スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島から2年経って。。

 2013-04-22
abc_australia_logo.jpg


Fukushima, Two Years On
福島から2年


First published:Monday 22 April 2013 7:23AM
By:Roger Pulvers

Roger Pulvers, a regular visitor to Japan describes the secrecy over personal losses, damage to the environment, decontamination costs and harm to the health of maintenance workers
定期的に日本に足を運ぶロジャー・パルバースが描く、個人の損失、環境への損傷、除染費用、原発作業員の健康への害についての秘密主義



Roger Pulvers

There are now three Tohokus. And there have been since the afternoon of 11 March 2011.
3つの東北があります。そして2011年3月11日から2年です。


One part of that region of northeastern Honshu, Japan, comprises districts not directly affected by that day’s Great East Japan Earthquake or the huge tsunami it triggered. A second is the coastal areas that were inundated or destroyed. The third is the villages and towns in Fukushima Prefecture affected by radioactive contamination from the Fukushima No. 1 Nuclear Power Plant.
日本の本州、東北地方の一部には、東日本大震災、地震により引き起こされた大津波に直接被害を受けなかった地域もあります。2つ目は、水浸しになり崩壊された海岸地域、3つ目は福島第一原発からの放射性物質の汚染による被害を受けた福島県の市町村です。


Despite these demarcations, however, the entire Tohoku region and, in a sense, all Japan has been contaminated by radioactivity or the fear of contamination now and in the future.
しかしながら、これらの区分があるものの、東北地方全体が、ある意味日本全てが放射能物質により汚染されてしまったか、現在、あるいは将来汚染される恐れがあります。


I have been travelling regularly to Tohoku since 1969, and my most recent trip was in March 2013, when I went to the lovely seaport town of Miyako in Iwate Prefecture. Whenever I’ve been to the disaster zone in the past two years, the first thing I always seem to notice is the birds. This time I saw buzzards and hawks, white herons and crows and what looked like a family of swans in an empty lot, likely to have come down from Siberia to overwinter in Japan. Empty nests were all about, some in trees and others under the eaves of abandoned buildings. The birds seem oblivious to the calamity that changed the lives of all animals on the ground after 11 March 2011. But Miyako is far outside the zone of radioactive contamination.
私は1969年から定期的に東北に足を運んできました。そして最近赴いたのは、岩手県の美しい港町、宮古に行った2013年3月でした。ここ2年、被災地に行くといつも最初に目にするのは鳥たちです。今回は、ノスリとタカ、シラサギとカラス、そして冬を日本で越すためにシベリアからわたってきたと思われる白鳥の家族のような鳥たちが空っぽの土地にいるのを見かけました。空っぽの巣があちこちにあります。木の中に、廃墟になった建物の軒天に。。鳥たちは、2011年3月11日以後地上の全ての動物たちの生活を変えてしまった惨事を忘れているようです。しかし、宮古は放射能汚染地域からはかなり外側にあります。


Miyako has incorporated several villages into its city limits, giving it a population of almost 60,000. One of those villages is Taro, a location hit particularly hard by the tsunami. Taro had built two 10-metre-high seawalls, completing them in 1958 and reinforcing them in 1966. But at Taro the tsunami reached 12 metres in height. It struck land there at 3.25 pm, about 40 minutes after the earthquake. People there say that they put too much store in their seawalls and that caused many to delay their escape. Two hundred people, nearly 5 per cent of Taro’s population, perished in the tsunami, despite the fact that they had ample time to get out of harm's way.
宮古は市の境界に至るまでいくつかの村が含まれて、人口がほぼ6万人になっています。そのうちの一つは田老です。津波に酷く襲われた場所です。田老には、高さ10mの防波堤が建てられていました。1958年に完成し、1966年に強化されました。しかし田老では、津波の高さが12mに達しました。津波はその土地を午後3:25に襲いました。地震の約40分後です。防波堤にあまりにも自信があったので、多くの人が逃げ遅れてしまうことになったと人々は言います。津波から逃れる時間が十分あったという事実にもかかわらず、田老の人口のほぼ4%である200人の人たちが津波で命を落としたのです。


The walled embankments at Miyako were similarly useless. The frequently shown scene of black water carrying cars over an embankment, which many listeners may have seen on YouTube, was filmed at Miyako.
宮古の防波堤はただ役に立ちませんでした。よく皆さんがYouTubeで目にしたことがあるような、頻繁にでてきた黒い水が車を堤防を越えて流していく場面は、宮古で撮影されたものです。


4632016-4x3-340x255.jpg


Today, large sections of the city are a wasteland. Enormous piles of rubbish have been collected at the wharf and at the baseball stadium. The train line has been shut down, and I was told it is not to be reopened. Travelling by road is now the only way to and from this part of the once famously scenic Sanriku Coast.
今日、宮古市の広大な地域が荒野となっています。大量の瓦礫が埠頭や野球場に集めらました。電車は不通となり、再開する予定はないと聞きました。かつては展望で有名だった三陸海岸へは、車で行き来するのが今ではたった一つの方法です。


In Miyako I visited the Akamae Kindergarten for an NHK television show. The children performed a play, and the teachers, each holding a flower in her hand, sang the NHK Tohoku Recovery Song, 'Flowers Will Bloom'. This song is full of hope, with its message, 'Flowers will bloom, yes they will, yes they will, for you who are yet to be born.'
宮古で、わたしはNHKの番組のためにアカネ幼稚園を訪れました。子どもたちは劇を演じ、先生たちは花を手にNHK東北復興の歌「花は咲く」を歌っていました。この歌の、「花は、花は、花は咲く。いつか生まれる君に」というメッセージには希望が詰まっています。





But the thing that distinguishes this district of Tohoku from those contaminated by radioactivity is the heroic attempt to bring life back to normal. At least there is hope in the uncontaminated zones for 'you who are yet to be born.'
しかし、東北のこの地域が、放射能で汚染された地域と違うのは、生活を元に戻すという英雄的な試みです。少なくとも汚染されていないその地域には、「いつか生まれる君に」希望があるのです。


Contrast this with the situation in the regions where, despite Prime Minister Shinzo Abe's assurances, radiation levels are higher than those at Chernobyl.
安倍晋三首相の請け合いにもか変わらず、放射能レベルがチェルノブイリより高い地域の状況は、これとは対照的です。


Of the approximately 160,000 evacuees from the exclusion zone, an area encompassing villages and towns within a 20-kilometre radius of the Daiichi Nuclear Power Plant, not a single one has been compensated in full for losses caused by the accident. It has been estimated that it will take some 40 years to dismantle the six reactors in the Daiichi and Daini plants. Most people have given up all hope of returning.
福島第一原発から半径20km以内の村や町を取り巻く立ち入り禁止地区からは、約16万人の人が避難しています。そのうちの1つとして事故による損害の全額を賠償されていません。原発の6つの原子炉を分解するのに40年くらいかかると予測されています。ほとんどの人たちは戻るという希望を諦めました。


4640484-3x2-700x467.jpg


They have been left in limbo, many in prefabricated housing on the outskirts of towns, others scattered around Japan. I have recently met several people who have sent their small children not only out of the region but out of the country to ensure their safety.
彼らは忘却の中にとり残され、多くの人たちは街の中心から離れた日本中に散在する仮設住宅にいます。私は最近、自分の子どもたちをその地域から出すだけではなく、確かな安全のために日本を出る人にも何人か会いました。


The comparisons with Chernobyl are not only on levels of radiation. The secrecy with which the Japanese government and Tepco, the Tokyo Electric Power Company that are owners and operators of the Fukushima plant, the secrecy over personal losses, damage to the environment, decontamination costs and harm to the health of maintenance workers at the plant rivals the cover-up by the former Soviet government.
チェルノブイリとの比較は、放射能のレベルだけに限ったことではありません。日本政府と福島原発の所有者であり運営者である東電の秘密主義、個人の損失、環境への損傷、除染の費用、原発作業員の健康への害についての秘密主義は、元ソビエト政府の隠蔽に匹敵します。


The people who made their livelihoods in the contaminated regions of Tohoku were abducted by both their government and an energy industry that deceived them into thinking that nuclear energy was 100 per cent safe in a land plagued by earthquakes and tsunami. The very fact that the present government of Japan, under the leadership of Prime Minister Shinzo Abe, is intent on reconstituting the nuclear power industry is not only an insult to those victims of radioactive contamination in Fukushima Prefecture, but an attack of monumental proportions on all people living in Japan.
汚染されている東北の地域で暮らす人々は、地震や津波に悩まされた土地で、原子力エネルギーが100%安全だと思わすように欺いている政府と電力業界により拉致されています。真の事実は、現在の阿部晋三首相が率いる日本政府が、原子力業界の再構築を意図していることであり、それは、福島県で放射能汚染の犠牲になっている人々に対する侮辱であるだけでなく、日本に住む全国民に対する途方もなく大きな攻撃でもあるのです。


As in Taro, the town where the seawalls did not protect the people, it is the assumption of safety that leads to complacence. It was complacency and a false sense of security that led to deaths in the town. And no amount of cliched assurance will prevent the multitude of deaths that are likely to occur in the event of a nuclear accident in the future.
防波堤が人々を守らなかった田老で自己満足を招いてしまったのは、安全への思い込みです。自己満足と間違った安全についての考えがその町で命の犠牲を招きました。そして、どれだけありふれた保証をしても、将来起こりうる核の事故においての多数の死を防ぐことはできないでしょう。


Is there any difference, I wonder, between this official deception and the one we have seen since the end of World War II. In the nearly seven decades since the end of the war, half-hearted apologies have been made to the victims of Japan's aggression. But as with war responsibility, so it is with the responsibility to come to terms with the oversights and crimes in Fukushima. The not-so-hidden agenda is: 'Don't ask, don't tell, and wait it out until all the victims are dead.'
この公の欺きと、第2次世界大戦の終焉以来私たちが見てきたことの間に何か違いがあるでしょうか?戦後およそ70年に、日本の侵略による犠牲者たちに気のない謝罪がされました。しかし戦争責任と同様に、福島での見落としと犯罪は、その責任を持ってこそ折り合いがつくのです。もはや隠されていもいない思惑は。。「何も聞くな。何も言うな。犠牲者が皆死ぬまで待っていろ。」


Not all enemies of a country come from the outside. A nuclearised Japan is the greatest terror facing the people of Japan. If this terror persists, then the only flowers that will bloom will be those on the graves of children living now and in generations to come.
国の敵は全て国の外からやってくるとは限りません。核を持つ日本は日本の人々が直面する最大の恐怖の種〈テロ)です。もしこの恐怖の種が存続するならば、唯一花を咲かせるのは、今生きている子どもたち、そして未来の世代の子どもたちの墓場の上に咲くものだけです






希望の花を


墓場にではなく


子どもたちの命と笑顔が息づく場所に


沢山咲かせませんか?




未来を選択するのは、


責任のない権力ではなく


責任のある一人一人の決断です。





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1051-359f6187

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。