スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島の永遠の想い

 2013-11-14
abc_australia_logo.jpg


The Next Wave
次の波


Broadcast: 05/11/2013
Reporter: Mark Willacy


mark30.jpg


WILLACY: It’s been more than two and a half years since the earth shook and the waves came, and like Chernobyl and Three Mile Island, Fukushima became an infamous place name for nuclear cataclysm. It’s been a huge and devastating drama but it’s fair to say it’s been the defining story during my time here in Japan.
ウィラシー: 地面が揺れ波が来て、チェルノブイリやスリーマイルイアイランドのように福島が原子力破局の忌まわしい地名となってから2年半以上がたちました。それは巨大な破壊的なドラマでしたが、私がここ日本にいる間の話を限定したと言っても良いでしょう。


mark31.jpg


“As you can see it picked up this giant fishing trawler and just dumped it on the dock”.
「ご覧の通り巨大なトロール船が乗り上げ、ドックの上に放り出されています。」


mark32.jpg


I’ve witnessed the awesome natural power of the earth and sea.
私は地球と海の恐るべき自然の力を目撃しました。


“Thousands are dead here there’s no doubt about it. It’s just a matter of trying to find the victims but I’d imagine that the vast majority will never be found”.
「何千人もがここで命を奪わたことに疑問の余地はありません。今はただ犠牲者を探し出そうとしているのですが、膨大な多数の亡骸が見つかることはないと思います。」


I’ve been stunned by brazen and often clumsy efforts to cover up and lie about the effects and extent of the radioactive damage.
私は放射能による被害の影響と規模について隠蔽し嘘をつこうとするあつかましく不器用な試みに茫然とさせられました。


mark33.jpg


“But a company that was once regarded as a champion of industry is now denounced around here as a wrecker of homes and livelihoods and a symbol of corporate greed and cover ups”.
「業界のトップとしてかつては認められていた企業が、今ではあちこちで家庭と生活を破壊したものとして非難され、どん欲で隠蔽している会社のシンボルとなっています。」


And amid the loss I’ve also seen some happy endings. [locating the boy on the bike in his classroom]
そして喪失の只中で、私はいくつかのハッピーエンドも見てきました。


And as I prepare to head back in one last time before I leave this posting, it’s abundantly clear many aspects of this epic, unfolding tragedy are yet to be written – the nuclear fallout will see to that.
私が今のポストを去る前に最後に戻る準備をしていると、このエピックの多くの局面がおびただしく明らかになります。明らかにされた悲劇はまだ書かれていない。。。放射性降下物がそれを計らうのでしょう。


This will be my 23rd trip to Fukushima since the disaster and my 5th time inside the no-go zone, so I know the drill - and like previous visits it’ll be fleeting, necessarily so.
これは、災害以来福島への23回目の旅となり、立ち入り禁止区域内へ入る5回目です。なのでどうするかは分かっています。前回のように、それは余儀なくつかの間のはかないものになるでしょう。


[driving into the no-go zone] “Well we’ve just crossed through the checkpoint into the nuclear no go zone, that’s the 20 km exclusion area around the shattered Fukushima reactors. And we, like the people who used to live here, are only allowed in for five hours. That’s because the radiation levels are still very high”.
(立ち入り禁止内に入っていく) 「えぇ、私たちはたった今確認ポイントを越え放射能立ち入り禁止地区に入りました。粉砕した福島原子炉周辺の20km避難地区です。そして、かつてここに住んでいた人たちのように、私たちは立った5時間しか留まることを許されていません。放射能レベルが未だにとても高いからです。」


mark1.jpg


This is Okuma – once home to eleven thousand people. Now it could easily be the set of a Japanese science-fiction movie. Here, in a well-to-do part of town, spacious new homes are abandoned and empty and are starting to decay. Cars remain where they were parked in 2011. A town that once thrived on the jobs and power of the nuclear plant next door is now a post-apocalyptic radioactive ghost town, one with a very determined ghost hunter.
ここは大熊町です。かつては1万1000人の家がありました。今では、日本の科学フィクション映画の舞台に容易にすることができるでしょう。 ここは町内でも裕福な家が並ぶ場所で、広く新しい家が置き去りにされ、空っぽで、腐敗し始めています。車は2011年に駐車されたところに残っています。かつては隣の原発の仕事と力で繁栄していた町は、今では黙示録の放射能ゴーストタウンとなり、ここに一人決意に満ちたゴーストハンターがいます。


mark2.jpg


NORIO KUMURA: ““Because the body of Yuna has not yet been found I come here to search. I always have inner conflict. Some say what I am doing is a self -destructive act. Even though I can’t find her now, if I never find her, I’ll always feel sad. I am determined to find her, but frankly speaking this is more for myself”.
キムラのりお: 「ゆうなはまだ見つかっていないので探しに(来ています。)いつも葛藤があって。周りの人からは自虐的な行為だから、なんていう方もおるんですけど、ただ、見つからないとしても、自分でやってないとやっぱり、なんていうんですかね、申し訳ないっていうか。。絶対に見つけだすんだ、っていう決意もありますけど、正直自分のためですね。」


mark4.jpg


WILLACY: Norio Kimura is on a dogged, one-man mission improbable – to find the remains of his seven year old daughter – the only tsunami victim from Okuma still not accounted for.
ウィラシー: キムラのりおさんはありえそうもないたった一人の根気強い使命を帯びています。自分の7歳の娘の遺骨を見つけること。大熊町でまだ確認されていないたった一人の津波の犠牲者です。


NORIO KUMURA: “This is where I can come to feel closer to my three dead family members. If possible, I want to return here before I die”.
キムラのりお: 「いなくなった3人と近づける場所であるんで。。できれば自分が年取って死ぬまでの間に戻ってきたいですね。」


WILLACY: On the 11th of March 2011 a tsunami five storeys high ed over this shoreline. It destroyed every home in this seaside suburb of Okuma town, triggered meltdowns at the nuclear plant just 2 km up the coast and it swept away three of Norio Kumura’s family.
ウィラシー:2011年3月11日に、5階建ての建物と同じ高さの津波がこの海岸沿いを襲いました。大熊町の郊外の海岸沿いの全ての家を破壊し、海岸沿い2km先にある原発のメルトダウンを招き、キムラさんの家族3人を流し去りました。


mark5.jpg


NORIO KIMURA: “We are allowed to return home once a month. And because the body of Yuna has not been found yet I come here to search. I am determined to find her. Yuna’s name comes from the sea. It means calm ocean”.
キムラのりお: 「月に一度の一時帰宅が許されてて、今日はゆうながまだ見つかっていないので、ゆうなを探しに・・・絶対に見つけ出すんだ、っていう決意。。。海のイメージ。ゆうなの名前。静かなオーシャン。」 


WILLACY: Norio Kimura and his older daughter Mayu were on higher, safer ground – the rest of his family were not. The body of Norio Kimura’s father was recovered shortly after the disaster, while the remains of his wife were later found floating 40 km out in the Pacific. Despite the high radiation levels here near the plant, he’s vowed never to abandon the search for his youngest child Yuna.
ウィラシー: キムラさんと上の娘のまゆちゃんは高台の安全な場所にいました。残りの家族はそうではありませんでした。木村さんの父親の遺体は災害後まもなく発見されました。一方、妻の遺骨は40kmはなれた太平洋で後に見つかりました。原発近くのここでは放射能レベルが高いのですが、キムラさんは決して末娘のゆうなちゃんの捜索を放棄しないと固く誓っています。


mark6.jpg


NORIO KUMURA: “Even though people tell me that I can’t go in because of the radiation, my sense of guilt that I can’t find Yuna doesn’t go away. I haven’t submitted the death notification for Yuna yet. She’s the only missing person left from Okuma. It remains that way”.
キムラのりお: 「放射能で入れないんで仕方ないって言われても、やっぱり探してやれないっていうのは自分のゆうなに対する後ろめたさっていうのは全く消えるわけではなくって。。まだゆうなの死亡届出してないんですよね。いまだに大熊町の行方不明者1って、一人なんですよ。そのまま残ってて、なんか。。。」


WILLACY: Norio Kumura will seize upon any lead that presents. As we filmed him, a man combing the coast not far from where Yuna was swept away finds a bone he thinks is human.
ウィラシー: キムラのりおさんは手がかりになりそうなものは何でも飛びつきます。彼の映像を撮っているとき、ゆうなちゃんが流されたところからさほど遠くない海岸を捜索していた一人の男性が、人間のものだと思われる骨を見つけました。


MAN: “I think you’d better ask the police to investigate this”.
男性: 「一応ちょっと、鑑識、まぁ警察にだして見てもらったほうがいいかなと思うんですけど。」


NORIO KUMURA: “I don’t know what kind of bone it is so I won’t rejoice just yet. If it’s found to be a human bone it would encourage me to keep searching”.
キムラのりお: 「それがなんの骨だかわかんないし、嬉しさって言うのはなかなかこみ上げてこないですね。それが結果として人の骨だったっていうことが分かれば、やってよかったな、って多分思うと思いますけどね。」


WILLACY: And as a father trudges on in search of clues to a little girl lost, the mothers of Fukushima are holding on ever so tightly to their little daughters and sons – hoping some things won’t be found. Some of the children here at Hirata Hospital weren’t even born when the nuclear disaster erupted but that doesn’t mean they’re out of harm’s way.
ウィラシー: 一人の父親が亡くした小さな女の子の手がかりを探し足を引きずり歩いているとき、福島の母は小さな娘と息子たちをいつになく硬く握っています。何かが見つからないように望んでいるのです。ヒラタ病院では、原子力災害が勃発したときでさえ何人かの子どもたちが産まれましたが、それは無事に、という意味ではありません。


mark9.jpg


TOMOKO KOIKE: “The people who have information are the authorities. I want them to disclose more information. We do not know the real situation. We don’t know what’s going on. I can’t trust them”.
コイケともこ: 「情報を持っているのは、行政の人たちだったりするので、ちゃんともっと公表してほしいなぁ、ってのは思います。どうなってるのか全く分からない状況、何がなんだかわからないような、私たちには、ことになっているので、信用できない。」


WILLACY: Tomoko Koike is the mother of 4 year old Saki and 2 year old Yuta who was born just a fortnight before the Fukushima reactors melted down.
ウィラシー: コイケともこさんは4歳のさきちゃんと福島原子炉メルトダウンのたった4日前に生まれた2歳のゆうたくんの母親です。


TOMOKO KOIKE: “My children had never contracted influenza before, even without vaccination. But they contracted it last year. Their vulnerability to illness has increased. When I think about their future I am depressed and often feel anxiety”.
コイケとこも: 「インフルエンザとか、予防接種してなかったりしたんですが、かかることなかったんですけど、そういうのに去年かかってしまったりして、抵抗力がちょっとなくなって。将来のことを考えるとどうなっちゃうんだろう、って不安な気持になることは多くあります。」


WILLACY: Mrs Koike has brought her kids in for yet another series of radiation tests. She’s one of many parents worried about thyroid cancer. Her children have already been screened and cleared in tests run by the Fukushima local government - but a follow up screening here at the private Hirata Hospital, revealed cysts on the thyroid gland of 4 year old Saki.
ウィラシー: コイケさんは彼女の子どもたちをまだ他の一連の放射能検査に連れて行っていません。彼女は甲状腺癌を心配している多くの親の一人です。彼女の子どもたちは既に福島県による検査で調べて何もないとされていました。しかしその後私立のヒラタ病院で診てもらい、4歳のさきちゃんの甲状腺にのう胞が見つかりました。


mark10.jpg


TOMOKO KOIKE: “A couple of cysts were found. I was very shocked. I don’t know whether the examination by the prefecture was sloppy, or that she wasn’t examined properly.
コイケともこ: 「2個のう胞が見つかったんですけれども、ショックですよね、やっぱり。県の検査がちょっとずさんといいますか、ちゃんと診てもらえなかったのか・・」


DR AKIRA SUGENOYA: “When I look at Fukushima now, the number of thyroid cancer cases in people under 18 is quite high. It’s happening fast”.
スゲノヤあきら医師: 「福島のを見てると、18歳までですけども、結構数が多いんですよね。早くでてます。」


mark11.jpg


WILLACY: Akira Sugenoya knows not to jump to conclusions over links between the Fukushima radiation and thyroid cancer, but he’s deeply concerned by what he’s seeing. After all, he’s a former thyroid specialist who spent five years operating on hundreds of Chernobyl children suffering from thyroid cancer.
ウィラシー: スゲノヤあきらさんは福島の放射能の甲状腺癌を即関連付けるべきではないと分かっていますが、自分が目にしていることに深い懸念を抱いています。結局のところ、彼は甲状腺癌で苦しんでいるチェルノブイリの何百人もの子どもたちを5年間に渡って手術してきた、元甲状腺専門家なのです。


DR AKIRA SUGENOYA: “I care because I went to Chernobyl and I saw each child so I know the pain they went through”.
スゲノヤあきら医師: 「現地に言って僕はひとりひとりの子どもたちを見て、その切ない気持とか辛い気持を知ってるから。。」


mark12.jpg


[addressing school children] “It is very regrettable that the Fukushima nuclear plant accident happened in Japan”.
学校の生徒たちへの話: 「福島の原発事故は、日本ではああいう事故がおこってしまったことは、大変残念なことで。。。」


mark13.jpg


WILLACY: Now mayor of Matsumoto City, Akira Sugenoya believes Japanese children won’t fall victim to thyroid cancer to the same extent as Chernobyl where 6,000 children were found to have contracted thyroid cancer.
ウィラシー: 今では松本市の市長であるスゲノヤあきらさんは日本の子どもたちが、6000人の子供たちから収縮した甲状腺癌発見されたチェルノブイリと同じ規模にまでの犠牲にはならないだろうと考えています。


DR AKIRA SUGENOYA: [addressing school children] “ I think from now on our problems will increase”.
スゲノヤあきら医師: 「分かります?今そこで元気な人が死んでくんだよね。」


WILLACY: But there’s clear evidence rates have risen. Before the disaster in 2011, the rate of thyroid cancer was between one and two cases in every million children. Now, with about two hundred thousand children screened so far in government ordered tests, there have been 18 confirmed cases of thyroid cancer and 25 suspected cases – an unusually high rate.
ウィラシー: しかし、比率が上がっているという明確な証拠があります。2011年の災害前、甲状腺癌にかかる率は100万人の子供たちのうち1人か2人でした。今までのところ、政府が命じた検査を受けた約2万人の子供たちのうち甲状腺癌のケースが18件、25件が疑いがあるという、異常に高い率です。


DR AKIRA SUGENOYA: “The doctors in Fukushima say that it shouldn’t be coming out so soon, so it can’t be related to the nuclear accident. But that’s very unscientific, and it’s not a reason we can accept”.
スゲノヤあきら医師: 福島の先生たちは、こんなに早く出るはずがないからこれは事故と関係ないって言われているけれども、それはもう非科学的な・・・なかなかその、僕らにとってみたら受け入れられるような理由じゃないですよね。」


WILLACY: Other Chernobyl veterans, like doctor of internal medicine, Minoru Kamata, also believe the spike in cases should be thoroughly investigated.
ウィラシー:内科医であるカマタみのる医師のような他のチェルノブイリのベテランも、その急上昇は徹底的に調査されるべきだと考えています。


DR MINORU KAMATA: “The point is what when thyroid cancer was found in a few children last year, the Fukushima health investigation committee immediately declared that it was unrelated to the nuclear accident. That attitude is wrong for a doctor or scientist. I’m saying there might be a relationship – so we should speed up screenings and carry out high quality examinations, which so far are lacking”.
カマタみのる医師: 「要は福島県の県民健康調査の委員会が、昨年癌の子どもが、甲状腺癌の子どもが何人か出たときに即座に関係ありませんっという風に言い切ったこのスタイルは医者として、あるいは科学者としては正しいスタイルじゃなくて、関係があるかもしれないといって、だから、スピードアップして質の高い検診をしたほうがいいと。全てそこが欠けているんですね。」


mark14.jpg


WILLACY: Not everyone is worried. Far from Fukushima, Professor Geraldine Thomas is a specialist in the molecular pathology of cancer in Imperial College London. She also helped establish the Chernobyl Tissue Bank which analyses samples from people exposed to radiation, after the nuclear disaster in Ukraine in 1986.
ウィラシー: 全ての人が心配しているわけではありません。福島から遠く離れたロンドンのインペリアル・カレッジの分子病理学専門家であるジェラルディーン・トーマス教授です。彼女はまた、1986年のウクライナでの原子力災害の後、被曝した人々からとったサンプルを分析するチェルノブイリ体内組織バンクの設立を手伝いました。


PROFESSOR GERALDINE THOMAS: “Following Fukushima I doubt that there’ll be any rise in thyroid cancers in Japan and this is simply because the amount of radio-iodine that was released post-Fukushima was much, much less than released post-Chernobyl. Absolutely if you look for a problem, especially if you’re using incredibly sensitive technique which is what the Japanese are actually doing, you will find something. You will find part of that problem and you have to be careful you don’t over interpret that and worry people unnecessarily”.
ジェラルディーン・トーマス教授: 「福島の後、日本で甲状腺癌が上昇するとは疑問です。それは単に福島の後放出された放射性ヨウ素の量がチェルノブイリで放出された量よりずっとずっと少ないからです。もし問題を探そうとすれば、特に日本がやっているような非常に精度のよい技術を使えば、何かが見つかることは間違えないでしょう。それは問題の一部を見つけるということでそれを過剰に解釈し、人々を不必要に不安にさせるのは注意深くなければなりません。」


mark15.jpg


WILLACY: Professor Thomas believes that unnecessary worry and fear has driven parents to make unnecessary choices.
ウィラシー: トーマス教授は不必要な不安と怖れが、親たちに不必要な選択をさせてしまうと考えています。


PROFESSOR GERALDINE THOMAS: “And even post-Fukushima some women were having abortions because they were worried. The radiation would have done nothing to their prospective offspring, but the fear that that radiation was going to do something, tipped them over into having an abortion which nobody likes to know about.
ジェラルディーン・トーマス教授: 「そして、福島の後でさえ、心配だからと中絶している女性もいるのです。放射能は彼女たちの生まれている子孫に何をすることもないでしょう。しかし、放射能が何かをするのだという怖れが誰も知りたいと思わない中絶へとつまずいてしまうのです。」


MEGUMI MATSUMOTO: “While I am alive and my son is alive radiation will not disappear. It will remain. That’s what I’m worried about”.
マツモトめぐみ: 「なくならないで、私が生きている間。この子が生きている間もなくならない可能性があるから、ずっと心配なんですけど。」


mark16.jpg


WILLACY: Back at Hirata Private Hospital, another mother Megumi Matsumoto, has brought her 2 year old son Rui in for a thyroid screening.
ウィラシー: ヒラタ私立病院に戻ると、もう一人の母親、マツモトめぐみさんが2歳の息子、ルイくんを甲状腺検査に連れてきていました。


MEGUMI MATSUMOTO: “I’ve never received a notice for a test from the prefectural government so I had to take action by myself and bring my boy here to have a test”.
マツモトめぐみ: 「県は、まだ一回も通知がきてないので、自分がやるしかないっていうことでここで検査しています。」


WILLACY: The critical point about thyroid cancer is that if it’s detected early enough, it can almost always be treated successfully so it’s important the authorities are transparent upfront. With parents like Megumi Matsumoto they’ve been anything but candid.
ウィラシー: 甲状腺癌で重要なのは、もし十分に早期に発見されれば、ほぼうまく処置することができるということです。なので政府がマツモトめぐみさんのような親たちには透明性をもち、正直であることが重要です。しかし彼らは、淡白以外のなにものでもありませんでした。


MEGUMI MATSUMOTO: “I want to believe them but I can’t. I am worried about what will happen in the future”.
マツモトめぐみ: 「信じたいけど信じられないって言うのもあるし、この先どうなるか、って心配のほうがちょっと多いかなって言うのはあります。」


WILLACY: As so often has been the case as I’ve covered the Fukushima story, secrecy is the default position of the authorities. The Fukushima government refused our formal requests for age breakdowns and more detailed information concerning thyroid cancer victims since March 2011.
ウィラシー: 福島のことを頻繁に伝えるごとに、秘密主義が政府の基本姿勢です。福島県は2011年3月以来の甲状腺癌の犠牲者についての年齢別、更なる詳細情報の公式要請を拒絶しました。


DR AKIRA SUGENOYA: “I don’t know why, but they’ve hidden it. They don’t show the data clearly so it arouses suspicion. I’m still very angry. It’s because I’m a thyroid specialist and I’d like to know what’s happening next”.
スゲノヤあきら医師: 「それ、どうしても分からないんですけども、伏せちゃってるんですね。データをはっきりやらないから疑惑を生んで、相当高いんじゃないかな、っていうふうに思わせちゃうのは。。だから僕は非常に腹が立つわけです。ってのは、僕自身が、たとえば甲状腺のスペシャリストであれば、次こういうことどうなってるんだ、っていう風に思うわけですよね。」


DR MINORU KAMATA: “It was disclosed that the Fukushima health investigation committee was having several secret meetings. Up until now, I feel the response to this issue has been unthinkable for a democratic nation”.
カマタみのる医師: 「県民健康調査委員会の秘密会議とかいくつかあって、それを暴露されて、今までの対応は、なんかとても民主主義国家の対応をしてたとは思えないような感じがしますね。」


WILLACY: When Fukushima’s local governing authorities are not being accused of a cover up, they’re being accused of staging very visible, very expensive and very elaborate exercises in futility. Across large open tracks of land and in isolated hotspots, heavy machinery is stripping top soil in an effort to decontaminate the earth. Of course it’s an impossible task. This is largely a mountainous and heavily forested region and no one knows precisely where the contamination ends.
ウィラシー: 福島県は隠蔽の罪に問われてはいません。無益なことに目に見えて出費のかなりかさみ、とても入念な計画が責められています。広い開けた土地の跡や孤立したホットスポット中で、重機が土地を除染するために表面度を剥いでいます。もちろんこれは不可能な作業です。ここは広い山々と多くの森のある地域で、どこで汚染が終わるのか正確に知る人はいません。


mark17.jpg


KAZUYA TARUKAWA: “Farmers work in the contaminated soil from sunrise to sunset every day. We inhale contaminated dust and I think in five, ten years there will be some kind of effect on the body”.
タルカワかずや: 「農家は朝日が昇って、日が沈むまで汚染された土の上で毎日仕事をしてます。汚染された土ぼこりも吸い込むだろうし、これから先5年10年したら何かしら体に影響がでるんじゃないかとそういう風には思っています。」


mark18.jpg


WILLACY: Kazuya Tarukawa grows organic rice, fruit and vegetables on a farm 60 km from the nuclear plant. That’s well beyond the no-go zone and yet it’s been declared a radiation hotspot.
ウィラシー: タルカワかずやさんはオーガニックの米、果物、野菜を原発から60kmの農場で育てています。立ち入り禁止地区からは十分離れていますが、放射能ホットスポットと宣言されています。


KAZUYA TARUKAWA: “I don’t think the soil will ever be the same as before the nuclear accident – not while I’m still alive”.
タルカワかずや: 「これが、原発前の環境にもどるまでには私が生きているうちには戻らないと思っています。」


WILLACY: Tarukawa’s family has cultivated this land for eight generations and when the radiation drama unfolded, he was running the place alongside his father.
ウィラシー: タルカワさんの家族はこの土地を8世代に渡り耕し、放射能のドラマが明らかにされたとき、彼は父親と一緒にこの土地を経営していました。


mark19.jpg


KAZUYA TARUKAWA: “My dad often said, if an accident happens, it can’t be controlled by human beings and it can’t be stopped. Why did the only country in the world that suffered two atomic bombs build so many nuclear plants? After watching what happened at the Fukushima plant he said, see it happened just as I told you. Japan is a stupid country”.
タルカワかずや: 「万が一事故が起きたときに、人の手でコントロールできない。暴走したら止められない。そういうのを日本中に建てて、世界でも唯一原子爆弾2個も落とされた国が何でこんなに原発建ててるんだべ、とはよく言ってたんですね。福島原発がああゆうふうになったのを見て、ほらみろ、俺が言うとおりになったべ。日本は馬鹿な国だって、ほんとに言ってました。」


mark20.jpg


WILLACY: In the frenzy of panic and regulation that erupted around the crippled nuclear plant, Kazuya Tarukawa’s father Hisashi was banned from taking his harvest to market. With financial pressure mounting, he slipped into a deep depression.
ウィラシー: パニックの狂乱と崩壊した原発の周りに勃発した規制の中、タルカワかずやさんの父、ひさしさんは自分の収穫を市場に出すのを禁じられました。財政的圧力がのしかかり、深いうつ状態に沈みこんでしまいました。


“The morning after being told by the authorities that he could no longer ship or sell his produce, Kazuya Tarukawa’s father rose very early. He came out here to look at his crops and to survey his land. It was then he made a fateful decision.
「政府にもはや生産物を出荷し販売することができないと告げられた後の朝、タルカワかずやさんの父親はとても早く起きました。彼は作物を見に、土地を調べにここまで来ました。そして、彼は致命的な決断を下のです。」


mark22.jpg


KAZUYA TARUKAWA: “I woke up and started work again. I went out the back. There was a rope slung around a tree and he was hanging there. I gripped his belt and lifted him up and tried to take the rope off his neck but he was too heavy. I went and got my mother and she took the rope off while I lifted his body”.
タルカワかずや:「私朝起きて、また仕事始めて、裏に持ってったら、ま、木にロープかけてぶら下がってたんです。で、私最初一人でベルトつかんで持ち上げて、ロープ首からはずそうと思ったんだけど、重くて一人では持ち上がんないんです。で、うちの母のこと呼びに行って、私が持ち上げて、うちの母がロープはずしたんですけど。」


mark23.jpg


WILLACY: No sooner had Tarukawa buried his father than the ban on selling the farm’s produce was lifted. When testing soon revealed other rice farms in his district had radioactive contamination above the government’s safe limit, authorities continued to encourage Tarukawa to keep growing and to keep selling. Tarukawa says while his produce had contamination levels under the government limit, his conscience was still burning.
ウィラシー: タルカワさんが父親を埋葬してまもなく、農場の作物の販売禁止が解かれました。同じ地区の他の米農家が政府の限界値を超える放射能汚染が、検査をしてすぐ明らかになったとき、政府はタルカワさんに作物を育て、売り続けるように奨励しました。タルカワさんは自分の作物が政府の限界値より汚染が低い一方でで、良心が痛んでいると言います。

KAZUYA TARUKAWA: [local government meeting] “How do we keep going? Earlier I asked where your dignity went”.
タルカワかずや: 「農家に何の活力がありますか。」


mark24.jpg


WILLACY: He felt complicit in a cover up and angrily confronted local government officials at a district meeting.
ウィラシー: 彼は隠蔽における共謀を感じ、地域の会合で県の役人と憤りをもって向き合ったのです。





「俺らはわかってる。だから私は食べない」「自分の子供に食べさせたいと思わないでしょ?」「風評じゃない!根にも葉にもある」6/6東電・政府交渉(内容書き出し)

私は福島県で専業で農業を現在も行っています。
私の住んでいる須賀川は、昨年玄米から、100ベクレルを超えるコメが
全国、1番で100ベクレルを超えてしまいました。
それで田んぼを除染する結果になったんですけれども、

私たちは、農地の土壌が何ベクレルかも分からないで作業しているんですよ、毎日。

空間線量じゃないんですよ!

で、田んぼを除染するという事になって、
私の地区は、作業員はその地区の農家の私も作業員になってやったんです!仕事を。

除染の「除」っていう意味が分かってます?
深く耕して、なに、薄めるだけじゃないですか!
取り除いてないんだから、放射能だって下がるわけ無いでしょ!

田んぼ、除染しました。
空間線量測りました。
全然下がって無いですよ。

取り除いてないもの当然でしょ。

原発が爆発した当時と、環境は2年経っても何にも変わって無いままだ。
農業資材だって汚染されていれば、被覆資材などは使用してはダメだという指針が出ています。
それが農家は何ベクレルだなんて分からないですよ。
で、新しく買い直しして、
どうしてくれんの?

農家の想いっていうのをよーく考えてみてください。

私たちは作物を生産して、
安心安全なものを自分でも食べて、消費者の方にも販売して、
そういう収穫の喜びが今はないんです。

福島県のものは県外のものに比べたら、本当に値段も安いですから、
それを承知しながら作って、
損害賠償を貰って、
農家に何の活力がありますか!?

あとひとつ言っておく事があるんですけれども、
福島県は農作物は出荷の前に全部検査しないと出荷できません。
今は100ベクレル以下っていう事になっていますけれども、
農家は、計測している私は分かりますよ、これが何ベクレルあるって。

放射能は、要は100ベクレル以下だったら出荷できる訳ですから、
私は食べませんよ。

KAZUYA TARUKAWA: “The consumers assume there is no radiation in the food they buy. What do you say about this? We farmers know better. We feel guilty about growing it and selling it. We won’t eat it ourselves, but we sell it”. [applause]
タルカワかずや: 「買って食べる人は、放射能ねぇと思って食ってるっぺ。どうなの。俺らは分かってるんだよ。罪の意識があんの、作ってたって。自分は食わないけど、他の人に食わせてんの。


WILLACY: The official advice to sell continues. Local consumers have no idea if the food they’re buying eating and feeding their children is ultimately toxic.
ウィラシー: 役人は売り続けるようにアドバイスします。地元の消費者は自分たちが買ってい食べている、子どもたちに食べさせている食物が究極的に毒であるとは全く知りません


KAZUYA TARUKAWA: “To ship produce knowing there’s radiation in it, makes me feel like I’m committing crime as a producer”.
タルカワかずや: 「数字あるの分かってて出荷するって言うのは、生産者としてほんとに罪を犯しているような気持になります。」


WILLACY: Tarukawa’s father, Hisashi, is one of at least 80 people whose suicide has been recognised by the government as being a direct result of the nuclear meltdowns. And for the first time the nuclear power station’s owner, TEPCO, has admitted culpability, conceding that the disaster did play a part in the farmer’s death. But it’s a shallow concession. TEPCO still won’t apologise.
ウィラシー:タルカワさんの父、ひさしさんは政府が原子力メルトダウンの直接の結果として自殺をしたと認められた少なくとも80名のうちの1人です。原子力発電所の所有者、東電は農家の人の死が、その災害のせいだったと、その過失をしぶしぶ最初は認めましたが、未だに謝ろうとはしません。


mark25.jpg


KAZUYA TARUKAWA: “I want a representative of TEPCO to come here and offer incense sticks before my father’s shrine”.
タルカワかずや: 「東京電力の代表がうちの墓前にきて線香あげてもらいたいと今でも思っています。」


WILLACY: High in the Japanese northern alps, Hakuba is a dramatically different landscape, a place of stunning forests, soaring mountain peaks and clean fresh air. It’s just the way Norio Kimura likes it – far from the poisoned environment and dreadful scarring events of Fukushima.
ウィラシー: 日本の北アルプス、白馬は劇的に他と違う眺望で、魅惑的な森、聳え立つ山頂、綺麗で新鮮な空気がある場所です。それが、ただキムラのりおさんは好きです。毒された環境、酷く恐ろしい福島事故から遠いところです。


mark26.jpg


Norio Kimura is now building a new home for his surviving daughter Mayu. He wants her well away from the radiation and to help her recover if that’s possible from the loss of her mother and sister. At his mountain home he receives news the small bone found during his recent visit to the no-go zone was not human. It’s another setback but his quest goes on, encouraged by earlier finds like this shoe he knows belonged to his younger daughter. It’s now a heartbreaking keepsake in a chest of family memories.
キムラのりおさんは今では生き残った娘、まゆちゃんのために新しい家を建てています。彼女を十分放射能から遠ざけたいのです。そして母親と姉の喪失から立ち直って欲しいと思っています。彼の山小屋で、立ち入り禁止地区出を訪れたときに見つけた骨が人間のものではないというニュースを受け取りました。また逆行しましたが、彼の探求は続きます。前に娘のものであると分かるこのような靴を見つけたことで元気付けられました。それは今は家族の思い出の箱の中の心痛む形見です。


mark28.jpg


NORIO KIMURA: “It’s not something that I can substitute for her. Of course it’s a precious thing but it’s not something that makes me feel better or glad”.
キムラのりお: 「本人に変えられるものはない。だからそんなにこう、もちろん貴重なものではあるんだけど、とても気持をやわらげるとか、よかったって思えるようなものではない。」


WILLACY: For a man who has suffered and survived natural and nuclear calamity, these are the foundations of a fresh start. But he can never be at peace until his youngest daughter is found.
ウィラシー: 自然災害や原子力惨事に苦しみ生き残った一人の男性にとって、これらは新しいスタートの基盤です。しかし彼は末娘が見つかるまでは決して幸せにはなれないのです。


NORIO KIMURA: “I know it’ll be very hard to find Yuna. But I can’t stop looking for her. I’ll only stop when Yuna is found, or when I die”.
キムラのりお: 「ゆうなが見つけられるって言うのは本当に厳しい状況だってのは分かってるんですけど、やっぱりそれはそうは言っても気持ち的にやめるわけにはいかないって言うのもあるし、おそらくやめるとしたら自分が死ぬときかゆうなが見つかるとき以外には考えられないです。」


mark29.jpg






広島も、長崎も、チェルノブイリも、福島も。。。

終わることはないのでしょう。



変えることは

できるかもしれません。


一人一人の意識があれば。





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1133-ac540cd3

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。