スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本が実行すべき6つのこと

 2013-08-15
bloomberg_logo.jpgjapan_times_logo.jpg


Abe’s Japan Is Blind to Scary Nuclear Reality
おそろしい放射能の現実に目を閉じる阿倍率いる日本
Aug 12, 2013 2:00 PM PT

Fukushima replaces economy as Abe’s legacy issue
安倍首相の歴史的評価、鍵は経済より原発事故対応-ペセック

**日本語記事に記載されていない箇所は追加で私訳しています。


BY WILLIAM PESEK (Bloomberg View columnist based in Tokyo)
BLOOMBERG

Forget Abenomics. Ignore Shinzo Abe’s efforts to rejuvenate Japan’s diplomatic and military clout. Look past the quest to rewrite the Constitution. History will judge this prime minister by one thing alone: what he did, or didn’t do, to end the worst nuclear crisis since Chernobyl.
8月13日(ブルームバーグ):アベノミクスは忘れよう。日本の外交・軍事面での影響力を再び高めるための取り組みも無視すべきだ。安倍晋三首相の歴史的評価は、チェルノブイリ事故以来最悪の原子力発電所危機を収拾するために何を実行したか、何をしなかったかというその一点で決まる。


It’s mind-boggling how disengaged Japan’s leaders have been since their “BP moment” — the March 2011 near-meltdown at the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant. Abe’s predecessors Naoto Kan and Yoshihiko Noda virtually ignored the radiation leaks and spent fuel rods sitting 217 km from Tokyo.
驚かされるのは、2011年3月の福島第一原子力発電所のメルトダウン(炉心溶融)事故以降、日本のリーダーの関心がいかに薄れたかということだ。菅直人元首相や野田佳彦前首相は、東京から217キロの距離にある福島原発の放射能漏れや使用済み核燃料棒を事実上無視していた。


In December, Abe became the third prime minister to pretend all was well at Fukushima after a devastating earthquake and tsunami that flooded the plant.
昨年12月に就任した安倍首相も福島原発の処理は万事順調だと装う3人目の首相となった。


The official line on Fukushima is depressingly familiar: The folks at Greenpeace International are trouble makers bent on scaring Japanese; the alarmists at the World Health Organization should mind their own business; the international news media needs to discover decaffeinated coffee. Nuclear power is clean, safe and — most important, now that a weakened yen has driven up energy bills — cheap.
福島についての公式報道は気が滅入るほどにありふれている。グリーンピース・インターナショナルは日本人を脅かすことに熱心な問題児たち。世界保健機構の警告者たちは、自分たちの仕事を心がけるべきである。国際ニュースはカフェインを抜いたコーヒーを発見するべきである。原子力はクリーンで安全で、そして最も重要なことは、円安でエネルギー費がかさんでいるのに--安い。。。


Reality made an inconvenient reappearance last week. Mounting evidence that radioactive groundwater is gushing into the Pacific Ocean forced Abe to admit that plant owner Tokyo Electric Power Co. Inc. isn’t up to the task of containing the disaster.
そうした中で現実が先週、不都合な形で再び表面化した。放射能に汚染された地下水が太平洋に流れ込んでいる証拠が相次ぎ、安倍首相は東京電力 に問題の収拾を一任しないことを認めざるを得なくなった。


Under international pressure, he pledged the government would “make sure there is a swift and multifaceted approach in place” to stop the leak.
国際的な圧力を受け、首相は流出に歯止めをかけるため政府が速やかに多面的なアプローチを確実に取ると言明した。


Pardon me for doubting Abe’s seriousness. It’s not just the sketchiness of the suggested remedy: freezing the ground around Fukushima, a tactic scientists fear will prove inadequate. It’s not the fact that nuclear regulators remain more focused on restarting reactors than on neutralizing the one that’s polluting North Asia.
安倍首相の本気度を疑うのは申し訳ないが、提案された改善措置は大ざっぱで、地下水凍結という方法は不十分だろうと科学者は懸念している。原子力の規制当局は北アジアを汚染する原子炉を廃炉にすることよりも運転再開にまだ集中しているようだ。


HIK1xAqVTK2snzeSsP4nW+KAUku2pdZ5VthUxGLWnjp6P5rCsLo94acE1ihkh3gx0OkEDX.jpg


It’s not that no one at Tepco has gone to jail or been shamed. (BP Plc’s former chief executive officer, Tony Hayward, was fired and sued over the 2010 oil spill in the Gulf of Mexico.) Tepco is leaking something far worse and lying through its teeth. Yet it hasn’t been nationalized, and its executives remain in their offices.
東電のだれも投獄されていなければ罪悪感も示していない。-BPの前最高経営責任者のトニー・ヘイヤードは解雇され2011年のメキシコ湾でのオイル漏れを巡って告訴された。東電はもっと悪いものを垂れ流しながら真っ赤なうそを言っている。にもかかわらず東電は国有化されていないし、役員陣は職にとどまったままだ。


No, my real worry is that official Japan is still stuck on “how” Fukushima became synonymous with Chernobyl, not “why” it happened or “what” it means for the world.
だが、私が本当に心配なのは、こうしたことではない。日本の当局は福島が「どのようにして」チェルノブイリと同義語になったのかという問題で行き詰まり、「なぜ」発生したのかや、世界にとってそれが「何を」意味するのかを考えていない点が心配なのだ。


The “how” is the stuff of the gods, according to conventional wisdom. The event Japanese call 3/11 was an act of the heavens that no one could have foreseen. There was no way to plan for it, no way Tepco could have known not to place all of its backup generators in the same place underground, just steps away from the sea in a tsunami-prone nation.
「どのように」ということは神のなすことだと世間一般には思われている。311と呼ばれる日本での出来事は天がなしたことで、誰も予測できなかったと。そのために計画をする術はなく、津波の起こりやすい国の海から数歩のところの地下にバックアップ発電機の全てを置くべきではなかった、と知る術が東電にはなかったと。

This storyline ignores the “why.” Fukushima was a preventable, man-made disaster stemming from the worst conformist tendencies of Japan Inc. Look, if executives got together globally and created a Hall of Shame for the greedy, corrupt and clueless along them, Tepco would deserve its own wing. All Enron Corp. and Bernie Madoff did was manufacture fake profits. Tepco fudged its safety record and put the lives of tens of millions of people at risk.
福島の事故は日本株式会社の体制順応的な傾向に起因する人災で、回避可能だった。もし、経営者たちが世界中で結束し、そのどん欲さと腐敗、無能さという恥の殿堂を築くのであれば、東電もその一派に値するであろう。エンロン社やバーナード・ローレンス・マドフは偽の営利製造者だった。東電は安全性の記録をごまかし、数千万人の命を危険にさらした


But it takes a village to breed such a corrupt and dangerous system. Tepco got away with its negligence for years because of the cozy ties between power companies and the regulators, bureaucrats and researchers that champion the industry — the “nuclear village.”
腐って危険なこんなシステムを増殖させるのは「原子力村」だ。電力会社と規制当局、官僚、原子力産業を擁護する研究者との癒着によって東電は長年、怠慢に対して何の罰も受けないで済んでいた。


Backed by its connections, money and control of the media, Tepco has brazenly continued to cook its radiation data for the last two and a half years. It matters little that the government is finally commandeering Tepco’s cleanup: The government is Tepco.
こんな関係やカネ、メディアへの影響力に裏打ちされた東電は、この2年半にわたり放射能汚染データをごまかし続けてきた。東電の汚染水対策を政府がようやく代行することになっても大したことではない。政府は東電なのだから


Abe’s Liberal Democratic Party is blinded by dollar signs. In May, Abe visited Turkey to help close a $22 billion deal for Japan to build nuclear power plants in that seismically active nation. That kind of cash makes power companies virtually untouchable. And it raises doubts about Tepco’s admission that 300 tons of water laced with strontium and other particles is pouring into the Pacific each day. One can’t help but wonder if the leak is of a much greater magnitude.
阿倍自民党は$$に盲目だ。5月にトルコに訪れ、その地震活動の活発な国に原子力発電所を建てるのに、日本にとって220億ドルの取引の手助けをした。この種の現金は、電力会社を実質的に無敵なものにする。そしてこのことは、東電がストロンチウムや他の(放射性)粒子を含む汚染水を300トンも毎日太平洋に流出していることを認めたことについても疑念を抱かせる。汚染水流出はもっとかなり大きな規模なのではないかと疑わずにはいられない。


nuclear-protest-turkey-560x315.jpg
Two years after the Fukushima nuclear meltdown in Japan, the Turkish government is moving ahead with nuclear power despite public opposition.


It’s time for the government to face reality and do six things: decommission Fukushima; invite independent auditors from overseas to assess the magnitude of the damage; admit the surrounding area might not be safe for inhabitants, fishing or farming for decades; scour the world for innovative solutions; break up the nuclear village; and level with the Japanese about cleanup costs that will be in the hundreds of billions of dollars.
日本政府は今こそ現実を見詰め、以下の6つを実行すべきだ。

1.まず原発の廃炉。

2.被害の規模を評価する独立監査人を海外から招致。

3.周辺地域が数十年間にわたり居住や漁業、農業には安全でない可能性を認めること。

4.革新的な解決策を世界中で模索。

5.原子力村の解体。

6.何百、何十億ドルもかかるであろう多額の汚染対策費用について日本国民に真実を伝えること


That brings us to the “what.” Fukushima is a growing embarrassment for Japan on the international stage. Oceans don’t have boundaries. Radioactive traces have been found in bluefin tuna — not to mention on secondhand cars and auto parts imported by Russia from Japan.
こうすることで、世界にとって「何」を意味するかという問題に行き着く。国際舞台では福島はますます日本の不名誉になりつつある。海に境界はない。放射性物質はクロマグロから検出されている。日本からロシアに輸出された中古車や自動車部品は言うまでもない。


Another earthquake — a live possibility — could damage Fukushima anew or take out another reactor between now and the 2020 Summer Olympics that Tokyo hopes to host. The world won’t give Japan a pass twice on what would have been a perfectly preventable disaster.
もう一度大地震に見舞われれば福島に再び被害が出て、東京が開催を希望する2020年の夏季五輪までにさらに原子炉が打撃を受ける恐れがある。世界は全く回避可能な大惨事について日本の言い分を2度も認めることはない。


Analysts are rating Abe on his success in cleaning up Japan’s finances. Posterity will judge him on whether he cleaned up the mess Tepco and the nuclear village have created.
アナリストは安倍首相による日本の財政健全化に向けた取り組みを評価しているが、後世の人々は東電と原子力村が作った惨事の後始末をしたかどうかで首相の手腕を判断するだろう。





やっと、ブルームバーグに、このような記事がでるようになったようです。

このタイミングというのはなんなんでしょう。。。。。


今まで目を背けていたのは東電と政府だけではないのに・・・


せめて


一刻も早くこの6つのことを実現して

真の出発地点に立ちたいものです。



もうすぐ2年半です・・・




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1103-27e7c849

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。