スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

使用済み核燃料に対する責任

 2013-02-11
eternity6.jpg
click image to play Trailer

You are now in tunnel.
あなたは今トンネルにいる。

This place is not a place of honor.
この場所は、栄誉の場所ではない。

No esteemed deeds are commemorated here.
何の功績も、ここでは記念されない。



The danger will still be present, in your time, as it is in ours.
危険はまだあなたの時代にも存在する。私たちの時代がそうであったように。

Please turn around and never come back.
折り返し、二度と戻って来てはならぬ。

There is nothing here for you.
ここには、何もない。

Go no further.
これ以上近寄ってはならぬ。




Into Eternity - Trailer
永遠の中へ ― 予告編



あなたは今、決して行っては行けない場所に向かっている。

そこにあるのは、危険で、ぞっとするもの。

ここに来るべきではなかった。


eternity1.jpg


『人類は5万年存在している。ピラミッドは5000年。核廃棄物の毒性は10万年。』





それはオンカロと呼ばれている。


eternity2.jpg


オンカロとは、隠れ場所のこと。




『自分たちを守るために・・・』

オンカロは10万年もたなければならない。

『わたしたちは、貯蔵庫を作ろうとしているのだ』

eternity3.jpg


1/10の年月をさかのぼっても(1万年前)、人類は何も建造していない。





『建築が始まった。。。』


eternity4.jpg


私が子供だった20世紀に始まったその建築は、自分が生きている間にもまだ終わらない。


eternity5.jpg


それは、私が死んでからずっと後の22世紀にやっと終わるのだ。


全編はこちら。(英語-ブルガリア語字幕。。Sorry...)



イギリス、BBCの約7年前、2006年の記事。


Finland buries its nuclear past
核の過去を葬るフィンランド


Last Updated: Thursday, 27 April 2006, 09:27 GMT 10:27 UK

By Richard Black
Environment Correspondent, BBC News website

An unprepossessing tunnel entrance set in low forest on the western coast of Finland marks the probable final resting place of the country's most dangerous nuclear waste.
フィンランド西海岸の森に作られる誰も好まないトンネルの入り口が、おそらく最も危険な核廃棄物の最終処分地を記すことになるだろう。



onkalo2.jpg


While British authorities agonise over what to do with the legacy of half a century of nuclear power, Finland is one of a handful of countries which has embarked on the journey towards a "final" waste solution.
イギリス政府が半世紀分の原子力から生じた遺産をどうするかについて苦悩している一方で、「最終」の廃棄物解決策に向けて乗り出した一握りの国々の1つが、フィンランドです。


onkalo6.jpg


Enter the 6.5m-high, 5m-wide (20ft-high, 16ft-wide) Onkalo tunnel, and you would drive down a spiralling track which will eventually stretch 5km (3miles) through solid rock, reaching a depth of 500m (1,600ft).
高さ6.5m、幅5mのオンカロトンネルを入り、堅い岩盤を抜け、最終的に5kmまでのびた螺旋状の道を運転していくと、地下500mの深さまで到達します。


Workers-dig-the-5km-long--007.jpg
Workers dig the 5km-long Onkalo nuclear waste tunnels in Finland. Photograph: Jussi Partanen


The first travellers to go down the tunnel will be investigators aiming to demonstrate that the rock is structurally sound enough to proceed with the disposal of spent fuel rods containing plutonium and other unpleasant materials.
このトンネルを下る最初の旅人たちは、この岩盤が、プルトニウムや他の忌まわしい物質を含む使用済み燃料棒(貯蔵)を続行させるのに構造的に十分安全であるのか、を論証することを目指す調査員たちです。


If they were to turn up a positive result, and if government agencies grant the necessary licences, the first canisters of spent fuel would begin rolling down the tunnel about 15 years from now.
もし彼らが前向きな結果を出し、政府機関が必要なライセンスを承諾すれば、使用済み燃料の最初のキャスクが今から約15年後(2021年)にはトンネルに運び込まれることになります。


As things stand, Finland is on course to become the first country in the world to entomb its most troublesome nuclear waste in a designated final resting place.
目下、フィンランドは最大の問題の核廃棄物を、最終処分場と決めれらた場所に葬る最初の国になろうをしてます。


_41610372_fin_nucewaste3416.gif



'Multiple barriers'
複数の砦


The Onkalo facility is run by the company Posiva, and the system it uses is a Swedish concept called KBS3, which Sweden's proposed repository would also implement.
オンカロ施設は、スウェーデンで提言されている貯蔵所で実施も決まっているKBS3と呼ばれるコンセプトによるシステムを使用し、POSIVAという会社により運営されています。


onkalo1.jpg


The other country close to solving its problem, the US, is exploring a different technology at its Yucca Mountain site.
この問題解決に近いとされる他の国はアメリカで、ユッカマウンテンで異なった技術を探求しています。

Under the Obama Administration, funding for development of Yucca Mountain waste site was terminated effective via amendment to the Department of Defense and Full-Year Continuing Appropriations Act, passed by Congress on April 14, 2011.
バラク・オバマ政権下、2011年4月14日に防衛賞省に対する予算修正法が議会で可決され、ユッカマウンテンの核廃棄物処分場計画は中止される。
 Wikipedia


"The safety concept is based on so-called 'multiple barriers'," says Timo Aikas, Posiva's vice-president in charge of engineering.
「安全概念は、いわゆる『複数の砦』に基づきます。」とPOSIVAの副社長で、技術担当のティモ・Aikas氏は話します。


"One barrier is of course the solid stable crystalline rock. The remaining barriers are engineered barriers, the most important of which is long corrosion-resistant copper canisters, inside which we put the actual fuel rods."
「障害の1つは、もちろん堅く、安定した結晶岩です。他の砦は技術的な砦で、その中でも最も重要なのは、実際の燃料棒を入れる長期耐腐食性の銅のキャスクです。」


onkalo5.jpg


In this vision, the bottom of the Onkalo tunnel would sprout a grid of horizontal shafts.
この展望では、オンカロトンネルの底にたて坑が水平に網状に張り巡らされます。


Canisters containing the spent fuel rods would be deposited into holes in the bottom of each shaft.
使用済み燃料棒を含んだキャスクは、たて坑の底の穴の中に収められます。


onkalo4.jpg



The canisters would nest in a bed of bentonite clay, which swells when it absorbs water. This comes with twin benefits; cushioning the cargo from geological movement, and ensuring there are no voids where substantial quantities of water can penetrate, corroding the canisters and carrying away their radioactive contents.
キャスクは、水を含むと膨張するベントナイト粘土の中に納まります。これには2つの利点があります。地層運動からの燃料を含んだキャスクへの振動を和らげること、そしてキャスクを腐食させ放射性内容物を運び出してしまう相当の水が浸透する隙間がない、ということです。


As each canister goes in, the tunnels would be filled up again with yet more clay and rock.
それぞれのキャスクが持ち込まれるごとに、トンネルは更に多くの粘土と岩で再び埋め尽くされることになります。


By 2100, the repository would be complete, access routes would be filled and sealed. What to do next would be a decision for Finns of that era; but the concept is designed to allow them, if they want, to cover the tunnel mouth, landscape it and walk away, leaving no entrance into the rock and no sign of the material buried underneath.
2100年までにその貯蔵所はいっぱいになり、中に入るルートは埋められ、封鎖されます。次にどうするのかは、その時代のフィンランドの決断になるでしょう。しかし、概念としては、その時代の国が望むならば、トンネルの入り口を覆い、緑化させ、入り口は岩だけで、下に核廃棄物質が埋まっているという印も残さないまま立ち去ることができるように設計されています。


A granite curtain would have descended on the first civilian nuclear epoch.
最初の民間核時代に花崗岩のカーテンをおろすのです。



Through the ice age
氷河期へ


Some of the radionuclides - atoms with unstable nuclei that undergo radioactive decay - in spent fuel rods remain radioactive for more than 100,000 years. In that time, could not even the tiny quantities of water which the bentonite allows through penetrate the copper canister shells, allowing dangerously active isotopes to escape?
使用済み燃料棒内のいくらかの放射性核種-放射性崩壊している不安定な核を持つ原子-は、10万年以上放射線を出し続けます。その間、ほんの少しの水がベントナイト粘土が銅のキャスクの外郭に沁みこまみ、危険な崩壊中の核種を外に漏らしてしまうしまう様なことがありえないのでしょうか?


Timo Aikas believes not. "We have seen that the copper canister will not be corroded away," he says.
ティモ・Aikas氏は、ありえないと考えています。「その銅のキャスクが腐食するようなことはないことが分かっているのです。」


"We have native copper in the Finnish and Swedish bedrock, which means we have good conditions for such things. We know from corrosion testing that 1.5cm [thickness] of copper would be enough from the corrosion standpoint for times longer than 100,000 years, but we have 5cm (two inches) copper."
「フィンランドとスウェーデンの岩盤には純銅があります。つまり、その様なものに、良い条件がそろっているのです。腐食検査から、1.5cmの厚さの銅が10万年以上の間持ちこたえるに十分だろうということが分かっています。しかし、(使用される)銅は5cmの厚さなのです。」


2.44 (2012年)11月の終わりにスウェーデンの研究者が、その銅のキャスクが1000年も持たないだろう、と報告しました。


The time period is so mind-bendingly long that it will almost certainly take the world through another ice age; which, if history is a guide, would bury Finland and Sweden under 2-3km of ice.
その期間というのは、くらくらするほど長く、世界が次の氷河期に入っていくことがほぼ確かです。歴史が物語っていることが起こるとすれば、フィンランドとスウェーデンは2-3kmの氷の下に埋まるでしょう。


The huge pressures created by this ice will certainly deform even bedrock, compressing the copper canisters and fuel rods which lie inside (the rods are contained within channels bored into a steel cylinder).
氷による巨大な圧力は、確実に岩盤をゆがめ、銅のキャスクと、中の(スチールの円筒にくりぬかれた導管に収まっている棒)燃料棒を圧迫するでしょう。


_41605864_canisterposivaafore203.jpg


So concerned have European authorities been about this that the European Commission's Institute for Energy in the Netherlands commissioned pressure tests on the steel cylinders.
これらの懸念により、ヨーロッパの国々はオランダの欧州委員会、エネルギー研究所にスチール円筒の圧力テストを委託しました。


"The maximum [ice] thickness is 3km, which equates to a pressure of 30 megapascals (MPa)," says the engineer in charge, Kalle Nielsson.
「最大の(氷の)厚さは3km。それは30メガパスカルの圧力に匹敵します。」と担当の技術者、Kalle Nielssonさんは言います。


Combined with pressure from groundwater and the tight embrace of bentonite clay, the cylinders would experience a total pressure of 45 MPa, which corresponds to the pressure you would have 4,500m (15,000ft) down in the ocean.
地下水からと、堅く取り巻かれたベントナイト粘土からの圧力を合わせて、シリンダーにかかる圧力の合計は、45MPあになるでしょう。それは、海底4,500mにいる時の圧力となります。


In tests, the cylinders stood up to a pressure three times that value before failing.
検査では、円筒が損傷するまでに、その3倍の圧力に耐えることができました。


"I would say that it's safe," is Kalle Nielsson's conclusion. "And we have made a probabilistic calculation - 'what is the probability that it would fail at this 45 MPa?' - and it is less than one out of a million canisters that would fail. So I would say as a concept that it's safe."
「安全だと言えるでしょう。」というのがKalle Nielssonさんの結論です。「私たちは、確率的計算を行いました。『45Mpaで損傷する確率は?』そして、その答えは、100万のキャスクのうち1つ以下だろうというものでした。それで、私は安全だという概念として言っているのです。」



Far-sighted funds
賢明な基金


Technology is only one part of the Finnish solution; the other vital component is finance.
技術はフィンランドの解決策の一部に過ぎません。もう一つの不可欠な要素は、財政です。


"Our current cost estimate for this 'funeral' is about 3bn euros," says Timo Aikas.
「現在のこの『埋葬』コスト見積もりは、約30億ユーロ」とティモ・Aikas氏は言います。


Three billion euros is a significant sum of money. Is this another example, then, of the state having to pay vast sums to clean up a nuclear industry which has in the past generated profit for private ends?
30億ユーロは相当な額です。つまり、過去に民間事業の利益を生んできた一原子力業界の後始末のための膨大な額を払わなければならない国の一例ではないでしょうか?


The signs point in a different direction. The advent of commercial nuclear power to Finland in the late 1970s saw the establishment of a fund to pay for the eventual clean-up.
この兆しは違う方向を示しています。1970年代のフィンランドでの民間原子力の出現は、最終的な後始末のために支払う基金の設立を黙認しました。


"Every year, we have re-calculated the fund based on the amount of spent fuel accumulated," says Timo Aikas, "and at the moment the fund is approximately 1.4bn euros."
「毎年わたしたちは使用済み核燃料の量を基本に基金を再計算してきました。」とティモ・Aikas氏は言います。「そして、今この瞬間、基金は約14億ユーロです。」


The money has come from generating companies through a small levy on the price of nuclear electricity.
そのお金は、電力会社が原子力発電の料金を通して小額徴収することから来ています。


It is, perhaps, the sort of measure which current British leaders looking at a waste disposal facility bill in the region of £10bn (14bn euros) would wish their predecessors had chosen to implement.
おそらくそれは、14億ユーロの廃棄物処分施設の請求書を目にしている現在のイギリスの主導者たちが、前任者に実施するという選択して欲しかった対策でしょう。



Rocky site
岩場の現場


Even if the KBS3 concept is sound, even if Finland has the money to implement it, there is a question over whether Eurajoki is the best place to put it into action.
たとえKBS3の概念が安全に思えても、たとえフィンランドにそれを実施する資金があるとしても、エウラヨキがそれを実行する最善の場所なのかどうかという疑問があります。


Greenpeace, which has been spearheading a campaign against the new Olkiluoto-3 nuclear reactor taking shape just a kilometre from the Onkalo site, is concerned that the local geology may not be the soundest available.
オンカロの現場から僅か1kmのところに形成されている新しいオルキルオト原発3号機に反対するキャンペーンを先導してきたグリーンピースは、その地域の地質が、可能な限り最も安全ではないかもしれないと懸念を示しています。


_41605774_newbuildbbc203.jpg


"When the site selection started in Finland, the nuclear industry said they would find the best geological site," says energy campaigner Kaisa Kosonen.
「その場所の選抜がフィンランドで始まったとき、原子力業界はそこが地質的に最良である事が分かったと言いました。」とエネルギーキャンペーン担当のKaisa Kosonenさんは話します。


"And, eventually, they chose the site on sociological reasons, because eventually Eurajoki was the first municipality to say 'ok, we can take it', and there wasn't an active nuclear opposition in this area."
「そして結局は、その場所を社会的な理由で選びました。なぜなら、結局はエウラヨキが『OK。わたしたちが引き受けます』と言った最初の自治体だったからです。そして、その地域には活発な原子力反対がなかったのです。」


That lack of local opposition may be down to the fact that nuclear reactors have stood in the area for three decades, gaining acceptance for an industry which has maintained a good local safety record and brought employment.
地元の反対の欠如は、30年間その地域に原子炉が存在していたという事実、地元の安全性の記録を維持していたことと、雇用をもたらしたということからの容認が得られた事に帰するのかもしれません。


"It boils down basically to trust," comments Timo Aikas.
「それは基本的に信頼に尽きます。」とティモ・Aolas氏はコメントしました。


"When you make a decision concerning this kind of thing, which takes us to 2100 when the final sealing takes place, there will always be uncertainty. So you have to have trust."
「2100年までさかのぼるこのようなことに関する決断をするとき、最後の封印がなされるとき、いつも不確かさが存在するでしょう。なので、信頼を得なければならないのです。」


Kaisa Kosonen urges caution; the case for Onkalo, she says, is not proven.
グリーンピースのKaisa Kosonenさんは警告を促がします。オンカロの場合、それが証明されていないと。


"I would like to see much more research done and not having this hasty process," she says. "And I would not want this marketed as 'waste issue solved', because it's not."
「軽率に進めず、更なる調査が見たいのです。」と彼女は話します。「そして、『廃棄物の問題は解決した』と売り込んで欲しくないのです。解決などしていないのですから。」


But Timo Aikas believes his system and his team deserve the trust they have found in Eurajoki, and that Onkalo will prove as safe a resting place for highly active radionuclides as can be found, barring any surprises with the local geology.
しかし、ティモ・Aolas氏は、そのシステムと彼のチームがエウラヨキで信頼を得るのに値するのだと考えています。そして、オンカロが、高度の放射性核種を収める場所として見出せる限りにおい一番安全だと証明するだろうと。地元の地質をもって、どんな不意打ちも寄せ付けません。

And he urges other countries, Britain included, to take a decision and find a solution.
そして彼は、イギリスを含め、他の国々に決断し、解決策を見出すよう促がしています。


"Nuclear waste doesn't go away," he reflects.
「核廃棄物はなくなりません。」と彼は言います。


"And if we just keep it in stores above ground we just push the problem to the next generation. It's much more responsible now to develop solutions on how to take care of it."
「そして、地上に保管するだけなのは、次世代に問題を押し付けていることに他ならないのです。今、どうするのかについての解決策を展開することが、はるかに責任のあることです。」







10万年先まで責任をもてる解決策を見出すことなど、

本当にできるのでしょうか?



その自信こそが、

安全神話ではないでしょうか?



核廃棄物は、ずっと、後世に託していかなければならない、


とてつもない負の遺産です。。。



せめて、


これ以上増やすのをやめるところから始めないと・・・


それが、責任の第一歩であるような気がします。




スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1011-d05667c0

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。