スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

北米西海岸、海水の市民放射能検査

 2014-02-01
georgia_straight_logo.jpg



Citizen scientists can fill info gaps about Fukushima effects
市民科学者たちが、福島の影響についてのギャップを埋めることができる



BY DAVID SUZUKI | JANUARY 28, 2014

9350881david-suzuki.jpg



AN INTERNET SEARCH turns up an astounding number of pages about radiation from Japan’s Fukushima Daiichi nuclear power plant meltdown that followed an earthquake and tsunami in March 2011. But it’s difficult to find credible information.
インターネットでサーチすると、2011年3月の地震と津波の後に続いた日本の福島第一原発のメルトダウンについて、驚くべき数のページが見つかります。しかし、信頼できる情報を見つけるのは難しいのです。


aerial-2011-3-30-0-50-45-600x292.jpg


One reason is that government monitoring of radiation and its effects on fish stocks appears to be limited. According to the Woods Hole Oceanographic Institution, “No U.S. government or international agency is monitoring the spread of low levels of radiation from Fukushima along the West Coast of North America and around the Hawaiian Islands.”
その一つの理由は、政府が行っている放射能と魚の仕入れ品のモニタリングが限られているからです。ウッズ・ホール海洋研究所によれば、「米国政府や他の国のどの機関も北米の西海岸はハワイ列島の海岸沿いの福島からの放射能低レベル拡散のモニタリングをしていないのだ」といいます。


The U.S. Food and Drug Administration’s most recent food testing, which includes seafood, appears to be from June 2012. Its website states, “FDA has no evidence that radionuclides from the Fukushima incident are present in the U.S. food supply at levels that would pose a public health concern. This is true for both FDA-regulated food products imported from Japan and U.S. domestic food products, including seafood caught off the coast of the United States.”
アメリカ食品医薬品局の最近の海産物を含む食品検査は2012年6月から見られるようになりました。ウェブサイトには、「アメリカ食品医薬品局は、米国の食品流通に人々の健康に懸念を呈じるようなレベルの福島事故からの放射性核種の形跡は検出していません。これは食品医薬品局に規制されている日本からの輸入食品とアメリカ海岸沖で獲れた海産物を含むアメリカの国産食品についても言えることです。」と述べられています。


The non-profit Canadian Highly Migratory Species Foundation has been monitoring Pacific troll-caught albacore tuna off the B.C. coast. Its 2013 sampling found “no residues detected at the lowest detection limits achievable.” The B.C. Centre for Disease Control website assures us we have little cause for concern about radiation from Japan in our food and environment. Websites for Health Canada and the Canadian Food Inspection Agency yield scant information.
非営利団体のカナダ回遊種基金財団は、BC州海岸沖トロール漁のビンチョウマグロをモニタリングしています。「2013年のサンプルからはできる限り低い検出限界でも何の残留物も検出されていない」ことが分かりました。BC州疾病管理センターのウェブサイトでは、日本からの放射能についてカナダの食品や環境には懸念する原因がほとんどないことは確かだと言っています。ヘルスカナダとカナダ食品検査機関のウェブサイトの情報はわずかです。


But the disaster isn't over. Despite the Japanese government’s claim that everything is under control, concerns have been raised about the delicate process of removing more than 1,500 nuclear fuel rod sets, each containing 60 to 80 fuel rods with a total of about 400 tonnes of uranium, from Reactor 4 to a safer location, which is expected to take a year. Some, including me, have speculated another major earthquake could spark a new disaster. And Reactors 1, 2, and 3 still have tonnes of molten radioactive fuel that must be cooled with a constant flow of water.
しかし災害は終わっていません。全ては制御下にあるという日本政府の主張にもかかわらず、1500本以上の燃料棒集合体を取り出す慎重を要するプロセスについての懸念があがっています。1つの燃料棒集合体には60から80本の燃料棒が収容されており、総重量が400トンのウランで、4号機から安全な場所に移動するのに1年かかると考えられています。私を含めて、また大きな地震が来て新たな災難を引き起こすと予測する者もいます。そして1、2、3号機には、まだ溶けた放射性燃料が何トンもあり、常に水を流して冷さなければなりません。


A radioactive plume is expected to reach the West Coast sometime this year, but experts say it will be diluted by currents off Japan’s east coast and, according to the Live Science website, “the majority of the cesium-137 will remain in the —a region of ocean that circulates slowly clockwise and has trapped debris in its center to form the ‘Great Pacific Garbage Patch’—and continue to be diluted for approximately a decade following the initial Fukushima release in 2011.”
放射性プルームは、今年にも西海岸に到達すると予測されています。しかし専門家たちは日本東海岸沖の海流で薄められ、ライブ・サイエンスのウェブサイトによれば、「セシウム137のほとんどが北太平洋旋廻-時計回りにゆっくりと海水が循環する海域で、その中央に瓦礫が閉じ込められ、太平洋ゴミベルトを形成する―に留まり、2011年に福島から最初に放出されてから約10年間希釈され続ける」とのこと。


pacifice gyle


With the lack of data from government, the Woods Hole Oceanographic Institution is asking the public for help. In January, Ken Buesseler, senior scientist and director of the Center for Marine and Environmental Radioactivity at the U.S.-based non-profit, launched a fundraising campaign and citizen science website to collect and analyze seawater along North America’s West Coast.
政府からのデータが欠如しているので、ウッズ・ホール海洋研究所は一般市民に協力を求めています。1月に科学者であり、アメリカ拠点の非営利、海洋・環境・放射能センターの指導者であるケン・ベッセラー氏は募金キャンペーンと、北アメリカ西海岸沿いの海水を集め、解析するための市民による科学ウェブサイトを立ち上げました。


fukushimanew-thumb-480xauto-5001.jpg


“Whether you agree with predictions that levels of radiation along the Pacific Coast of North America will be too low to be of human health concern or to impact fisheries and marine life, we can all agree that radiation should be monitored, and we are asking for your help to make that happen,” Buesseler said in a news release.
北米の太平洋岸沿いの放射能レベルが人々の健康に懸念を与える、あるいは漁業や海洋生物に打撃を与えるには低すぎる、という予測に同意しようがしまいが、放射能レベルがモニタリングされるべきだと言うことについては皆同意できます。わたしたちはそれを実現するために協力を求めているのです。」とベッセラー氏はニュースリリースで述べました。


bilde_201402011418487cf.jpg


Participants can help fund and propose new sites for seawater sampling, and collect seawater to ship to the lab for analysis. The David Suzuki Foundation is the point group for two sampling sites, on Haida Gwaii and at Bamfield on the west coast of Vancouver Island. Data will be published at How Radioactive Is Our Ocean?, and will include an evolving map showing cesium concentrations with links to information about radioactivity in the ocean and what the levels mean.
参加者は海水のサンプル収集のための資金と新しいサイトの提供を協力し、サンプルを集めて分析のためにラボに送ります。デイビット・スズキ・ファンデーションは2つのサンプル地点を担当します。ハイダ・グワイとバンクーバー島の西海岸バンフィールドです。データは「私たちの海はどのくらい放射能汚染されている?」のサイトに公表されます。そこには、セシウムの濃縮を示している進展マップと海中の放射性物質についての情報と、そのレベルが何を意味するかについてのリンクも掲載されています。


d_suzuki.jpg


The oceans contain naturally occurring radioactive isotopes and radiation from 1960s nuclear testing. Buesseler doesn’t think levels in the ocean or seafood will become dangerously high because of the Fukushima disaster, but he stresses the importance of monitoring.
海には、自然放射性核種と1960年代の原子力実験からの放射能が含まれています。ベッセラー氏は福島事故のために海や海産物のレベルが危険なほどに高くなるとは考えていませんが、モニタリングの重要性について強調しています。


The Fukushima disaster was a wake-up call for the potential dangers of nuclear power plants, especially in unstable areas. North Americans may have little cause for concern for now, but without good scientific information to determine whether or not it is affecting our food and environment we can’t know for sure. The Woods Hole initiative is a good start.
福島惨事は、得に不安定な地域での原子力発電所の危険の可能性について緊急の注意を促がすものでした。北米の人たちは今はほとんど心配してないかもしれませんが、私たちの食物や環境に影響を与えるかそうでないかを見極めるのには、質のよい科学的情報なしでは確かなことは分からないのです。ウッズ・ホールのイニシアチブはよいスタートなのです。


pacific.jpg







UPDATES January 28, 2014
2014年1月28日 の最新情報


San Diego CA


Point_Reyes CA

Grayland WA

Sequim Bay, WA



The first results from seawater samples come from La Jolla and Point Reyes, Calif., and Grayland and Squium, Wash. Four samples from these three locations show no detectable Fukushima cesium. We know this because Fukushima released equal amounts of two isotopes of cesium: the shorter-lived cesium-134 isotope (half-life of 2 years) and the longer-lived cesium-137 (half-life of 30 years). Cesium-137 was found at levels of 1.5 Bq per cubic meter (Bq/m3), but this was already detectable prior to releases at Fukushima and came primarily from nuclear weapons testing in the Pacific during the 1950s and 1960s.
最初の海水サンプルは、ラホヤ(サンディエゴ北部)とポイント・レイズ(カリフォルニア州)、グレイランド、スクィム(ワシントン州)から届きました。これら3箇所の4つのサンプルからは、福島由来のセシウムは検出されませんでした。福島からは、短い半減期(2年)のセシウム134と長い半減期(30年)のセシウム137の2つの放射性核種が同量放出されました。セシウム137は、1.5bq/m3(0.015bq/kg)のレベルが見られましたが、これは、福島の放出の前から既に検出されていたもので、主に1950年代から1960年代にかけての原子力兵器実験から来ているものです。


This so-called "negative" result has two immediate implications. First there should be no health concerns associated with swimming in the ocean as a result of Fukushima contaminants by themselves or as a result of any additional, low-level radioactive dose received from existing human and natural sources of radiation in the ocean (existing levels of cesium-137 are hundreds of times less than the dose provided by naturally occurring potassium-40 in seawater).
いわゆる「不検出」の結果は2つのことを直接示唆しています。1つは、福島からの汚染そのものの結果として、あるいは、そのほかの海中の人工的放射能、自然放射能の低レベルの放射能(現在存在するレベルのセシウム137は、海中の自然放射能のカリウム40の量より何百倍も少ない)に曝されること海で泳ぐことに伴う健康への懸念はないはずだということ。


Secondly, and just as important from a scientific perspective, the results provide a key baseline from the West Coast prior to the arrival of the Fukushima plume. Models of ocean currents and cesium transport predict that the plume will arrive along the northern sections of the North American Pacific Coast (Alaska and northern British Columbia) sometime in the spring of 2014 and will arrive along the Washington, Oregon, and California coastline over the coming one to two years. The timing and pattern of dispersal underscores the need for samples further to the north, and for additional samples to be collected every few months at sites up and down the coast.
2つ目には、科学的見地から重要なのは、この結果が福島プルームが到着する前の西海岸の基本ベースを提供してくれていることです。海流とセシウムの移動モデルは、プルームが北米太平洋岸の北部沿い(アラスカ、BC州北部)に到着するのが、2014年の春くらいで、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州海岸に到着するのがここ1.2年間であると予測しています。そのタイミングと分布パターンは、将来、北部まで、更に、北から南海岸までのサイトで数月ごとにサンプルが集められるべきだという必要性を強調しています。


For this reason, we are also pleased to report that funds are already in hand to continue sampling at both the La Jolla and Pt. Reyes locations thanks to the foresight and generous donations of the groups who volunteered to adopt these sites. We expect levels of cesium-134 to become detectable in coming months, but the behavior of coastal currents will likely produce complex results (changing levels over time, arrival in some areas but not others) that cannot be accurately predicted by models. That is why ongoing support for long-term monitoring is so critical, now and in the future.
このため、私たちはラホヤとポイント・レイズの基金は既に手元にあり、その先見の明とこれらのサイト自ら採択してくれたグループの寛大な寄付のおかげで、サンプル収集を続けることが可能なことを報告できることを嬉しく思います。これから数ヶ月のうちにセシウム134が検出されると考えていますが、(レベルはしばらく変化し、あるところでは到着し、他のところでは到着しないでしょう)海岸沿いの海流の性質で、結果は複雑になり、必ずしもモデルが予測していたのもののように正確ではないか可能性があります。なので、長期に渡るモニタリングのための持続的支援が今も省去りもとても重要なのです。


mer update
7.4 bq/kg 米国EPAが定める飲料水の最大値
1 bq/kg チェルノブイリ事故よる海中(バルト海)での最高値
12 bq/kg 海中のカリウム40の量
10,000 bq/kg 放射線による健康被害、魚が死に至る量







国が定めている基準を安全だという判断に利用したり、

自然放射能と人工放射能を比べる、


という論調はそのまま鵜呑みにするわけにはいきませんが。


データはあればあるほど状況を判断するのに役立ちます。


このような貴重な試みが妨害されないようにするためにも、

検査結果の解釈については、

ある程度見逃すことも必要なのだと感じています。





【自然放射能と人工放射能 Natural radiation and man made radiation】



カリウムは体内に入ると、全身に広く分布する。成人の体内にある量は140g(放射能強度、4,000ベクレル)で、1日の摂取量は3.3gである。生物学的半減期は30日とされている。体内に蓄積しない。

一方、放射性セシウム137といった物質は原子力発電所が稼働し始めてから、ここ数十年程度で初めてこの世に産まれた物質であり、我々生物が体内に溜め込まないような防御反応を示すことができないのは当然のこと。人工放射線核種は体内に蓄積してしまう、という点で自然放射線核種とは危険性が全く異なり、癌だけではなく、心疾患、免疫不全障害、知的障害などを引き起こす。

つまり自然放射線と人工放射線で放射線事態には全く違いはないが、自然放射線核種と人工放射線核種では体内における挙動が全く異なるということ。このことを理解していないと、「人間はもともとカリウム40からの放射線被曝を日常的にしているのだから、セシウム137等を気にし過ぎる必要はない」という被曝の害を軽視する原発推進側の学者に言いくるめられてしまうことになる。


なぜ内部被曝が危険なのか(年間1mSvの欺瞞)より。


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1159-3f714ecf

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。