スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

部屋の中のぞう~全ての健康障害は放射能の影響とは関係ありません

 2013-06-09
japan_focus_logo.jpg  independent_logo.jpg


Life and Death Choices: Radiation, children, and Japan’s future
生死を分ける選択—放射線、子どもの健康、そして日本の未来


Two years after the start of Japan’s nuclear disaster, parents fear for their children’s future.
放射能災害が始まってから2年、子どもたちの将来を懸念する親たち


June 2, 2013

David McNeill

Like most fathers, Fujimoto Yoji frets about the health of his young children. In addition to normal parental concerns about the food they eat, the air they breathe and the environment they will inherit, however, he must add one more: the radioactive fallout from a major nuclear disaster.
ほとんどの父親のように、フジモト・ヨウジさんは自分の幼い子どもたちの健康について悩んでいます。しかしながら彼の場合、子どもたちが食べる食物、子どもたちが吸う空気、子どもたちが受け継ぐ環境についての通常の親の心配にもう1つ加えなければならないのです。放射能過酷災害からの放射性降下物です。


Three days after meltdown began at the Fukushima Daiichi nuclear plant on 11 March, 2011, Fujimoto moved his two daughters, then aged four and three, to safety hundreds of kilometers away. In December, 2012 the eldest of the two was diagnosed with adenoidal cysts, the prelude to a type of cancer that often strikes the salivary glands. “I was told by the doctor that it’s very rare,” he says.
2011年3月11日、福島第一原発でのメルトダウンが始まって3日後、フジモトさんは4歳と3歳の2人の娘を数百キロ離れた安全なところに移しました。2012年12月には、一番年長の2人がしばしば唾腺に発症する種の癌の前兆であるアデノイド包嚢と診断されました。「それがとても稀なものであると医師に告げられました。」とフジモトさんは言います。


Although Mr Fujimoto and his family were in Chiba Prefecture, over 100km (60 miles) from the nuclear plant and in the opposite direction from the worst of the fallout, he believes his daughter inhaled enough radiation to cause her illness. “I’m convinced this is because of the Fukushima accident.”
フジモトさんと家族は原発から100km以上離れた降下物が最も酷かったところから反対方向の千葉県にいましたが、自分の娘が病気を引き起こすのに十分な放射能を吸い込んでしまったのだと思っています。「これは福島原発の制だと確信しています。」


On May 31, 2013 the United Nations said it did not expect to see elevated rates of cancer from Fukushima, though it recommended continued monitoring. The report by the U.N. Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation said prompt evacuation meant the dose inhaled by most people was low. But that assessment was at odds with a report by the World Health Organization in February that warned of an elevated cancer risk.
2013年5月31日に国連は、引きつづきモニタリングを薦めながらも、福島事故から発癌率の上昇が見られるとは思われない、と述べました。原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)による報告は、迅速な避難がほとんどの人たちの吸い込んだ(放射性物質)量が少なかった事を意味しているだと述べました。しかし、その評価は、2月に世界保健機関(WHO)により報告された発癌リスクの上昇を警告したものと合致しないものです。


Tokyo Electric Power Co., operator of the Daiichi plant, estimates the final tally for escaped radiation at 900,000 terabecquerels, about one-fifth the amount released by the Chernobyl accident in 1986. Most was vented in the first three weeks after the Fukushima meltdown began. Critics of the utility say the estimates are far too low.
福島第一東京電力の経営する東京電力は、(事故で)放出された放射能が最終的に90万テラベクレルで、1986年のチェルノブイリ事故のときに放出された量の1/5だと推測しています。そのほとんどが福島のメルトダウンが始まってから初めの3週間にベントされました。電力会社を批判するものたちは、その予測値が低すぎると言います。


The precise impact of this radiation is bitterly contested, but at least one finding from Chernobyl seems consistent – elevated rates of thyroid cancer in children. The Chernobyl Forum, a 2003-05 United Nations-led study, cited close to 5,000 cases of thyroid cancers among those exposed under the age of 18 in the most affected areas, probably from drinking contaminated milk. Many scientists believe it takes four to five years before the cancers develop.
この放射能の確かな影響については、痛烈に議論されていますが、少なくともチェルノブイリからの発見は一貫しているように思われます。― 子供に見られる甲状腺発癌率の上昇です。国連主導の2003-2005年におこなわれた研究、チェルノブイリフォーラムは、ほとんどの被災地で被曝した18歳以下の子供たちの間で、甲状腺癌は5000件近くだったと主張しました。多くの科学者たちは、発癌するまでに4~5年かかると考えています。


Although rumors of a spike in cancers, birth defects and abnormalities have swirled in the quarter century since Chernobyl, the UN found “no clearly demonstrated” rise in other cancers among affected populations. But that assessment has been widely questioned. “There is extensive documentation of other effects,” says Steve Wing, a renowned epidemiologist at the University of North Carolina.
癌、先天性欠陥、異常がチェルノブイリ事故以来四半世紀で渦巻いているといううわさにもかかわらず、国連は被災地の住民の中に他の癌の発症が上昇する事が「明確に示される事はない」としました。しかしその評価は広く疑問視されています。「他の効果について幅広い文書がある」のだとノースカロライナ大学の有名な伝染病学者であるスティーブ・ウィング氏は言います。


wing_2.jpg


Dr. Wing accepts that estimating the number of Chernobyl-induced cancers with any precision is not possible, “in large part because of a lack of monitoring of the radiation doses to downwind populations”, and because cancer estimates are largely based on “highly flawed” studies of A-bomb survivors.
ウィング博士は正確にチェルノブイリが引き起こした癌の数を推測するのは不可能だと認めています。「風下の住民の被曝量のモニタリングの欠如によることがその大きな原因です。」そして、発癌予測は原爆生存者についての欠陥だらけの研究を主に基本にしているからです。


But he says parents like Mr. Fujimoto have reason to worry. “We know that doses to populations are both un-quantified by the official agencies, that evidence suggests relatively high doses, and that children and women are more vulnerable to radiation. So the questions and deep concerns for the people in Fukushima will continue for the rest of their lives.”
しかし彼は、フジモトさんの様な両親が心配するには理由があるのだと言います。「比較的高いと証拠が示している住民の被曝量が公の機関により定められていないことと、子どもと女性が放射能に対してより影響を受けやすいということは分かっています。なので、福島の人々の疑問と深い懸念はこれからの生涯ずっと続くでしょう。」


babyradioactive-1.jpg


That assessment is supported by Dr Alexey Yablokov, a Russian biologist who published "Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment,” a hotly disputed assessment of the disaster.
この評価は、ロシアの生物学者で、災害の評価について激しく議論されている「チェルノブイリ:その惨事が人々と環境に与えた結果」を発表したアレクシー・ヤブロコフ博士により支持されています。


Dr. Yablokov was in Japan in May to promote the Japanese translation of the book, which insists that the health impact of Chernobyl has been seriously underestimated. He didn’t soften his message for his audience in Tokyo. “I expect a growth in the numbers of thyroid cancers in Japan from next year,” he said.
ヤブロコフ博士は、チェルノブイリの健康へ与えた影響が深刻に過小評価されてきたと主張する、日本語翻訳された本を広めるために5月に日本に来ていました。彼は東京の聴衆に、そのメッセージを和らげることはありませんでした。「私は、来年日本で甲状腺の数が増えると思っています。」




ゴルバチョフ大統領は、

「チェルノブイリがソビエト連邦の終焉の始まりとなった。
あのような規模のどんな原子力の惨事もが、膨大な政治的結果を招き得るものだ」

と何回も話していた。

Critics say one problem with Chernobyl research is that the then Soviet government initially tried to play down the disaster, skewing the statistics. The government of Fukushima Prefecture has promised lifelong health checks for 360,000 people under-18 at the time of the disaster.
批評家たちは、チェルノブイリ調査についての1つの問題が、当時のソビエト政府が当初災害を小さく見せようとし、統計を歪めていたことだ、と言います。福島県は災害当時に18歳以下だった36万人の子供たちの生涯にわたる健康調査を約束しています。


In February, the government said it had found just three cases of thyroid cancer after checking 38,000 people, a figure Suzuki Shinichi, Professor of thyroid surgery at Fukushima Medical University, said was statistically insignificant. “It’s difficult to imagine that there is a relationship between the cancer and the nuclear accident,” he said, to widespread scorn from parents.
2月に日本政府は、3万8000人を検査した後で3人に甲状腺癌が見つかったと述べました。福島医大の甲状腺外科教授の鈴木俊一氏は、その数が統計的に取るに足らないものである、と話しました。「その癌と原発事故の間に関係があるとは考えにくい。」と言い、子どもたちの親に広く嘲笑されました。

6月6日の報道では、検査を受けた175,499人のうち新たに9人、計12人が甲状腺癌疑いは計15人。そして、まだ半数以上検査自体をうけていません。。おまけに二次検査対象者1140人のうち719人(半分以上)がまだ二次検査を終えてもいない。。。

130606~3 130606~1

130606~3



Nishitaka Kanako, a single mother of two, says many have no faith in government surveys. Born and raised in Fukushima city, about 60km from the nuclear plant, she moved away in May 2011 after doctors found cesium in her daughter Fuu’s body. “I was told it was about the same amount as people exposed to nuclear bomb tests,” she recalls. “The scientists who do these surveys tell us to move back home but I wonder if they would take their own children to Fukushima?”
2人の子供を持つシングルマザーのニシタカ・カナコさんは、多くの人が県の調査を全く信頼していないのだと言います。原発から約60kmの福島で生まれ育った彼女は、医師が娘のフウちゃんの体にセシウムを見つけた後で、2011年5月にその地から移りました。「原爆実験で被曝した人々と同じ量だと告げられました。」彼女は振り返ります。「これらの調査をする科学者たちは家に戻るように言いますが、自分たちの子どもをはたして福島へ連れてくるだろうかと疑問に思います。」


Many parents point to a recent finding that over 40 per cent of nearly 95,000 children checked by Dr Suzuki’s team had thyroid ultrasound “abnormalities”. About 35 per cent had nodules or cysts on their thyroids.
多くの親たちは、鈴木氏のチームによる甲状腺エコーを受けたほぼ9万5000人の子どもたちの40%に「異常」が見つかっているのだと指摘します。約35%の甲状腺に結節と嚢胞が見つかりました。


The cysts and nodules are not cancers but they point to an inevitable spike in future health problems, says Mr Fujimoto – a view contested by the government. “I have absolutely no faith in what the Fukushima government is saying,” he retorts. “They want people to go back and live there so they clearly want to keep a lid on the impact of the disaster.”
結節と嚢胞はがんではありませんが、将来の健康問題の上昇を避けられないものだと彼らは指摘しているのだ、と藤本さんは言います。それは県に異議を唱える見解です。「福島県が言っていること事は絶対信じられません。」と反論します。「彼らは人々に戻って生活して欲しいのです。そして災害の影響にふたをし続けたいのです。」


Parents accuse government scientists of making their minds up before the survey began – Professor Suzuki’s team said last July that their aim was “to calm the anxiety of the population.”
親たちは、県の科学者たちが調査を始める前から決断していたことを非難します。鈴木教授のチームは去年の7月、自分たちの目的が、「住民の不安を鎮めるため」だと述べたのです。


Iwata Wataru, who heads a non-profit group that measures radiation, believes that’s an abuse of science. “A scientific study is normally designed to detect an effect and lead the investigator to accept or reject a stated hypothesis,” he said. “In this case, they have a strong prior belief that there is no physical effect of exposure.” Iwata wants more independent testing.
放射線を測定している非営利団体の代表であるイワタ・ワタルさんは、それが科学の悪用だと考えています。「科学的研究は普通、影響を検出し、調査員たちが言及されている仮説を受け入れるか否定するかを導くように立案されるものです。今回の場合、彼らは被曝による肉体的影響がないという強い思いが先立っているのです。」イワタさんは独立した検査をもっと行いたいと考えています。


In the absence of a consensus on the likely impact of the Fukushima accident, the debate has hardened into two sides: people like Fujimoto and Iwata who say the authorities are playing down or even covering up the disaster, and the increasingly vocal official view that their worries are overblown. Those who stray too far from the official line risk being accused of fear-mongering.
福島原発事故からありえる影響についてコンセンサスが得られないなか、議論は2つに固まっています。フジモトさんやイワタさんのように、政府が災害を小さく見せている、あるいは隠蔽さえしている、というものと、行政側が口にすることが多くなってきている考え、その様な心配は大げさである、という2つです。行政の考えから離れすぎる人々は、不安を煽っていると非難されています


That criticism misses the point, says Mochizuki Iori, author of the blog Fukushima Diary. “I was exposed in the first week,” he writes. “It’s irreversible. Not so many people can share this feeling in the world. I check my thyroid, lymph and symptoms of other things that I don’t even want to mention.”
この批判はポイントをはずしている、と「フクシマダイアリー」のブログ著者であるモチズキ・イオリさんは言います。「私は第1週目に被曝した。」と彼は書いています。「後戻りはできないもの。世界中でこの気持を共有できる人はそんなにいない。甲状腺、リンパ、話したくもないほかの症状の検査をしている。」


Doctors say children’s thyroids, which help regulate the body’s metabolism, are especially sensitive to radioactive iodine. The gland is very active during childhood development. A study published last year in the International Journal of Cancer found elevated risks of thyroid cancer in childhood survivors of Hiroshima and Nagasaki, 50 years after they were exposed to radiation. The study found over a third of 191 thyroid cancers in adults who were children at the time of the bombing were probably due to exposure.
医師たちは、子どもの甲状腺は体の新陳代謝を規制する働きをし、特に放射性ヨウ素に敏感であると言います。甲状腺は子供の時成長がとても活発です。去年、癌国際ジャーナルで発表された研究から、広島・長崎の時子どもだった生存者に甲状腺癌の危険性が上昇したことが、被曝してから50年後に分かりました。その研究は、爆弾投下の際、大人と子どもだった191人の甲状腺癌患者が、被曝によるものだろう、としています。


Whatever the scientists say, Mr. Fujimoto insists he won’t be persuaded by government reassurances that it is safe to return to Fukushima. “There is so much information not getting out at the moment. It will be too late for my children when it is eventually released.”
科学者たちがなんと言おうと、フジモトさんはフクシマに戻るのが安全なのだという政府の保証に説得されることはない、と主張します。「今世に出ている情報があまりないのです。それが最終的に発表されたときは、わたしの子どもたちにとっては手遅れとなるでしょう。」






Elephant in the room...

elephant in the room


Dainoaurくらいになれば、

T-Rex_Drumheller_Alberta.jpg



無視できないかな?




大きな力が描いたシナリオを、



なんとしてでも崩したいと思うのですが。。。



恐竜の登場を待つしかないのでしょうか。。。


スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1069-d5f07318

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。