スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島ファシズム

 2013-12-15
ecowatch_logo.jpg



Japan’s New ‘Fukushima Fascism’
日本の新しい「福島ファシズム」


Harvey Wasserman | December 11, 2013 7:57 am |


Fukushima continues to spew out radiation. The quantities seem to be rising, as do the impacts.
福島は放射能を吐き出し続けています。その量は増しているようですし、その影響も増しています。


The site has been infiltrated by organized crime. There are horrifying signs of ecological disaster in the Pacific and human health impacts in the U.S.
その現場は組織的犯罪が浸透しています。アメリカ太平洋と人間の健康における生態的惨事の恐るべき兆しがあります。


But within Japan, a new State Secrets Act makes such talk punishable by up to ten years in prison.
しかし日本国内では新しい特定秘密保護法がその様な話をすることで10年までの拘置に罰せられるようにするのです。


Taro Yamamoto, a Japanese legislator, says the law “represents a coup d’etat” leading to “the recreation of a fascist state.” The powerful Asahi Shimbun newspaper compares it to “conspiracy” laws passed by totalitarian Japan in the lead-up to Pearl Harbor, and warns it could end independent reporting on Fukushima.
日本の国会議員、山本太郎はその法律が「ファシスト国家の再建」を導く「クーデター」であると言います。大手朝日新聞はそれをパールハーバーへ導かせた全体主義日本により通った「陰謀」法と比べ、福島についての独立した報道を終わらせかねないと警告しています。


Prime Minister Shinzo Abe has been leading Japan in an increasingly militaristic direction. Tensions have increased with China. Massive demonstrations have been renounced with talk of “treason.”
安倍晋三首相は軍事主義を強化させる方向に日本を導いてきました。中国との緊張は高まっています。大規模なデモは「反逆」と言われ断念させられました。



tokyo shinbun
A dignitary Hitler's right arm testified at the court after the war,
"People do not want war. But it is a leader who makes decision, and it is easy to drag tem in. Just tell them we are going to be attacked from other countries. If they are still against it, just flame them as being unpatriotic.”
Don't be deceived. ~東京新聞 Tokyo Shinbun Newspaper~



But it’s Fukushima that hangs most heavily over the nation and the world.
しかし、その国と世界に重くのしかかっているのは福島なのです。


mon_amour.jpg


Tokyo Electric Power has begun the bring-down of hot fuel rods suspended high in the air over the heavily damaged Unit Four. The first assemblies it removed may have contained unused rods. The second may have been extremely radioactive.
東京電力は重度に損傷し空中に吊り下がっている状態の放射性の高い燃料棒を4号機からおろすことに取り掛かり始めました。最初に取り除かれた集合体は使用していない燃料棒が入っているものでした。2回目のものは線量がきわめて高いものです。


But Tepco has clamped down on media coverage and complains about news helicopters filming the fuel rod removal.
しかし東電はメディア報道をきつく取り締まり、ヘリコプターが燃料棒を取り除いているのを撮ったニュースについて苦情を言っています。


Under the new State Secrets Act, the government could ban—and arrest—all independent media under any conditions at Fukushima, throwing a shroud of darkness over a disaster that threatens us all.
新しい特定秘密保護法の下では、政府が福島の状況を報じようとする独立したメディアを禁じ、罰することができ、私たち全てに脅威となる災害について暗黒の幕を投じてしまうことになります。


By all accounts, whatever clean-up is possible will span decades. The town of Fairfax, CA, has now called for a global takeover at Fukushima. More than 150,000 signees have asked the UN for such intervention.
誰の話から見ても、どのような収束作業も何十年にも及ぶでしょう。カリフォルニアのフェアファクス町は福島は国際的に引き継がれることを求めています。署名した15万名以上がその様な介入を国連に求めています。


Fairfax.jpg


As a private corporation, Tepco is geared to cut corners, slash wages and turn the clean-up into a private profit center.
民間企業として、東電は手を抜き、賃金を大幅削減し、収束作業を私的利益センターに変えるということをしています。


It will have ample opportunity. The fuel pool at Unit Four poses huge dangers that could take years to sort out. But so do the ones at Units One, Two and Three. The site overall is littered with thousands of intensely radioactive rods and other materials whose potential fallout is thousands of times greater than what hit Hiroshima in 1945.
あまるほどの機会があるのです。4号機の燃料プールは解決するのに何年もかかりうるという巨大な危険をはらんでいます。しかし、1号機、2号機、3号機もそうなのです。現場は全体として、強烈に放射能汚染された燃料棒と他の物質が散乱しているのです。そしてそれは、1945年に広島を襲ったものの何千倍にもなりうるものなのです。


Soon after the accident, Tepco slashed the Fukushima workforce. It has since restored some of it, but has cut wages. Shady contractors shuttle in hundreds of untrained laborers to work in horrific conditions. Reuters says the site is heaving infiltrated by organized crime, raising the specter of stolen radioactive materials for dirty bombs and more.
事故後まもなく、東電は福島の従業員を削減しました。以来いくらか回復していますが、賃金はカットされています。いかがわしい請負人たちが恐ろしい条件の中で働く訓練されていない作業員を何百人も送りこんでいます。ロイター通信は、現場で組織的犯罪の浸透が高まり、汚い爆弾や他のもののための放射性物資の盗難という恐ろしい幻影が連想されるのだと報じています。





Thousands of tons of radioactive water now sit in leaky tanks built by temporary workers who warn of their shoddy construction. They are sure to collapse with a strong earthquake.
今、何千トンもの放射能汚染水が見掛け倒しの建築だと警告している臨時従業員により建設された漏れやすいタンクに収められています。強い地震で崩壊することは確かです。


tank_201312160426508b7.jpg


Tepco says it may just dump the excess water into the Pacific anyway. Nuclear expert Arjun Makhijani has advocated the water be stored in supertankers until it can be treated, but the suggestion has been ignored.
東電はいずれにしても過剰の水をただ太平洋に廃棄するのだと言っています。原子力専門家であるアージュン・マキジャニは、処理できるようになるまで汚染水は超大型タンカーに保存されるべきだと主張しましたが、その提言は無視されています。


Hundreds of tons of water also flow daily from the mountains through the contaminated site and into the Pacific. Nuclear engineer Arnie Gundersen long ago asked Tepco to dig a trench filled with absorbents to divert that flow. But he was told that would cost too much money.
何百トンもの汚染水がまた毎日山から流れ、汚染された現場を通り、太平洋に出ています。原子力技術者のアーニー・ガンダーセンはかなり前に東電にその流れを転換するために吸収剤を埋め尽くしたトレンチを掘るように要請しました。しかし、それには経費がかかりすぎると言われたのです。


Now Tepco wants to install a wall of ice. But that can’t be built for at least two years. It’s unclear where the energy to keep the wall frozen will come from, or if it would work at all.
今東電は氷の壁を作りたいと思っています。しかしそれは少なくとも2年間はかかります。その壁を凍らせておくエネルギーをどこから取るのか、あるいはそれが果たしてうまくいくのかについては不明です。


Meanwhile, radiation is now reaching record levels in both the air and water.
その間、放射能は大気中、水中両方において今も記録的レベルに達しようとしています。


The fallout has been already been detected off the coast of Alaska. It will cycle down along the west coast of Canada and the U.S. to northern Mexico by the end of 2014. Massive disappearances of sea lion pups, sardines, salmon, killer whales and other marine life are being reported, along with a terrifying mass disintegration of star fish. One sailor has documented a massive “dead zone” out 2,000 miles from Fukushima. Impacts on humans have already been documented in California and elsewhere.
その降下物は既にアラスカ沖で検出されています。それは2014年末までにカナダ・アメリカ西海岸沖からメキシコ北部へと南へ循環するでしょう。恐るべきヒトデの大量崩壊とともに、大量のアシカの赤ちゃん、イワシ、サーモン、シャチや他の生物の消滅が報告されています。1人の水兵は福島から2000マイル(3200km)離れた巨大な「死のゾーン」について記録しました。人間への影響は既にカリフォルニア他で記録されています。


Without global intervention, long-lived isotopes from Fukushima will continue to pour into the biosphere for decades to come.
国際的介入なしでは、福島からの長期に有害であり続ける放射性核種がこれから何十年も生物圏に吐き出され続けることになるでしょう。


The only power now being produced at Fukushima comes from a massive new windmill just recently installed offshore.
福島で今作られている電力は、つい最近海岸沖に作られた巨大な新しい風車からの物だけです。


windmill.jpeg


Amidst a disaster it can’t handle, the Japanese government is still pushing to re-open the 50 reactors forced shut since the melt-downs. It wants to avoid public fallout amidst a terrified population, and on the 2020 Olympics, scheduled for a Tokyo region now laced with radioactive hot spots. At least one on-site camera has stopped functioning. The government has also apparently stopped helicopter-based radiation monitoring.
取り扱うことのできない惨事の中、日本政府はメルトダウン以来閉鎖せざるを得なくなった50基の原子炉の再稼動を押し進めています。おびえる人々の中で国民の仲たがいを避けたいと考え、2020年のオリンピックは東京で予定されていますが、今では放射能ホットスポットで飾られています。少なくとも福島原発の1つのカメラの機能が止まりました。政府はまた明らかにヘリコプターによる放射能モニタリングをやめました。


A year ago a Japanese professor was detained 20 days without trial for speaking out against the open-air incineration of radioactive waste.
1年前、ある日本の教授は、放射性廃棄物の野外焼却に反対する声を上げるための公判もないまま20日間拘留されました。


Now Prime Minister Abe can do far worse. The Times of India reports that the State Secrets Act is unpopular, and that Abe’s approval ratings have dropped with its passage.
今、阿倍首相は、更に酷いことができるのです。タイム・オブ・インディアは、特別秘密保護法が、不評であり、阿倍政権への賛同率はその経過により落ちたとレポートしています。


But the new law may make Japan’s democracy a relic of its pre-Fukushima past.
しかしその新しい法律は日本の民主主義を、福島前の過去の遺物としてしまうかもしれません。


It’s the cancerous mark of a nuclear regime bound to control all knowledge of a lethal global catastrophe now ceaselessly escalating.
それは、今では絶えずエスカレートしている致命的な世界的惨事についての全ての知識を制御するために核の政体が束縛するというがん細胞のような傷跡なのです。






日本人は、国外へ逃げたくても難民として認められることはありませんでしたが、

難民として逃げられる日が、そう遠くない将来に来るのかもしれません。


協定難民は他国籍、あるいは他国の住民で、「妥当とされる迫害の脅威」のために、その国に戻れない、あるいは戻りたくない人々を指す。つまり、危険な状態に置かれていると信じるにたる理由と、その国の当局が彼らを保護する事ができない、ということを意味する。

以下のような理由で危害を与えられる危険がある。
*人種
*宗教
*政治的意見
*国籍
*特殊な社会団体のメンバー

人道保護が必要な人は、国籍、あるいは住んでいる国に戻ると、次のような事に直面する。
*拷問
*命の危険
*残酷で異常な扱いや罰を受ける危険



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1144-a29ee84a

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。