スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島認識-日本と国際社会とのギャップ

 2013-10-20
voice_of_russia_logo.jpg


Fukushima radiation worse than feared - experts
福島の放射能は怖れられているより酷いー専門家


Oct. 14, 2013 18:14


IAEA experts are trying on the ground to sort out work to do away with the aftermath of the Fukushima nuclear power plant accident. But the situation grows increasingly tense despite all efforts by the government.
国際原子力機関の専門家は福島原発事故の余波をの後始末作業を解決するため現場で模索しているが、状況は政府の全ての取り組みにも関わらず緊迫するばかり。



7h_50968138.jpg


Hundreds of tons of radioactive water leaked out of the reservoirs and reached the subterranean waters just days ago. It may have likewise leaked into the ocean, says an expert in nuclear physics and nuclear power generation, Igor Ostretsov, Doctor of Engineering.
何百トンもの放射能汚染水がつい数日前に貯水槽から流れ出し、地下水に到達しました。おそらく海に流れ出ているだろうと、原子物理、原子力発電の専門家、技術博士のイゴール・Ostretsov氏は言います。


“I am absolutely certain that the radioactive water leaks into the ocean have never stopped, because the plant molten corium is continuously cooled. The water used in the cooling is then stored in radioactive water storage tanks. A lot of radioactive water has been accumulated there to date. A lot of water is required for cooling. The tanks are actually non-durable and often overfilled, resulting in overflows. But this is not reported unless a pipe bursts”.
放射能汚染水の海への漏洩は一切止まっていなかったと絶対的な確信があります。原発の溶融コリウム(炉心溶融物)が冷され続けているからです。冷却に使われてた水は放射能汚染水貯蔵タンクに保管されます。大量の放射能汚染水が今まで溜まり続けてきたのです。大量の水が冷却に必要です。タンクは実際に耐久できず、しばしば一杯になりすぎ、結果溢れ出してしまいます。しかしそのことはパイプが破裂しない限り報告されません。」


A state of emergency should now be declared throughout the world community. Japan needs international control, Tokyo can’t manage it on its own. Whatever the world nations can offer to cope with the situation should be used, or else the northern part of the Pacific will be contaminated. Discharging radioactive water into tanks and keeping them is pointless. Japan clearly needs an immediate extraordinary solution.
緊急事態が今世界中に宣言されるべきです。日本は国際的コントロールが必要です。東京(政府)は自分たちだけで管理できません。どのような国でもその状況に対処することを申し出ることができるのであれば、受け入れるべきです。そうでなければ北太平洋は汚染されてしまうでしょう。放射能汚染水をタンクに排出し保管しつづけるのは無意味です。日本には明らかに即時の並外れた解決策が必要です。


As of today, the radiation levels around the plant are so high that staying there for four hours would be lethal for a person. But the Japanese either failed or chose not to use the experience of Russian liquidators who tackled a similar situation at the Chernobyl nuclear power plant in 1986, says Professor of the Russian Academy of Natural Sciences, Vladimir Kuznetsov.
現時点で、原発付近の放射能レベルはあまりにも高く、4時間そこにいるだけで死に至るほどです。しかし日本は、1986年、チェルノブイリ原発で同様の状況を収めたロシアのリクビダートルを使うということをし損ね、あるいはそうする事を選択しなかったのだと自然科学ロシアアカデミーの教授であるウラジミール・Slivyak氏は話します。


“Japan has been unsuccessfully trying to get the situation under control for more than two years now, under the supervision of the IAEA. But the situation is worsening by the week. Neither Japan, nor the International Atomic Energy Agency is capable of controlling the situation. The decisions made are known to be wrong. We had a concrete cover for the crippled Chernobyl reactor in six months after the accident, while in Japan they still have nothing now that two and a half years have passed since March 11th, 2011. Background radiation is 400 times the normal levels in towns just 10 kilometres away from the crippled nuclear plant”.
「日本はIAEAの監督の下、状況をコントロールする試みに今ではもう2年以上失敗しています。しかし状況は週ごとに悪化しています。日本も、国際原子力機関も状況をコントロールする能力がないのです。彼らが決断することは間違っていることが分かります。私たちは、事故の後6ヶ月で機能を失ったチェルノブイリをコンクリートで覆いました。一方日本は2011年3月11日の事故後2年半経っているのです。空気中の放射能は、崩壊した原発から10kmの町で通常の400倍です。」


A complete removal of the plant equipment will take almost 50 years. How long the rehabilitation of radiation-affected residents of the area around the Fukushima plant may take is anyone’s guess. So far, the locals have been facing really grave problems, the vice president of the committee to restore the coastal area of the city of Shiogama, Miyagi Prefecture, Toru Yabe, said in an interview with the Voice of Russia.
原発の完全な撤去にはほぼ50年かかります。放射能被害を受けた福島原発周辺の住民の復帰にどのくらいかかるのかは推測の域を超えません。今のところ地元地域は本当に重大な問題に直面しているのだ、と宮城県塩釜市の海岸地域復興委員会の副委員長である矢部亨さんは、当誌とのインタビューで述べました。


“Restoration has been very slow. Many people have been living in temporary housing for 2.5 years now; they still have no homes of their own. They may just as well live there for 3 or even 4 years", Toru Yabe said.
「復興はとてもスローです。多くの人は今では2年半間も仮設住宅で暮らしています。まだ自分の家がありません。3年も4年でさえもそこに住むことになるのかもしれません。」


Dispelling the myth that building nuclear power plants in seismically active areas is safe has become an important lesson taught by the Fukushima disaster. It has been brought home to the Japanese for dozens of years that the situation is under control and they should have no fears. But it turned out that the elements are unpredictable and that humanity is defenceless against nature despite all of their technological progress.
地震の活発な地域に原発を建てることが安全だと言う神話を払いのけることが福島原発により学ばれた重要な教訓となりました。何十年もの間日本人は、状況がコントロールされていて、怖れるべきではないのだとと強く思わされてきました。しかし、いろいろな要素が予測不可能で自分たち技術の進歩全てにも関わらず、人間が自然に対して無力であると言うことが分かったのです。




In short, Professor Streltsov believes that Japan has entered the post-Fukushima period of development, one that will be qualitatively different in all parameters of social being. It would stand to reason to assume that the entire world has entered a new paradigm of development. And yet, there is no alternative to nuclear power production due to natural resource scarcity, ecological problems caused by hydrocarbon burning and the short payoff period of nuclear power-generating units.
Streltsov教授は、日本が福島後という発展期間、社会のあり方についての全てのパラメターにおいて質的に違ってくるだろう期間に入ったと考えています。それは、全世界が新しい発展のパラダイムに入ったと言う考える理由に立ってのものです。しかし、自然資源の欠如、炭化水素燃焼による生態的問題、原子力発電ユニットの短い勝負期間のため、原子力生産に変わるものはありません。




Nuclear power plant accidents are, unfortunately, unavoidable. But proper use of technology, due regard for the international experience and close compliance with safety procedures can minimize the consequences and bring fresh hope to humanity.
原子力発電所の事故は、残念ながら避けられないものです。しかし、適切な技術の使用、国際的な経験への正当な敬意と安全手順への忠実な追従をもって、その結果を最小限にとどめることができ、人間に新鮮な希望をもたらすことができるのです。

??



Fukushima situation calls for international emergency work – expert
福島の状況は国際的緊急任務を必要とするー専門家


19 October 2013, 17:01


7h_50962519.jpg


Sharp radiation growth was registered in ground water samples throughout just one day, October 18th, in the area of the crippled Fukushima nuclear power plant. Tritium concentrations, for example, exceeded the admissible values 6,500 times. This is the gravest situation since the 2011 Fukushima accident.
10月18日、機能を失った福島原子力発電所地域の地下水サンプル内の放射能濃度がたった一日で急増した。例えばトリチウムの濃度は認容値の6500倍を超えた。これは、2011年の福島事故以来、最も由々しき状況である。


実際は、
「福島第1原発で汚染水約300トンが漏れたタンクのすぐ北側の観測井戸で17日に採取した地下水から、放射性トリチウムが1リットル当たり79万ベクレル検出されたと18日に東電が発表。16日採取分の同23万ベクレルから3倍以上に上昇した。同原発の井戸で採取した地下水のトリチウム濃度としては最高値。
この井戸で同じ17日に採取した地下水からは、ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質を同40万ベクレル検出。前日の約6500倍に急上昇していた。」
と報道されています。



The area of the nuclear meltdown remains open and is being cooled by flowing water, says an expert in nuclear physics and nuclear power generation, Igor Ostretsov.
メルトダウンした場所はまだ大気に曝され、湧き出てくる水により冷されているのだと、原子力物理、原子力発電の専門家である、イゴール・Ostretsov氏は言います。


"Radioactive water keeps coming and should be stored somewhere, Igor Ostretsov says. They have deployed a great number of tanks there and keep bringing more. There must be no place left by now for still more tanks to store radioactive water in. A lot of water has been naturally spilled out, since the tanks just cannot hold all the water. Workers have recently done something wrong, causing massive water discharge. They’ve built a border dyke 100 metres deep, but subterranean waters are deeper still. This way the radioactive water makes it to the ocean. I can’t make out just why the Japanese are reluctant to take strong measures. Japan is clearly unable to cope with the situation on its own, so what’s needed is an international emergency effort."
「放射能汚染水は出続け、どこかに貯蔵されなければならない」とイゴール・Ostretsov氏は話します。「彼らは大変な数のタンクをそこに配置し、更に持ち込み続けています。今では放射能汚染水を貯蔵するための更なるタンクの置き場所のために残っている場所はもうないはずです。大量の水が自然に溢れ出してしまいました。タンクが全部の水を抱えきれなかっただけのことです。作業員たちは100mの深さの境界防壁を築きましたが、地下水はまだ更に深いのです。このような方法では、水は海へ流れ出してしまいます。私にはただ、なぜ日本が強行手段をとらないのかが理解できません日本が自分たちだけでこの状況に対処することはできないは明らかです。つまり、今必要なのは国際的緊急任務です。」


The Fukushima plant operator, - the Tokyo Electric Power Company, or TEPCO, is incapable of regulating or controlling the processes under way at the nuclear plant, says the co-chairman of the Ekozashchita, or ecological protection, international ecological group, Vladimir Slivyak.
福島原発を管理する東京電力は原発で進行中のプロセスを統制したりコントロールしたりできていないのだ、とEkozashchita-生態保護、国際生態学グロープの共同議長であるウラジミール・Slivyak氏は言います。


"The Company is actually reacting to emergencies as they occur, Vladimir Slivyak says. When something happens, they start considering the situation. In other words, they are absolutely unable to control the situation. By far graver problems may arise at the Fukushima plant than the ones we now know of. Now, Friday’s jump in radiation levels most likely means fresh leaks."
「東電は実に緊急事態が起こるたびに対応に追われています。」と。「何かが起きたとき、その状況を考え始めるのです。言い方を変えれば、彼らは全く状況をコントロールすることができていません福島原発では私たちが今知っていることよりもかなり由々しき問題が起こるでしょう。今では、金曜日に放射能レベルが急増しましたが、これは新しい漏洩を意味しているという可能性が高いのです。」


TEPCO is going to go ahead with its effort to decontaminate soil, to prevent more radioactive leaks from seeping into ground water. Igor Ostretsov again.
東電は更なる放射能漏れが地下水に流れ込むことを防ぐために土壌の除染を試みようとしているのだとも言います。


"The only method to be used is evaporation, but this is not a radical decision, since it is not 100% efficient. In other words, we don’t have absolute technologies."
使用される唯一の方法は蒸発です。しかしこれは抜本的な決断ではありません。100%効率的ではないからです。言い換えれば、私たちには絶対的な技術がないのです。」


Scientists believe thorium power engineering could be a solution. This means any heavy elements are burned down through the use of accelerator. The future of nuclear power production, as well as the doing away with the aftermath of the Fukushima plant accident are due to be addressed by an international conference at the European Nuclear Research Organization, CERN, later this month.
科学者たちはトリウム力工学が解決になる可能性があると考えています。促進剤の使用であらゆる重元素もが焼失するという方法です。原子力発電の将来と福島原発事故の余波の後始末については、今月末のヨーロッパ原子力リサーチでの国際会議、CERNで取り扱われることになっています。





日本にはない技術・能力が他国にある

ということではなく、



未だに利権という私利が優先され

日本にある本来の能力が不当に抑圧されてしまっていることだけなのだと思います。




ロシアの報道も、他の国からの報道も

事実報道を利用して

それぞれの事情(私利)に応じた意図をほのめかしているものが多いですが、



いずれにしても


今まで報道の陰に隠れていた福島問題が隠しきれなくなり


少しずつ世界中で再び報道されるようになり


今まで問題があることなど全く知らずに忘れていた人たちが疑問に思い始め


国際社会での危機感が少しずつ目覚め始めつつある中・・・




日本から聞こえてくる公の発言は、


報道されている事実と逆行し、それらを否定するものばかり。




日本の国内で危機感が萎えていっているのではないかと感じさせられることこそが、


わたしにとっては

何よりの恐怖・狂気です。


DSC_0524.jpg





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1123-746f1fc5

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。