スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

あ”~見てられない!汚染水対策。。。

 2013-04-13
モーニングバード 2013.4.11

福島第一原発 汚染水を全量地上タンクへ by tvpickup



new_york_times_logo.jpg



Mishaps Underscore Weaknesses of Japanese Nuclear Plant
日本の原発の脆弱さを強調する災難


By HIROKO TABUCHI
Published: April 10, 2013


TOKYO — More than two years after multiple meltdowns at the Fukushima Daiichi nuclear power plant, a series of recent mishaps — including a blackout set off by a dead rat and the discovery of leaks of thousands of gallons of radioactive water — have underscored just how vulnerable the plant remains.
東京-福島第一原発で複数のメルトダウンが起こってから2年以上が経ち、ねずみの屍骸による電源喪失や何千ガロンもの放射性汚染水の漏洩が発見された事を含み、最近災難が連続しています。それは、原発が今尚、いかにもろい状態であるのかを強調してます。


Increasingly, experts are arguing that the plant’s operator, the Tokyo Electric Power Company, or Tepco, cannot be trusted to lead what is expected to be decades of cleanup and the decommissioning of the plant’s reactors without putting the public, and the environment, at risk.
専門家たちは次々と、原発の運営者である東電が何十年もかかるとされている除染と原子炉の閉鎖を、住民や環境に危険を曝させずに導くことができるとは信じられるものではないと議論をしています。


At the same time, the country’s new nuclear regulator remains woefully understaffed. It announced Wednesday that it would send a ninth official to the site — to monitor the work of about 3,000 laborers.
同時に、日本の新しい原子力規制は嘆かわしいほどに人手不足です。水曜日に9人目のメンバーを現場に送ると発表しました...約3000人の作業員の仕事について監視するためです。


“The Fukushima Daiichi plant remains in an unstable condition, and there is concern that we cannot prevent another accident,” Shunichi Tanaka, chairman of the Nuclear Regulation Authority, said at a news conference. “We have instructed Tepco to work on reducing some of the biggest risks, and we as regulators will step up monitoring.”
福島第一原発はまだ不安定な状態で、次の事故を防ぐことができない可能性がある」と原子力規制庁の田中俊一委員長は記者会見で述べました。「私たちは最も大きな危険性のいくつかを減少させることについて作業するように東電に指導しました。」


The biggest scare at the plant in recent days has been the discovery that at least three of seven underground storage pools are seeping thousands of gallons of radioactive water into the soil. On Wednesday, Tepco acknowledged that the lack of adequate storage space for contaminated water had become a “crisis,” and said it would begin emptying the pools. But the company said that the leaks will continue over the several weeks that it will likely take to transfer the water to other containers.
最近の原発で最も大きな恐れは、7つある地下貯蔵プールのうちの少なくとも3つのプールで、何千ガロンもの放射性汚染水が土壌に沁みだしていることが発見された事です。水曜日に東電は汚染水の適当な貯蔵スペースの欠如が「危機」となっていることを認めました。そして、プールの水は移し始めると述べました。しかし東電は汚染水を他の容器に移している数週間にわたり、漏れは続くだろうと述べました。


leak3.jpg


Plant workers dug these underwater ponds about six months ago to store the ever-growing amount of contaminated water at the plant. There is about 400 tons daily from two sources: runoff from a makeshift cooling system rigged together after the site’s regular cooling equipment was knocked out by the earthquake and tsunami in March 2011, and a steady stream of groundwater seeping into damaged reactors.
原発作業員たちは、増え続けている汚染水を発電所で貯蔵するために、約6ヶ月前にこれらの地下貯水池を掘りました。2つの源から毎日約400トン出ます。1つは2011年3月の地震と津波で現場の通常の冷却装置が破壊した後で装備された、当座しのぎの冷却システムから流れ出るもの、そして損傷した原子炉に絶え間なく流れ込む地下水。


Tepco stores more than a quarter-million tons of radioactive water at the site and says the amount could double within three years.
東電は25万トン以上の放射性汚染水を現場に貯蔵していて、3年でそれが2倍になるのだと話しました。


But as outside experts have discovered with horror, the company had lined the pits for the underground pools with only two layers of plastic each 1.5 millimeters thick, and a third, clay-based layer just 6.5 millimeters thick. And because the pools require many sheets hemmed together, leaks could be springing at the seams, Tepco has said.
しかし専門家たちは、地下プールのための穴を1.5ミリメートルの厚さのビニール2枚と6.5ミリメートルだけの粘土質のシート1枚だけで覆っていたのだと、恐怖と共には発見しました。そして、多くのシートが縫い合わさっていたので、継ぎ目から水が湧き出た可能性があると東電は話しました。


“No wonder the water is leaking,” said Hideo Komine, a professor in radioactive environmental engineering at Ibaraki University, just south of Fukushima. He said that the outer protective lining should have been hundreds of times thicker.
「水が漏れているのは、疑いありません。」と福島のすぐ南にある茨城大学の放射能環境工学の教授である小峯秀雄氏は言いました。彼は、覆いかぶせるシートは何百倍も分厚いものであるべきだったと話しました。


leak6.jpg


Tepco’s president, Naomi Hirose, traveled to Fukushima on Wednesday to apologize for the leaks, which he said had caused further distress to local residents. About 160,000 fled their homes in the wake of the disaster, and large areas around the plant remain off-limits.
東電の社長、廣瀬直己氏は、水曜日に福島に赴き、漏洩について、更に地元住民を悩ませる原因になったことを謝罪しました。約16万人が災害後に家を追われ、原発付近が広域にわたりまだ立ち入りできないままなのです。


Mr. Hirose said that Tepco would stop using the underground pits, and would pump the water out into more aboveground tanks. But Tepco says it is likely to take until at least the end of May to empty the pools. Mr. Hirose said that he did not think any water would reach the Pacific Ocean, because the pools lie at least half a mile inland.
廣瀬氏は、東電が地下穴の使用を止め、ポンプで地上のタンクに移すと述べました。しかし、東電はプールを空にするのに5月末まで少なくともかかるであろうと言います。廣瀬氏は、プールが少なくとも半マイル(800m)は内陸にあるので、太平洋に汚染水は到達していないだろうと話しました。


“We’re going to get the water out of these underground pits and into tanks as soon as we can,” he said. “We’re aware that this is a crisis that we must attend to with urgency.”
「これらの地下穴から水を取り出し、できるだけ早くタンクに移します。」と彼は言いました。「私たちはこれが緊急性を持って取り掛からなければならない危機だと分かっています。」


But Muneo Morokuzu, a nuclear safety expert at the Tokyo University Graduate School of Public Policy, said that the plant required a more permanent solution that would reduce the flood of contaminated water into the plant in the first place, and that Tepco was simply unable to manage the situation. “It’s become obvious that Tepco is not at all capable of leading the cleanup,” he said. “It just doesn’t have the expertise, and because Fukushima Daiichi is never going to generate electricity again, every yen it spends on the decommissioning is thrown away.”
東京大学公共政策大学院で原子力安全専門家の諸葛宗男氏は、原発には、まず発電所に流れ込む汚染水を減らすためのもっと耐久的解決策が必要で、東電はただ、この状況を管理することができないだけだと述べました。「東電が除染を先導する能力がないのは明らかになりました。」と言います。「ただ、専門的知識がないのです。福島第一原発は二度と電力を作り出すことはないのですから、閉鎖に使っている全てのお金が捨てられているようなものです。」


leak4.jpg


“That creates an incentive to cut corners, which is very dangerous,” he said. “The government needs to step in, take charge and assemble experts and technology from around the world to handle the decommissioning instead.”
「そのことが手を抜くというような動機を生み出し、とても危険なのです。」と彼は話しました。「その代わりに政府が介入し、引継ぎ、世界中から原発閉鎖を取り扱う専門家と技術を集める必要があります。」


Tepco, which was essentially nationalized after the disaster, is strapped and has made painful cutbacks, forcing subcontractors to slash jobs, wages and benefits, according to doctors, lawyers and labor union workers who have assisted or represented former plant workers.
元原発作業員を援助し、代弁している医師、弁護士と労働組合員によると、災害の後、実質的には国有化された東電は、締め付けられ、苦しい削減をし、仕事、賃金、福利厚生を削減するために下請けが強要されているのだと言います。


The harsh conditions workers face is visible at J-Village, a former sports park about 10 miles south of the Daiichi site, where workers don protective suits and masks before being bused to the plant. Tired workers take naps on flimsy mats in temporary sleeping rooms; low-ranking workers are not afforded this luxury, they said, and must pass free time roaming the grounds or huddling around vending machines.
作業員が直面しているその過酷な状況は、作業員が防護服とマスクをプラントに向かうバスに乗る前に身につけるところ、福島第一現場の南、約10マイルの元スポーツパークで見られます。疲れきった作業員は仮眠室の薄っぺらなマットの上で昼寝をしています。下級の労働者は贅沢をする余裕などなく、ぶらぶらするか、自動販売機の当たりに群がって自由時間を過ごさなければならないのです。


Jun Shigemura, a psychiatry specialist at the National Defense Medical College who offers pro bono mental care sessions at the Fukushima Daiichi plant, said workers there showed signs of post-traumatic stress and depression, raising the risk of making errors at work, and leaving them vulnerable to substance abuse and even suicide.
防衛医科大学校で、福島第一原発にて心のケアーのボランティアを提供しているシゲムラ・ジュン氏は、作業員たちが、ポストトラウマ的ストレスやうつ状態の兆しを示しており、仕事でミスを犯す危険が高まり、物質乱用や自殺に対してさえ脆くなっているのだと話しました。


“Something needs to be done to help these workers,” he said. “For their sake, and for the sake of the plant’s safety.”
「これらの作業員を助けるために何かなされなければなりません。彼らのために、そして原発の安全のために。」と彼は言いました。


Some experts say that contaminated water has continued to reach the Pacific. Jota Kanda, an oceanographer at the Tokyo University of Marine Science and Technology, said last month in a discussion paper posted on the Web site of the journal Biogeosciences that Tepco’s own readings of radiation levels in waters off the plant suggest a continued leak of radioactive cesium into the ocean.
何人かの専門家は、汚染水が太平洋に流れ続けているといいます。東京海洋大学の海洋学者、カンダ・ジョウタ氏は先月、生物科学ジャーナルのウェブサイトで発表された論文の中で、東電自信が出している原発沖の海水の放射能レベルの測定値が、海に放射性セシウムが漏れ続けていたことを表しているのだと述べました。


“This suggests that water might be leaking out from the plant through damaged pipes or drains or other routes,” he said.
「このことは、損傷したパイプや排水溝、あるいは他のルートを通して、原発から水がもれ出ていることを示唆しています。」


Meanwhile, the plant has been fraught with other scares. Last month, pools storing used fuel at the plant went without fresh cooling water for two days after a power failure. Engineers later traced the blackout to a rat that may have gnawed on power cables, causing an electrical short.
一方、発電所では他の恐ろしさもはらんでいます。先週、発電所の使用済み燃料を貯蔵しているプールで、電力喪失のあと2日間に渡り冷却水の提供が止まりました。技術者たちは後に、ネズミが電気ケーブルをかじり、ショートしたことで、停電したのだと追跡しました。


Just a week later, workers sent out to plug holes though which rodents might enter and gnaw at important equipment inadvertently tripped up the power, causing cooling to stop again.
そのたった1週間後、作業員たちがその様な動物が入りそうな穴を塞ぐために送られ、重要な装置をうっかりきってしまい、電力を止めることになり、再び冷却が止まってしまったのです。





なぜ未だに東電に全てを任せているのかが不思議でなりませんが。。。



こういうとき、国でイニシアチブをとろう!

という責任感の強い、リーダーとしての資質のある方が今の政権にいらっしゃるでしょうか??



早速のNHKのニュースで登場したのは、経産大臣。


政府宣伝用の寸劇です



IMG_8069.jpg 

東電社長: いろいろご心配おかけするような事態が連続して、申し訳ありません。



IMG_8070.jpg 

(東電社長は)あさってまでに汚染水が漏れた貯水槽の水を別の貯水槽に移すなどの対策を報告。



IMG_8071.jpg 


経産大臣: 事態の収集ができなくなることにならないよう。。


(机をバンバンたたいて)


最悪のこと!海には絶対出さない!




IMG_8072.jpg 

経産大臣: 最初の段階から海に出さないためにはどうしたいいかしっかり考えほしい!




こういう上司、いたよなぁ。。

自分は誰にでも分かることを語調を荒立てて怒鳴るだけ。

後は何もしない。

何の解決策にもならないのに。




そしてその翌日のニュースでは。。


IMG_8074.jpg 

経産大臣:

5月中には全ての地下貯水槽の中の汚染水が


IMG_8075.jpg 

鋼鉄製タンクに余裕をもち貯蔵できるよう、地上のタンクを増設させる



IMG_8076.jpg 

その後は地下貯水槽は使用しないこととする。



IMG_8077.jpg 

地上のタンク増設計画を前倒しするとともに、地下貯水槽は汚染水保管用として使わせない



言うのは簡単だよなぁ。。。


こういう体裁を繕うためだけの、素人考えのその場しのぎが、


今の結果を招いているのではないですか??


この人のスキルに対して、日本の人は、どのくらいの税金を納めているのでしょう。


これでは、国が介入したところで何も変わらないどころか、悪化してしまいますね。。。


だから介入しようとしないのか。。。



汚染水漏れの裏側で 現役作業員が語る内情 トラブルが相次ぐ理由




このままでは、日本の国は沈没してしまいます。。。


12月の衆議院選挙の違憲、無効判決がでていることだし!!!


選挙!やり直し!!!!!!





もし世論調査が操作されていないとしたら・・・

(「支持しない」と答えたら即電話を切られた、という話もききましたが。。)


阿部内閣支持率70%以上。。。



ということは。。。


日本の人たちは、このままでいいのかな???
 
ほんとに?


私は・・・

いやだぁ~ 



おまけ

1228ワイスク「茂木経産大臣・美輪明宏」 by sievert311

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1045-01aea32c

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。