スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

漁師の神様が残したもの

 2013-09-29
abc_australia_logo.jpg


Fukushima leak questions handling of nuclear plant crisis
原発危機取り扱いを疑問視させる福島の漏洩




Australian Broadcasting Corporation
Broadcast: 19/09/2013
Reporter: Mark Willacy


Japan's Prime Minister has visited the crippled Fukushima nuclear plant amid concerns about the leaking of contaminated water into the sea and the handling of the crisis by Japan's government.
汚染水の海への流出、日本政府による危機の取り扱いについての懸念がある中、日本の総理大臣が機能を喪失した福島原発を訪れました。

LEIGH SALES, PRESENTER: Japan's Prime Minister, Shinzo Abe, has visited the crippled Fukushima nuclear plant.
レイ・セールス: 日本の安倍晋三首相が福島原発を訪れました。

His visit came amid rising concerns over the leaking of contaminated water into the sea after an adviser to TEPCO, the plant's operator, admitted the problem was not under control.
この訪問は。東電の顧問が問題はコントロールされていないと認めた後で、海への汚染水漏洩をめぐる懸念の中行われました。


To make matters worse, there's been a serious leak of highly radioactive water from one of the hundreds of storage tanks now filling the site.
更に悪いことに、敷地を埋め尽くしている何百もある貯蔵タンクのうちの1つから、高濃度の放射能汚染水の深刻な漏洩があったのです。


It all raises questions about the competence of TEPCO and the Japanese Government in handling this crisis.
これら全ては、東電と日本政府のこの危機を取り合う能力についての疑問を投げかけています。


The ABC's Tokyo correspondent Mark Willacy reports.
ABCの東京特派員、マーク・ウィラシーがレポートします。


MARK WILLACY, REPORTER: It's 2.30 in the morning and Fumio Suzuki is preparing to cast off in his boat, The Eversu. In Japanese folklore, Eversu is the god of fishermen, but in this post-Fukushima world, Suzuki's protector has seemingly forsaken him, replaced by the demon of TEPCO.
マーク: 今は朝の2:30です。スズキ・フミオさんは自分の船、エビス号を出す準備をしています。日本の民話で、エビスは漁師の神様ですが、それは福島の前の世界のことで、スズキさんの守護神は明らかに彼を見捨てたようです。その代わりに東電の悪魔に置き換えられました。


FUMIO SUZUKI, FUKUSHIMA FISHERMAN (voiceover translation): I think TEPCO has been telling lies from the start, since the nuclear plant exploded. TEPCO tell us there are no problems, but then there are problems. We cannot trust them or the Government.
スズキ: 東電は原発が爆発してから、最初から嘘をついています。東電は問題ない、と私たちに言いました。でも、問題はあるのです。東電も政府も信じられません。」


fisherman1_201309300840557f0.jpg


MARK WILLACY: With at least 300 tonnes of contaminated groundwater flowing from the Fukushima nuclear plant into the sea every day, fishing in these waters has once again been banned.
マーク: 少なくとも300トンの放射能汚染された地下水が福島原発から海に毎日流れ出しています。ここでの漁は再び禁じられました。


The Eversu is just one of two boats allowed out to fish today and whatever they catch will be sent off for radioactive contamination testing.
エビス号は今日漁に出ることを許された2つの船のうちの1つです。彼らが釣ったものは放射能汚染検査のために送られることになります。


Well we've been motoring out to sea for a couple of hours now and as you can see dawn is just breaking and it's quite a beautiful sight, although just 30 kilometres up the coast is the leaking remains of the Fukushima nuclear plant. Now for generations of fishermen who've been coming out to these fishing grounds, it means that their livelihoods are now over because they just cannot go out to sea to catch anything worth selling anymore.
そうです。わたしたちは今ではもう2時間海でモニタリングをしています。お分かりのように正に夜明けです。とても美しい眺めです。しかしながら、ここからちょうど30kmのところにはまだ漏洩のつづいている福島第一原発があります。今では、漁に出てきた何世代もの漁師たちにとって、彼らの生活が終わってしまっているということを意味しています。なぜなら、もはや売るに値するものを獲る為に海に出ることができないからです。


fisherman2_20130930084054175.jpg


With the nets set and the sun rising over a glassy Pacific, all Fumio Suzuki can do now is wait and wonder.
網をかけると、太陽が鏡のように滑らかな太平洋から昇ります。スズキ・フミオさんができることは、今は待ち、どうなるだろうかと思うことだけです。


The problem for these fishermen is that TEPCO is seemingly powerless to stop the contamination reaching the sea and that's not the only crisis. On site are about 1,000 t tanks, some containing highly radioactive water that's being used to cool the melted reactors. Already, one has sprung a serious leak, causing the most severe accidents since the meltdowns two and a half years ago.
漁師たちの問題は、東電が汚染水が海に達することを止める力がないようだということ、そしてそれだけが危機ではないということです。施設内には急いで作った約1000のタンクがあり、いくつかの中には溶けた炉心を冷すために使われている高濃度の放射能汚染水が入っています。既に1つから深刻な漏洩があり、2年半前のメルトダウン以来最も深刻な事故となりました。


KAZUNARI YOSHIMURA, WATER STORAGE SPECIALIST (voiceover translation): There are 340,000 tonnes of contaminated water inside the tanks. TEPCO rushed to build the tanks out of steel, but with the salt and all the radiation, they quite quickly. The rubber seals are also vulnerable to radiation and they decay fast.
貯水専門家のヨシムラ・カズナリさん: そのタンクの中には34万トンの汚染水が入っています。東電はスチールでそのタンクを作ることを急ぎましたが、塩とあらゆる放射能でそれはかなり早く腐食するのです。ゴムで塞ぐのも、放射能には弱く、腐食を早めることにもなります。


fisherman3_201309300840537fc.jpg


MARK WILLACY: At the time of the leak, only two inspectors were checking 900 tanks at any one time, so this highly radioactive leak went unnoticed for a month.
マーク: 漏洩を起こしたとき、たった2人の調査員が900のタンクを一度に確認していました。それで高度の放射能汚染水の漏洩が1ヶ月も見過ごされていたのです。


In this video, an inspector from Japan's nuclear watchdog asks a TEPCO official if the company has been keeping records of tank inspections and radiation readings. "No," replies the TEPCO official.
この動画の中で、日本の原子力監視機関からの調査員が東電の職員に対しタンクの調査と放射能の測定値を記録していたのか尋ねると、「いいえ」という答えが返ってきました。


KAZUNARI YOSHIMURA (voiceover translation): It's a matter of course that you install water gauges on tanks like this, so it's a mystery why TEPCO didn't install gauges so that they could easily tell how much water was inside and if there had been a leak. It's absurd.
ヨシムラ: このようなウォーター・ゲージをつければよいだけです。東電が漏洩を起こしているときに中の水がどのくらいかを簡単に知ることができるゲージをつけなかったのかは謎です。愚かなことです。


MARK WILLACY: Atsunao Marui is one of Japan's top groundwater scientists and a member of a panel set up by TEPCO and the Government to try to find ways of managing Fukushima's growing reservoir of radioactive water. He says putting the nuclear plant on this stretch of coast in the first place was inviting disaster.
マーク: マルイ・アツナオさんは日本の地下水科学者の権威であり、福島の放射能汚染水の増え続ける貯蔵を管理する方法を見出そうとする東電と政府により設立されたパネルの一員です。


ATSUNAO MARUI, GROUNDWATER SCIENTIST (voiceover translation): A river used to flow right where the turbine and reactor buildings are now standing, so the groundwater is flowing very fast through there and it's spreading the contamination. The company should have known this could happen.
マルイ:川はかつて今タービンと原子炉建屋が立っているところに直接流れていました。なので地下水が速いスピードでそこを通り汚染を拡散しているのです。東電はこうなることを分かっていたはずです。


fisherman4_20130930084053874.jpg


MARK WILLACY: But there are warnings the worst is yet to come because it's believed that deep beneath the nuclear plant is a massive underground pool of contaminated water which is slowly making its way towards the sea.
マーク: しかし最悪の事態の警告はまだこれからです。原発の地下深くに、膨大な量の汚染水のプールがあり、ゆっくりと海のほうへ向かっていると考えられているからです。


And now there are warnings from the head of Japan's nuclear watchdog that because room is fast running out, treated water may have to be dumped into the Pacific.
そして今、日本の原子力規制委員長は、貯蔵の余地がすぐになくなるので、処理した水を太平洋に捨てなければならないかもしれないと警告しています。


Back out to sea, off the Fukushima nuclear plant, Fumio Suzuki is hauling in his nets. These waters are where two currents mix and they're rich in marine life.
福島原発沖のその海では、スズキ・フミオさんが網を引いています。ここの海水は2つの海流が交わり、海洋生物が豊富なところです。


fisherman5_2013093008405277a.jpg


Soon the haul of sea brim, squid, sardines and flatfish on the deck. Suzuki and his father begin sorting it, making it easier for the scientists back on land to analyse the contamination by species.
まもなく網はいっぱにになり、イカ、イワシ、カレイがデッキに上がります。スズキさんと彼のお父さんはそれを分別し始めます。陸に戻ったとき科学者たちが種類による汚染の分析をしやすくするためです。


Well once, a haul like this would have earned Suzuki San about $600, but of course these fish are not going to market. We're heading straight back into port where they'll be sorted and put on a truck and taken directly to a laboratory whereof course they'll be tested for radioactive contamination from the Fukushima nuclear plant.
かつて、このような一杯の網はスズキさんにとって600ドルくらいの売り上げでした。しかしもちろんこれらの魚は市場に出ることはありません。私たちは港にまっすぐ戻り、魚を分類し、トラックに載せ、研究所に直接もって行きます。もちろん福島原発からの放射能汚染を検査する研究所へです。


fisherman6_20130930084051b73.jpg


It's been two and a half years since the disaster at Fukushima, but for Fumio Suzuki, there's no end in sight. And the situation could get worse if TEPCO gets its wish to dump some of its growing volume of radioactive water into the Pacific.
福島の災害から2年半経っています。しかしスズキ・フミオさんにとって終わりは全く見えません。そして、東電の、増え続ける汚染水を太平洋に捨てるという願いは、更に状況を悪化させます。


FUMIO SUZUKI (voiceover translation): I totally oppose any dumping. If they release more radioactive water into the ocean, the sea off Fukushima is finished.
スズキ: 私は捨てることには全く反対です。もしこれ以上海に放射能汚染水が放出されたら、福島沖の海は終わってしまいます。


LEIGH SALES: Mark Willacy reporting.
レイ: マーク・ウィラシーがお伝えしました。





トイレなきマンションと言われる原発。

福島原発は、

海洋生物の豊かな福島沖の海を、

トイレ代わりにしています・・・



それにしても、

美しい海です。。


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1116-10d4e389

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。