スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

学ばれぬ教訓~繰り返される悲劇

 2014-02-08
voice_of_russia_logo.jpg

6 February, 22:31

Fukushima catastrophe: Japanese gene pool affected by radiation, morbidity to rise
福島の惨事:日本人の遺伝子プールは放射能の影響を受け、罹患率は上昇する



Thirty thousand people who took part in the works to liquidate the consequences of the accident at the Fukushima 1 nuclear power plant will be examined in Japan. Doctors have already examined Nineteen thousand liquidators. The data received are disappointing.
福島第一原発での事故の後始末をするために働いている3万人の人が日本で検査を受けることになるでしょう。医師たちはスでに1万9000人の作業員を検査しました。手に入れたデータは思わしくないものです。


9h_51092506.jpg


In order to precisely determine how the accident affected the people, specialists took into account information about their lifestyle. For example, they took into account whether a person smoked and what the ecology in the region of his residency was. About two thousand liquidators who received the radiation dose of over 100 millisieverts have already been detected. It is a dangerous dose, explains Maksim Shingarkin, deputy chairman of the natural resources committee at the Russian State Duma.
その事故が人々に与えた影響を正確に測定するために、専門家たちはライフスタイルについて考慮します。例えば、タバコを吸っていたのか、どのような自然環境の地域に住んでいたのかなどを考慮するのです。約2000人の作業員たちが100ミリシーベルト以上の放射線を受けたことが、既に検出されていれています。ロシア議会で自然資源委員会の議長代理を務めるマクシム・シンガーキンはそれが危険な量だと説明します。


"If they received the total dose in the course of a year, those people definitely were exposed to excessive radiation above the established norm. They are to remain under the doctors observation for the rest of their lives. The mere fact that such levels of radiation energy are registered means that inside a person certain processes have already been set off. And it is impossible to predict when and in what form of disease this will show".
「この合計線量を1年中受け続けたら、この人たちは絶対に既に定められている標準を以上の過度な被曝をすることになります。彼らは一生医師の観察下にいなければなりません。そのような放射線エネルギーのレベルが記録されるということは、その人の体内であるプロセスが引き起こされていると言うことを意味します。そして、いつ、どのような形の病気が現れるのかを予測することは不可能なのです。」


Neither the liquidators, nor the local population have so far developed diseases directly caused by the accident. However, there is a debate regarding what caused cancer that killed Masao Yoshida, the head of the commission to estimate the size of the damage at the Fukushima power plant.
作業員でも、地域の住民でも今のところ直接事故が原因で発病した人はいません。 しかし、福島原発の損傷の規模を推測する任務の長であり、癌で亡くなった吉田昌郎所長の原因が何あったのかは議論されています。


For the sake of comparison, after the Chernobyl disaster 29 people died in the course of two months. That primarily includes those who got many times the lethal dose of radiation while working on the roof of the destroyed energy unit. According to witnesses, people felt a metallic taste in their mouths, which was a sign of a very high radiation level. Other Chernobyl victims experienced a of diseases 5-6 years later. According to Andrey Dyomin, president of the Russian Association for Public Health, the same is to be expected in Japan.
それと比べ、チェルノブイリ事故の後29人が2ヶ月間でなくなりました。それは主に破壊された建物の屋根の上で作業をしていた時に致死量の放射線を何度も浴びた人たちを含んでいます。目撃した人によれば、口の中で金属のような味がしたと言い、それは高いレベル放射線の徴候でした。他のチェルノブイリの犠牲者たちは5-6年後に病気が押し寄せました。ロシア公衆衛生協会のアンドレイ・Dyomin会長によると、日本でも同じようなことが予測できると言います。


"We cannot say that the problem would disappear in five years. The rise of morbidity will continue as the general gene pool has been damaged. Next generations will carry the burden of that catastrophe".
「5年で問題が消滅するとはいえません。罹患率の上昇は一般的な遺伝子プールが損傷を受けているので継続するでしょう。次の世代はその大きな不幸の重荷を背負うことになるのです。」


The peculiarities of the Japanese national cuisine focused on fish and seafood are one of the risk factors. Of course, it is not necessarily true that all of the food will be poisoned by the radiation coming from the Fukushima spills, but the risk of getting radiation poisoning through food is rising. At the end of last year 40 km from the power plant a fish was caught, in which the level of dangerous elements exceeded the norm by a hundred times. Scientists assume that the poisoned water from the power plant was carried by the sea streams to California. How else would one explain that every blue tuna fish caught near the coast of the state has signs of radioactive poisoning, while brown kelp containing the radioactive iodine level that exceeds the norm by 200 times has been detected on the shore? According to the Bloomberg web site, this year a "squad" of radioactive jellyfish is to be expected at the US West Coast. Californians are worried. It is unclear how the situation will develop in the future, says Prof. Alexey Yablokov, an advisor at the Russian Academy of Sciences and ecologist.
魚やシーフードに重きを置く日本の食生活の特性は、1つの危険要因です。全ての食品が福島からの放射能汚染に侵されているというのが必ずしも真実ではありませんが、食生活からの放射能の毒作用は上がっています。去年の終わりには、原発から40kmで獲られた魚に危険な元素のレベルが標準を100倍も越えて含まれていたのです。科学者たちは、原発からの汚染された海水が海流によりカリフォルニアまで運ばれると思っています。カリフォルニア海岸近くで獲れたクロマグロすべてから放射能汚染の徴候が見られ、海藻がその海岸で見られる標準の200倍のレベルのヨウ素を含んでいたことから他にどのように説明できるでしょう?ブルームバーグのウェブサイトによれば、今年、アメリカ西海岸に放射能を帯びたくらげの一団が予測されているとの事。カリフォルニアの住民は心配しています。この先状況がどうなっていくのかは不明なのだと、ロシア科学アカデミーのアドバイザーであり、生態学者であるアレクセイ・ヤブロコフ博士は言います。


"The fact that so far from the Fukushima plant fish contains radionuclides shows that our view of the circulation of radionuclides spilt into the ocean has proved to be false. Radioactivity in tuna fish has been detected on the American side of the ocean. It turns out that the Fukushima spillage affects the life of the world ocean. I see no other way out other than to establish a constant and very careful radiation control of all seafood caught in the Pacific Ocean without exception".
「海に漏れた放射性核種が循環すると言う私たちの見解は、福島原発から遠く離れた魚が放射性核種を含んでいたという事実から、今のところ間違っていたと言うことが分かりました。マグロに含まれる放射能はアメリカ側の海で検出されたのです。そのことは、福島の流出は世界の海の生物に影響を与えていることを明らかにしています。例外なしに、太平洋で獲れる全てのシーフードの継続的なとても注意深い放射能管理をすること以外に考えられません。」


According to some experts, until the reactors are dismantled, which can be done only in 20 years, the disaster is not over. Spillage of radioactive water into the sea via the ground waters is possible. It appears that one cannot expect an improvement of the ecological situation around Fukushima in the decades to come.
何人かの専門家によると、原子炉が解体されるまで、20年はかかるのですが、その災害は終わらないのです。放射能汚染水が地下水経由で海に流出していることはありえます。これから何十年も、福島周辺の生態的状況の改善が期待できないことは明かです。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

Professor Vsevolod Kortov, Ural Federal University, academician of the Russian Academy of Natural Sciences and leader of the school of solid-state radiation physics
フセーヴォロド・Kortov博士教授、ウラル連邦大学、ロシアアカデミー自然科学者、放射線物理学部長


"20 millisievert a year is the lower borderline when evacuation of the population begins, according to recommendations of the International Commission on Radiological Protection. It is a very significant problem for the Japanese because thousands of people still live in places of temporary stay. People live in severe conditions posing a huge burden for the budget. For this reason the government means to return people to their homes as soon as possible.
「年間20シーベルトと言うのは、国際放射線防護委員会の提言によると、住民の避難を始める低い方の境界線です。これは日本人にとってとても重要な問題です。なぜなら、何千もの人々がまだその様な場所に住んでいる、あるいは一時的に滞在しているからです。人々は予算に大きな負荷がかかる過酷な状況で暮らしています。それが故に、政府は人々をできるだけ早く家に戻そうとしています。


1888555_594941697266106_1158909365_n.jpg



I spoke at a press-conference in Fukushima City and offered explanations and some criticism. 20 millisievert a year is the occupational radiation dose for adults. I mean people employed at nuclear power plants 6 hours a day who afterwards go to a clean environment. And here it was planned to send both youngsters and old people to spend 24 hours in such radioactive zones. The results of the research carried out in Ukraine for 25 years after the Chernobyl disaster prove that living even in slightly contaminated areas for long periods of time is more harmful than receiving a one-time large radiation dose. For the second case an effective treatment has been developed but living on territories with even weak radioactivity for decades is extremely dangerous because internal radiation develops, immunity suffers and genetic problems occur. I said that this does not comply with standards accepted in Russia and Europe."
私は福島市で行われた記者会見で話し、説明と批判をしました。年間20ミリシーベルトと言うのは、大人の職業上の線量です。1日6時間、原発に請われている人たちのことで、彼らはその後綺麗な環境へと帰ります。そして今ここで、若い子どもたちや年寄りをその様な放射能ゾーンで24時間過ごさせるということが計画されているのです。チェルノブイリ事故後25年間ウクライナで行われた調査の結果は、わずかに汚染されている地域で長期間住むことが、一回の高い線量よりも有害であると言うことを証明しています。後者の場合は効果的な治療が開発されてきましたが、何十年も、たとえ低い線量の場所でも住むことは、極度に危険です。なぜなら、内部被曝が進展し、免疫が傷つき、遺伝子に問題が生じるからです。これは、ロシアやヨーロッパで受け入れられている標準にしたがっているものではないと言いたいのです。」





どこまで突き進むのでしょう。。


もうすぐ3年です。



過ぎていく時間は決して取り戻せません。


人類の存続にとって一番大切なものが失われていきます。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1160-c319f95f

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。