スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

放射能被曝による癌発症数の意味

 2013-03-21
IPPNW.jpg


Nuclear catastrophe in Japan
日本の放射能惨事

Health consequences resulting from Fukushima
福島事故による健康被害の結果


By Henrik Paulitz, Winfrid Eisenberg, and Reinhold Thiel, 6 March 2013

Summary
要約

On 11 March 2011, a nuclear catastrophe occurred at the Fukushima Dai-ichi nuclear power plant in Japan in the wake of an earthquake and due to serious safety deficiencies. This resulted in a massive and prolonged release of radioactive fission and decay products. Approximately 20% of the radioactive substances released into the atmosphere have led to the contamination of the landmass of Japan with 17,000 becquerels per square metre of cesium-137 and a comparable quantity of cesium-134.
2011年3月11日、地震と、深刻な安全対策不足の末に、福島第一原子力発電所にて、放射能惨事が起こりました。大量の、そして長期に長引く放射性分裂、崩壊物質の放出という結果を招きました。大気中に放出された放射性物質の約20%が、広域にわたる日本の土壌を、1平方メートルあたり1万7000ベクレルのセシウム137と、同等のセシウム134で汚染するということになりました。


The initial health consequences of the nuclear catastrophe are now, two years after the incident, scientifically verifiable. Similar to the case of Chernobyl, a decline in the birth rate was documented in the nine months following the nuclear catastrophe. Throughout the whole of Japan, the total drop in number of births in December 2011 was 4362, with the Fukushima Prefecture registering a decline of 209 births. Japan also experienced a rise in infant mortality, with 75 more children dying in their first year of life than what would be expected statistically.
事故から2年、放射能からの最初の健康結果が今科学的に検証できるようになりました。チェルノブイリのように、放射能惨事の後9ヶ月間で、出生率の減少が記録されました。日本全体を通して、2011年12月の出生数の合計が4362件減少し、福島県では、209件の減少が記録されました。日本ではまた、幼児の死亡数の増加がありました。生後1年以内の子どもたちの死亡件数が統計的に予測されていたものより75件増加しました。


In the Fukushima Prefecture alone, some 55,592 children were diagnosed with thyroid gland nodules or cysts. In contrast to cysts and nodules found in adults, these findings in children must be classified as precancerous. There were also the first documented cases in Fukushima of thyroid cancer in children.
福島県だけを見ると、5万5592名の子どもたちが、甲状腺の小結節または嚢胞が診断されました。大人に見られた小結節または嚢胞とは対照的に、これらの子どもたちに見られたものは、前癌状態のものと分類されるはずです。また子どもの甲状腺がんの最初のケースが(3件、7件が甲状腺癌の疑い)福島で記録されました。


table1_20130322082945.jpg



The present document undertakes three assessments of the expected incidence of cancer resulting from external exposure to radiation. These are based on publications in scientific journals on soil contamination in 47 prefectures in Japan, the average total soil contamination, and, in the third case, on local radiation dose measurements made in the fall of 2012. Taking into consideration the shielding effect of buildings, the medical organization IPPNW has calculated the collective lifetime doses for individuals at 94,749 person-Sieverts (PSv), 206,516 PSv, and 118,171 PSv, respectively.
今回の文書は、放射線の外部被曝から予測される癌の発生について3つの評価を行うものです。これらは、科学ジャーナルに掲載された日本の47都道府県の土壌汚染、全土壌汚染の平均、そして3番目には2012年秋に測定され地域の放射線被曝量に基づくものです。建物の遮蔽効果を考慮し、医療組織であるIPPNW(核戦争防止国際医師会議)は個人の集団実効(生涯積算)線量を94,749PSv、206,516Psv、117,171Psvとそれぞれ計算しました。


In accordance with the risk factors set by the European Committee on Radiation Risk (ECRR) for death caused by cancer (0.1/Sv) and the incidence of cancer (0.2/Sv), these figures translate into 18,950, 41,303, and 28,418 expected cases of cancer due to external radiation exposure in Japan.
欧州放射線リスク委員会による癌死のリスク係数(0.1/Sv)と癌発症のリスク係数0.2/Sv)に従うと、これらの数字からそれぞれ、18,950件, 41,303件, 28,418件の日本での外部被曝による癌発症が予測される、ということになります。


133,832 measurement results published by the Japanese Ministry of Health were used to make an estimate of the number of expected cases of cancer due to the consumption of contaminated food. However, a large part of the data could not be used, because only figures less than maximum allotted levels and not those of actual measurements were published.
日本厚生省により発表された13万3382件の測定結果は、汚染食物を消費することで予測される発癌数を出すことに使いました。しかしながら、大部分のデータは使用不可能でした。(検出限界)最大値より少ないとだけ振り分けられ、それらの実際の測定値が発表されていなかったからです。


The some 17,000 measurement readings were sorted according to Japanese prefectures, with the Fukushima region (the Fukushima, Miyagi, Tuchigi, and Ibaraki prefectures) showing an average total cesium contamination of foodstuffs at 180.8 Bq/kg. Calculations indicated total cesium levels of 108.1 Bq/kg for the rest of eastern Japan and 71.8 Bq/kg for western Japan. Due to the nature of the database, it remains unclear to what extent these underlying values are representative. As such, it has here been conservatively assumed that, in the following year, food was on average contaminated by only half this amount of cesium.
1万7000件かそこらの測定値は、日本の都道府県により分類されています。福島地域(福島、宮城、栃木、茨城県)の全食品のセシウム汚染の平均は1kgあたり180・98ベクレルです。計算によると東日本の全セシウム汚染の平均が1kgあたり108・1ベクレル、西日本が1kgあたり71.8ベクレルとなります。データベースの性質から、これらの数値がどのような規模のものを示しているのかは不明瞭なままです。なので、ここでは、保守的な推測として、翌年には、汚染食品のセシウム汚染レベルが、半分にだけになると仮定しました。


The annual consumption level of Japanese produced foodstuffs was estimated at 30,753,745 tons, and the corresponding levels for the three defined Japanese regions was determined on the basis of their relative share of the total population. In addition, an ecological half-life period of 5 years was assumed.
日本産の食品の年間消費レベルが3千75万3735トンと推測され、3つの日本の地域でのそれぞれのレベルはそれぞれの人口数に基づき決定します。更に、生態的半減期が5年だと仮定しました。


According to the calculations made by the medical organization IPPNW, the resultant collective lifetime dose amounted to 93,166 person-Sieverts. Correspondingly, some 18,633 cases of cancer can be expected due to contaminated food intake.
医療組織であるIPPNW(核戦争防止国際医師会議)の計算の結果として生ずる集団実効(生涯積算)線量は、93,166PSvにまで達しました。相応して、汚染された食物を摂取する事からの発癌ケースは18,633件くらいと推測されます。


The applied risk factor of 0.1/Sv, which has also been recently accepted by the World Health Organization (WHO), indicates a probable underestimation of the true risk. Recent studies point to a risk factor that is approximately twice as great, thereby resulting in a doubling of the calculated illness figures. If one assumes a risk factor of 0.2/Sv, then the expected incidence of cancer due to increased external radiation exposure would amount to between 37,899 and 82,606 cases, while 37,266 cancer cases would result from the intake of contaminated food.
最近WHO(世界保健機関)も受け入れた0.1/Svが適応されたリスク係数は、真のリスクを過小評価している可能性を示唆しています。最近の研究はリスク係数は約2倍大きいもので、結果、病気数も2倍に計算されることになります。リスク係数を0.2/Svと仮定すると、汚染食物の摂取からの癌発症の結果が37,266件である一方、外部被曝の増加たため予測される癌発症数は、37.899から82,866件の間にまで達する事になるでしょう。


table 1.2


With respect to those workers, who, according to Tepco, the operating company of the damaged nuclear facility, were on duty in the plant in 2011, the IPPNW estimates on the basis of experiences in Chernobyl that there will be more than 17,000 cases of serious illnesses.
損傷した原子力施設の運営会社である東電により、2011年に発電所で任務についていた作業員たちに関して、IPPNWはチェルノブイリの経験に基づき、1万7000件以上の深刻な疾病を推測します。


Some of the quantitative results of this work are subject to uncertainty, as much of the original data has only been published in an imprecise form and certain calculations involved making further assumptions. Nevertheless, the IPPNW has deemed it necessary to present this quantitative estimate in order to make clear the true dimension of the nuclear catastrophe at Fukushima.
この作業のいくらかの量的結果は、不確かなものです。発表されている多くのオリジナルデータが不正確で、いくらかの計算が更なる仮定を含んでいるからです。それでもIPPNWは福島の放射能惨事の真の規模を明らかにするためにこの量的な推測を示す必要性があると考えました。


At present, there are numerous nuclear power plants operating at sites facing the potential risk of an earthquake. Most are much less able to withstand the force of an earthquake than nuclear reactors in Japan. Even a relatively weak earthquake could, at any time, thereby trigger another nuclear catastrophe almost anywhere, whether in Asia, America, or even in Europe.
現在の所、地震のリスクの可能性に直面しながら、いくつもの原子力発電所があります。その多くが、日本の原子炉よりも地震に絶えうることが出来ないものです。比較的弱い地震でさえいつ起こるかわからず、アジア、アメリカ、ヨーロッパでさえも、どこでまた放射能惨事が引き起こされてもおかしくありません。


00034444.jpg


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


一方、世界原子力推進機関IAEAと協定を結んでいるWHOが2月に発表したレポートは。。。


“The primary concern identified in this report is related to specific cancer risks linked to particular locations and demographic factors,” says Dr Maria Neira, WHO Director for Public Health and Environment. “A breakdown of data, based on age, gender and proximity to the nuclear plant, does show a higher cancer risk for those located in the most contaminated parts. Outside these parts - even in locations inside Fukushima Prefecture - no observable increases in cancer incidence are expected.”
「この報告で確認される主な懸念は、特定の地域と人口統計上の要因に関連する癌発症のリスクについてです。」WHOの公衆衛生・環境部長であるマリア・Neira氏は言います。「年齢、性別、原発からの近さに基づき分類されたデータは最も汚染された地域の人々のより高い発ガンリスクを示しています。それ以外の地域では、福島県内でさえ観察できる癌発症の増加は全く予測されません。」


In terms of specific cancers, for people in the most contaminated location, the estimated increased risks over what would normally be expected are:
特定の癌について、最も汚染された地域にいる人々にとってのリスクの上昇は、通常以下のように予測されます。

all solid cancers - around 4% in females exposed as infants;
全ての固形癌-幼児の時被曝した女性の場合4%くらいの上昇

breast cancer - around 6% in females exposed as infants;
乳がん-幼児の時に被曝した女性で6%くらいの上昇

leukaemia - around 7% in males exposed as infants;
白血病-幼児の時に被曝した男性で7%くらいの上昇

thyroid cancer - up to 70% in females exposed as infants (the normally expected risk of thyroid cancer in females over lifetime is 0.75% and the additional lifetime risk assessed for females exposed as infants in the most affected location is 0.50%).
甲状腺癌-幼児の時に被曝した女性で70%までの上昇。(通常女性の生涯の甲状腺癌のリスクは0.75%の上昇で、最も汚染された所で幼児の時に被曝した女性の生涯のリスクは0.50%の上昇と評価された。)

For people in the second most contaminated location of Fukushima Prefecture, the estimated risks are approximately one-half of those in the location with the highest doses
福島で2番目に汚染された地域の人々にとっての予測されるリスクは、最も汚染された所の人々のリスクの約半分と推測される。

The report also references a section to the special case of the emergency workers inside the Fukushima NPP. Around two-thirds of emergency workers are estimated to have cancer risks in line with the general population, while one-third is estimated to have an increased risk.
この報告ではまた、福島第一原発内で作業した、緊急作業員の特別なケースのセクションも言及している。1/3の一般人の発癌リスクが上昇する一方で、約2/3の緊急作業員に発癌リスクが推定される。


The almost-200-page document further notes that the radiation doses from the damaged nuclear power plant are not expected to cause an increase in the incidence of miscarriages, stillbirths and other physical and mental conditions that can affect babies born after the accident.
ほぼ200ページにわたる文書は、損傷した原発からの放射能被曝量が流産、死産の増加の原因となることは予測されず、他の身体的精神的条件が事故後に生まれた赤ちゃんに影響することはない、と記している。






WHOのレポートは本当に残酷だと思います。

隠され、ごまかされた数字を操作することで推測された数字で、

事実を抹消しようとする

とても恐ろしいことです。



現実に近い、全くかけ離れている、の違いはあるものの

IPPNWの数字もWHOの数字も、結局は推測でしかなく、


現実に被害が出てしまったら、闇に葬られるだけ。


何も調べず、

あまりにも即座に

「放射能被曝とは関係ありません。」

と、診断される。。。



予測ではなく、実際のデータがあるのに。。。

Chernobyl Consequences of the catastorophe for People and the Environment

(日本語版が、4月26日に発売されるそうです。『調査報告 チェルノブイリ被害の全貌』


chernobyl_20130322153013.jpg


これだけで、皆が危機的な現実を認識するのには十分ではないですか?




みんな、何事もなかったように、

経済経済、競争競争、勝利、敗北、と数字に踊らされて毎日送っている。。。


その先に何があるかは見えないし見ようともしない。



こんな社会を未来の子供たちに引き継ぐのは、

私はいやです。





スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1030-5d9a862f

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。