スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

カナダ民主主義の危機

 2013-06-02
macleans_logo



When science goes silent
科学者が静まるとき


With the muzzling of scientists, Harper’s obsession with controlling the message verges on the Orwellian
科学者たちを口止めし、ハーパー妄想はオーウェリアン(全体主義-個人の全ては全体に従属すべきとする思想または政治体制の一つ)になろうとしている。



by Jonathon Gatehouse on Friday, May 3, 2013 5:00am


silence.jpg


As far as the government scientist was concerned, it was a bit of fluff: an early morning interview about great white sharks last summer with Canada AM, the kind of innocuous and totally apolitical media commentary the man used to deliver 30 times or more each year as the resident shark expert in the federal Department of Fisheries and Oceans (DFO). So he sent an email off to Ottawa notifying department flaks about the request, and when no response had been received by the next morning, just went ahead and did it.
去年の夏の大型サメについてのカナダAM(CTV)との朝早いインタビューは、ある意味無害で、全く政治的意義のないメディア実況中継で、カナダ水産海洋省(DFO)の地元サメ専門家として毎年その男性は30回以上解説していました。なので、彼はオタワにEメールを送り、(TV局からの)リクエストについて水産海洋省に通知しましたが、何の返答もなかったので、翌朝、テレビ局に行き、出演したのでした。


After all, in the past such initiative was rewarded. His superiors were happy to have him grab some limelight for the department and its research, so much so they once gave him an award as the DFO’s spokesperson of the year. But as he found out, things have changed under Stephen Harper’s Conservatives. Soon after arriving at his offices, the scientist was called before his regional director and given a formal verbal reprimand: talk to the media again without the explicit permission of the minister’s office, he was warned, and there would be serious consequences—like a suspension without pay, or even dismissal.
過去には、その様な自発性は報われたのです。彼の上司は水産海洋省とその調査が脚光を浴びることになるのをとても喜び、その年のDFOスポークスマンとして表彰しました。しかし彼は、ステファン・ハーパー保守党政権の下では、変わってしまったことを知りました。彼がオフィスに着くやいなや、彼は支局長の前に呼び出され、正式な口頭での叱責を受けたのです。大臣室からの明確な許可なしに再びメディアに話をすれば、深刻な結果を及ぼす、と警告されたのです。給与停止、あるいは退去


“He can’t understand it. The interview was of no consequence and had absolutely no relevance to government policy,” says Gary Corbett, president of the Professional Institute of the Public Service of Canada (PIPSC), the union that represents 30,000 government researchers, technicians and science support workers. “It really burst his bubble. They’ve taken away the impetus to educate the public.” Corbett shared details of the incident for the first time with Maclean’s but not the scientist’s identity, for fear he might face further sanction. It’s just one of many such stories of muzzled federal scientists and suppressed research that are being brought to the union’s attention, he says. All against the backdrop of sweeping cuts to water, air and wildlife monitoring programs, a total restructuring of federal environmental reviews, and the downloading of responsibility for lakes and rivers to the provinces. “It’s almost like this government doesn’t want any of this stuff to be open to public discussion,” says the union leader. “What we’re seeing is a total lockdown.”
「彼は理解していません。そのインタビューは、何の影響もなければ、政府の政策と全く関連がないのは確かです。」3万人の政府研究者、技術者、科学支援員を代表する労働組合であるカナダ公益事業専門家学会(PIPSC)のギャリー・コルベット会長は話します。それは彼の幻想を本当に打ち砕きました。彼の人々を教育するという衝動を奪ったのです。」コルベット氏はその出来事の詳細について、当誌に初めて明かしてくれました。更なる制裁に直面するかもしれないことを怖れて、科学者の身元は明らかにしませんでしたが。それは、科学者の口を塞ぎ、研究を抑圧しているという、組合の注意を引いた沢山の話のたった1つに過ぎません。全ては、水、空気、野生生物のモニタリングプログラムの徹底的な予算カットや、国の環境問題の見直しの組織改正湖、川についての責任の州政府への転嫁などの背景に対抗するものです。「まるで今の政府はこのようなどんなことも、人々に開かれた話し合いをして欲しくないようです。」と組合長は言います。「私たちが目にしているのは、完全な個室限定行為です。」


hi-852-mask-labcoat-istock_000016777609small-8col.jpg


Since taking power in 2006, Stephen Harper’s government has rarely been caught on the wrong foot. Disciplined on the hustings, in the House, and above all with the media, Tory ministers and MPs have largely avoided the gaffes and unvarnished opinions that used to plague the conservative movement. But to many of its critics, Ottawa’s obsession with controlling the message has become so all-encompassing that it now threatens both the health of Canada’s democracy and the country’s reputation abroad.
ステファン・ハーパー政権は、2006年に政権を握って以来、めったに足をすくわれたことはありませんでした。選挙運動、議事堂では、訓練されており、とりわけメディアには、与党の大臣たちや議員たちは保守党の活動を悩ますような失言や露骨な意見をとにかく避けたのです。しかし、多くの批判者にしてみれば、メッセージをコントロールしようと言うオタワ(政府)の妄想は、あまりにも範囲が広くなりすぎて、今ではカナダの民主主義とこの国の海外での評判が脅かされているのです。


And the principal battleground—where the micromanaging impulse seems to have taken on a zeal fuelled by ideological distrust—is the environment. Since Harper pulled out of the Kyoto Protocol, citing skepticism about the cost and efficacy of international efforts to halt climate change (and saving the country as much as $14 billion in penalties for non-compliance) his government has been stuck with an unenviable sales job: trying to promote the expansion of Alberta’s oil sands—a significant driver of the national economy—while downplaying the sector’s rapidly growing greenhouse gas emissions and the government’s own inaction. One strategy was to brand the bitumen as an “ethical” alternative to oil from corrupt or repressive regimes in the Middle East and elsewhere. Another was to go on the attack. Environmental groups opposing pipeline plans have been denounced as “radicals,” accused of taking funding from “foreign special interests” and subject to special audits regarding their charitable status from the Canada Revenue Agency. And just this past week, Natural Resources Minister Joe Oliver picked a fight with NASA’s James Hansen, accusing the recently retired climate scientist of “crying wolf all the time” and exaggerating the oil sands’ contribution to global warming.
マイクロマネージメント(強大な監督と干渉)の衝動がイデオロギー的不信感によって煽られた熱意を帯びているように思われる主な戦場は、環境です。温暖化を止めるための国際的取組みのコストと効能について懐疑論を主張し、(応諾しないことで1400万ドルまでになるペナルティーを節約し)ハーパーが京都議定書から手を引き、政府は望ましくないセールスに入れ込んできました。カナダの経済の重大な原動力であるアルバータ州のオイルサンドの拡大を促進しようとする一方で、その分野で急速に増える温室効果ガス放出と政府自身の怠惰を過小評価しています。戦略の1つは、崩壊し、あるいは中東や他の抑圧的政権からの石油の「倫理的」代替としてのビチューメン(瀝青れきせい)を商標することでした。もう一つの戦略は、攻撃を続けることです。パイプライン計画に反対する環境団体は「過激派」として弾劾され、「海外からの特別な一派」からの飢饉を受け取ったとして、カナダ国税庁からのチャリティー団体の資格に関して特別監査の対象であると非難しました。つい先週、カナダ資源大臣のジョー・オリバーは、最近定年退職した気象科学者を「常にオオカミ少年」で、オイルサンドが地球温暖化に与える影響を誇張していると非難し、NASAのジェイムズ・ハンセンにけんかを吹きかけました。




Neither approach has borne much fruit. The proposed Keystone XL pipeline, which would pump Canadian crude to refineries along the Texas Gulf coast, remains mired in the U.S. approval process, while activists and even some policy-makers make it the focal point of their fight against “dirty oil.” Meanwhile Canada’s global reputation on green issues has taken a beating. (A January 2013 report card on international environmental performance based on indicators like air quality and biodiversity ranked Canada 15th among the world’s 17 most developed nations.) And all those audits—almost 900, at a cost of $5 million—resulted in just one group, Physicians for Global Survival, losing their tax-deductible status for exceeding the limits on political spending.
どちらのアプローチも多くの実は結びませんでした。テキサス湾岸に沿って原油を精製所まで送り込むというキーストーンXLパイプラインの提案はアメリカの承認過程でぬかるみにはまったままで、活動家たち、何人かの政策者でさえも「汚い石油」に対抗して闘う焦点としているのです。一方、カナダの国際社会での環境問題における評判は打撃を受けています。(大気の質、生物多様性のような指標に基づく国際環境業績の成績は、2013年1月の報告で世界の先進国17カ国のうち15位となりました。)そしてほぼ900にわたるこれら全ての監査のコストは500万ドルに及び、結果ただ1つの団体、グローバルサバイバルのための医師団が政治的出費が限界を超過したとして税引きの資格を失なっただけでした。

2011年には、カナダの空気は世界で3番目に綺麗だったのですが。。。。


But if Ottawa hasn’t found a way to manage the activists or foreign public opinion, it’s shown remarkable resolve—and success—in denying its opponents federally funded ammunition. According to internal Environment Canada documents, obtained by Climate Change Network Canada via Access to Information, the amount of attention the media paid to federal climate change research dropped precipitously—80 per cent fewer stories—once the procedures for gaining access to government scientists were tightened during Harper’s first mandate. In the first nine months of 2008, for example, the department’s four leading researchers were quoted in a total of 12 newspaper stories, versus 99 over the same period the year before.
しかし、オタワが活動家や海外の意見を管理する道を見出だしていないとすれば、政府が資金を出している相手の反撃を否定することに著しい決意と成功を示してきたということです。情報公開要請を通してカナダ気象変化ネットワークカナダが入手した環境省の内部文書によると、メディアが国の気象変化リサーチに注意を向けた件数は唐突にも80%落ち込みました-ハーパーの最初の任期のとき、政府科学者へ接触するための手続きが厳しくなってからです。2008年の最初の9ヶ月、その政府機関の4名の先導する研究者たちは12の新聞記事に引用されました。その1年前の同時期には99の記事だったのに対してです。


Meanwhile, the list of cases where government scientists have been effectively gagged from speaking about peer-reviewed research—sometimes even after its publication in prestigious international journals—grows.
一方、政府科学者たちが審査済みの研究について、時には名声のある国際誌の発刊の後でさえも、自由に話をすることを効果的に抑圧されたケースのリストは増えています。


David Tarasick, an Environment Canada scientist, was prevented from doing interviews about a Nature paper on an unprecedented hole in the ozone layer over the Arctic in the fall of 2011. Reporters were instead provided with “media lines” he had no hand in creating. (Tarasick was eventually given permission to talk two weeks later, well after interest had died down.)
カナダ環境省の科学者、デイビット・Tarasick氏は、2011年の秋に、ネイシャー誌の北極オゾン層の前代未聞の穴についてのインタビューを妨害されました。レポーターはその話題の変わりに、彼が全く関係ないのだという「メディア向け文句」を提供されました。(Tarasick氏は最終的に2週間後に話すことを許可されましたが、人々の関心が十分に失せた後でした。)

David_Profile2.jpg


Scott Dallimore, a Natural Resources geologist, was denied permission to talk about 2010 work for the same journal on a massive flood that inundated northern Canada 13,000 years ago—despite his attempts to assure his bosses via email that it was “a blue sky paper,” with no links to “minerals, energy or anthropogenic climate change.”
自然資源地質学者のスコット・Dallmore氏は、同じくネイチャー誌のために1万3000年前にカナダ北部に氾濫した大洪水についての2010年の研究について話す許可を拒否されました。彼の上司にEメールで「鉱石、エネルギーあるいは人為的な気象変化」とは全く結びつかない「非実用的な文書」であると保証しようとしたにも関わらずです。

Scott D


Kristi Miller, a salmon researcher with the Department of Fisheries and Oceans, produced a 2011 paper raising the possibility that a mysterious virus was responsible for the rapid decline of the sockeye population in the Fraser River. It took eight months before government minders finally freed her to discuss her findings in an appearance before the Cohen commission, a federal judicial inquiry into the dwindling fish stocks.
カナダ水産海洋省サーモン研究者のクリスティー・ミラー氏はフレーザー河のベニマスの急速な減少は、不可解なウィルスによる可能性があると唱えた2011年の文書を作成しました。次第に減少する魚の群れについての連邦司法の質疑、コーヘン委員会の前に、姿を現して彼女の発見について話をすることを政府の番人が最終的にやっと自由させるまでに8ヶ月かかかりました。

kristi M


Mary Waiser, an Environment Canada water researcher, was denied permission to speak about two papers she’d written for the department disclosing the presence of chemicals and pharmaceuticals in Saskatchewan’s Wascana Creek, downstream from Regina’s sewage treatment plant.
カナダ環境省、水の研究者であるメアリー・Waiserは汚水処理場のサスカチワンのワスカナ川下流に存在する化学物質と薬物を環境省が明かすように書いた2つの文書について話をする許可を拒否されました。



彼女はメディアに対して話したかったが、環境省がだめだと言った。

『まずワスカナ川について2つの文書を読んだ後に彼らが言ったことは、リジャイナ市を狼狽させたくない、ということでした。』

彼女は今では定年退職しているので、彼女の発見について、そしてカナダの政治化された科学について話したいと言っている。

カナダ環境省は、あなた(CBC)がお尋ねの特定の科学者についてのうわさについてのコメントはない。科学者には自分の研究を発表するように促がしているし、口止めされている公務員はいない、と答えた。

メアリーは環境省に25年以上勤めました。大半が良かったが、価値のある科学が政府の政策がために知らされないことに懸念を抱いていると言う。 


Sometimes, the efforts to silence scientists verge into the Orwellian. In one widely reported 2012 incident, Environment Canada researchers attending the International Polar Year conference in Montreal were shadowed by media handlers tasked with squelching any impromptu conversations with reporters about climate change or dying polar bears.
科学者を黙らせようとする試みは、時にオーウェリアン(全体主義-個人の全ては全体に従属すべきとする思想または政治体制の一つ)となります。2012年に広く報告されたことの1つは、モントリオールで開かれた国際北極年会議に出席したカナダ環境省の研究者たちが、レポーターの気候変化や北極熊の死についての即興の会話を黙らせるように託されたメディアハンドラーにより陰に覆われてしまったことです。

まるで原発についての住民説明会のような手口ですね。。。


At first, federal researchers reacted to the restrictions with bewilderment and anger. Last summer, hundreds of them gathered in their white lab coats on Parliament Hill to protest what they see as Stephen Harper’s “war on science,” staging a mock funeral to mark the death of evidence. But now, with funding cuts and program closures that were buried in two successive omnibus budget bills starting to bite—close to 1,900 scientists have received layoff warning letters as part of wider cuts across the public service—morale has hit an all-time low. “To call the current environment ‘dysfunctional’ would not be overstating things,” one federal scientist, who asked to remain anonymous for fear of repercussions, told Maclean’s. “Your bosses are only ever following marching orders, so people are made to feel that there’s no use in complaining because we are so far away from the level at which decisions are made that there’s no hope our concerns will ever make it anywhere.”
政府研究者たちは最初その制限に対して当惑と怒りで反応しました。去年の夏、ステファン・ハーパーの「科学に対する戦争」に抗議するため、何百人もの科学者たちが白衣を着て国会議事堂の丘に集い、証拠の死を記すため模擬葬儀を行いました。しかし今では、連続2回にわたる総括的予算法案に埋もれていた基金の削減とプログラムの閉鎖が食いつき始めました。ほぼ1900名の科学者たちが公共サービス広範囲にわたる削減の一部として解雇通告を受け取り、士気は常に低い状態になりました。「今の環境を『機能障害』と呼んでも言い過ぎではない。」と政府科学者の1人は当誌に話してくれました。 影響を恐れて匿名のままにして欲しいとのことでしたが。「上司たちは解雇命令に従うしかなく、自分たちは苦情を言っても何もならないと思わされています。自分たちが決断する権限のレベルからあまりにも離れているので、自分たちの懸念がどこにも届くことがないだろうと希望を失っているのです。」


noscience.jpg


Another researcher, who is scheduled to lose his job this summer, but fears speaking out will hurt his severance, laments how the current government has “politicized” the role of public servants. “It’s almost as if that job we had as scientists to explain things to the Canadian public is gone.” The scientist says he and his colleagues always understood that certain lines couldn’t be crossed when they dealt with the media—stepping outside your area of expertise or criticizing government policy were both definite no-nos, for example. But soon after Harper won his first minority in 2006, it became clear that the minister’s office viewed every media interaction as a minefield—to be entered into only if absolutely unavoidable. The interview requests he received from national media were routinely denied by political staff in Ottawa, he says, while even the most low-key local demands would take as long as four weeks to be approved. “They’re just not keen on having any expert knowledge delivered from Canadian government scientists to the outside world,” he says. Lately, he finds the media have stopped even trying to seek his input.
もう一人の研究者は、今年の夏に職を失うことになっているのですが、声を上げることが自分の契約解除を傷つけることを恐れ、今の政府が公務員の役割をいかに政治問題化してきたかを嘆いています。「それはまるで科学者としてカナダの人々に物事を説明するという私たちの役割が消えうせてしまったようだ。」と。その科学者は自分や同僚は、メディアと関わるときに超えられない一線があるのを理解していたと言います。例えば、自分の専門域の外に踏み出したり、政府の政策を批判することはどちらも絶対的に禁じられていることでした。しかし2006年にハーパーが初めて少数第一党を勝ち取ったとき、政府が全てのメディアとのかかわりを地雷原とみなしていることが明らかになりました。絶対的に避けられない場合にのみ入っていくところです。国営メディアから受けたインタビュー依頼はオタワの政治職員によって日常的に断られた、と彼は言います。最も控えめな地方の要請でさえ、承認されるまでに4週間もかかるのだと言うのです。「彼らはただ、いかなる専門家の知識も政府科学者から外の世界へ配信されることについて熱心ではないのです。」と彼は話しました。最近では、メディアは彼の見解を求めようとさえするのをやめてしまったようだと。


To be fair, governments of all stripes have been known to spar with the scientists on their payroll, especially when economic priorities come into conflict with conservation goals. Jeff Hutchings, a former DFO biologist, now a Killam chair at Dalhousie University, recalls an incident in the early 1990s where he and some federal colleagues were prevented from giving a paper at an international conference because their findings—that seals weren’t impacting cod stocks —were at odds with official department policy. But that was an exception, he says, not the rule. Current policy doesn’t just seek to dampen the odd controversial story, it passes every bit of information through a political filter from which almost nothing emerges. “All the government scientists I know tell me that it’s never been worse,” says Hutchings. “It’s like an Iron Curtain has been drawn across the communication of science in this country. And I think there’s reason for all of us to be worried about that.”
公平であるために記しておくと、全ての政府というものは、特に経済重視が保護目標と対立したとき、科学者たちに、給料について口論することで知られてきました。水産海洋省の生物学者、今はDalhousie大学の教授であるジェフ・Hatchings氏は、1990年代初めに自分と何人かの政府の同僚が国際会議で、自分たちのアザラシがタラの群れに影響を与えていないという発見が水産海洋省の政策と対立していたので、文書を提出することを妨害されたことがあるのを思い出しました。しかし、それは例外だったのだと彼は言います。規則ではなかったと。今の政策はただ時々物議をかもしす話題をもみ消そうとしているのではなく、何が出てくるわけでもないのにどんな些細な情報も全て政治的なフィルターに通しているのです。「私の知っている全ての政府科学者たちは、これ以上ひどいことはない、今までで最悪だといっている。」と、Hutchings氏は話しました。「それはまるで、この国の科学のコミュニケーションいたるところに引かれた鉄のカーテンのようです。私たち皆がそれを心配するのには、理由があるのだと思います。」

dr-hutchings-img.jpg



A recent report compiled by the University of Victoria’s environmental law clinic details a variety of ways in which government scientists are being muzzled. There’s the growing use of “approved lines” or sometimes full-on scripts—crafted by everyone but the researchers—to cast findings in the least controversial, and often most boring, way. And then there are the now-institutionalized delays, where interview requests aren’t necessarily denied, but put off so long that stories appear without comment from federal experts, and the media moves on. Part of that may just be the bureaucracy catching the no-news-is-good-news zeitgeist. After the National Research Council denied an interview request about a study of snowfall patterns last March, Ottawa Citizen reporter Tom Spears filed an Access to Information request and discovered that 11 government employees had spent the better part of a day worrying about what he might write, exchanging more than 50 emails. It was a sharp contrast to what happened when he called NASA—also a party to the study. It took the U.S. agency just 15 minutes to put him in contact with one of their climatologists.
ビクトリア大学環境法律クリニックにより編集された最近の報告は、政府科学者が口止めをされた様々な方法を詳細を記しています。最も物議をかもし出さないような、しばしば最もつまらない方法で演じるために、「承認された一線」や、時には、研究者以外のあらゆる人により完全に作り上げられた台本の使用が増えています。そして、今では、制度化された遅延があり、インタビュー依頼は必ずしも拒否されることはありませんが、あまりにも長い間延期されるので、政府の専門家のコメントなしに話題が持ち上がり、報道が進むのです。それは知らせがないのは良い知らせという時代精神にとらわれている官僚制の一部にすぎないのかもしれません。3月に積雪のパターンの研究についてのインタビュー依頼をカナダ調査評議会が拒否した後、オタワシチズン誌のレポーター、トム・Spearsは、情報アクセス要求を提出し、11名の政府職員たちが彼が書いていたかもしれないことについ懸念し、ほぼ1日かけて、50件のEメールのやり取りをしていたことを知ったのです。それは、彼がその研究をしていたNASAにも電話を掛けたときに起こったこととはあまりにも対照的でした。アメリカ政府機関が気候学専門家の一人と連絡をとらせてもらうのに、15分しかかからなかったのです。


The creeping level of paranoia within the government is even apparent in the training materials its departments hand out to designated spokespeople. Meeting the Media, a 2008 DFO publication, stresses vigilance at all times—even the most banal interaction can be twisted into a story. “You may be situated on an ice floe when the questions pop up on your handheld device from someone in a warm newsroom many kilometres or even continents away.” As a consequence, says the pamphlet, it’s always better to “stay inside the box,” reverting to prepared “anchor answers” and “top line messages.” And on the odd occasion where scientists or bureaucrats end up face-to-face with reporters, they should treat it like an encounter with a bear. Loss of eye contact shows discomfort, crossed arms appear defensive, says a section on non-verbal communication. If trapped in a scrum, it instructs, keep your responses brief, then at first opportunity excuse yourself, leaving “at a regular pace, not a run.”
政府内のぞっとするほどの妄想は、スポークスマンと認められた人たちへ渡すトレーニング資料の中にさえ明らかです。メディアとの会合について、2008年の水産海洋省発行のものは、常に警戒するように強調しています。最も平凡は接触でさえ、話を曲げられる可能性があるのだと。「何キロも離れた、あるいは他国ほどに離れた暖かいニュースルームで誰かから携帯器具(電話)に質問が持ち上がったときに、あなたは流氷の上に置かれているかもしれません。」結果として、「箱の中に留まる」ことが常に良いことで、用意された「固定回答」と「トップラインのメッセージ」に立ち戻るようにパンフレットに書かれているのです。そして、科学者や官僚たちがレポーターと顔をあわせるようなことになった稀な折には、熊に出くわしたように取り扱うべきだと。目を合わせないことは、居心地の悪い事を示し、腕を組むのは防御を表すのだと「声に出さないコミュニケーション」のセクションに書かれています。もし、スクラムに追い込まれたら、回答を手短に、機会があればすぐ「通常の歩調で、走らずに」退席するように指導しています。

standing-bear2-small.jpg

面白すぎます。。。


The 128-page UVic report, prepared at the behest of Ottawa-based Democracy Watch, formed the basis of a February complaint to federal Information Commissioner Suzanne Legault, charging that the government is systematically obstructing the rights of the media and the Canadian public to timely access to scientific information. In early April, Legault’s office launched an investigation, notifying seven departments—including Environment Canada, DFO, Natural Resources and the Canadian Food Inspection Agency—that it expects full co-operation.
128ページに渡るビクトリア大学のレポートは、政府が組織的にメディアとカナダ市民の、科学的情報にすぐにアクセスできるという権利を妨害しているとして、カナダ情報局長、スザーン・Legault氏への2月の苦情を基本に形成されたオタワ拠点のデモクラシー・ウォッチの要請で用意されました。4月の始めに、Legaul氏のオフィスは調査をはじめ、環境省、水産海洋省、自然資源庁、カナダ食品検査機関を含む7つの省庁に通知し、完全な協力が求められています。


information.jpg


Calvin Sandborn, the law professor who oversees the clinic, says he’s pleased that the complaint is being taken seriously. “I don’t think there are many more important issues than this question of concealing scientific information from the general public,” he says. “It’s such a threat to the democratic process.” The information chill that has settled over government reaches far beyond the media, he argues. Even in his own work, he’s noticed that regulatory questions that used to be answered via a quick phone call now must be submitted in writing, with the responses often arriving weeks later.
そのクリニックを監督する法律学教授のカルビン・Sandborn氏は、その苦情が真剣に受止められて喜んでいると話しました。「一般市民から科学的情報を隠すというこの疑問よりも重要な問題は多くないと思います。民主主義にとってそれほどの脅威なのです。」政府によって植えつけられた情報凍結は、メディアをはるかに超えたところまできているのだ、と彼は論じます。彼自身の研究でさえ、かつては電話で手短に回答を得ていた規定上の質問が、今では書面で提出しなければならず、何週間もあとになって回答を得るのがしばしばだというのです。

calvinsandborn.jpg


The Harper government hasn’t offered any official reaction to the information commissioner’s investigation, but its general response to the charges that scientists are being muzzled has been to deny that any problem exists. Maclean’s requests for interviews with Keith Ashfield, the minister of fisheries, was denied. And there was no response from the office of Peter Kent, the minister of the environment. A promised interview with Gary Goodyear, the minister of state for science and technology, never materialized. His spokeswoman provided a brief statement: “There have been no recent changes to the government’s communication policy for federal civil servants,” it reads.
ハーパー政権は情報局長の調査に対して公式な対応は何も提示していませんが、科学者たちが口止めされているということについては、その様な問題が存在することは否定するという一般的な回答です。当誌は水産大臣のキース・Ashfield氏にインタビューを求めましたが、拒否されました。環境大臣のピーター・ケント氏からは何の回答もありません。カナダ科学技術大臣のギャリー・Goodyear氏はインタビューを約束しましたが、全く実現していません。彼のスポークスマンは手短な文書で、「国家公務に対する政府のコミュニケーション政策に最近何の変更もなされていない。」と書かれていました。


“Government scientists and experts are readily available to share their research with the media and the public.” It goes on to note the 500 studies published last year by Natural Resources Canada, and the “nearly 1,000” scientific papers from Agriculture and Agri-Food Canada. And it states that Environment Canada participated in more than 1,300 media interviews in 2012. (Although how many of those were weather-related—the department’s meteorologists are free to speak to reporters without seeking approval, unlike the rest of their colleagues—is unclear.)
「政府科学者と専門家たちは、メディアや市民と自分たちの調査についていつでも共有できる。」とあり、去年カナダ自然資源部により、500の研究が発表され、カナダ農業と農産物部から「ほぼ1000件」の文書が発表されたと続けられています。そして、カナダ環境省が2012年に1300以上のメディアインタビューに参加しているのだと述べています。(しかし、それらのうちのどのくらい気候に関連するものなのでしょう。気候学専門家たちは他の同僚たちとは(核関係の)違い承認を得ずにレポータに自由に話すことができます。)


The government also points out that it has been supporting Canadian science in very tangible ways, steadily increasing investments in research and technology—more than $11 billion in the current budget—even as it has tightened its belt in other areas.
政府はまた、研究と技術に対する確実に増加する投資という形のある方法でカナダの科学を支援しているのだと指摘します。現在の予算で1100万ドル以上です。他の分野が締め付けられているのに、です。


To its critics, however, that funding boost—which has favoured applied science and commercialization over basic research and “pure” sciences—only serves to underline what they say is the government’s true agenda. “They’re all for science that will produce widgets that they can sell and tax,” says David Schindler, a professor of ecology at the University of Alberta. “But it’s clear that environmental scientists are lumped right down there with Greenpeace in their view.”
しかし反論者たちにとって、資金の押し上げは、基本的な研究や「純粋な」科学にではなく応用科学や商業化に好ましいもので、政府の本来の案件であると彼が言うものを強調するためにされているだけなのです。「彼らが販売、課税できる機械を生産する科学全てです。」とアルバータ大学の生態学教授、デイビッド・Schindler氏は言います。「しかし環境科学者たちは、彼らの目にはグリーンピースと一緒に一まとめに映っているのは明らかです。」


Such distrust of Conservative motives seems to be spreading, even beyond our borders. Nature, the BBC and most recently The Scientist have all raised the alarm about the soundness of federal research in Canada. And foreign scientists are becoming increasingly leery of collaborating with their Canadian government counterparts. This past winter, Andreas Muenchow, an oceanographer at the University of Delaware, revealed details of a sweeping new non-disclosure agreement he was asked to sign before embarking on a joint study of Arctic waters.
このような保守党の動機への不信感は私たちの境界をも越えて広がっているようです。ネイチャー誌、BBCと最も最近ではザ・サイエンティスト誌が全てカナダの国としての研究の健全性について警告を鳴らしました。また、海外の科学者たちは、カナダ政府の片割れとの協力にだんだん用心深くなっています。この冬には、Delware大学の海洋学者であるAndreas・Muenchow氏は、北極海の共同研究に出発する前に広範囲に及ぶ新しい守秘契約に署名を求められたことの詳細を明らかにしました。

カナダ国。。。東電と化す。。。。。


“I feel that it threatens my academic freedom and potentially muzzles my ability to publish data and interpretation and talk timely on science issues,” he wrote in a blog posting. And a new publication procedure that will see all DFO collaborations vetted by bureaucrats before the manuscripts can be submitted to journals is causing similar consternation. Anna Kuparinen, a fisheries researcher with the University of Helsinki, told Maclean’s that she’s currently reconsidering a project with a DFO scientist. “There’s a possibility that something in our research could cause problems,” she says. “And for a young scientist, not being able to put your work into an article is a nightmare scenario.” With funding from the Finnish government already in hand, she thinks it might be wiser to move the project to a different country.
自分の学問の自由が脅かされ、データや、その意味を発表し、科学的問題について迅速に話す能力を妨げられる可能性があると感じている。」と彼は自分のブログに書きました。原稿が機関紙に提出される前に官僚により綿密に調査されるという新しい手続きに見られる全ての水産海洋省との協力は、同様の狼狽を引き起こしています。ヘルシンキ大学の水産研究者であるアンナ・Kuparinen氏は当誌に対し、現在カナダ水産海洋省とのプロジェクトについて再考しているのだと話しました。「自分たちの研究で何か間違えを引き起こす可能性があるのです。そして、若い科学者にとって、自分の研究を記事にできないということは悪夢のシナリオです。」と言います。フィンランド政府の資金を既に手にしているので、そのプロジェクトを違う国に移すのが賢明かもしれないと考えています。


Of course, such threats are unlikely to change Ottawa’s course. Harper has a lengthy record of picking fights with number-crunchers of all varieties—firing the president of the Canadian Nuclear Safety Commission, provoking the resignation of the chief statistician of Canada, and repeatedly refusing to play ball with Parliament’s independent budget officer. One recent Ipsos Reid poll suggests that combative approach might be chipping away at the Prime Minister’s reputation—69 per cent of respondents called the Harper government “too secretive,” while 63 per cent said they weren’t living up to past promises to be “ethical, open and transparent.”
もちろんその様な脅威がオタワのやり方を変えることはありえないでしょう。ハーパーにはあらゆる種の計算屋と共に因縁をつけてきた長い記録があります。カナダ原子力安全委員会の委員長を解雇カナダ統計局長を辞職させ、議会の独立した予算官との協力を繰り返し断っているのです。Ipsos Reid世論調査は、好戦的なアプローチが首相の評判を少しずつ崩していると主張しています。69%の回答者がハーパー政権が「秘密主義過ぎる」と言い、63%は以前の「倫理的、開かれた透明性」の約束を守っていないと言っていました


But other surveys indicate that the party can still yield political gains from positions that are at odds with a majority of Canadians. An Angus Reid survey on global warming, released earlier this month, found that 58 per cent of Canadians now accept climate change as a fact, attributing it to man-made activities. But that’s a position that’s endorsed by just 42 per cent of Albertans, and only 38 per cent of Tory voters.
しかし、他のアンケートでは、保守党がまだカナダ人の大多数と戦っている地位から政治的得点を得ることができることを示しています。地球温暖化についてのAngus Reidアンケートが今月初めに発表され、58%のカナダ人が今では気候変化を事実として、人間の活動に帰すものだと認めていることを示していましたが、それは42%のアルバータの住民から是認されているもので、与党の有権者のたった38%だけです。


The approach the Harper government is taking to its scientists isn’t that dissimilar to that of George W. Bush during his two terms as U.S. president, when there were frequent charges of muzzling on climate and environmental issues. “Information control is an explicit form of power,” notes Heather Douglas, a chair of science and society in the University of Waterloo’s department of philosophy. Douglas, an American who has only been in the country for 15 months, is still a little shocked by the naked and unapologetic manner in which the Harper government is going about it all, as well as the muted response of most Canadians. “If this was happening in the States, we’d be well past the tipping point,” she says. “This is the kind of thing that makes Americans go crazy.”
ハーパー政権が科学者に対して取っているアプローチは、アメリカ大統領として2期の間に気候、環境問題についての口止めを頻繁に非難されていたジョージ・ブッシュのやり方と違わないものです。「情報制御は権力の露骨な形態である。」とウォータールー大学哲学部の科学・社会部長、へザー・ダグラス氏は述べています。カナダに15ヶ月しかいないアメリカ人のダグラス氏は、ハーパー政権が全てについて行っている露骨な弁明もしないやり方にも、ほとんどのカナダ人の静まった反応にもまだ少々衝撃を受けています。「もしこれがアメリカで起きていたら、とっくに転換期を越えています。」と彼女は言います。「この種のことは、アメリカ人を狂わせてしまうことですから。」






カナダ人の多くが、

「まさか自分たちが誇るこのカナダで。。」

と思っているのではないかと・・・



言われてみれば、思い当たることが沢山あります。。。。


この頃とくに疑問が強くなってきていたところでした。。。(遅すぎ・・)




解雇されることに怯えていた専門家の人も知っています。




2年前に、日本の政府の対応にもびっくりしましたが、


カナダの政府の対応には、信頼感がより大きかった分、衝撃も大きかったのを思い出しました。




日本では、独立した第3者の専門機関からの声が無視されているようです。


国連はどうでしょう?


国連関係の組織からの福島事故についての報告と


国連から委託されてた独立した調査員の報告は


全く相反しています。




今のことろ、


独立機関の効力は


ほとんど果されていないようです。





情報を制御すると言うことは、


自分がやっていることに正当性がないことを認めているようなものです。


そして、その様な行為に対し、


私たちは税金として資金を提供しているのです。





これを容認し黙ってしまったとき


私たちは、民主主義を放棄し、


自分たちを守ることをも放棄してしまったことになります。





"We are now seen on the international stage as a pariah and five years ago, or maybe six, that was not the case,"
「私たちは今国際舞台でのけ者にされています。5年前、いやおそらく6年前にそんなことはありませんでした。」

"Canada was praised internationally for its scientific efforts and its openness as a society. And now we seem to have turned our back on that."
カナダは国際的にその科学的取り組みと社会としての開放性を称えられていました。それが今、私たちはそのことに背を向けてきたようなのです。」


tomp.jpg

Tom Pedersen, a director at the Pacific Institute for Climate Solutions at the University of Victoria (CBC)
トム・ペダーセン ビクトリア大学 気候問題解決のためのパシフィック研究所所長



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1068-96248ac8

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。