の直線Pでは、P26地点が最高値を示し、東のほうが低くなり、P1地点では0.5 Bq/m3以下である。


Pacific Line P


137Cs levels in upper 1000 m at Stas. P4 and P26 in June, 201 consistent with background levels in North Pacific from atmospheric nuclear weapons tests.
2011年6月のP4からP26地点の海面1000m以上のセシウム137のレベルは核実験からの北太平洋のレベルと変わらなかった。

Fukushima 134Cs was detectable in upper 50 m at Sta. P26 in June, 2012, but not at Sta. P4 or at arctic stations.
2012年6月には福島からのセシウム134がP26地点の海面50mで検出されたが、P4地点や北極海地点では見られなかった。

134Cs was detectable along the entire Line P in June, 2013. Highest levels of 0.9 Bq/m3 were measured at Sta. P26.
2013年6月直線P上全ての地点でセシウム134が検出された。最高値はP26地点の0.9 Bq/m3。

To see the whole presentation please go
https://www.pices.int/publications/presentations/PICES-2013/2013-MEQ/MEQ-1700-Smith.pdf


Although the federal government tested food samples, including some domestic fish species, in 2011 and early 2012, the Canadian Food Inspection Agency said last week (Feb. 5) that "further testing of imported or domestic food products for the presence of radioactive material is not required."
カナダ政府は国産の魚各種を2011年(12検体)と2012年初め(20検体)にサンプルを検査しましたが、カナダ食品検査機関は先週(2月5日)「輸入食品と国産食品の放射性物質を更に検査する必要はない。」と述べました


Last month, Tahlton Central Council president Annita McPhee wrote national Chief Shawn Ain-chut Atleo, urging him to press Ottawa for action amid growing concerns by members of the Tahltan Nation in northwestern B.C. "We cannot sit by and watch and wait to see what the full impacts of the Fukushima disaster will be on our salmon and our way of life," McPhee wrote. "To date, we have not seen or heard of Canada taking this issue seriously and working in a real way to address it."
先月、Tahlton中央評議会長のアニータ・マックフィーはカナダ先住民会議ショーン・Ain-chut Atleoチーフに、BC州北西部のTahlton部族のメンバーに懸念が広がっているので、オタワに行動を起こすことを求めるよう手紙を書きました。「私たちはただ座って眺めて、福島災害の全影響が私たちのサーモン、私たちの生活に及ぶのを見ているわけにはいきません。」


tahltan-territory-map.jpg


The letter called on Atleo to "raise this issue at the highest levels of the federal government, and demand action."
その手紙は、Atleoチーフに「カナダ政府の最高レベルにてこの問題を取り上げる」ように求めたものです。


In an interview, McPhee said news reports about Fukushima have bred fear in her community.
インタビューでマックフィーは、福島ついてのニュースがコニュニティーに恐怖を植えつけているのだと話しました。


Annita_McPhee_stripe.jpg


"Some people are not eating their fish because they're scared. Some people don't want to feed it to their kids. We don't want to get cancer. We already have lots of cancer up in our area. I mean, lots," McPhee said.
「怖れのあまり魚を食べない人もいます。子どもたちに食べさせたくないと思う人もいます。癌になりたくないのです。このあたりでは既に癌が多発しています。本当に沢山です。」とマックフィーは言いました。


"The Tahltan people have been very concerned about what's going on. We get our fish from the Stikine River, but it comes from the Pacific Ocean," she said. "As First Nations, we've got to come together and address this, force the government's hand. We have a right to know if our fish is safe to eat."
「Tahltanの人々は今起こっていることを大変心配しています。私たちは魚をスチキン川から獲ってきます。しかしそれは太平洋から来るのです。 先住民族として、私たちは共にこの問題に取り組み、なんとしてでも政府に行動してもらいます。私たちには魚が食べても安全かどうか知る権利があるのです。」


B.C. Grand Chief Stewart Phillip echoed that view, calling the federal government's inaction "highly irresponsible.
BC州の先住民会議のチーフ、スチュワート・フィリップはこの考えを繰り返し、カナダ政府の怠惰を非常に無責任であると言いました。


"I think it's certainly a legitimate concern," Phillip said. "Other jurisdictions - other countries - realize there is a very real potential for contamination. Unfortunately, Canada doesn't seem to be taking any steps whatsoever to acknowledge this as a potential threat."
「これは確かに道理にかなった懸念です。他の管轄地域、つまり他の国では汚染の可能性がとても現実的だということに気付いているのに、カナダはこの脅威の可能性について認識していると思わせるいかなる手段もとっていないようにみえます。」


Instead, Phillip noted, DFO has been downsized, representing "a significant disinvestment" in the West Coast fishery.
それどころか、水産海洋省は縮小され、西海岸の漁業において「著しい資本の引き上げ」をしているように思われます。


"It's not only unacceptable, but it's very negligent of the government of Canada," he said.
それは受け入れがたいだけではなく、カナダ政府の非常な怠慢です。」と彼は話しました。


For Tsleil-Waututh Nation member Rueben George, radiation concerns are just one more aggravating aspect in an increasingly threatened environment.
Tsleil-Waututh部族のルーベン・ジョージにとっては、放射能の心配は環境を脅かし続け、悪化している要因の1つに過ぎません。


tsleilwaututh_map.jpg


"I think overall it's been progressively worse and worse and worse, and that's just one of the destructive factors," he said.
「どんどん、どんどん、どんどん悪化するばかりです。放射能はその有害要因の1つに過ぎないのです。」と話しました。


Personally hesitant about eating fish from the region, George said questions about escalating cancer rates need to be addressed.
個人的にこの地域からの魚を食べるのはためらうと話し、上昇している発癌率についての疑問が問われるべきだとジョージは言います。


Reuben George


"Already there's so many questions that I think our society needs to know. At what level is it too dangerous?" he asked.
「自分たちの社会が知る必要のある多くの疑問が既に沢山あるのだと思います。どの時点で危険すぎるといえるのか?」


On the Upper Sunshine Coast, Sliammon Chief Clint Williams said he fully backs McPhee's call for testing and full disclosure.
サンシャインコーストの北部、Sliammonのクリント・ウィリアムズチーフは、検査と完全な情報公開を求めているマックフィーを全面的に支持していると話しました。


silammon.jpg


"Our people really cherish salmon, it's always been part of our culture, so we absolutely encourage that. We want to make sure our food is safe. And it's not just salmon either - it's clams, geoducks, sea urchins," Williams said. "I'm sure those concerns are shared all up and down the coast here."
「私たちは本当にサーモンを大切にしているのです。サーモンはいつも私たちの文化の一部なので、絶対にその求めを応援します。自分たちの食べ物が安全かどうか確かめたいのです。それはサーモンに限ったことではありません。アサリ、アメリカナミガイ、ウニもそうです。この懸念を海岸沿いの北から南まで共有していることは確かです。」


Former Shíshálh (Sechelt) Nation chief Calvin Craigan concurred, saying that any contamination of natural foods from the sea will affect coastal Native communities.
シーシェルト部族のカルヴィン・Craigan元チーフも同じ意見です。海からとれる自然食品の汚染はどんなものも沿岸部の先住民のコミュニティーに影響を与えるだろう、と話します。


"If that's going to happen in the long term, and it is, all First Nations have to get together and call for testing," Craigan said.
「長期に渡って起こることであるならば、そしてそうなるのですが、全ての先住民が団結し検査を求めなければなりません。」


Last October, a report by five DFO scientists concluded that, due to ocean currents, "the inventory of Fukushima radioactivity will almost entirely shift from the western to the eastern North Pacific during the next five years."
去年10月、水産海洋省の科学者たちが、海流のため、「福島からの放射能物質はこれから5年間のうちに、ほぼ全て西太平洋から太平洋の北東部へとシフトするであろう。」と結論付けました。

The report, released during the North Pacific Marine Science Organization annual meeting in Nanaimo, presented two widely different study models. One model suggested ocean contamination would exceed levels of maximum fallout from nuclear tests and previous accidents such as Chernobyl, while the other model said levels would equal the amount of contamination that existed in 1990.
ナナイモで行われた海洋科学協会の年次総会で発表されたそのレポートは、2つの大きく異なった研究モデルを提供していました。1つのモデルは、海の汚染が核実験からの降下物やチェルノブイリのような事故からの降下物のレベルを超えるであろうと主張している一方で、もう1つのモデルは1990年に存在イしていた汚染の量と同じレベルだとしていました。


"These levels are still well below maximum permissible concentrations in drinking water for cesium-137," the report said. "Not an environmental or human health radiological threat!" Despite that caveat, the report cited "many reasons for study," including human health and marine biota.
「これらのレベルは飲料水のセシウム137許容濃縮の最大値をも大きく下回っている。」とレポートにあります。「環境、人間の健康に対して脅威ではない!」と。その通告にもかかわらず、そのレポートは人間の健康、海洋生物を含め「研究するための多くの理由がある」と述べています。


Brown, one of the co-authors of the report, acknowledged that neither study factored in ongoing discharges from Fukushima after the March 2011 release.
そのレポートの共同著者であるブラウン氏は、どちらの研究も2011年3月に放出された後の福島からの継続的な排水について因数に分解していないことを認めました。


"But there are several lines of evidence," he added, "to suggest that the ongoing releases, while serious, are small compared to the initial release and will not impact arrival time or peak concentration."
「しかし、継続的排出を示す一連の証拠があります。深刻なものですが、最初の放出に比べると小さいもので、それが到達する時間や濃縮のピークを左右するものではありません。」


DFO will continue to test water samples from a line of monitoring stations in the Pacific, Brown said, stressing the low levels that have been detected to date.
海洋水産省は太平洋に1直線に並ぶモニタリングステーションからの海水サンプルの検査を続けるのだとブラウン氏は述べ、今のところ低いレベルが検出されているのだと強調しました。


"These levels are in the barely detectable range. They are extremely low," he said.
「これらのレベルは検出されるかされないかくらいの範囲です。かなり低いものです。」


Asked if West Coast marine life was being tested, Brown said: "I know Health Canada is doing some kind of research mode measurements. I know they are measuring concentrations in fish."
西海岸の海洋生物が検査されるのかを聞くと、ブラウン氏はこう答えました。「ヘルスカナダがその種のリサーチ測定をしているのは分かっています。魚の濃縮を測っているはずです。」


When contacted, however, Health Canada referred Coast Reporter to the CFIA, which said tests were conducted on some
しかしながら、ヘルスカナダに連絡してみると、カナダ食品検査機関を勧められました。カナダ食品機関は、検査はいくつかのサンプルについて行われた、と言っていました。


species in August 2011 and February 2012, and all test results were below Health Canada action limits.
2011月8月、2012年2月のサンプルの全ての検査結果はヘルスカナダのアクションレベル(1キロあたり1000ベクレル)を下回っていました。


"Based on our test results, as well as our ongoing assessment of information from a variety of expert resources, further testing of imported or domestic food products for the presence of radioactive material is not required," the agency said in an email response.
「私たちのテスト結果に基づき、また、専門家の様々な情報源を継続的に精査した結果、輸入、国産食品についての更なる放射性物質検査は必要ありません。」とEメールで返信がありました。


"The CFIA continues to monitor events in Japan and assess any potential impacts on Canada's food supply," the agency added. "Information from Japanese officials, Canadian government partners, Canada's foreign embassies and international authorities are considered as part of our assessment."
「カナダ食品機関は引き続き日本の事象をモニタリングし、カナダの食品供給に影響を与える可能性について精査します。日本当局、カナダ政府のパートナー、カナダの外国領事官や国際機関からの情報が、査定の一部として考えられています。」


with files from Jeremy Shepherd

© North Shore News





3年間行政機関からの回答は全く同じものです。

それもそのはず。

アクションレベルの1キロあたり1000ベクレルまでは安全なわけですから。



「自分たちが食べているものが安全なのかどうか知る権利がある」


という訴えに対しては、胸を張って


「安全です!」


と言えるわけです。




税金を大幅に削減し、このような行政機関を閉鎖するのが一番効率的だと考えます。

一般市民は、自分たちで自分たちのことを守りますから



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1161-ad00c1bb

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。