スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

日本の原発8基が再稼動すると期待するカナダウラン輸出業界

 2013-02-14
bloomberg_logo.jpg


Cameco Sees Japan Uranium Recovery: Commodities
加キャメコ:日本のウラン輸入増を予想-原発再稼働促進観測

(グリーン部分は、Blue Dolphineの私訳)

By Christopher Donville - Feb 13, 2013 1:31 PM PT .

Two years after the Fukushima disaster caused some countries to abandon atomic power generation, Cameco Corp. says Japan is stepping up uranium imports on speculation the government will allow more idled reactors to restart.
2月13日(ブルームバーグ):東京電力・福島第一原子力発電所事故から2年近くが経過し一部の国では脱原発の動きが出ているが、カナダのキャメコ は安倍政権が原発の再稼働を促進するとの見方から日本のウラン輸入が増えるとみている。


iqQ0k9_dDPqE.jpg
A geologist at Cameco Corp.'s Cigar Lake uranium mine surveys a mine shaft in northern Saskatchewan, Canada. Photographer: Geoff Howe/Bloomberg


Japanese utilities are accepting consignments of uranium under long-term contracts after previously deferring some shipments, according to Cameco, the world’s third-largest miner of the radioactive metal. The Canadian company expects as many as eight reactors in Japan will come back online this year, Chief Executive Officer Tim Gitzel said.
世界3位のウラン採掘会社キャメコによると、同社が出荷の一部を延期していた日本の電力会社は長期契約の下でウランを入荷している。キャメコのティム・ギツェル最高経営責任者(CEO)は、同社が日本で年内に最大8基の原子炉が再稼働すると予想していることを明らかにした。


“Japanese utilities are getting more clarity on what the future looks like,” Gitzel, 50, said Feb. 11 in a telephone interview from Cameco headquarters in Saskatoon, Saskatchewan. “Clearly they are on a path to restart.”
ギツェル氏は11日、サスカチワン州サスカトゥーンからの電話インタビューで、「日本の電力会社は将来の方向性を明確にしてきている。明らかに再稼働に向かっている」と述べた。


A recovery in Japanese buying may help the uranium-mining industry, which has canceled or deferred billions of dollars of investments as the price of the commodity fell as much as 40 percent. The tsunami and earthquake that struck the country in 2011 damaged Tokyo Electric Power Co.’s Fukushima Dai-Ichi plant and led to the meltdown of three reactors, the release of radiation and the evacuation of 160,000 people.
数十億ドルの投資が中止や延期に追い込まれているウラン鉱業にとって、日本のウラン購入回復は朗報になりそうだ。ウラン価格 は一時、40%下落した。 2011年に日本を襲った津波と地震で、東京電力の福島第一原発が損傷し、3つの原子炉がメルトダウンし、放射能が放出し、16万人の人が避難しなければならなかった。


Japan subsequently suspended operations of its remaining reactors. Having accounted for about 20 million pounds of annual global uranium demand before the disaster, Japan now operates just two of its 50 functioning reactors. Current global demand is 177 million pounds, according to Rob Chang, an analyst at Cantor Fitzgerald LP in Toronto.
日本は、他の原子炉の稼動を次々と停止。福島第一原発事故の発生前には、世界の年間ウラン需要のうち、2千万ポンド(1万トン)の需要を占めていた日本は今、50の稼動可能な原子炉のうちたった2基しか稼動していない。キャンター・フィッツジェラルのアナリスト、ロブ・チャン氏(トロント在勤)によると、現在の世界のウラン需要は1億7700万ポンド(8万5000トン)


Average Prices
平均価格


The price of U308, the tradable form of uranium, is currently at $43.50 a pound, according to Metal Bulletin data. The price, which reached $138 in 2007, will average $58.20 this year, $63.75 next year and $69.17 in 2015, according to the average of analysts’ estimates compiled by Bloomberg.
メタル業界広報のデータによると、ウランから得られる売買可能なU308の価格は2007年には1ポンド当たり138ドルまで達したものが、現在は43.50ドル。本誌の予測集計分析によると、今年は57.20ドル、2015年の来年には69.17ドルになる見通し。


Lower prices have slowed development of some mining projects. In October, BHP Billiton Ltd. deferred a decision to spend an estimated $33 billion to expand the Olympic Dam uranium mine in Australia, and Perth-based Paladin Energy Ltd. last year slowed expansion of a Namibian project.
低価格は採鉱プロジェクトのいくつかの進行を遅らせている。10月にBHPビリトン社は、オーストラリアのオリンピックダムウラン鉱山の拡張のための3千300億ドル費やすという決断を延期した。また、パースが拠点のパラディンエネルギー社はナミビアプロジェクトの拡張を去年遅らせた。


Cameco fell 0.1 percent to C$21.08 at the close in Toronto. The shares have plunged 42 percent since March 10, 2011, the day before the tsunami, as the 26-member ISE-CCM Global Uranium index has dropped 47 percent. The company responded to falling uranium prices last year by abandoning its goal of doubling its annual output to 40 million pounds by 2018, dropping the target to 36 million.
キャメコのトロント終値は0.1%落ちて21.08カナダドル。株は津波の前日2011年3月10日以来42%落ち込んだ。国際証券取引CCM世界ウランインデックスの26メンバーは、47%の下落。キャメコは、ウラン価格の落ち込みに対し、年間生産高を2018年までに2倍の4000万ポンドにするのを止め、3600ポンドの目標にすることで対応した。


Lower Profit
利益低下


Last week Cameco reported a C$168 million ($167.7 million) writedown on its Kintyre project in Australia, reiterating that it wouldn’t be viable without a uranium price of about $67 a pound. The writedown helped push fourth-quarter net income down 83 percent to C$45 million, or 11 cents a share, from a year earlier.
先週キャメコは1万6800万ドルのオーストラリア、キンタイアのプロジェクトについての評価切り下げを発表した。ウラン価格が1ポンド当たり約67ドルでなければ実行できないと繰り返した。その評価切り下げは四半期のネット収入を、昨年から83%落とし、4500万ドル、または一株11セントに押し下げることになった。


Even amid public opposition in Japan to reactor restarts that included weekly protests last year, the victory in December of the pro-nuclear Liberal Democratic Party in parliamentary elections has raised expectations that more nuclear plants may come back online.
去年毎週行われた抗議運動を含み再稼動に対する日本での人々の反対の只中でさえ、12月の衆議院選挙での原発推進、自由民主党の勝利したことは、原子力発電所が再稼動されるという期待を高めた。

不思議の国、にっぽん。。。


While countries such as Germany back away from nuclear power, restarts in Japan are important for the uranium and nuclear-power industries because the Asian nation has the most operational reactors after the U.S. and France, according to data from the World Nuclear Association. The nation of about 128 million people also is wholly reliant on imported uranium.
ドイツのような国々が原子力から退いている一方で、日本の再稼動はウランと原子力業界にとっては重要だ。世界原子力協会のデータによると、アメリカ、フランスについで、稼動している原子炉の数はアジアが最も多いからだ。およそ1億2800万人のその国はまた、完全に輸入ウランに依存しているのである。


Stringent Requirements
厳重な必要条件


Cameco expects six to eight Japanese reactors will restart this year after meeting more stringent safety systems enacted by the country’s Nuclear Regulation Authority, Gitzel said in the interview. Customers in Japan have traditionally accounted for about 10 to 15 percent of the company’s uranium sales, Cameco said yesterday in an e-mail.
キャメコは、日本の原子力規制庁が更に厳格な安全システムを制定した後、6から8基の日本の原子炉が今年中に再稼動すると見込んでいるのだ、とギツェル氏はインタビューで話した。日本は伝統的に、キャメコのウラン販売の10-15%を占めてきたのだと、昨日Eメールで述べた。


Tokyo Electric Power Co. asked uranium suppliers to defer deliveries of the fuel after the Fukushima disaster, Hiroshi Itagaki, a spokesman for the utility, said this week by phone. Because not all suppliers accepted Tepco’s request, the utility is still receiving uranium deliveries, he said, declining to provide data on its uranium imports and consumption.
東京電力は、福島の災害の後、燃料の納入を遅らせるよう、ウラン供給サプライヤーに要請したのだと電力会社のスポークスマン、イタガキ・ヒロシ氏は今週、電話インタビューで話した。全てのサプライヤーが東電の要請を受け入れたわけではないので、電力会社には、まだウランが納入されているのだと言う。彼は、ウランの輸入と消費についてのデータの供給については断った。


Hokkaido Electric Power Co., Chugoku Electric Power Co., Shikoku Electric Power Co. and Kyushu Electric Power Co. have kept buying uranium fuel under long-term contracts even after the Fukushima disaster, the utilities’ spokesmen said this week. Spokesmen at Tohoku Electric Power Co., Kansai Electric Power Co., Chubu Electric Power Co. and Japan Atomic Power Co. said they couldn’t immediately comment on the matter. Kohei Fukamoto, a spokesman for Hokuriku Electric Power Co., declined to comment.
北海道電力、中国電力、四国電力、九州電力は、福島災害の後でさえも長期契約のもと、ウラン燃料を購入し続けていると、今週、電力会社のスポークスマンは話した。東北電力、関西電力、中部電力と日本原子力発電はのスポークスマンは、この件について今はコメントできないと述べた。北海道電力のフカモト・コウヘイ氏はコメントを断った。




New Rules
新しい規定


Japan’s NRA was set up post-Fukushima to provide evaluation independent of the trade and industry ministry, which oversees the nuclear-power industry. Last month, it approved heightened safety standards and new rules to assess earthquake and tsunami risk that may require years of reinforcement work for some idled reactors.
日本の原子力規制庁は、原子力業界を監督する経産省から独立した評価を与えるために、福島事故の後設置された。その規制庁は、いくつかの休止中の原子炉の強化作業に何年も要するかもしれない地震と津波のリスク評価の新しい規制と安全基準を厳しくすることに先月同意した。

Gitzel isn’t overstating the potential for reactor restarts, even amid well-organized opposition to the resumption of operations, David Sadowski, a Vancouver-based analyst at Raymond James Ltd., said yesterday in a telephone interview.
整然とした再稼動反対の最中でさえ、ギツェル氏が再稼動の可能性を誇張しているのではないのだと、レイモンド・ジェイムズ社のアナリスト、デビット・Sadowski氏は電話インタビューで話した


“There’s a huge push for the restarts from industry, big electricity users, government and the utilities themselves,” Sadowski said. “And if you look at recent polls, even people in the towns around the nuclear plants, the ones who would be affected the most, are actually supportive of bringing them back online.”
「再稼動については、業界、大手電気使用者、政府、電力会社自身からの強力な圧力がある。」とSadowski氏は言う。「最近の世論調査を見ると、最も被害を受けるであろう原発周辺の町の住民でさえも、実は再稼動を支持をしている。」




‘Thinking Ahead’
「先を読む」


Cameco, the biggest uranium producer after Kazakhstan’s Kazatomprom and Paris-based Areva SA, forecasts the number of operable reactors to increase globally by 80 in the next 10 years to 511, according to a Jan. 23 investor presentation on its website. Before Fukushima, the company forecast 110 new units over the following 10 years, Chief Financial Officer Grant Isaac said.
ウラン最大の産出国カザフスタンのカザトムプロムとパリ拠点のアレバに次ぐキャメコは、1月23日にウェブサイトに載せた投資家へのプレゼンで、この先10年間に、世界の稼動原子炉が80基増えて511基になるだろうと予測している。福島事故の前は、10年間で新しく110基を予測していたのだ、と最高財務責任者のグラント・イサック氏は述べた。


iyhX6iNuy7l8.jpg
The mine headframe stands at the Cameco Corp. Cigar Lake uranium mine in northern Saskatchewan, Canada.


With 64 reactors now under construction around the world, Cameco expects demand for uranium to increase by an average of 3 percent a year to 2022, Gitzel said on a Feb. 11 conference call.
世界で64基の建設中の原子炉のことを考え、キャメコはウランの需要が2022まで平均3%増えていくだろうと考えているのだと、ギツェル氏は2月11日の電話会議で話した。

“These utilities, when they’re building reactors today, they don’t need uranium today, they probably don’t need it for five years -- but then they’ll need it for 60 years,” Gitzel said in the interview. “So they’re thinking ahead.”
「今日原子炉を建設しているこれらの電力会社は、今はウランが必要ないが、おそらく5年は必要ないが、その後60年間は必要になる。」とギツェル氏はインタビューで述べた。「なので、彼らは先のことを考え直している。」



To contact the reporter on this story: Christopher Donville in Vancouver at cjdonville@bloomberg.net
記事に関する記者への問い合わせ先:Vancouver Christopher Donville cjdonville@bloomberg.net

To contact the editor responsible for this story: Simon Casey at scasey4@bloomberg.net
記事についてのエディターへの問い合わせ先:Simon Casey scasey4@bloomberg.net






18歳以下の子どもにタバコを売ることは違反。

泥酔するお客にアルコールを売ることは違反。



だけど、

あまりにも残酷な遺産を残すウランは・・・


率先して売りまくるカナダ。



そこには、


自分が売っているものに対する責任も、

相手を思いやる心も一切ない。。。



カナダのウランが、

今形を変えて日本中を汚染していることは全く気にする様子もなく。。。



巨大な富が、


人間の心を壊していく。。。

NuclearScream.jpg



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1013-5a42893b

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。