スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

津波瓦礫からの教訓

 2013-03-17
CNNより


Japanese tsunami debris makes its way into Hawaiian birds
日本の津波瓦礫、ハワイの鳥たちへと向かう


By Kyung Lah

March 11, 2013 -- Updated 2028 GMT (0428 HKT)





The Big Island, Hawaii (CNN) -- Your first view of Kamilo Beach on Hawaii's Big Island is of majestic rock, postcard-worthy waves and miles of uninhabited beach. But look closer at the sand and you see specks of blue, yellow and white plastic.
ハワイ島 -- ハワイ島のカミロビーチで最初に目にするのは、雄大な岩と、絵葉書のような波、何マイルも続く無人のビーチ。しかし、砂を良く見ると、青、黄色、白いプラスチックの点々が見えます。


A piece of a bottle cap. A corner of a milk crate. Half a toothbrush.
ボトルのふた。牛乳ケース。歯ブラシの半分。


Kamilo Beach is part of the devastating legacy of the March 2011 Japan tsunami.
カミロビーチは、2011年3月11日の日本津波の悲惨な遺産の一面です。


tsunami debris1


"It's disheartening to come out here and see all this marine debris in an area that's otherwise so remote, debris that's washing up from other countries," said Megan Lamson, debris project coordinator for the Hawaii Wildlife Fund.
「何もなければただへんぴなこの地域に来て、他の国々から打ち上げられた海洋瓦礫を見るとがっかりします。」とハワイ野生動物ファンドの瓦礫プロジェクト・コーディネーターのメーガン・ラムソンさんは言いました。


Picture15_20130318142204.jpg


Hawaii is in a unique geographical spot, the center of the Pacific Ocean, to witness the impact of the Japan tsunami. Debris swirls from Asia to the continental United States through Hawaii. The islands are, in effect, a comb of the Pacific.
ハワイは、地理的に独特の場所にあります。日本津波の打撃を目撃するのに、太平洋の中央に位置しているのです。瓦礫は、アジアからアメリカ大陸へ、ハワイを通って渦を巻いて進みます。ハワイの島々は実際、太平洋の櫛となっているのです。


The nonprofit Hawaii Wildlife Fund said marine debris has been a problem for years for the island state and tsunami debris has made things worse. According to Japan, 1.5 million tons of tsunami debris floated away. The wildlife fund organizes beach cleanups along Hawaii's shorelines and struggles to keep up with the marine debris, made up primarily of plastic.
非営利団体のハワイ野生動物ファンドは、海洋瓦礫がハワイ州にとって何年も問題になり続け、事態を悪化させるだろうと話しました。日本によれば、150万トンの津波瓦礫が流されたと言います。野生動物ファンドはハワイ島の海岸線の清掃を計画し、主にプラスチックでできている海洋瓦礫に追いつくのに苦心しています。


Lamson pulled out part of a beer crate that read "Exclusively for Kirin Beer" in Japanese. She also found a Suntory Whisky bottle stamped "Japan." Lamson also found a small vitamin drink container with Japanese text. Since fall, the wildlife fund and the National Oceanic and Atmospheric Administration have found refrigerators, freezers, buoys and even an intact fishing boat, all with Japanese text.
ラムソンさんは、「キリンピールのみ」と書いてあるビールケースの一部をひきあげました。また、「日本」と判が押してあるサントリーのウィスキーのビンも見つけました。ラムソンさんは日本語が書かれている小さなビタミンドリンクの容器も見つけました。秋以来、野生動物ファンドとアメリカ海洋大気庁 は、冷蔵庫、冷凍庫、浮きや無傷の釣り舟さえ発見し、どれにも日本語が書かれていました。


tsunami debris 3



But most disturbing to Lamson are a couple of soft plastic bottles with bite marks. "Marine life in the ocean are mistaking plastic for their natural food," Lamson said.
しかし、ラムソンさんをもっとも心配させるのは、噛んだ後のあるやわらかいプラスチックのボトルです。「海洋生物はプラスチックを自然の食べ物と間違えてしまうのです。」と言います。


Lamson may suspect it, but Lesley Jantz, a NOAA fishery biologist with the observer program, can confirm it. Jantz has been studying the impact of marine debris in fish.
ラムソンさんはそう疑っていますが、アメリカ海洋大気庁の水産生物学者のレスリー・Jantzさんは確信しています。Jantzさんは魚に与える海洋瓦礫の影響を研究してきたのです。


In her lab, Jantz sliced open the stomach of a lancetfish for CNN. You may never have heard of the lancetfish, a sometimes 4- to 6-foot long fish with enormous teeth. But bigeye and yellow fin tuna eat lancetfish. Tuna ends up on our plates.
研究所で彼女はミズウオのお腹をCNNのために開きました。ミズウオのことは聞いたことがないかもしれませんが、巨大な歯を持ち、長さ4-6フィート(1-2m)にもなることもあるものです。しかし、メバチやキハダはミズウオを食べます。そして、それらの魚は食卓のお皿にのることになるのです。


Picture17_20130318143528.jpg


Jantz pulled out a 12 by 12 piece of indigestible black plastic. "It would be difficult to pass through the system," said Jantz. "I've found several fish with the same black plastic bag, just like this, even larger. If it gets to a certain size, the fish is going to feel like it's full."
Jantzさんは12x12の消化できない黒いビニールを取り出しました。「体内の組織を通過するのがとても困難なのです。このような、もっと大きいのでさえ、同じ黒いビニールの袋の入った魚をいくつか見つけたことがあります。ある大きさになれば、魚は満腹だと感じるようになるのです。」


tsunami debris 13


Jantz conducted a study that included 64 fish of varying species. Twelve percent of them, she said, contained plastic. When she looked just at lancetfish, 45% had plastic. "One concern that we have and don't know is if any chemicals from the plastic are absorbed into the tissue of the fish, which is a problem if consumed by a fish that we consume. That's definitely the next step, what is the impact?"
Jantzさんはいろいろな種類の64匹の魚を含めた研究を行いました。12%がプラスチックを含んでいたといいます。ミズウオだけを見れば、45%がプラスチックを含んでいました。「1つ懸念であり、分かっていないことは、魚の組織にプラスチックの化学物質が吸収されるのかということで、もしそうであれば、私たちが食べる魚を通じて吸収されることが問題です。それが次の段階です。どんな影響があるのか?」


Across the island in David Hyrenbach's lab, the impact of plastic debris is apparent among the animal species he studies: birds. Hyrenbach cut open the bellies of some albatross for CNN. Plastic pieces spilled out of the belly of a 2-month-old albatross. Eighty percent of the stomach was packed with plastic.
島を通してのデビット・Hyrenbach氏の研究所では、プラスチック瓦礫の影響が、彼が研究した動物-鳥の中で明らかになっています。Hyrenbach氏はアホウドリの胃袋をCNNのために開けてくれました。2ヶ月のアホウドリの胃袋からはプラスチックの破片が溢れてました。8%の胃袋にプラスチックが詰まっていました。


Picture14_20130318141821.jpg



Hyrenbach, an assistant professor of oceanography at Hawaii Pacific University, pulled out a small bottle top. "Toothpaste top?" he said. "No, cap of a medicine tube." He reached into the stomach again. "Oh, it's a brush, you see?" There were the unmistakable bristles of a hairbrush.
ハワイ太平洋大学の海洋学助教授のHyrenbach氏は、ボトルの小さなふたを取り出しました。「歯磨き粉のふた?いや、薬のチューブのふただ。」彼は胃袋にまた手を伸ばしました。「あぁ、ブラシだ、ほら?」紛れもないヘアーブラシの剛毛がありました。


"Morally, this is terrible. How is this possible? Majestic, far ranging, beautiful birds, in a pristine place of the pacific, the northwest Hawaiian islands, you open them up and this is what you find," said Hyrenbach.
「道徳的に、これは酷い。どうすればこんなことがありうる?太平洋の汚れていない場所、ハワイ島の北西の雄大な、広域にわたる、美しい鳥のお腹を開けてみると、これがあなたが見つけるものなのです。」とHyrebach氏は話しました。


tsunami debris 10


He grabbed a box, packed with toy soldiers, lighters and brushes. He explained that he pulled all the items out of albatross from Hawaii. "Every bird I looked at had plastic. Some had a little bit. Some had a lot. Everybody we looked at had plastic."
彼は、おもちゃの兵士、ライター、ブラシが詰まった箱をつかみました。ハワイのアホウドリから、その全てのものを取り出したのだと説明しました。「私が見た全ての鳥からプラスチックが見つかりました。少しだけのものも、沢山含んでいたものもありました。私が見た全部にプラスチックが含まれていたのです。」


tsunami debris 11


NOAA said most of the debris affecting the island cannot be tracked to any particular country, even Japan, because the plastic is often so weathered and broken by the time it hits Hawaii. "We don't really know the full impact of this type of debris. It adds to an existing problem that we have across the world," said NOAA Pacific Islands Regional Coordinator Carey Morishige. "But it is quite eerie to see an item you think may have come from Japan, someone's home, to sit on a beach thousands of miles away. It brings home the fact beyond the marine debris issue this is first and foremost a human tragedy." It should serve as a reminder, Morishige said, that "the land and the oceans are incredibly connected."
アメリカ海洋大気庁は、ハワイ島に影響を与えている瓦礫のほとんどは、日本なのかさえも、特定の国を追跡できないのだと述べました。プラスチックは風化したりハワイに到達するまでに壊れてしまうからです。「この種の瓦礫が与える影響全体については本当に分かりません。(日本の津波瓦礫は)世界中で既に抱えていた問題に更に加わるものなのです。」とアメリカ海洋大気庁の太平洋諸島地域のコーディネーター、Carey モリシゲさんは言いました。「しかし、日本から、誰かの家からやってきたかもしれない破片が何千マイルも離れたビーチに落ちているのを見るととても恐ろしいです。それは、海洋瓦礫問題を超えた事実を運んでくるもので、人類初めての、最重要な悲劇なのです。」モリシゲさんはこのことがあることを思い起こさせるといいます。「土地と海は信じがたいほどに結びついている。」


Tsunami debris 14



「環境団体は津波瓦礫についてはビーチを清掃をする以外なす術がないと言いますが、消費者ができることがあります。世界中で使われているプラスチックボトルやプラスチックのふたを彼らは見つけています。消費者は単にできるだけプラスチックを使わなくすればよいのです。」


---------------------------------------------------------



dump.jpg
地元誌Burnaby NewsLeader



土地と海は繋がっているし、


人間は、自然の摂理の一部でしかないことを、


津波瓦礫が思い起こさせてくれました。





プラスチック。。。


やめられますか?


原子力発電


やめなくても良いですか???







スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1033-0c1519fc

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。