スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

不思議の国、日本。。はじめっから大問題の汚染水!

 2013-05-02
new_york_times_logo.jpg


Flow of Tainted Water Is Latest Crisis at Japan Nuclear Plant
日本の原発の最新の危機は湧き出る汚染水


By MARTIN FACKLER

Published: April 29, 2013


TOKYO — Two years after a triple meltdown that grew into the world’s second worst nuclear disaster, the Fukushima Daiichi nuclear power plant is faced with a new crisis: a flood of highly radioactive wastewater that workers are struggling to contain
東京- 世界で2回目の最悪の放射能災害となったトリプルメルトダウンから2年、福島第一原発は新たな危機に直面しています。作業員たちが収めようと奮闘しているのは、溢れ出る高濃度の放射性汚染水。


Groundwater is pouring into the plant’s ravaged reactor buildings at a rate of almost 75 gallons a minute. It becomes highly contaminated there, before being pumped out to keep from swamping a critical cooling system. A small army of workers has struggled to contain the continuous flow of radioactive wastewater, relying on hulking gray and silver storage tanks sprawling over 42 acres of parking lots and lawns. The tanks hold the equivalent of 112 Olympic-size pools.
地下水が発電所の破壊された原子炉建屋に、毎分75ガロン〈2.4トン)の勢いで流れ込んでいるのです。重要な冷却システムを水浸しにしないようにくみ上げられる前に、水はそこで高度に汚染されます。作業員の小軍団が放射性廃棄水が随時流れ込むのを収めようと奮闘してきたのです。42エーカーにも渡る駐車場と野原に横たわる大きな灰色と銀色の貯蔵タンクに頼ってきました。それらのタンクはオリンピックサイズのプール112個分の水を貯蔵していました。


JP-FUKUSHIMA-articleLarge.jpg


But even they are not enough to handle the tons of strontium-laced water at the plant — a reflection of the scale of the 2011 disaster and, in critics’ view, ad hoc decision making by the company that runs the plant and the regulators who oversee it. In a sign of the sheer size of the problem, the operator of the plant, Tokyo Electric Power Company, or Tepco, plans to chop down a small forest on its southern edge to make room for hundreds more tanks, a task that became more urgent when underground pits built to handle the overflow sprang leaks in recent weeks.
2011年の災害の大きさを思い起こし、発電所を運営している会社とそれを監督する規制側によるその場しのぎの決断を批判的に見れば、彼らは、発電所で何トンものストロンチウムの入った水を処理するには十分ではありません。問題の本当の規模の徴候の最中で、原発を運営している東電は、何百ものタンクを作る場所を確保するのに南端の小さな森を切り崩す計画をし、溢れ出す水の処理のために作られた地下の穴が、ここ数週間で漏れ出したことを考えると、この作業は更に緊急を要するものとなりました。


Picture1_20130502141433.jpg


“The water keeps increasing every minute, no matter whether we eat, sleep or work,” said Masayuki Ono, a general manager with Tepco who acts as a company spokesman. “It feels like we are constantly being chased, but we are doing our best to stay a step in front.”
「分刻みで水は増え続けています。私たちが食事を取ろうが、寝ようが、働こうがお構いなしです。」と東電のスポークスマンである原子力・立地本部長代理、尾野昌之氏は述べました。「常に追いかけられている感じです。何とか食い止めるために全力を尽くしています。」


While the company has managed to stay ahead, the constant threat of running out of storage space has turned into what Tepco itself called an emergency, with the sheer volume of water raising fears of future leaks at the seaside plant that could reach the Pacific Ocean.
東電が前へ進もうと従事している一方で、常に貯蔵場所が不足してしまう恐れがあることが、東電が自ら緊急事態と呼ぶ問題となりました。他でもないその水の量が、太平洋まで到達してしまうのではないかと海岸に立つ発電所でのこれからの漏洩についての恐怖が増しているのです。


That quandary along with an embarrassing string of mishaps — including a 29-hour power failure affecting another, less vital cooling system — have underscored an alarming reality: two years after the meltdowns, the plant remains vulnerable to the same sort of large earthquake and tsunami that set the original calamity in motion.
それほど致命的ではなかったにしろ、冷却システムが29時間止まってしまったことを含め、いろいろな厄介な出来事に伴う難局は、大変な現実を強調しました。メルトダウンから2年たち、発電所はもともと大惨事を引き起こしたのと同じような大きな地震、津波に対してまだ脆弱なままなのです。


There is no question that the Fukushima plant is less dangerous than it was during the desperate first months after the accident, mostly through the determined efforts of workers who have stabilized the melted reactor cores, which are cooler and less dangerous than they once were.
事故を起こした直後の絶望的な数ヶ月間よりは福島原発の危険性が低くなったことは疑いの余地がありません。かつて危険だった溶けた炉心は、決然とした作業員の努力を通してほとんどが安定化し、今では冷されていて、危険性が低くなっています。


But many experts warn that safety systems and fixes at the plant remain makeshift and prone to accidents.
しかし、多くの専門家たちは、安全システムと原発での修理がその場しのぎで事故を起こしやすいのだと警告しています。


The jury-rigged cooling loop that pours water over the damaged reactor cores is a mazelike collection of pumps, filters and pipes that snake two and a half miles along the ground through the plant. And a pool for storing used nuclear fuel remains perched on the fifth floor of a damaged reactor building as Tepco struggles to move the rods to a safer location.
損傷した炉心に水を注いでいる、使えるものなら何でも使う冷却ループは、発電所の土地に蛇のように2.5マイル(4km)はりめぐらされた迷路のようなポンプ、フィルター、パイプの寄せ集めです。そして、使用済み核燃料を保存しているプールは、東電がより安全な場所へ燃料棒を移すのに奮闘していますが、損傷した原子炉建屋の5階に不安定にのっかったままです。


JAPAN-articleLarge.jpg


The situation is worrisome enough that Shunichi Tanaka, a longtime nuclear power proponent who is the chairman of the newly created watchdog Nuclear Regulation Authority, told reporters after the announcement of the leaking pits that “there is concern that we cannot prevent another accident.”
その状況は、長い間原子力推進派で、今では新しくできた監視機関の原子力規制庁の委員長である田中俊一氏をも心配させるのに十分で、報道陣に対して穴からの漏洩の発表の後で彼は、「再度事故が起こるのを防げないかもしれないという懸念がある。」と述べたのです。





A growing number of government officials and advisers now say that by entrusting the cleanup to the company that ran the plant before the meltdowns, Japanese leaders paved the way for a return to the insider-dominated status quo that prevailed before the disaster.
政府の役人や顧問たちは、メルトダウンの前に原発を運営していた企業に収束作業を任せることにより、日本の指導者たちが、今では明らかになったあの災害の前の内部支配の現状へと戻る道筋を作っているのだと言っています。


Even many scientists who acknowledge the complexity of cleaning up the worst nuclear disaster since Chernobyl fear that the water crisis is just the latest sign that Tepco is lurching from one problem to the next without a coherent strategy.
チェルノブイリ以来最悪の放射能災害を収束させる複雑さを認識している多くの専門家たちでさえ、東電が、首尾一貫した戦略なしに、1つの問題から次の問題へとよろめいているのは、この水の危機が、単に最近の徴候でしかないのだと恐れているのです。


“Tepco is clearly just hanging on day by day, with no time to think about tomorrow, much less next year,” said Tadashi Inoue, an expert in nuclear power who served on a committee that drew up the road map for cleaning up the plant.
「東電は明らかにその場しのぎをしているだけで、明日のことを考える時間もなく、まして来年のことなど更に考える時間はありません。」と、発電所の収束ロードマップを描いた委員会の原子力専門家である井上正氏は話しました。


But the concerns extend well beyond Tepco. While doing a more rigorous job of policing Japan’s nuclear industry than regulators before the accident, the Nuclear Regulation Authority has a team of just nine inspectors to oversee the more than 3,000 workers at Fukushima.
しかし、懸念は東電をはるかに超えています。事故の前の規制機関よりも更に厳格に日本の原子力業界を取り締まる一方で、原子力規制庁には、福島で3000人以上の作業員を監督するのにたった9名の調査員チームしかいないのです。


And a separate committee created by the government to oversee the cleanup is loaded with industry insiders, including from the Ministry of Trade, in charge of promoting nuclear energy, and nuclear reactor manufacturers like Toshiba and Hitachi. The story of how the Fukushima plant ended up swamped with water, critics say, is a cautionary tale about the continued dangers of leaving decisions about nuclear safety to industry insiders.
そして、収束作業を監督するために政府により作られた規制庁から分離した委員会は、経産省を含め、原子炉を製作している東芝、日立のような原子力エネルギー推進の業界内から集められています。批評家たちは、押し寄せる水で福島原発がどうなるのかというのは、原子力の安全についての決断を、今もなお業界内の者たちに委ねているという危険についての警戒的なお話なのだと言います。


When Tepco and the government devised the current plans for decommissioning the plant in late 2011, groundwater had already been identified as a problem — the plant lies in the path of water flowing from nearby mountains to the sea. But decision makers placed too low a priority on the problem, critics say, assuming the water could be stored until it could be cleaned and disposed of.
東電と政府が2011年の後半に現行の発電所の収束計画を考案したとき、地下水は既に問題だと認めらていました。発電所は、近くの山から海に流れる水流に立っているのです。しかし、権限のあるものたちは、その問題を優先順位の低いものとしたのです。批評家たちは、彼らが水を浄水処理できるようになるまで貯蔵することができると思っていたのだと言います。


According to some who helped the government plan the cleanup, outside experts might have predicted the water problem, but Tepco and the government swatted away entreaties to bring in such experts or companies with more cleanup expertise, preferring to keep control of the plant within the collusive nuclear industry.
政府の収束計画を手伝った何人かは、外部からの専門家たちなら水の問題を指摘できたかもしれないと言います。しかし、東電と政府は、その様な専門家や除染により専門的な企業を取り入れようという嘆願はねつけ、馴れ合いの原子力業界の中で原発をコントロールし続けることを好んだのです。


事故調の調査、報告は何のためだったのでしょう??


Tepco also rejected a proposal to build a concrete wall running more than 60 feet into the ground to block water from reaching the reactors and turbine buildings, and the Trade Ministry did not force the issue, according to experts and regulators who helped draw up the decommissioning plan.
東電はまた、原子炉とタービン建屋に水が到達するのを防ぐために地下60フィート(18m)以上までコンクリートの壁を張り巡らせる提案も拒否しました。そして、廃炉計画を描く手伝いをした専門家や規制者によれば、経産大臣はその問題を押し進めなかったと言います。


Instead, Tepco made interim adjustments, including hastily building the plastic- and clay-lined underground water storage pits that eventually developed leaks.
その代わりに東電は、結局漏洩へと発展させてしまったプラスチックと粘土で覆った貯水穴を急いで作ることを含め暫定的な調整をしていただけでした。


It was only after the discovery of those leaks that the regulation agency was added as a full-fledged member to the government’s cleanup oversight committee.
いくつもの漏洩が発見されて後になってやっと、規制庁が政府の収束作業を監督する委員会に十分に資格のあるメンバーとして加えられたのです。


資格のない人だけ2年間。。。?どれだけ事故の現実を舐めているのでしょう。。。



But the biggest problem, critics say, was that Tepco and other members of the oversight committee appeared to assume all along that they would eventually be able to dump the contaminated water into the ocean once a powerful new filtering system was put in place that could remove 62 types of radioactive particles, including strontium.
しかし批評家たちが言うには、最大の問題は、東電と他の監視委員会のメンバーが、ひとたび強力な新しいろ過システムが完成し、ストロンチウムを含む62種の放射性粒子を取り除くことができたら、汚染水を海に排出してしまえばよいのだとずっと思っていたようだということです。


The dumping plans have now been thwarted by what some experts say was a predictable problem: a public outcry over tritium, a relatively weak radioactive isotope that cannot be removed from the water.
排出計画は今では、何人かの専門家が言うところの予測できる問題のために反対されています。人々のトリチウムについての抗議です。比較的弱い放射性核種ですが、水から取り除くことができないのです。


Tritium, which can be harmful only if ingested, is regularly released into the environment by normally functioning nuclear plants, but even Tepco acknowledges that the water at Fukushima contains about 100 times the amount of tritium released in an average year by a healthy plant.
摂取された場合にのみ有害なトリチウムは、普通に稼動している原発によって、定期的に環境中に放出されています。しかし東電は福島の水が、健全な原発が放出する年間平均量の100倍のトリチウムを含んでいることを認識してさえいるのです。


“We were so focused on the fuel rods and melted reactor cores that we underestimated the water problem,” said Tatsujiro Suzuki, vice chairman of the Japan Atomic Energy Commission, a government body that helped draw up Tepco’s original cleanup plan. “Someone from outside the industry might have foreseen the water problem.”
「わたしたちは燃料棒と溶けた炉心に集中し過ぎていたので、水の問題を過小評価していました。」と東電のオリジナルの収束計画を描く手助けをした政府機関、日本原子力委員会の副委員長、鈴木達治郎氏は述べました。「業界の外部の人なら水の問題を予測していたかもしれません。」


Tepco rejects the criticism that it has mishandled the growing groundwater problem, saying that the only way to safely stop the inflow is by plugging the cracks in the damaged reactor buildings. It contends that no company in the world has the ability to do that because it would require entering the highly radioactive buildings and working in dangerously toxic water several feet deep.
東電は増え続ける地下水の問題の取り扱いを間違えたという批判は拒否しています。流水を安全に止める唯一の方法は、損傷した原子炉建屋のひびを塞ぐことだけだというのです。そうするには高度の放射線を放つ建屋に入り、何フィートもの深さの危険な有毒水の中で作業する必要があるので、そんなことをできる企業は世界中のどこにもないのだと主張しています。


“We operate the plant, so we know it better than anyone else,” said Mr. Ono, the Tepco spokesman. He then teared up, adding, “Fixing this mess that we made is the only way we can regain the faith of society.”
「私たちは原発を運営しているので、誰よりも良く知っているのです。」と東電のスポークスマン、尾野氏は言いました。彼は涙声で、こう言い足しました。「自分たちが招いた問題を直すのが社会の信頼を取り戻す唯一の方法なのです。」

一度過酷事故を起こしてしまって、このような対応しかできない組織に、原発の運営など元々任せられるでしょうか。。。???

福島の事故の完全収束なくして、再稼動などありえるはずもありません。。




For the moment, that goal seems distant. The public outcry over the plans to dump tritium-tainted water into the sea — driven in part by the company’s failure to inform the public in 2011 when it dumped radioactive water into the Pacific — was so loud that Prime Minister Shinzo Abe personally intervened last month to say that there would be “no unsafe release.”
今、ゴールは遠いように思われます。海にトリチウムで汚染された水を捨てるという計画を巡っては、人々が抗議しています。2011年に太平洋に放射能汚染水を捨てたとき、公表しなかったことが1つの理由です。あまりにも抗議が大きく、安倍晋三首相が自ら「安全でない放出」をすることはない、と先月、口を挟むまでなりました。


Meanwhile, the amount of water stored at the plant just keeps growing.
一方で、発電所で貯蔵される水の量は、ただ増すばかりです。


“How could Tepco not realize that it had to get public approval before dumping this into the sea?” said Muneo Morokuzu, an expert on public policy at the University of Tokyo who has called for creating a specialized new company just to run the cleanup. “This all just goes to show that Tepco is in way over its head.”
「東電は海に捨てる前にどうして人々の認証を得なければならないことに気付かないのでしょう?」と東京大学公共政策の専門家で、除染を運営するだけの専門的な新しい企業を創設することを求めたモロクズ・ムネオ氏は話しました。「これら全てがただ、東電が全く手に負えないことを示しているのです。」



Makiko Inoue contributed reporting from Tokyo, and Matthew L. Wald from Washington.






収束するまでに、本当に次の事故が起こらないですむだろうかと。。。


不安に思わない日はありません。





地下水を汚染し、海を汚染し。。。


一体生態蓄積、食物汚染連鎖はどこまで進むのだろうかと。。。


怖ろしく思わない日はありません。





今日本の国が一番優先してやらなければならないことって何でしょう?




IMG_8118.jpg 


「国家の危急存亡の時、それを守る組織は何なのか、きちんと書かれていなければならない。」


IMG_8119.jpg 


「今後とも、こん身の力で努力していきたい。」


IMG_8120.jpg


『ぱちぱちぱち・・・』







まさに、国家危急存亡のときですが。。



とりあえず手に負えなくなっている東電に押し付けて、

憲法改正(を簡単にできるようにする)ですか。。



改正したときに、

日本の国はどうなっているのでしょうか。。。



私には、全く理解できません。。








スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1053-8499d4c0

コメント
エリーちゃんは元気でしょうか?(><。)

いつもエリーちゃんの写真には癒されております(^v^)

【2013/05/03 00:53】 | みず #Gdxmisb. | [edit]
で、挙句の果てに、アベノミクスとか、調子乗っている天辺に立っているお方は、世界で一番高度な技術で、安全な原子力!を、世界に売りに出そうと
していらっしゃいますね。

どこまで、人は、おろかになりたいんでしょうか。

多分、驚くほどの人が傷つき、なくなり、世界が変わり果てるまで、気が付かないね。

自分に与えられている時間は、健康に生きたいよぉぉぉぉぉぉ。
【2013/05/03 08:12】 | Meiko #- | [edit]
みずさま

エリー元気です。
エリーを見に来てくれたのですね。感動です。
こんどエリーの最近の写真も載せますね。

それまで、これで癒されてください。
かわいくて笑えます。

http://www.causes.com/actions/1729831-modernmoms-top-10-sleepy-animals?recru

コメントありがとうございました。
【2013/05/04 12:06】 | Blue Dolphine #- | [edit]
Meikoさん

本当に。。。
福島の教訓を一番生かしていないのが張本人の日本だとは。。。笑えません。後始末もせっかくの可能性のある技術をつぶしちゃって、まるで収束させたくないようなやり方。。。結末を考えると恐ろしいです。これが自分の母国の現実だとは。。。

おそらくこれから原発を推進していこうとしている発展途上国は、教訓があるからこそ廃棄物のことを考えて始めるでしょう。で、ロシアのように事故があれば、全部賠償します、核廃棄物は引き取ります。っていう契約を結んでしまうのでしょう。あの狭い地震多発の島国で、どうやって他の国でバンバン発生しまくる廃棄物を10万年も貯蔵するのでしょう。。。企業が補償できないのは、福島の件で火を見るより明らか。結局払うのは日本国民。福島の収束費用だけでなく、他の国の収束費用、賠償金までどうやって払うの???その時、健康で、税金を納められる人の人口は、被害を受けた人の人口の何:何になるでしょうね。。。

本当に日本の大半の人が、景気回復とかいう幻にとりつかれているのだとしたら・・・緩和緩和と顔全体がたるみっぱなしの方々を見て、自分の顔までたるませて、国のかなり深刻な危機的状況を感じ取っていないのだとしたら。。。自業自得なのかもしれません。ものすごく悲しいけど。。。

私にできることは、日本人の目覚めを信じて、不正を何とか阻止して〈できるかな)国として大きく舵を切っていくのだということを信じて願を飛ばし続けるしかないです。。。めいこさんのお力!!!強力だと思います。是非是非!!!!伏してふして、お願いたてまつりまする~~!!!

良い週末を!バンクーバー、夏日よりです♪
【2013/05/04 12:35】 | Blue Dolphine #- | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。