スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Dear プライム・ミニスター of 美しい国~日本

 2013-04-08
japan_times_logo.jpg 

Rosy Fukushima health report faulted by experts
専門家の非難を受ける楽観的な福島の健康に関する報告


Apr 9, 2013


Dear Prime Minister Shinzo Abe,
親愛なる安倍晋三総理


The February 2013 report by the World Health Organization on the predicted radiation effects of the Fukushima No. 1 nuclear disaster provided some welcome news indeed.
2013年の2月に発表された世界保健機関の福島第一原発事故殻の放射能の影響の予測は、実に歓迎すべき内容のニュースでした。


For example, Richard Wakeford of the University of Manchester wrote: “The additional risk is quite small and will probably be hidden by the noise of other (cancer) risks like people’s lifestyle choices and statistical fluctuations.”
たとえば、マンチェスター大学のリチャート・Wakefordはこう書いています。「事故による新たなリスクは極めて小さく、おそらく人々のライフスタイルや統計的増減のような他の要因にまぎれてしまうだろう。」


If true, the Japanese government can, for example, now confidently inform mothers living in the irradiated areas of Fukushima Prefecture and beyond that there is no need to worry about their children’s health or futures.
もしそれが真実なら日本政府は、たとえば現在、福島県やそれ以外の放射能汚染地域に住んでいる母親たちに、自信を持って子供たちの将来の健康について心配する必要はないと言えるでしょう。


Unfortunately, many international experts take strong exception to these optimistic findings. This disagreement was starkly revealed at a recent symposium held in New York on March 11-12 titled “The Medical and Ecological Consequences of the Fukushima Nuclear Accident.”
残念ながら、多くの国際的専門家たちは、これらの楽観的な所見に激しく意義を唱えています。これらの反対意見は3月11から12日にニューヨークで行われた「福島原発事故による医学的生態学的結果」というシンポジウムではっきりと浮き彫りにされました。


Addressing the symposium, Alexey Yablokov of the Russian Academy of Sciences said: “Using criteria demanded by the International Atomic Energy Agency (IAEA), the World Health Organization (WHO) and the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation (UNSCEAR) resulted in marked underestimates of the number of fatalities and the extent and degree of sickness among those exposed to radioactive fallout from Chernobyl.”
シンポジウムのことを言えば、ロシア科学アカデミーのアレキシー・Yablocov氏はこのように述べました。「国際原子力機関(IAEA)、世界保健機関(WHO)、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)が要求している基準は、チェルノブイリからの放射性降下物に被曝した人たちの死者の数と病気の程度を著しく過小評価するという結果を招きました。」


Yablokov continued: “The Chernobyl catastrophe has already killed several hundred thousand human beings in a population of several hundred million that was unfortunate enough to live in territories affected by the fallout. The number of Chernobyl victims will continue to grow over many future generations.”
彼は更にこう続けます。「チェルノブイリの惨事は既に、不幸にも放射性降下物に影響を受けた領土に住んでいた何億人もの住民のうちの数十万人の人間の命を奪いました。チェルノブイリの犠牲者の数は、これから多くの未来の世代にわたり増え続けるでしょう。」


Prime Minister, I know many of your advisors claim that the amount of radiation released at Fukushima No. 1 was far less than at Chernobyl. However, a report released by the U.K.-based nonprofit Institute of Science in Society in November 2012 said: “Analysis based on the most inclusive data sets available reveals that radioactive fallout from the Fukushima meltdown is at least as big as Chernobyl and more global in reach.” That conclusion was reached based on work with state-of-the-art atmospheric dispersion models by an international team led by Andreas Stohl at the Norwegian Institute for Air Research.
総理。私は福島第一原発での放射能放出が、チェルノブイリよりはるかに少ない量だと主張する多くのあなたの顧問を知っています。しかしながら、2012年11月に、イギリスが拠点の非営利、社会における科学研究所が発表した報告は、このように述べています。「入手可能な最も包括的な一連のデータに基づくと、福島メルトダウンからの放射性降下物が、少なくともチェルノブイリと同じくらいであり、より広く世界中に達したということが明らかである。」この結論は、大気リサーチ・ノルウェー研究所のAndreas Stohl氏が率いる国際チームによる最先端の大気拡散モデルにより到達したものです。


Further, nuclear researcher Hiroaki Koide of Kyoto University told the conference: “The cesium-137 that was released into the atmosphere by Units 1 through 3 was 168 times that of the Hiroshima bomb, according to the Japanese government report to the IAEA, an international organization which promotes nuclear power.
更に、京都大学の原子力研究者、小出裕章氏はその会議でこのように話しました。「1号機から3号機まで合わせれば、(広島の原爆がまき散らした放射性物質。そのうちで私が一番危険だと思っているのはセシウム137と呼ぶ放射性物質が尺度にして測ると、)広島原発がまき散らしたセシウム137の168発分をすでに大気中に放出してしまったと日本政府が国際的な原子力推進組織であるIAEAに対して報告しています。





“However, I myself believe this is probably an underestimate, and two or three times that amount, that is, 400 to 500 times the amount of cesium-137 of the Hiroshima atomic bomb, has already been dispersed into the atmosphere. I believe almost the same amount of radioactive material released into the air has probably flowed into the ocean.”
「しかしながら、私自身はおそらくそれは過小評価で、それの2倍~3倍。つまり、広島原爆がまき散らしたセシウム137の400発あるいは500発分がすでに大気中にまき散らされたと思っています。(それと同時に水に溶けた放射性物質が地下に流れて行って海に流出するということも起きていて、)おそらく大気中に放出された放射性物質とほとんど同量の物が海に流れていると思います。」


Steven Starr of the University of Missouri pointed out that the WHO is not a reliable source of objective information since it is required to base its research on data submitted to it by member governments. Further, beginning in 1959, all WHO reports on nuclear contamination must first be approved by the IAEA, whose charter requires it to do its utmost to promote the use of nuclear power.
ミズーリー大学のスティーブン・スター氏は、WHOが客観的な情報源としては信頼性がないと指摘しました。政府のメンバーにより提出されたデータについての調査に基づくように求められているからです。更に、1959年からWHOは、原子力を最大限に促進する事を求められているIAEAに、放射能汚染についての全てのWHOの報告に、まず承認を得なければならなくなったのです。 (WHOとIAEAの協定については、こちら


One point made over and over again at the symposium is that long-term epidemiological studies have shown there is no such thing as a “safe dose” of radiation. In 2006 the U.S. National Academy of Science noted: “There is a linear dose-response relationship between exposure to ionizing radiation and the development of solid cancers in humans. It is unlikely that there is a threshold below which cancers are not induced.”
このシンポジウムで何回も何回も繰り返された要点は、長期に渡る疫学的研究が、放射能の「安全な被曝量」などというものが存在しない事を表している、と言う事です。米国科学アカデミーが2006年にこのように言及しています。「放射線被曝と人間における固形癌発症のあいだには直線反応関係がある。ある値より低い所で癌が引き起こされないという閾値はありそうもない。」


Thus, as little as a single becquerel of radiation has the potential to initiate cell damage ultimately leading to cancer and assorted illnesses. Further, as Mary Olson of Nuclear Information and Resource Services said, research has demonstrated that women are significantly more susceptible to radiation-induced illness than men, and children, especially little girls, even more so. The most endangered of all is the fetus, which, through the placenta, can have radiation introduced into its rapidly developing body through its mother.
このように、1ベクレルほどの放射能でも細胞の損傷を引き起こし、癌やそれに伴う疾病を導く可能性があります。更に、核情報資料サービスのメアリー・オルソン氏は、女性のほうが男性より放射性が引き起こす疾病にはるかに敏感であり、子供、特に女の子が更に敏感である事さえも研究が示しているのだと話しました。中でも最も危険にさらされているのは胎児で、胎盤から母親を通して急激に発達しているからだに放射能が導入されてしまう可能性があるのです。


fl20130409hna-870x489.jpg
Especially vulnerable: A woman holds her child at a shelter in Fukushima city after being evacuated from an area near the Fukushima No. 1 nuclear plant a few days after the March 11, 2011, earthquake and tsunami. | AP


Radiation contamination is cumulative, with the greatest danger resulting from internal exposure through inhaling contaminated air, eating contaminated foods and drinking contaminated water. Thus, the longer one remains in a contaminated environment, the more likely one is to become sick.
放射能汚染は蓄積します。汚染された空気を吸い込んだり、汚染された食物を食べたり、汚染された水を飲む事を通しての内部被曝が、最も危険な結果をもたらします。このように汚染された環境に長く留まるほどその人は病気になりやすいのです。


These findings are highly significant in light of Koide’s conclusion: “The contamination areas were as large as 20,000 sq. km, which meant a vast zone in the Tohoku and Kanto regions would have to be evacuated. Faced with such a reality, the Japanese government decided it would never be able to help the people in these contaminated areas, and that the people would be abandoned and left there. As of today, about 10 million people have been left in areas that should have been designated radiation-controlled areas, and they are exposed to continual radiation every day.”
これらの見解は、小出氏の結論の観点からとても重要です。「(もし日本と言う国の法律をきちっと守ろうとするのであれば、1平方m4万ベクレルを超えるような汚染地帯は放射線管理区域にしなければいけないのですが)その面積は2万平方kmにも及んでいて、東北地方、関東地方の広大な地域を無人にしなければいけないというほどの汚染を受けてしまっています。その現実を見て、日本政府は到底その汚染地帯にいる人々を助ける事はできないと判断しまして、汚染地帯に人々を見捨てると言う事にしてしまいました。今現在も、ほとんど、多分1千万人にも及ぶ人達が、本とならば放射線の管理区域にしなければいけない地域に取り残されて、日々被曝をしているという事態が進行しています。」


As to what this means in concrete terms, one conference presenter, nuclear expert Arnie Gundersen, estimates that the disaster would lead to 1 million extra deaths from cancer. While Gundersen puts the release of cesium at about half that of Chernobyl, he noted that little attention has been paid to radioactive gases xenon and krypton, which poured out of the No. 1 plant in quantities “two to three times” greater than the 1986 Ukrainian meltdown. Gundersen’s assessment on the health effects of Fukushima is based on the damage done to area residents from the 1979 partial meltdown at the Three Mile Island nuclear plant in Pennsylvania, where he served as an expert witness.
具体的な言葉でこれが何を意味しているのかと言う事については、1人の発表者、原子力専門家のアーニー・ガンダーセン氏が、この災害が100万人の癌死を導く事になるだろうと予測しています。ガンダーセン氏はセシウム放出がチェルノブイリの約半分と見ています。彼は1号機から噴出した放射性ガスのキセノンとクリプトンが、1986年のウクライナのメルトダウンからのものより「2から3倍」多い量だったことがあまり注目されていない事に言及しました。ガンダーセン氏の福島事故が健康に与える影響についての評価は、1979年にペンシルバニアのスリーマイルアイランド原発でおきた部分メルトダウンから地域住民が受けた被害を基本にしています。彼は専門家の証人として、そこで働いていたのです。


Prime Minister, you have called for a “beautiful Japan,” a Japan its citizens can be proud of. Can there truly be a beautiful Japan when large numbers of its citizens are left to face the possibility of slow, painful deaths resulting from radiation-induced cancers and other illnesses? Can the Japanese people be proud of a country that would allow this to happen to its own citizens? 


9784166605248.jpg 

総理。あなたは「美しい日本」と言ってきました。 国民が誇りに思える日本です。多くの国民が放射能が引き起こす癌や他の病気で、ゆっくりと苦痛に満ちた死を迎えるかもしれない事に直面し取り残されているとき、美しい日本など本当にありえるのですか?日本の人々は、自国の国民にこのような事が起こる事を許してしまう国を誇りに思えるのでしょうか?


It is still not too late to act, Prime Minister. For example, will your government provide financial support for residents in contaminated areas who wish to move to safe areas, most especially women of childbearing age and those with children?
まだ遅くはありません、総理。たとえば、あなたの政府が安全な場所に移りたいと願っている汚染地域に住む人々を金銭的に支援しませんか?特に子供を持つ女性を、子供たちと一緒に。

BRIAN A. VICTORIA
Yellow Springs, Ohio


Presentations made at the conference in New York on March 11-12 can be viewed at www.totalwebcasting.com/view/?id=hcf# .
ニューヨークで行われたプレゼンは、 www.totalwebcasting.com/view/?id=hcf#でご覧になれます。

Send comments on this issue and Hotline to Nagata-cho submissions of 500-700 words to community@japantimes.co.jp .
この件と永田町についてのコメントは、500-700字でcommunity@japantimes.co.jp まで。







まだ遅くはない!!!

早いほうがいい。。

急がなきゃいけない。。。



総理。

答えていただけませんか?



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1044-99806687

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。