スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

世界がだまされていた福島汚染水漏れがついに(やっと)露呈

 2013-08-22
bbc_logo.jpg


Fukushima leak is 'much worse than we were led to believe'
福島汚染漏れは「信じ込まされていたよりずっと酷い」


22 August 2013 Last updated at 05:32 ET

By Matt McGrath
Environment correspondent, BBC News

A nuclear expert has told the BBC that he believes the current water leaks at Fukushima are much worse than the authorities have stated.
原子力専門家はBBCに対し、現在の福島原発の汚染漏れは、日本が述べていた状態よりずっと酷いと考えていると話しました。


Mycle Schneider is an independent consultant who has previously advised the French and German governments.
マイケル・シュナイダー氏は以前フランスとドイツ政府の独立コンサルタントをしていた人物です。


He says water is leaking out all over the site and there are no accurate figures for radiation levels.
彼は、汚染水が敷地中に漏れていて、放射能レベルの正確な数値は全く分からないのだと言います。


Meanwhile the chairman of Japan's nuclear authority said that he feared there would be further leaks.
一方、日本の原子力規制委員長は更なる漏洩を恐れていると述べました。


The ongoing problems at the Fukushima plant increased in recent days when the Tokyo Electric Power Company (Tepco) admitted that around 300 tonnes of highly radioactive water had leaked from a storage tank on the site.
進行中の福島原発の問題は、300トンの高度放射性汚染水が敷地内にある貯蔵タンクから漏れていたことを最近になって東電が認めたことで大きくなりました。


Moment of crisis
危機の瞬間



The Japanese nuclear energy watchdog raised the incident level from one to three on the international scale that measures the severity of atomic accidents.
日本の原子力監視機関は原子力事故の深刻さを測る国際的規模をレベル1から3に引き上げました。


This was an acknowledgement that the power station was in its greatest crisis since the reactors melted down after the tsunami in 2011.
これは、原発が2011年の津波の後メルトダウンして以来最大の危機にあるということです。


But some nuclear experts are concerned that the problem is a good deal worse than either Tepco or the Japanese government are willing to admit.
しかし、原子力専門家の中には、その問題が、東電や日本政府が快く認めるものよりもかなり悪いものだと懸念しています。


They are worried about the enormous quantities of water, used to cool the reactor cores, which are now being stored on site.
彼らは今では敷地に格納されている原子炉を冷すために使われている膨大な量の水について心配しています。


Some 1,000 tanks have been built to hold the water. But these are believed to be at around 85% of their capacity and every day an extra 400 tonnes of water are being added.
1000かそこらのタンクが汚染水を貯蔵するために建てられています。しかしこれらは85%くらいのキャパしかないと考えられていて、毎日新たに400トンの水がこれに加わるのです。


_69415265_tanks_reuters.jpg


"The quantities of water they are dealing with are absolutely gigantic," said Mycle Schneider, who has consulted widely for a variety of organisations and countries on nuclear issues.
「彼らが扱っている水の量は、それはそれは膨大なものです。」と様々な組織や国で原子力問題について広く顧問をしているマイケル・シュナイダー氏が話しました。


"What is the worse is the water leakage everywhere else - not just from the tanks. It is leaking out from the basements, it is leaking out from the cracks all over the place. Nobody can measure that.
「何が酷いかといえば、他のあらゆるところで水が漏れていることです。タンクからだけではありません。地下から、あらゆる場所のひびから漏れ出しているのです。誰もそれを測定することができません。


_69414872_fukushima_timeline_624.jpg



"It is much worse than we have been led to believe, much worse," said Mr Schneider, who is lead author for the World Nuclear Industry status reports.
それは、私たちが信じ込まされていたことよりはるかに酷いものです。ずっと酷いです。」と世界原子力業界の状況報告の著者であるマイケル・シュナイダー氏は言いました。


At news conference, the head of Japan's nuclear regulation authority Shunichi Tanaka appeared to give credence to Mr Schneider's concerns, saying that he feared there would be further leaks.
新たな会見で、日本の原子力規制委員長の田中俊一氏はシュナイダー氏の懸念を明らかに裏付けました。更なる漏洩を怖れていると発言したのです。


"We should assume that what has happened once could happen again, and prepare for more. We are in a situation where there is no time to waste," he told reporters.
「我々は、一度起きたことはまた起きる可能性があると思うべきであり、もっと備えるべきである。無駄にする時間はない状況にあるのだ。」とレポーターに話しました。


The lack of clarity about the water situation and the continued attempts by Tepco to deny that water was leaking into the sea has irritated many researchers.
汚染水状況の明確さの欠如と、東電の海への汚染水漏れを否定するという絶え間ない試みは、多くの研究者を苛立たせています


Dr Ken Buesseler is a senior scientist at Woods Hole Oceanographic Institution who has examined the waters around Fukushima.
ウッズ・ホール・海洋研究所のケン・Buesseler氏は、福島付近の海水を調べてきた科学者です。


"It is not over yet by a long shot, Chernobyl was in many ways a one week fire-explosive event, nothing with the potential of this right on the ocean."
「全く終わっていません。チェルノブイリは多くの意味で1週間の火災爆発事故でした。直接海に漏れるという可能性は全くなかったのです。」


"We've been saying since 2011 that the reactor site is still leaking whether that's the buildings and the ground water or these new tank releases. There's no way to really contain all of this radioactive water on site."
「2011年以来ずっと私たちは原子炉の現場で、建屋か地下水、あるいは新しいタンク漏れでまだ漏洩が続いていると言ってきたのです。現場の放射性汚染水すべてを本当に食い止める方法はないのです。」


"Once it gets into the ground water, like a river flowing to the sea, you can't really stop a ground water flow. You can pump out water, but how many tanks can you keep putting on site?"
「一度汚染水が地下水に入り込むと、川が海に流れるがごとく地下水の流れを止めることは本当にできないのです。水をくみ上げることはできますが、敷地にいくつのタンクを置き続けることができますか?」


Several scientists also raised concerns about the vulnerability of the huge amount of stored water on site to another earthquake.
何人かの科学者たちはまた、現場に蓄えられている巨大な量の水の次の地震に対する脆弱性を懸念をあげています。


tank_20130823154534fc6.jpg


New health concerns
新たな健康に対する懸念



The storage problems are compounded by the ingress of ground water, running down from the surrounding hills. It mixes with radioactive water leaking out of the basements of the reactors and then some of it leaches into the sea, despite the best efforts of Tepco to stem the flow.
貯蔵の問題は、周辺の丘から流れ込む地下水の浸入によりいっそう酷くなりました。その水は原子炉地下から漏れ出した放射性汚染水と混ざり、東電の流れを止めようという最大の努力にも関わらず、そのうちのいくらかが海に滲出します。


Some of the radioactive elements like caesium that are contained in the water can be filtered by the earth. Others are managing to get through and this worries watching experts.
その水に含まれているセシウムのようないくつかの放射性要素は地面で取り除かれます。他のものはそのまま流れ出し、それが監視している専門家を心配させているのです。


"Our biggest concern right now is if some of the other isotopes such as strontium 90 which tend to be more mobile, get through these sediments in the ground water," said Dr Buesseler.
「現在の最も大きな懸念は、もし、他のストロンチウム90のような移動しやすい核種が地下水の堆積物に吸収されたら、ということです。」とBuesseler博士は言いました。


"They are entering the oceans at levels that then will accumulate in seafood and will cause new health concerns."
それらは海に入り、海産物に蓄積し、新たな健康被害が懸念されることになるでしょう。」


There are also worries about the spent nuclear fuel rods that are being cooled and stored in water pools on site. Mycle Schneider says these contain far more radioactive caesium than was emitted during the explosion at Chernobyl.
また、現場の燃料プールの水中にある冷し続けられている使用済み核燃料棒についても心配です。マイケル・シュナイダー氏は、これらがチェルノブイリの爆発の際に放出したものよりずっと多い放射性セシウムを含んでいると言います。


"There is absolutely no guarantee that there isn't a crack in the walls of the spent fuel pools. If salt water gets in, the steel bars would be corroded. It would basically explode the walls, and you cannot see that; you can't get close enough to the pools," he said.
「使用済み燃料プールの壁にひびが入っていないという確証は全くないのです。もし塩水が入れば、スチールの棒は腐食します。それが基本的には壁を破裂させます。そしてそれは見ることができないのです。プールに十分近づくことができないのです。」と彼は話しました。


The "worsening situation" at Fukushima has prompted a former Japanese ambassador to Switzerland to call for the withdrawal of Tokyo's Olympic bid.
福島で「悪化する状況」から、元スイス大使は東京オリンピックの勧誘を辞退するように促がしています。


In a letter to the UN secretary general, Mitsuhei Murata says the official radiation figures published by Tepco cannot be trusted. He says he is extremely worried about the lack of a sense of crisis in Japan and abroad.
国連事務総長へ宛てた手紙でムラタ・ミツヘイ氏は東電が正式に発表している放射能の数置は信頼できないと言っています。彼は日本と海外において、危機意識の欠如についてとても心配しているのだと述べています。


This view is shared by Mycle Schneider, who is calling for an international taskforce for Fukushima.
この考えを、国際特別調査団を福島に求めているマイケル・シュナイダー氏も共有しています。


"The Japanese have a problem asking for help. It is a big mistake; they badly need it."
「日本は助けを求めることに問題を感じています。それは大きな間違えです。彼らはそれがどうしようもなく必要なのです。」






こういう時に

美しい国の総理大臣が

夏休みでゴルフを堪能していることがNHKのニュースで伝えられるのは



なんというか

現実のことと思えません。。。


なぜ

このような絶望的な緊急時に


当事国より他国の報道の方が深刻さを伝えているのでしょうか?



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1106-e55a7554

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。