スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島産の生産物は放射能フリー?!

 2013-03-29
インド発


news_track_india-_ogo.jpg

Study tour reveals nuke crisis hit Fukushima products now radioactive free
調査ツアー、事故が起きた福島の産物は今では放射能フリーだと明かす


Thu, 28 Mar 2013 ANI


Fukushima (Japan), Mar.28 (ANI): The nuclear disaster that hit Japan's Fukushima Prefecture over two years ago, forcing the evacuation of over 160,000 residents, appears now to be gradually receding into the past, with key officials saying that daily essentials such as rice, vegetables and other products are free of radioactive substance.
3月28日 福島: 2年以上前に日本の福島県を襲った放射能災害は、16万人の避難者を出しましたが、今では少しずつ過去のこととなりつつあるようです。要職につくものたち(?Key Officials)は、日常食である米、野菜、その他の産物に放射能物質が含まれていないのだと述べています。


To prove this, a recent study tour of Fukushima was organised by HIS, Japan's biggest travel agency.
このことを証明するために、日本の最大手旅行会社であるHISの手配で福島への調査ツアーが行われました。


The tour included a visit to a 10,000-hectare agricultural farm that was once left in a complete state of devastation by the nuclear disaster and subsequent tsunami.
そのツアーには、かつて津波とその後に続いた放射能災害により完全に荒れ果ててしまったままだった1万ヘクタールの農場への訪問が含まれていました。


In its heyday, it produced food for about a million people.
全盛の時は、約百万人の職をそこで生産していました。


In the two years since the disaster, some of the evacuees and some residents have started the "Kaachan" power project, which essentially involves providing edible and safe meals consisting of vegetables, rice and other ingredients produced in Fukushima.
災害から2年間、何人かの避難者と住民は「かあちゃん」の力・プロジェクトを始めました。福島で生産される野菜、米、他の原料を使った食に適した、安全な食事を本質的に提供することです。


kachan.jpg


Ms.Tomiko Watanabe, one of the persons involved with the project, said: "Fukushima food is safe because radioactive contaminants are measured very strictly."
このプロジェクトに参加している人の一人であるワタナベ・トミコさんは言います。「放射性物質はとても厳しく測定されているので福島の食品は安全です。」


"Currently, the Japanese government standard is 100 becquerel. Imported food is 370 becquerel. For example, the Ukraine level is 40 becquerel, but the Kaachan project level is beneath 20 becquerel. In spite of this evidence, 44 countries have refused to import products from Fukushima. We are fighting rumor and stereotype," Watanabe added.
「現在、日本政府の基準は100ベクレルです。輸入食品の場合は370ベクレルです。例えば、ウクライナのレベルは40ベクレルですが、かあちゃんプロジェクトのレベルは20ベクレル以下です。この事実にも関わらず、44カ国が福島からの輸入品を拒否しています。私たちはうわさとステレオタイプの人々と闘っているのです。」


Seiji Kanno, a farmer, said that 99.9 per cent of the rice produced in Fukushima is under 25 becquerel, while the radioactive element in 95 percent is contained.
農家のカンノ・セイジさんは福島で生産される95%に(放射性物質が)含まれている一方で、99・9%が25ベクレル以下なのだと話しました。


Last year, he claims, school lunch did not include any product manufactured in Fukushima, but this year, Fukushima-produced ingredients are being used.
彼はまた、去年は学校給食で福島で作られた生産物は含まれていなかったけれど、今年は福島産の原料が使われるのだと主張しました。


school lunch
ぬまゆさんのブログより



Well known Japanese firm Toshiba has also come forward to provide a real time detector of radioactive containment to end speculation of contamination.
有名な日本の東芝はまた、汚染の憶測を終息させるため、率先して放射性物質を即時に測る検出器を提供しました


"To become aware of ground realities, everyone must visit Fukushima to see the change that has come about for the better," said one of the study tour participants.
「現地の現実を知るためには、皆が良い方向に変化しているのを見に福島を訪れなければなりません。」


Ms. Megumi Noda, one of the organiser's of the study tour, said: "This study tour is first step. In near future, I would like to invite foreigners for the Fukushima study tour." (ANI)
この調査ツアーの主催者の一人であるノダ・メグミさんは言います。「この調査ツアーは第一歩です。近い将来、福島調査ツアーに外国人を招待したいと思っています。」






「かあちゃん」の力・プロジェクトの

取り組み自体はすばらしいと思います。

それに掛ける情熱や希望も十分理解できます。


まずは、

検査結果を全て公表していただきたいと思います。



そうでなければ、

このように報道されることに対する責任は

重すぎます。。。



このような取り組みは、

福島県、日本政府も大歓迎でしょう。


そして、旅行会社のようなビジネスも。。




しかし、

彼らは、日本で暮らす人たちの健康に対し、

あまりにも無責任なのです。



まして、国外の人々に対しての責任は。。

残念ながら、全く感じられません。。。





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1038-c4500724

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。