スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

自然を犠牲にする文明中毒

 2013-11-26
indian_country_logo.jpg


Fukushima's Nuclear Plume Is Heading Toward My SoCal Beach
福島放射能プルーム、南カリフォルニアのビーチに向かう



Dina Gilio-Whitaker
11/25/13


Not a lot of good news has been coming out of Japan lately. This week at the United Nations COP 19 climate talks meeting in Warsaw it was announced that Japan will renege on its carbon emissions pledge. This means that instead of lowering its emissions of greenhouse gases by 2020 its emissions will actually increase based on 1990 levels. The reason Japanese officials give is because of the shutdown of its fifty nuclear power plants, which will mean more reliance on fossil fuels to meet its energy needs.
最近日本からは良いニュースが聞こえてきません。今週ワルシャワで行われた国連気候変動枠組条約締約国会議で、日本が温室効果ガス排出を減少させる約束を守れないと発表されました。つまり、2020年までに温室効果ガスの排出を低減するのではなく、1990年のレベルから実際に増加するということです。日本当局がそういわざるを得ないのは、50基の原子力発電所を停止したからです。それは、エネルギーの需要に見合う化石燃料に更に頼るということを意味するのです。


Of course, the shutting down of the nuke plants is not a bad thing, especially in light of the Fukushima disaster which until very recently seems to have been suffering from a bit of a news blackout by the mainstream corporate media. This is especially troubling given the imminent passage of a new censorship law in Japan that could make reporting news about Fukushima a crime in the name of protecting state’s secrets (gee, sound familiar?).
もちろん、原発の停止は悪いことではありません。特に福島の災害を考えれば。このことについてはつい最近まで主流の法人メディアにより報道管制に悩まされていたようですが。特に福島についてのニュースを報道することが国家の機密という名の下に犯罪にされてしまうような新しい検閲法(特定秘密保護法)が今にも可決されそうで懸念されています。(おやまぁ、どこかで聞きおぼえがあるような?)


あるある・・・


How much you know about the situation on the ground at the crippled Daiichi plant depends on how much you are intentionally seeking the information. Many people I talk to still don’t seem to fully comprehend the scope of the problem, likely because it hasn’t dominated the evening news. There is a lot to know but the most troubling facts are 1), that 300 tons of radioactive water have been spilling into the Pacific Ocean every day and is seeping into the groundwater; 2) the clean-up process is so risky that it continues to be delayed and has been called the world’s It’s also been called “the potentially the biggest ticking time bomb in human history.”
その機能を失った第一原発の現場の状況についてどれだけ知っているか、というのは、あなたが、どれだけ意図的に情報を探しているか、にかかっています。私が話す多くの人はまだ問題の規模について十分理解していないようです。おそらくそれはイブニングニュースで大きく報道されていないからでしょう。知るべきことは沢山ありますが、最も心配な要素は、
1. 300トンの放射能汚染水が太平洋に毎日流れ出ていて、地下水に染み出ており、
2. 収束過程があまりにも危険で作業が遅延し続け、それはまた世界的に「人類にとって最も大きな時限爆弾となりうる」とも言われています。


The crisis is obviously bad enough for the Japanese, but what keeps me awake at night is the radioactive plume making its way across the Pacific. It worries me because I live in a Southern California beach community, and as surfers committed to a healthy lifestyle, my family and I spend a lot of time in the ocean. I think also of the many Native nations in the US and Canada whose ancient ways of life depend on the “big waters” of the Pacific and this is just the newest threat to those ways.
その危機は明らかに日本人にとっては十分不吉なことでありますが、私が何度も目を覚ましてしまうのは、放射能のプルーム画太平洋を渡ってきている、ということです。私は南カリフォルニアビーチに住んでおり、健康的なライフスタイルに傾向するサーファーで、家族も私も多くの時間を海で過ごしているので、心配なのです。また、祖先が太平洋の「大海原」に依存している多くのアメリカ、カナダの原住民のことも考えてしまいます。これは、その様な生活様式に対する新たな脅威に他ならないのです。


socal_beach_dives_map.gif


Perceptions of the seriousness of the radioactive plume (to say nothing of the radiation being released into the atmosphere) seem to, not surprisingly, run along ideological lines between those who support nuclear energy and those who don’t. On the anti-nuclear side, high profile experts such as Helen Caldicott and David Suzuki mince no words about the danger it poses, especially to the North American west coast, to say nothing of all the life in the ocean. Other more conservative industry experts tend to downplay the seriousness of the radioactive plume, saying the ocean will dilute the radioactive particles to negligible levels. Naturally, they are critical of the anti-nuke voices.
放射能プルームの深刻性についての知覚(放射能などというものは大気に放出されていないと言うための)は、原子力エネルギーをサポートするものたちとそうでないものとの間のイデオロギー路線に沿っているようなのは、驚きではありません。反核側であり、明確な態度を示す専門家であるヘレン・カルディコットやデイビット・スズキは、単刀直入に事態が曝している危険のことを話します。特に北米西海岸にとって。全ての海洋生物のことは言うまでもありません。他のより保守的な業界の専門家たちは放射能プルームについての深刻さを小さく見せようとする傾向があります。海が放射性粒子を無視できるほどのレベルにまで薄めるのだと言うのです。ごく自然なことに、彼らは反核者の声を酷評します。


The proliferation of nuclear energy is a symptom of the insanity of Western-based modern science. It is reflective of a people who have so little respect for life that they are willing to sacrifice their own grandchildren’s generation to satisfy today’s desires for wealth, all in the name of progress and the betterment of humanity. That is what happens when you deem acceptable a technology that produces a waste byproduct so toxic and dangerous that not only is it impossible dispose of safely, but it remains life threatening for tens of thousands of years.
原子力エネルギーの激増は、西洋の現代科学の狂気の徴候です。それは、命をあまりにも軽んじ、自分たち自身の孫たちの世代を、喜んで今日の富への欲望のための犠牲にしている人々を映し出しています。全ては人類の発展、改善という名の下に。それは、安全に廃棄することが不可能なだけでなく、何十万年もの間命を脅かし続けるあまりにも毒性のある危険な廃棄副産物を生み出すテクノロジーを許容できるとみなすときに起こることなのです。


Although Japan was victimized by America's use of nuclear weapons at Hiroshima and Nagasaki, it has fully embraced the values and technology of Western (i.e. Euro-American) culture. But in Fukushima’s wake a growing chorus of Japanese intellectuals is denouncing Japan’s attachment to nuclear power. Professor Mitsui Murata, former Japanese Ambassador to Switzerland, said in a video widely circulating the internet that “the Japanese people realize from experience that nuclear energy generates unacceptable calamities…Japan must assume the historic role of promoting denuclearization, both civilian and military.”
日本は広島と長崎でアメリカの核兵器の犠牲になったにも関わらず、西洋文化の価値観とテクノロジーを完全に喜んで受け入れました。しかし福島による目覚めの中、日本の知識人たちから高まる声は、日本の原子力に対する癒着を非難しています。日本の前スイス大使であるムラタ・ミツイ氏は、インターネットで広く回ったビデオで「日本人は経験から原子力エネルギーが受け入れられない惨事を生み出すことに気付いています。日本は民間、軍事双方の非核化を推進する歴史的役割を果さなければなりません。


In another fascinating documentary which highlights two of Japan’s top philosophers, Fukushima is characterized by the renowned Takeshi Umehara as a “civilization disaster,” because “civilization” as we know it is based on Western philosophic ideas. “Humanity cannot survive with Western philosophy,” Umehara declares. He calls for Japan to turn to its ancient ways of thinking to escape the “dead end of Western philosophy” and build a new civilization. Inspired by ancient Buddhist concepts and those from Japan’s indigenous Ainu people, Umehara embraces principles very similar to the principles of indigenous peoples in the US. For example, the concepts emphasize a nature-centered existence where everything in nature has a spirit and humans and nature are interconnected. It also stresses that recognizing the continuity with an enduring past translates to a reverence for nature that is required in order for life to go on.
また、日本のトップ哲学者2人に光を当てた魅力的なドキュメンタリーの中で、福島は、有名なウメハラ・タケシ氏により「文明の災害」と特徴づけられました。「文明」は私たちが知っているように、西の哲学的概念に基づいているからです。「人道は西の哲学とともに存続できない。」とウエハラ氏は宣言します。彼は日本が「西の哲学の行き詰まり」から逃れるために昔の考え方に転換するべきだと呼びかけます。古代の仏教思想と日本の先住民、アイヌ人の思想に鼓舞され、ウエムラ氏はアメリカの先住民の原理ととても類似した原理を抱いています。たとえば、その概念は自然界の全てに魂があり、人間と自然が相繋がっているという、自然を中心とした存在を強調しています。また、永久的な過去であり続けることが、命が続くために必要な自然に対する崇敬ということでるということを認識することを主張しています。


umemura.jpg


To me this sounds an awful lot like our concept of thinking ahead 7 generations in order to take right action today. Humanity’s addiction to nuclear power, like its addiction to fossil fuels, must end. And this is the number one lesson from Fukushima.
私には、このことが7世代先のことを考え今行動を起こすための概念であるように大いに思えます。人類の原子力に対する常用癖は、化石燃料への常用癖と同様終わらせなければなりません。これこそが、福島から得た一番の教訓なのです。





同意!


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1138-8b76f4f7

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。