スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

命の源の海はゴミ箱ですか?~物欲に対する対価

 2013-11-23
newscastle_herald_logo.jpg


The ocean is broken
海が壊れている


By GREG RAY
Oct. 18, 2013, 10 p.m.


IT was the silence that made this voyage different from all of those before it.
今回の航海が以前の全てのものと違っていたのは、静寂でした。


Not the absence of sound, exactly.
正確に言えば、音がないということではありません。


The wind still whipped the sails and whistled in the rigging. The waves still sloshed against the fibreglass hull.
風は今でも帆を打ち、リギング(索具)をヒューヒュー音を立てていました。波は今でもファイバーグラスの船体を強く打っていました。


And there were plenty of other noises: muffled thuds and bumps and scrapes as the boat knocked against pieces of debris.
そして、沢山の他の音もありました:瓦礫の破片にぶつかったときにたてる重くて鈍く擦れる音。


What was missing was the cries of the seabirds which, on all previous similar voyages, had surrounded the boat.
何が欠けていたかといえば、以前の航海で船を取り巻いていた海鳥の鳴き声でした。


The birds were missing because the fish were missing.
魚がいないので、鳥たちがいないのです。


art-oceanbroken-620x349.jpg


Exactly 10 years before, when Newcastle yachtsman Ivan Macfadyen had sailed exactly the same course from Melbourne to Osaka, all he'd had to do to catch a fish from the ocean between Brisbane and Japan was throw out a baited line.
10年前、ニューキャッスルのヨットマンであるイヴァン・マクファデンさんがメルボルンから大阪まで全く同じコースを航海したとき、ブリスベンと日本の間の海で魚を取るためにしなければならなかったのは、餌のついた糸を投げることだけでした。


"There was not one of the 28 days on that portion of the trip when we didn't catch a good-sized fish to cook up and eat with some rice," Macfadyen recalled.
「その28日の旅で料理してご飯と一緒に食べるのによい大きさの魚が取れなかったことは1日たりともありませんでした。」とマクファデンさんは思い出します。


But this time, on that whole long leg of sea journey, the total catch was two.
しかし今回は、その海の長旅全体をとおして、釣れた魚は、合計2匹だったのです。


No fish. No birds. Hardly a sign of life at all.
魚がいない。鳥がいない。ほとんど全く、生き物の兆候がないのです。


"In years gone by I'd gotten used to all the birds and their noises," he said.
「今まで何年もの間、わたしは、鳥などの全て音に慣らされてきました。」と彼は話します。


"They'd be following the boat, sometimes resting on the mast before taking off again. You'd see flocks of them wheeling over the surface of the sea in the distance, feeding on pilchards."
「ボートについてきて、時には再び羽ばたく前にマストで休んだりしていたのです。群れが遠くの海の表面を旋回しイワシを食べていました。


But in March and April this year, only silence and desolation surrounded his boat, Funnel Web, as it sped across the surface of a haunted ocean.
しかし、今年の3月4月には、彼のボートと取りつかれた海の表面に張った棚網は静寂と寂しさに囲まれていたのです。


North of the equator, up above New Guinea, the ocean-racers saw a big fishing boat working a reef in the distance.
赤道の北、ニューギニアまで、その海のレーサーたちは大きな漁船が遠くの砂洲で仕事をしているのを見かけました。


"All day it was there, trawling back and forth. It was a big ship, like a mother-ship," he said.
「一日中そこにいました。トロール網を引き行ったり来たりしているのです。大きな船でした。母船のような。」


And all night it worked too, under bright floodlights. And in the morning Macfadyen was awoken by his crewman calling out, urgently, that the ship had launched a speedboat.
そして、一晩中、投光照明の下でその船は働いていました。そして朝、マクファデンさんは、その船が快速艇を進水させているのだと乗組員が切迫して叫んでいる声で目を覚ましました。


"Obviously I was worried. We were unarmed and pirates are a real worry in those waters. I thought, if these guys had weapons then we were in deep trouble."
「明らかに心配でした。私たちは武装おらず、海賊たちは海では本当に心配の種なのです。私は、やつらが武器を持っていたらかなりまずいことになると思いました。」


But they weren't pirates, not in the conventional sense, at least. The speedboat came alongside and the Melanesian men aboard offered gifts of fruit and jars of jam and preserves.
しかし彼らは、従来の海賊ではなかったのです。少なくとも。その快速艇はそばまでやって来て、船に乗っていたメラネシア人の男たちはみやげ物、果物やジャムの瓶、保存食を差し出したのです。


"And they gave us five big sugar-bags full of fish," he said.
「そして魚が一杯入った砂糖袋を5つくれました。」と、言います。


"They were good, big fish, of all kinds. Some were fresh, but others had obviously been in the sun for a while.
「あらゆる種類のとても質の良い、大きな魚です。いくつかは新鮮でしたが、他のものは明らかにしばらく太陽に曝されていたものでした。」


"We told them there was no way we could possibly use all those fish. There were just two of us, with no real place to store or keep them. They just shrugged and told us to tip them overboard. That's what they would have done with them anyway, they said.
「わたしたちは彼らにそれらの魚を全て使うことはおそらく不可能だろうと話しました。私たちは2人だけでした。それらを保存する場所も全くありませんでした。彼らはただ肩をすくめ、水中に捨てるように言いました。彼らもそうするつもりだったのだから、と言うのです。」


art-134-620x349.jpg


"They told us that his was just a small fraction of one day's by-catch. That they were only interested in tuna and to them, everything else was rubbish. It was all killed, all dumped. They just trawled that reef day and night and stripped it of every living thing."
「彼らはそれが、1日の混獲のほんのわずかに過ぎないのだと私たちに話しました。彼らが興味があるのはマグロだけで、他の全てのモノはくずなのです。全て死んでいて、全て捨てられたのです。彼らは日夜トロール網を引き、生きている全てのものからそれを抜き取るのです。」


Macfadyen felt sick to his heart. That was one fishing boat among countless more working unseen beyond the horizon, many of them doing exactly the same thing.
マクファデンさんは、心底いやになりました。それは、水平線の向こうの見えないところで同じことをやっている数え切れない漁船の1つに過ぎません。


No wonder the sea was dead. No wonder his baited lines caught nothing. There was nothing to catch.
海が死んでしまったはずです。どおりで自分の餌のついた糸に何もかからないわけです。釣るものは何もなかったのです。


If that sounds depressing, it only got worse.
それは気が滅入ることですが、悪化するばかりです。


The next leg of the long voyage was from Osaka to San Francisco and for most of that trip the desolation was tinged with nauseous horror and a degree of fear.
次の長い船旅は大阪からサンフランシスコで、その旅の大半で、そのわびしさは不快な嫌悪と恐怖とも言えるものを帯びていました。


"After we left Japan, it felt as if the ocean itself was dead," Macfadyen said.
日本を出発してから、海自体が死んでいると感じた。」とマクファデンさんは言いました。


"We hardly saw any living things. We saw one whale, sort of rolling helplessly on the surface with what looked like a big tumour on its head. It was pretty sickening.
「私たちは生きているものをほとんど見かけませんでした。鯨を一頭みました。頭に大きな腫瘍のようなものがあり、水面でどうしようもなく漂っているような感じでした。かなり弱っていました。


"I've done a lot of miles on the ocean in my life and I'm used to seeing turtles, dolphins, sharks and big flurries of feeding birds. But this time, for 3000 nautical miles there was nothing alive to be seen."
「私は今までの人生で何マイルも航海をしてきて、カメ、イルカ、サメや鳥を楽しませる大きな突風に見慣れてきました。ところが今回は3000マイルの航海で、生きているものを何も見なかったのです。」


In place of the missing life was garbage in astounding volumes.
命のない場所には、度肝を抜くような量のごみがありました。


"Part of it was the aftermath of the tsunami that hit Japan a couple of years ago. The wave came in over the land, picked up an unbelievable load of stuff and carried it out to sea. And it's still out there, everywhere you look."
「その一部は2年前に日本を襲った津波の後のものでした。波が来て土地に流れ込み信じがたいほどの量の瓦礫を取り込み海に運び出したのです。それはまだ海にあります。見渡す限りです。」


Ivan's brother, Glenn, who boarded at Hawaii for the run into the United States, marvelled at the "thousands on thousands" of yellow plastic buoys. The huge tangles of synthetic rope, fishing lines and nets. Pieces of polystyrene foam by the million. And slicks of oil and petrol, everywhere.
イヴァンさんの兄弟で、アメリカへ行くのにハワイで乗船したグレンさんは、「何百万」という黄色いプラスチックの浮きに驚きました。巨大な絡まった合成ロープ、釣り糸とネット。発泡ポリスチレンのかけらは百万単位。油やガソリンの油膜がいたるところに。


gareki3.jpg


Countless hundreds of wooden power poles are out there, snapped off by the killer wave and still trailing their wires in the middle of the sea.
数え切れない何百もの木の電柱が浮いていて、荒波に折られ、海の真ん中でそのワイアーをまだ引きずっています。


"In years gone by, when you were becalmed by lack of wind, you'd just start your engine and motor on," Ivan said.
「今まで何年も、風がなくて船が止まると、ただエンジンをかけ、モーターが動きました。」とイヴァン。


Not this time.
今回は違います。


"In a lot of places we couldn't start our motor for fear of entangling the propeller in the mass of pieces of rope and cable. That's an unheard of situation, out in the ocean.
「多くの場所で、ロープやケーブルの塊の中にプロペラが絡まってしまうのが怖いので、モーターを始動できませんでした。そんな状況は海に出たときに聞いたことがありません。」


"If we did decide to motor we couldn't do it at night, only in the daytime with a lookout on the bow, watching for rubbish.
「もし動くと決めたなら、夜にはできませんでした。船首に瓦礫に注意する見張りを置いて、昼間にだけです。」



"On the bow, in the waters above Hawaii, you could see right down into the depths. I could see that the debris isn't just on the surface, it's all the way down. And it's all sizes, from a soft-drink bottle to pieces the size of a big car or truck.
「ハワイの海上では、船首の上から深海までまっすぐ見下ろすことができます。瓦礫が表面にだけ浮いているだけではないのが分かりました。ずっと下にまであるのです。あらゆる大きさの物です。ソフトドリンクの瓶から大きな車やトラックの大きさまで。」


"We saw a factory chimney sticking out of the water, with some kind of boiler thing still attached below the surface. We saw a big container-type thing, just rolling over and over on the waves.
「工場の煙突が水から突き出ているのを見ました。表面下にはある種ボイラーのようなものがまだついていました。大きなコンテーナーのようなものも見ました。波から波へ浮いているだけでした。」


"We were weaving around these pieces of debris. It was like sailing through a garbage tip.
「私たちは、この瓦礫の破片の周りを縫うように進みました。まるでゴミ捨て場を航海しているようでした。」


gareki1.jpg


"Below decks you were constantly hearing things hitting against the hull, and you were constantly afraid of hitting something really big. As it was, the hull was scratched and dented all over the place from bits and pieces we never saw."
「デッキの下では船体にぶつかるものの音が常に聞こえていました。そして常に何か本当に大きなものにぶつかることを怖れていたのです。当然のごとく、船体は私たちが今まで見たことのないガラクタで、あちこちに傷がつき、凹みました。」


Plastic was ubiquitous. Bottles, bags and every kind of throwaway domestic item you can imagine, from broken chairs to dustpans, toys and utensils.
プラスチックがあちこちにありました。ボトル、袋、想像できうるあらゆる種類の使い捨ての家庭用品です。壊れたいすからちりとり、おもちゃ、台所用品に至るまで。


And something else. The boat's vivid yellow paint job, never faded by sun or sea in years gone past, reacted with something in the water off Japan, losing its sheen in a strange and unprecedented way.
そして何か他のものも。そのボートの鮮やかな黄色いペンキは何年たっても太陽や海であせなかったのですが、日本沖の海では何かに反応しました。奇妙な今まで前例のない状態でその光沢を失ったのです。


ocean.jpg


BACK in Newcastle, Ivan Macfadyen is still coming to terms with the shock and horror of the voyage.
ニューキャッスルに戻り、イヴァン・マクファデンさんは未だに旅の衝撃と恐怖に圧倒されています。


"The ocean is broken," he said, shaking his head in stunned disbelief.
海が壊れている。」彼は、強い不信感で頭を振り言いました。


Recognising the problem is vast, and that no organisations or governments appear to have a particular interest in doing anything about it, Macfadyen is looking for ideas.
問題を認識することは膨大で、どんな組織も政府もそのことについて何かしようという特別な興味は明らかにないようです。マクファデンさんは良い考えがないか探しています。


He plans to lobby government ministers, hoping they might help.
彼は、政府の大臣たちが何かしてくれるかもしれないとロビー活動をする計画を立てています。


More immediately, he will approach the organisers of Australia's major ocean races, trying to enlist yachties into an international scheme that uses volunteer yachtsmen to monitor debris and marine life.
それよりも前に、オーストラリアの主要な海のレーサーたちの主催者にアプローチしヨットマンから国際的計画の支持を得、瓦礫と海洋生物のモニタリングをするボランティアを使おうと考えています。


Macfadyen signed up to this scheme while he was in the US, responding to an approach by US academics who asked yachties to fill in daily survey forms and collect samples for radiation testing - a significant concern in the wake of the tsunami and consequent nuclear power station failure in Japan.
マクファデンさんはアメリカにいる間にこの計画に署名し、ヨットマンに日々の調査フォームに記入し、放射能検査のためのサンプルを集めるように頼んでいるアメリカの学者に返事をしました。日本の津波とそのあと起こった原子力発電所の機能不全のあとの重大な懸念なのです。


"I asked them why don't we push for a fleet to go and clean up the mess," he said.
「私たちが船隊を向かわせ、瓦礫の片付けをしてもよいかと訊ねました。」と彼はいいます。


"But they said they'd calculated that the environmental damage from burning the fuel to do that job would be worse than just leaving the debris there."
「しかし彼らはその作業をするのに燃料使うほうが、その瓦礫をただそのままにしておくより環境へより損傷を与えるという計算になったのだと言いました。」







これ以上、人間に海を汚す権利はないはずです。


物欲のためだけに

母なる海と

父なる大地を


これ以上貶めることなど


許されるはずがありません。



これから、


膨大な


償いをしなければなりません。



"Oceans at the Tipping Point" Teaser, Narrated by Harrison Ford from Ocean Health Index on Vimeo.




私たちは、海に限界がないかのように使ってきました。

しかし今、私たちは、転換点に来ています。



もし私たちが何もしなければ、

海に危機がおとずれるだけでなく、

それは人類の危機となるのです。



これから10年は、その先10,000年にとって、最も重要な時期となるでしょう。




Lots of sea birds washing up dead posted on Facebook
アラスカで打ち上げられた大量の海鳥の死骸

Birds washed up



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1128-9711ddc8

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。