スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島後、答えを出さなければならない10の問い

 2013-04-06
japan_focus_logo.jpg


Uncomfortable Questions in the Wake of Nuclear Accidents at Fukushima and Chernobyl
福島・チェルノブイリ原子力事故の後での不快な問い


Anders Pape Møller and Timothy A. Mousseau


April 1, 2013

Twenty nuclear accidents at the official International Nuclear Event Scale of 4 to 7 have occurred between 1952 and 2011 (Lelieveld et al. 2012). The risk of another major accident during the next 50 years is high and it has been estimated that some 30 million people could be directly affected by such an accident (Lelieveld et al. 2012).
1952年から2011年の間に、レベル4から7の原子力事故は20回起きています。これから50年の間に起こるほかの主要な事故の危険性は高く、そのような事故がおこれば、3000万人の人々が影響を受けると予測されています。


The highest risks occur around major metropolises such as New York, Washington, Atlanta, Toronto, Western Europe, Shanghai, Hong Kong, and Tokyo and Osaka. The lessons that have emerged from Chernobyl and Fukushima reveal a range of serious questions that must be answered appropriately, above all for the sake of citizens, but also for the credibility of the nuclear industry, and for framing the ongoing debate over energy alternatives.
最も危険が高いのは、ニューヨーク、ワシントン、アトランタ、西ヨーロッパ、香港、東京、大阪などのような大きな都市で起こった場合です。チェルノブイリや福島から浮かび上がった教訓から、適切に答えが出されなければならない深刻な問いが明らかになりました。全ての市民のために留まらず、原子力業界の信用性のためにも、さらに代替エネルギーについての現行の議論をまとめるためにも。


Because recent models suggest that more than half of released radioactive material from a nuclear disaster would be transported more than 1000 km from the site of release (Lelieveld et al. 2012), these questions are important even for citizens in distant countries. It is in this spirit that we have produced a list of unpleasant questions that have been a cause of concern since we first started conducting research at Chernobyl in 1992, and have grown in urgency since conducting research at Fukushima beginning in 2011.
最近のモデルは、放射能災害からの放射性物質の放出の半分以上が放出現場から1000km以上も運ばれると言う事を示しているので、これらの問いは遠く離れた国々に人達にとってさえも重要なのです。このような心持で、1992年にチェルノブイリで調査を始め、2011年に福島で緊急に調査を拡大して以来懸念の原因となっている、心苦しい問いをリストにすることにしました。


Question 1: Why are nuclear reactors frequently clustered making problems much greater in case of emergencies? How to get to the other reactors if one melts down completely? Nuclear reactors are clustered with pairs, quadruplets or even planned clusters with six reactors located at a single site.
問いその1:何故原子炉は緊急時の際に問題が大きくなるのに、密集している事が多いのでしょう?もし1つが完全にメルトダウンしたら他の原子炉にどのように向かえばよいのでしょう?原子炉は1つの施設内に2基、4基、6基さえも併設が計画されています。


199.jpg


The reason is often logistical because of benefits of scale, optimal cooling water facilities, regulatory constraints, costs, and other practical reasons. However, the accident at Fukushima clearly showed the potentially disastrous consequences of such siting when a reactor melts down, because the proximity of another reactor may compromise access for emergency and maintenance crews and risk multiple melt downs.
その理由はしばしばスケールメリット、最適な冷却水施設、規制制約、コスト、や他の実用的な理由などの効率のよさによるものです。しかしながら福島の事故は、明らかにそのような現場で原子炉のメルトダウンが起こった場合の悲惨な結果を示しました。他の原子炉との近さが、緊急隊、メインテナンス隊がアクセスすることを阻み、複数のメルトダウンの危険を大きくしてしまうからです。


Previous assessments by both manufacturers and governments have estimated the risk of melt down in an individual reactor to be negligible and hence the probability of two or more of such events being virtually zero. Clearly that is not the case as shown by events at Fukushima. These observations suggest that nuclear facilities are in need of a re-assessment of risk of melt down given such non-negligible effects of neighboring nuclear reactors.
製造会社と政府による以前の評価は、個々の原子炉がメルトダウンする危険性は取るに足らないもので、2つの原子炉やそれ以上のものがメルトダウンする事は、事実上ゼロであると推測していました。福島の事故で見られるように、明らかにそうではありません。このような事から、原子炉が隣接するのが無視できないものであるとして、核施設についてのメルトダウンの危険性を再評価する必要があります。



Question 2: Why are many reactors built on tectonic fault lines, making them highly susceptible to effects of earthquakes?
問いその2:何故多くの原子炉が地震の際に多大な影響を受けてしまう断層の上に立てられているのでしょう?


278.jpg


The accident at Fukushima has shown that assumptions about the risk of earthquakes and their consequences are seriously under-estimated. This is now widely understood—yet continues to be debated—in the case of Japan. But the issue is also relevant in the United States (Indian Point, for example) and elsewhere. Clearly in the case of nuclear reactors it is insufficient to base assumptions on ‘ordinary’ risk scenarios derived from ‘common’ earthquakes.
福島での事故は地震が起きたときの危険性の予測とその結果が深刻なまでに過小評価されていたことを示しました。このことは今では広く理解されていますが、日本の場合は、論争され続けられています。しかしその問題はアメリカ(例えばインディアンポイント)や他の国にも関係あることなのです。明らかに原子炉の場合「普通の」地震からもたらされる「並みの」危険性のシナリオに基づく推測では不十分です。


Recent assessments of risk related to future major volcanic eruptions in the Canary Islands or the Hawaiian Archipelago suggest these could produce tsunami waves in excess of 20 m height, traveling across the Atlantic or the Pacific in less than a day (e.g. Pararas-Carayannis 2002). The same may apply to risks of major earthquakes on the Pacific coast of the US (Dengler and Smits 2011. Link). Such an event would dwarf the exceptionally strong tsunamis at Fukushima. How resistant are existing nuclear reactors in North America or Japan to such threats?
最近のカナリー島やハワイ列島で将来起こりうる大きな火山噴火に関する危険性の評価は、2mを超える津波を起こす可能性と、1日以内に大西洋か太平洋を渡って移動する可能性を示しています。同じことがアメリカ太平洋岸の大きな地震の危険性に当てはまるかもしれません。その様な出来事は福島での並外れた巨大津波からするとちっぽけなものでしょう。北米や日本に現存する原子炉はその様な脅威に対しどのくらい耐えるのでしょう?



Question 3: Why were the back-up generators at the Fukushima Daiichi NPP located below ground level so they could be reached directly by seawater, causing malfunction and thereby preventing cooling of the reactors? Both Chernobyl and Fukushima have revealed a number of human errors (e.g. design flaws) that augmented the consequences of the nuclear accidents.
問いその3:福島第一原発ではなぜバックアップ発電機が地下にあったのでしょう?海水が直接流れ込み、機能不全を招き、原子炉を冷せなくなってしまうのに?チェルノブイリも福島も人間がおかす間違え(例えば設計上の欠陥)を露わにしました。それが、原子力事故がもたらす結果を拡大したのです。


Clearly these effects can occur equally likely in the context of an authoritarian Russia or China and a democratic Japan. Hence we can only assume that something similar could happen during a future accident in Western Europe or the US. The list of such human flaws is unlikely to be exhaustive and suggests that managers of nuclear power plants readily forget that humans invariably make errors with short- or long-term consequences.
明らかにこのようなことがロシアや中国のような独裁主義においても、日本のような民主主義においても同様に起こりうるのです。なので私たちは、西ヨーロッパやアメリカでも将来事故が起きたときに同様なことが起こりうると考えられます。その様な人間がおかす様々な間違えが網羅されているということはありえそうもなく、原子力発電所の管理者たちは、人間が常に間違えを起こし、それが短期、長期に渡る結果を招くということを容易に忘れてしまうといえるでしょう。


Given the enormous risks, there is an urgent need to generate a catalogue of past and present errors made in building and maintenance of nuclear reactors to prevent future disasters. Although both the US Nuclear regulatory Commission and the European Nuclear Safety Regulators Group have conducted “stress tests” to assess potential shortcomings at power plants in the US and Europe, it is not evident that power plant owners have taken appropriate actions in response to these evaluations. Amending shortcomings is costly, and if regulators and industry consist of the same group of scientists, the incentive for making amendments may be weak at best.
その途方もない危険性を考えると、将来の災害を防ぐために、原子炉の建物とメインテナンスについての過去と現在のミスの記録書を早急に作る必要があります。アメリカ原子力規制委員会も、ヨーロッパ原子力安全規制グループも「ストレステスト」を原発での起こりうる欠陥を評価するために行っていますが、それは、原発の所有者がこれらの評価に答えるために適切な措置を講じたのだということの証明にはなりません。欠陥を修復するのには費用がかかり、もし、規制側と業界側が同じグループの科学者で構成されていたら、修復するための奨励金はひいきめに見ても弱いものです。


Question 4: Why are used fuel rods from the nuclear reactors stored at the reactor site, preventing cooling in a case of emergency, thereby compromising security? Spent nuclear fuel rods are commonly located next to working nuclear reactors in cooling ponds, ostensibly because they are considered to be ‘safe’ in these locations, although the real reason appears to be the absence of suitable alternative storage sites in most countries. But it is clear from events at Fukushima that there is a non-negligible risk associated with having spent fuel onsite as this increases the risk of additional problems in case of a nuclear accident especially if, as in the case of the GE-designed Fukushima reactors, the spent fuel pools are located high above the ground, making delivery of cooling water extremely difficult in the case of a station black-out.
問いその4:なぜ原子炉からの使用済み燃料棒は原子炉の場所に保管されているのでしょう?緊急時に冷却できなくなり、安全が脅かされるのに?使用済み核燃料棒は通常稼動中の原子炉の隣の冷却ポンドにあります。表面上はその場所にあれば「安全」だと考えられているからですが、ほとんどの国で本当の理由は、代わりになる保管場所がないからなのは明らかです。しかし、福島の事故からも、明らかにその場所にある使用済み燃料に関する危険性は無視できるものではありません。特にGEの福島原子炉の場合、使用済み年慮プールが地上から高い場所にあるので、発電所が停電した場合に冷却水を送り込むのが極端に困難で、原発事故の際に新たな問題を引き起こす危険性が増すことになるからです。


pict32.jpg



Question 5: Why did the International Atomic Energy Association (IAEA) approve nuclear reactors with such poor locations and poorly designed emergency generators? The nuclear industry is monitored and ultimately controlled by the IAEA, under the assumption that it will act in the interest of all citizens of the world.
なぜ、国際原子力機関はその様な不十分な場所と不十分に設備された緊急用発電機を備えた現思慮を認可したのででょう?原子力業界はIAEAにより究極に監視、コントロールされています。世界中の全ての市民のために働いているとい思われているのです。


The responsibility of oversight organizations such as national ministerial committees and international organizations is to ensure that citizens are protected from poor management by private or state companies that build and run nuclear power plants. However, citizens cannot be sure that oversight is performed in the interest of citizens because staff of oversight organizations typically move freely between the nuclear industry and oversight organizations, as most clearly shown by the revolving door between the Japanese ministry responsible for nuclear power and the nuclear industry creating what appears to be institutionalized conflicts of interest. It seems likely that similar conflicts exist in other countries as well.
閣僚委員会や国際組織のような監視組織の責任は、原子力発電所を建設し運営する民間や国有の企業による欠陥のある管理から市民を守る事を確かにすることです。しかしながら監視組織にいるスタッフが典型的に原子力業界との間を自由に行き来しているので、市民は監視が自分たちの利益のために行われているのか確かめられません。日本の原子力担当の省庁(経産省)と原子力業会の間の回転ドアーにより最も明らかに示されたのは、明らかに構造化された利益相反です。その相反は他の国でも存在しているでしょう。



Question 6: Why were pregnant women and children not evacuated earlier and for longer distances to avoid the well-known problems of effects of radiation on early development? The evacuation events in Chernobyl and Fukushima revealed a number of inadequacies with surprisingly great problems in Japan compared to the surroundings of Chernobyl.
問いその6:なぜ、妊婦と子どもたちは初期の発達の際に受ける有名な被曝の影響を避けるために、もっと早く、もっと遠くへ避難しなかったのでしょう?チェルノブイリと福島での避難は、多くの不適切さを露わにしました。チェルノブイリの環境に比べて、日本での問題は驚くほどに大きいものです。


In Japan some evacuees were transported to locations that proved to be more radioactive than those from which the evacuees originally came from, thereby actually increasing exposure. Most Japanese are unaware of the fact that in 2013, almost 27 years after the accident in Chernobyl, people are still permanently evacuated from areas with levels of radiation that Japanese officials consider to be safe and requiring no evacuation.
日本では、元の場所よりも更に線量が高いと後で分かったところに移動させられた避難者がいます。つまり、より被曝をしてしまったのです。ほとんどの日本人は、2013年に、チェルノブイリの事故からほぼ27年になって、気付いていませんが、チェルノブイリの人々は今でも日本政府が安全であり避難が必要ないと考えている線量の地域から、永久に避難させられているままなのです。


In Chernobyl no people are living permanently in areas with more than 1 microSv/h, while numerous people live in such areas around Fukushima. The reason for such discrepancies and their health consequences remain poorly understood, and they have certainly not been debated in Japan or elsewhere.
チェルノブイリでは、毎時1マイクロシーベルト以上の地域は誰も定住していません。一方福島の周辺では、その様な場所に多くの人々が住んでいます。その様な相違の理由と、人々の健康に与える結果は未だに理解されていません。そして、日本でも他の場所でも議論されていないのです。


The evacuation of people from their homes in poor Ukraine from contaminated areas suggests that this decision is not a direct function of money, but perhaps rather is a question of the large population living in contaminated areas around Fukushima and the magnitude of economic compensation requested by evacuees. The Soviet Union eliminated such problems of claims for compensation to individuals or states by decree.
貧しいウクライナの人々を汚染地域から避難させることは、直接金銭についての決断ではありませんが、おそらく福島周辺の汚染地域の場合は、むしろ人口の多さと避難者が要請する経済的賠償の巨大さの問題です。ソ連は、個人や州への賠償の要請のような問題を制令で取り除いたのです。


Question 7: Why were Japanese people evacuated from an area with a radius of 30 km, when French and US citizens were advised to stay 50 km away, and airplanes owned by Air France, Alitalia and Lufthansa were re-directed from Tokyo to Osaka?
問いその7:なぜ日本の人々は半径30kmの地域が避難し、フランス、アメリカ市民は50km離れたところまで避難するように、そしてエアーフランスの航空機とルフトハンザは東京から大阪へと方角を変える様に言われたのでしょう?


352.jpg


Similar questions can be raised concerning the radioactive contamination of nearly 70,000 Americans from the army and the navy during the Fukushima event (Witherspoon 2013a, b here and here). The reason why specific actions were taken was to protect people from any potential hazard.
福島の事故の際の7万人のアメリカ軍、水兵たちの射能汚染についての同様の問いが上げられます。なぜ特別な行動がとられたかというと、可能性のある危険から人々を守るためでした。


In the case of Fukushima the Japanese government was clearly troubled by the scenario of having to evacuate Tokyo in case of a change in prevailing weather patterns that could have readily re-directed the radioactive cloud from the Pacific towards the south. Clearly in this case precautionary decisions were made depending on proximity to the accident site with decision makers further away from the disaster site making more precautionary decisions.
福島の場合、日本政府は、放射性の雲が太平洋から南に方角を容易に変えるような天候パターンの変化あった場合、東京を避難させなければならないというシナリオに、明らかに悩まされていました。今回は、事故現場からの近さにより予防の決断がなされました。現場からもっと離れた意志決定者たちは更に用心深い決断を下しました。


Obviously, we should expect the opposite relationship because local people on site should make more informed and hence more precautionary decisions. However, such discussions were likely shrouded in secrecy. Another impediment to transparency may relate to the subjugation of the WHO to the IAEA. Specifically, the IAEA signed an agreement with the World Health Organization on 28 May 1959 that WHO cannot make any statements about nuclear consequences for human health across the globe without first having the approved by IAEA (Tickell 2009). This certainly gives the impression that the concern for human health is secondary to the concern for the peaceful use of nuclear energy and the corporations that provide it.
明らかに、反対のことが期待されるべきです。現場の地元の人々の方が情報を知らされるべきで、より用心深い決断がされるべきですから。しかしながら、その様の決断は秘密主義の中に覆い隠されてしまいます。もう一つ透明性の障害となっているのは、WHOのIAEAへの従属と関係しているかもしれません。特に、1959年にWHOとの同意書に署名し、WHOは世界中を通して放射能が与える人間への結果についての文書をIAEAの認証なしに出すことができないのです。このことが確かに、人々の健康が、原子力の平和利用とそれを供給する企業への心配の二の次にされている印象を与えるのです。


Question 8: Why was the level of radioactivity in Fukushima said by the Japanese prime minister to be low, when in fact it was, and continues to be, higher than the most contaminated areas around Chernobyl, from where people are still evacuated 27 years after that accident?
問いその8:なぜ、福島の放射能レベルは実際に高くあり続け、事故から27年経ってもまだ人々が避難したままのチェルノブイリ周辺の最も汚染されている地域より高いという事実がある中で、日本の首相は放射能レベルが低いと言うのでしょう?



The key to proper management of nuclear reactors in a safe and responsible way was suggested a long time ago by the Nobel laureate Niels Bohr, a founding father of nuclear physics and perhaps the first anti-nuclear activist. During the development of the nuclear bomb he insisted on openness as a means of building trust and reliability among nations. Unfortunately, his words went unheeded and the arms build-up and cold war between the east and the west followed.
原子炉を安全で責任のある方法で適切に管理するための鍵は、原子物理の生みの父であり、おそらく初の反核活動家である、ノーベル賞を受賞したニールス・ボーアによりずいぶん前に提言されました。核爆弾を開発している間、彼は開放性と各国間の信用と信頼の確立を主張しました。残念ながら、彼の言葉は留意されず、武器が作り上げられ東と西の間の冷戦へとなりました。


180px-Niels_Bohr.jpg


The experience in Japan suggests that managers of nuclear power plants will maintain secrecy to protect their own livelihoods or the interests of their company. The “nuclear village” of this alliance of the nuclear company (TEPCO), the state, and the scientists and media who work to protect the industry is an affront that excludes ordinary citizens. Unfortunately, despite hundreds of minor accidents at nuclear power plants managers routinely ignore national or international requirements and attempt to hide such events.
日本での経験から、原子力発電所の管理者たちが自分たちの産業と会社の利益を守るため、秘密主義を維持するであろうことがわかります。原子力企業(東電)と同盟を結ぶ「原子力ムラ」、業会を守るための国、科学者、メディアは、一般市民を締め出す恥です。不運なことに、原発での何百もの小さな事故にもかかわらず、管理者たちは日常的に、国に、国際的に必要なことを無視し、その様な事故を隠そうと試みているのです。


This is the case in authoritarian states like Russia, in Asian democracies like Japan and even in extremely open and non-corrupt Sweden, which despite this presumed openness still had a secret nuclear program to develop nuclear bombs during the 1950’s.
これは、ロシアのような独裁国家、日本のようなアジア民主主義、そして究極に開放的で全く頽廃していないスウェーデンのような国でさえあることです。開放的だと思われているにもかかわらず、スウェーデンでは1950年代に原子爆弾の開発秘密プログラムがあったのです。


This raises serious questions about oversight of the nuclear industry and the extent to which citizens can have confidence in corporate, government, scientific or even international regulatory agency recommendations. The main reasons for such lack of confidence arise from the lack of impartial assessment, secrecy in the case of accidents, and a complete lack of consequences for managers and government regulators even in the event of serious accidents. This lack of accountability can only be restored by involving citizens in regulatory functions of the nuclear industry. If and when ordinary citizens are given the opportunity to play a significant role in such oversight, it might be possible not only for citizens, but also governments and the industry, to trust the statements and recommendations of oversight agencies.
このことは、原子力業界の監視についてと、企業、政府、科学的・国際的な規制機関の提言についての市民の信頼の範囲にまで及び、深刻な問いを投げかけます。その様な信頼性の欠如の主な理由は、偏らない評価の欠如、事故の際の秘密主義、深刻な事故においてさえも管理者の政府規制者にその(責任の)結果がないことからきています。この責任の欠如は、市民を原子力業界の規制機能に含めることでのみ回復できるものです。もし、一般市民がその様な監視に重要な役割を果す機会を持つことができたら、市民だけでなく、政府や業界も規制機関の文書と提言を信頼することができるでしょう。


Question 9: Why did the chairman of the IAEA (a Japanese) first travel to Japan four days after the first accident happened in Fukushima? The narrative following Chernobyl was that Soviet incompetence prepared the ground for this terrible disaster (Hopkins 1993), and once the Soviet Union was gone, there would be no further accidents. The Fukushima accident changed all that by revealing that even one of the technologically most advanced societies in the world was able to make a large number of mistakes that exacerbated the severity of the accident. Thus perhaps it was no surprise that neither the IAEA nor anybody else involved in the nuclear industry was willing to act responsibly in the face of this event.
問いその9:なぜIAEAの事務局長は福島の事故が最初に起こった4日後に日本へ行ったのでしょう?チェルノブイリの後に語られていたのは、ソビエトの機能不全がこの恐ろしい災害の基盤を用意したのだということでした。一度ソビエトが崩壊していれば、それ以上の事故はなかったと。福島の事故は、そのことを一変しました。世界で最も技術が進んでいる社会の一つでさえ事故の深刻さを激化させる多くの間違えを犯すことがありえるのだと明らかにすることによって。このように、おそらくIAEAや原子力業界に関わる他の誰もが、このような事故を目前に責任を取りたがらない事は、驚くことではないでしょう。


Question 10: Why is Tokyo Electric (Tepco) unwilling to provide information about the identity of the rescue workers and their radiation exposure? Is it ethically defensible to allow rescue workers who are working under stressful conditions to breach accepted levels of radiation exposure? (Tabuchi 2011; interview with Paul Jobin).
問いその10:なぜ、東電は救助員の身元と彼らの被曝について情報の提供を嫌がるのでしょう?ストレスのある状態の下で働いている救助員たちに、許容被曝量を破ることを許すことが倫理的に防護できているといえるでしょうか?


The reason for such limits is exactly to prevent people from being pressured to make decisions that they should or could not make based on their own knowledge. It is a moral imperative for individuals in some societies to sacrifice themselves for the common good, as shown by events in Chernobyl and Fukushima. Such rescue workers are glorified in writing and statues, but their moral dilemmas and their subsequent medical fate are rarely mentioned.
その様な限界を設ける理由は、人々が自分たちの知識に基づいて決断をしなければならないという状況を防ぐためです。その様な決断はするべきではありませんし、できるものではありません。自分を社会のために犠牲にするというのは、チェルノブイリや福島で見られるようにある社会において道徳的にしなければならないことです。その様な救助員たちは書面や肖像で称えられますが、彼らの道徳的ジレンマや後に続く健康上の運命についてはめったに語られないのです。


The fact is that such sacrifice is not distributed equally, but is allotted to low paid short-term contract workers who generally are individuals with poor education and lack of resources (Tabuchi 2011), making it easy to impose sacrifice even to the extent that such events are no longer voluntary. Decisions about participation in clean-up should be based on sound ethics rather than forcing poorly educated part-time workers into activities with consequences that they may not even be able to judge themselves.
事実は、その様な犠牲が平等にされるのではなく、一般的に教育、知識に乏しい低所得の短期契約作業員にあてがわれるということです。そのことが、もはや自主的ではなくなっていても犠牲を強いることを容易にしています。除染へ参加するかについての決断は、自分自身がその結末を判断できないかもしれない教育に乏しいパートタイムの作業員に強いるものではなく、健全な倫理に基づくものであるべきです。


Chernobyl and Fukushima loom large when assessing the impacts of human technology on our planet. It is also obvious that the decisions made by humans and, therefore, an understanding of human behavior, is important if we are to learn any lessons concerning major environmental disasters. As evolutionary biologist Robert L. Trivers (2009) has stated in his recent book on self-deception, humans have evolved an entire battery of behavior to deceive themselves so to better deceive others.
チェルノブイリと福島は、私たちの地球に人間の技術が与えた影響を評価するとき大きく立ちはだかります。人間による決断であることは間違えなく、それゆえに大きな環境災害についてのどんな教訓を学ぶにも、人間の行動は重要です。進化的な生物学者、ロバートL・Triversは最近の本の中で、自己欺瞞について述べました。人間は、他のものをうまく欺くために自分自身を欺く一連の行動を展開してきたのだと。


These behavioral mechanisms have evolved as a means to allow humans to cope with and survive small and major disasters, and our presence despite famine and major wars including nuclear war bears testimony to the efficacy of such behavior. We can only hope that thorough psychological and risk analyses of both Fukushima and Chernobyl will help us reduce the risk of future nuclear disasters by revealing the underlying mechanisms that led to these horrible outcomes.
これらの行動メカニズムは、人間が小さな、または大きな災害に対処し生き残るために許される手段として進化してきました。そして、飢饉や核戦争を含む大きな戦争にも関わらず私たちが存在していることは、その様な行動の効能を証明しています。私たちはただ、福島とチェルノブイリの精神的な、そして危険性の分析を通して、これらの恐ろしい結果を招いた潜在的なメカニズムを明らかにすることにより、将来の放射能災害の危険性を減少させることができると望むしかありません。




著者のAnders Pape Møller と Timothy A. Mousseau に関する記事はこちら



自己欺瞞。。。。


今回ばかりは、


自分も、他人も欺いてはいけないような気がします。





全てが明らかにされるとき




日本はどのような姿を呈しているのでしょう。。



japan_lights.jpg






スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1043-f2470ebc

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。