スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

何も変わらない景色 vs 避難しなければならない現実

 2013-12-17
「大好きだった東京、ありがとう、さようなら」
"To my beloved city Tokyo: Thank you and Good-bye"

byby tokyo



世界の人たちへ
To the People of the World:


 僕はユアン・マクレガーが主演した「ゴーストライター」という映画で描かれているまさにそのゴーストライターを仕事にしています。本来は学者、著名人、俳優などの代わりに、ゴーストのように陰に隠れて、本を書くのが仕事です。しかし、東日本大震災が起きた3・11から、ゴーストではいられなくなりました。なぜなら、3・11のこと、とくに福島第一原子力発電所で起きた事故のことを本にしようとすると、誰も協力してくれないからです。
My name is Shou Kamihara. I'm a ghost writer in Japan. Or should I say, I used to be one. Like the kind Ewan McGregor portrayed in the 2010 movie "Ghost Writer." Essentially I write books for academics, famous authors, actors and actresses and so on, all the while hiding in the shadows as a "ghost." But ever since the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011, I felt I couldn't be just a ghost anymore. That's because when I tried to put the events of 3.11 into a book, especially the accident that occurred at the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant, I couldn't get anyone to give me their cooperation.


電力会社は、30年、40年と長い時間をかけて、多額の寄付金やスポンサー料を払うことで、学者、著名人、俳優などが電力会社に不満を言えない環境を作っていたのです。
For a long time - 30 or 40 years - the electric companies have given out large donations and provided sponsorships. This has created an environment in which academics, authors, and entertainers who received money or want to receive money can't say anything against those companies.


それでも僕は日本で起きたこと、福島で起きたこと、東京のパニックぶりを書いて残す必要がありました。誰も書かないのなら、自分がやるしかない。ゴーストのままではおられない。自分の姿を現して本を出すことに決めました。
Still, I felt there was a need to write about what happened in Japan, at Fukushima, and the panic that gripped Tokyo. If nobody else is going to write about it, it's up to me. I can't be a ghost. I decided to show myself and publish this book.


僕はこの本を福島原発事故が起きた2011年9月から書き始め、2012年3月で筆を置きました。そしてすぐに自費出版したのです。この本は国内の大手出版社、何社かと話をすすめていました。編集部はこの本を支持してくれ、出版にも乗り気でした。しかし、営業部の人はまるで逆でした。
I began writing this book in September of the same year as the nuclear accident, 2011, and finally put my pen down in March 2012. Then I immediately put it out for publication at my own expense. I was getting pretty far along in talks with some major domestic publishers. The editing departments supported my efforts and seemed willing to publish. But the people in sales were the exact opposite.


「神原さんの書いた、放射能を恐れて東京から逃げ出す、という内容はいけません。そんな本を出版してしまえば、雑誌に広告を出しているスポンサーの怒りに触れ、スポンサーが会社にお金を出してくれなくなるかもしれない。神原さんの本を出すメリットよりも、スポンサーがいなくなるデメリットのほうが大きい。こんな内容の本は出せません」
"We can't publish a book like you wrote, about someone who fled Tokyo because they were afraid of the radiation. If we put a book like that out, it would anger our sponsors, and we might lose our income from them. The risk for loss from our sponsors leaving is greater than the possible profits we could make off of the book. We can't publish a book about this sort of thing."


スポンサーというのは東京を拠点とする、不動産会社、旅行代理店、ホテル、鉄道会社、ディズニーランドなどが名前として挙げられていました。確かに、どの企業も東京に価値をおいて事業をしているので、東京が放射能汚染されたということを本に書かれてしまうのは避けたいのでしょう。
The sponsors they mentioned were mainly those places like real estate agencies, travel agencies, hotels, rail companies, and Disneyland, which have their main bases of operation in the Tokyo area. Of course, all of these companies are in business with their chips on Tokyo, so naturally they'd want to avoid writing a book about Tokyo's nuclear contamination.


いくつかの出版社で同じように拒否されました。どの出版社も10年以上仕事の付き合いがある、僕とは親しい会社です。その出版社の判断に、とても失望しました。しかし東日本大震災が起きた3・11のこと、続く福島第一発電所の原発事故のことを、偽ることなく、真実をすべて記録として本にして出版しなければいけないと思いました。なぜなら、日本のマスコミはテレビも新聞も、本当のことをまったく知らせなかったからです。
I was turned down in the same way by a number of different publishing companies. I was on friendly terms with all of these places, having done business with all of them for more than 10 years. Their decisions caused me to become depressed. But I truly felt that a book needed to be published about the disaster on 3.11 and the Fukushima accident, a book that told the truth without twisting anything. The Japanese mass media - television as well as newspapers - hadn't told the people anything.


「ただちに避難する状況ではない」「ただちに健康に影響はない」「放射能汚染された野菜も肉も食べても健康に影響はない」「放射能汚染された建物の残骸を、日本全国に運んで(生活ごみを燃やす)焼却炉で燃やそう。それが日本人の絆だ」
"There is no need for immediate evacuation." "There is no immediate threat to human health." "There is no risk to one's health from eating vegetables or meat contaminated by radiation." "We need to send the contaminated rubble from the disaster site to (garbage) incinerators all over the country to be burned. This is the kizuna, the bond, of the Japanese people."


このように国民を守るどころか、電力会社の責任を曖昧にして擁護し、放射能の健康被害も過小評価、さらに国民が被曝しても平気という対応が一年半たった今でも続いているのです。体の弱い年寄り、幼い子ども、妊婦、すべてが電力会社を守るため、政治家の票集めのために捨てられているのです。その証拠に福島第一原子力発電所では、事故の収束にあたった作業員が1年6ヶ月の間に4~5人突然死していますが、放射能との関係はないとし、電力会社へは警察の捜査すらありません。
This response of defending the electric companies and dismissing the issue of their responsibility, underestimating the health risks of nuclear radiation, and not caring about whether the citizenry is exposed to radiation or not - in other words, doing nothing to protect the people - has continued in Japan to this day a year and a half later. The elderly, infants, pregnant women and so on are being thrown under the bus so that the electric companies can survive and the politicians can gather votes. As proof that this is the prevailing attitude, despite the fact that in these 18 months four or five workers cleaning up the Fukushima plant have suddenly died, they insist that there is no connection to radiation and there hasn't even been a police investigation.


このような状況ですから、なおさら、本の出版を諦めるわけにはいきませんでした。
Precisely because Japan is in this state, I couldn't afford to give up on publishing this book.


このため、この本は日本では自費出版と呼ばれる、著者が自分でお金を出して出版する方法をとりました。これなら誰に文句を言われることもありません。しかし、金銭的な負担は重く、またプロモーションをかける費用も場所もないので、人から人へ、ツイッターを使って口コミで宣伝をしたのです。
Therefore, this book was published at my own expense, meaning I covered all the charges and fees associated with getting it out. This way no one would be able to complain about anything. But the financial burden was considerable, and I can't afford to hold promotions to sell this book to the world like that which a typical author or publisher would. So I advertised over Twitter and spread news about it through word of mouth.


このようにして出版しましたが、未だに日本の社会では「放射能汚染を怖がる人は頭が異常だ」というレッテルをはってごまかしています。インターネットを使って海外の専門家の情報を得られる人、チェルノブイリなどのデータを検証できる人たちと繋がれる人たち以外は、テレビと新聞の情報しかないために、どちらかと言えば「安全、安心の情報に頼りたい」という心理が働いていて、命や健康を守るための正しい判断ができないのです。これは経済の中心である東京が顕著です。そんな東京も汚染がひどく、土壌汚染で言えば、1万ベクレルから10万ベクレルまで、学校の校庭や家庭の庭先、駅前などからふつうに見つかっています
So somehow I finally got this book published, but there are still those in Japanese society who brand those worried about radiation contamination as "abnormal" or "crazy." Aside from those people who use the Internet to get their information from specialists overseas or inspect data from the Chernobyl disaster, most people have no source of information apart from Japanese TV and newspapers. Affected by the psychological drive to rely on "safe, secure" information more than a desire for the truth, they are unable to make the right decisions for their lives and their health. This is remarkable for Tokyo, the central hub of Japan's economy. Contamination there is severe - soil contamination has been measured at between 10,000 and 100,000 becquerels - and contamination is routinely detected in school yards and in front of homes and train stations.


どうかこの本を読んだ世界のみなさんが、日本に向けて声を出してください。弱い老人を、子どもを、妊婦を守って欲しいと言ってください。世界の人たちが行動を起こしてくれない限り、日本人は放射能汚染に気がつかないふりをして、このまま生活を続けていくでしょう。東京から西へ、できれば海外へ逃げて欲しいとメッセージをください。
I want to ask the people all around the world who read this book to raise your voices to Japan. Please tell Japan that you want them to protect the elderly, children, and pregnant mothers. As long as there no movement from outside Japan, Japanese people will almost certainly continue to pretend they don't notice the radiation and go on with their lives. Please tell the people of Japan that you wish they'd move west of Tokyo, or even overseas if possible.


この本は、序章(第一章)の部分はフリーで公開したいと思っています。ブログにまるごと掲載しても、引用して本の紹介をしていただいてもかまいません。とにかく日本で、東京で起きていることを、広く知って欲しいと思っているのです。世界の新聞がテレビがラジオが、そして出版社がこの本に気づいてくれて、そして広い地域にこの本が渡っていってくれるとうれしいです。その結果、日本政府が対応を改めて、国民の命と健康を守ることを優先し、被曝を不安に思っている弱い立場の人たちが、不安のない土地に逃げて行けるようになればうれしいです。
I'm thinking that I'd like to make the first part of this book (the prologue) open to the public for free. It's perfectly fine if you'd like to post the entire chapter on your blog, or use quotes to introduce the book over the Internet. Anyway, I'd like for what's happening in Japan, in Tokyo, to be as widely known as possible. I would be happy to see the newspapers, the TV and radio stations, and the publishing companies of the world take notice of this book, and I hope this information spreads all over the globe. Maybe that will lead to a change of heart in the Japanese administration, and they'll begin to place priority on protecting the lives and health of the citizenry. I would be overjoyed if all those people without power or voice who are worried about radiation exposure could move to a place where they don't have to worry anymore.


僕は日本語しか使えないので、この本は友人に紹介してもらい、ホワイトさんに翻訳してもらいました。まったく知らない関係でしたが、本の内容に共感していただいて作業が進みました。本当に感謝しています。
I don't speak anything but Japanese, so I had this book translated by Mr. White, who was introduced to me by a mutual friend. Though we didn't know anything about each other, he was able to sympathize with the contents of the book and the work moved along smoothly. I'm very thankful for that.


2012.9.13
引っ越しをした広島県呉市の家のベランダにて
September 13, 2012
On the veranda of our new home in Kure, Hiroshima


神原将
Shou Kamihara




hinan2.jpg
I have a cowardly disposition. But, at this time, I thought it was ok to be a coward. I didn’t even mind being called weird. I didn’t care if I was ridiculed for throwing off my social obligations and thinking only of what I could personally gain or lose. I wanted to make moving my family far away from the radiation my first priority. At that time, that was enough. Later on, when my daughters are able to understand the terror of radiation, of what happened on 3/11, it’s enough if they understand that me and my wife thought of their future first and left Tokyo behind. No matter what happens over the coming years, at the least, I want to let my daughters know that we thought of them and did everything we could for their sakes.



移住者の声
"Things you told me" Voice of the migrants



カナダに避難してこられた方々に出会うと感謝の気持で一杯になります。

どれだけの決心と苦悩があったことかと思うと、胸が熱くなります。



いつもと全く変わらない景色の中で


image00.jpg



今まで築いてきたものを全部諦めて

住み慣れた土地を離れることの辛さと不安を考えると

心が裂ける想いがします。



そして

その現実をしっかりと受止めて

一歩踏み出したことに

敬服します。



こんなにも残酷な災害の本質を

世界中の人に知って欲しいと思います。





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1146-b56e39f1

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。