スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

津波瓦礫、アラスカへ続々到着

 2013-02-07
アラスカより。





Tsunami Debris Problem Gets Worse in Alaska, with Little Clean Up Funding In Sight
アラスカで悪化する津波瓦礫問題、清掃の基金の見込みはほとんどなし


By Annie Feidt, APRN - Anchorage | January 30, 2013 - 5:19 pm


montague_island.jpg


The beach on the southeast side of Montague Island stretches for nearly 80 miles of pristine wilderness. At least it looks pristine from a few thousand feet up. As our helicopter descends towards the shore, big chunks of white polystyrene foam, similar to Styrofoam, come into view.
マンタギュー島の南東側のビーチは、綺麗な野生の自然が80マイル(129km)近く続いています。少なくともそこから数千フィート内陸まで汚れてはいないようです。ヘリコプターが海岸へと降下すると、発砲スチロールに似た、白い大きな発砲ポリスチレンの塊が見えてきます。


alasaka 1


“See how you can see all the white Styrofoam floats on this point out here? Big globs of Styrofoam? That’s all tsunami debris… And there’s more Styrofoam out here. There’s no question,” Chris Pallister, president of the nonprofit Gulf of Alaska Keeper, said.
「ここから、ここに浮いている白い発砲スチロールが全部見えるでしょ。発泡スチロールの大きな塊が。あれは全部津波瓦礫なんだ。もっと沢山の発砲スチロールがあっちにあるんだよ。間違えない。」非営利団体、アラスカ半島管理グループの会長、クリス・パリスターさんが言いました。


alaska 2


The group has been cleaning up marine debris that washes onto Alaska’s shores for 11 years. And when the tsunami debris began arriving last spring, their job got a whole lot harder. Pallister has visited Montague Island nearly a dozen times since then. And by the time we land and step onto the pebble beach, he’s shaking his head in disgust.
そのグループは、11年間アラスカの海岸に打ち上げられた海洋瓦礫の清掃をしています。そして、去年の春、津波瓦礫が漂着し始めたとき、彼らの作業は、今までよりずっと大変になったのです。それ以来パリスターさんは、モンタギュー島を12回ほど訪れました。浜に着陸して、足を踏み出すと、彼は嫌悪で頭を左右に振ります。


30-Tsunami-Debris-2.jpg


“You’re basically standing in a land fill out here,” Pallister said.
「基本的にここでは、ゴミ処理場に立っているようなものだ。」とパリスターさんは言いました。


30-Tsunami-Debris-1.jpg


Pallister points to an area scattered with foam bits smaller than packing peanuts:
パリスターさんは、フォームピーナッツ(包装に使うプラスチックの豆状の詰め物)よりも小さな、あちこちに散らばった破片のあるところを指差します。


alaska3.jpg


“See what’s happening here? with all the crushed up Styrofoam? This is what we’re worried about, this Styrofoam is just going to get all ground up and you can see there would just be billions and trillions of little bits of Styrofoam scattered all over everything. And extrapolate that all up and down this coastline. It’s kind of an impossible job,” he said.
「ここで何が起きているのか見てください。粉々になった発砲スチロールでいっぱいだ。これが私たちが心配していることなのです。発砲スチロールは地面を全て覆い尽くすでしょう。何十億、何兆という小さな発砲スチロールの破片が散らばっているのがあらゆるところで見られる。この海岸線の上から下まで全てだと推定します。ある意味、不可能な作業だよ。」と彼は話しました。


The trash is not just an eyesore. Pallister says voles, birds and even bears are eating the foam. He’s also worried about chemicals. Among the debris he finds containers that held kerosene, gas and other petroleum products. Even the little containers worry him. Sifting through the trash he picks up a small blue bottle and unscrews the cap to inspect its contents:
そのゴミはただ目障りなだけではありません。パリスターさんは、のねずみ、鳥たち、そして熊たちでさえも、その破片を食べているのだと言います。化学物質も心配です。瓦礫の中に彼は、灯油、ガスや、他の石油製品を入れていた容器を見つけています。小さな容器さえも彼を心配させます。ゴミの中を移動しながら、彼は小さな青いボトルを拾い上げ、中身を調べるためにふたをはずします。


alaska5.jpg


“I have no idea what this was. It looks like dish soap, maybe laundry detergent, but it’s empty, which is maybe not a good sign. There’s thousands of bottles like this up and down the coast, from small household chemical items to drum’s full of chemicals. Big industrial size drums,” Pallister said.
「これが何だったのか、全く分からない。食器洗剤のように見える。もしかしたら洗濯洗剤かもしれない。でも、空っぽで、それは、悪い徴候かもしれないね。このようなボトルが海岸線の上から下まで何千もある。小さな家庭用の化学物質から、化学物質一杯のドラム缶に至るまで。大きな工業用のサイズのドラム缶だよ。」とパレスターさんは話しました。


alaska6.jpg


Marine debris is not a new problem in Alaska. But the Japanese tsunami magnified the problem. Pallister says the tsunami debris doesn’t have the visceral impact of the Exxon Valdez spill, with oiled animals and blackened coastlines. But he thinks in the long run, it could be a bigger environmental disaster:
海洋瓦礫はアラスカでは新たな問題ではありません。しかし、日本の津波が問題を拡大したのです。パレスターさんは、津波瓦礫が、エクソンバルディーズ号原油流出事故で動物たちが油まみれになり、海を真っ黒にしたような理屈ぬきの打撃はないと言います。しかし、長い目で見るとより大きな環境災害となる可能性があると、彼は考えています。


exxon.jpg


“In a lot of ways its a lot worse than the oil spill. Both in the geographic scope of it and the chemicals that are coming with it. And who knows what the impacts are going to be?,” Pallister said.
「いろいろな意味で、オイル漏れよりもずっと悪い状況だ。地理的範囲という意味で、そしてそれに伴ってやってくる化学物質の両方において。その打撃がどういうものか、誰が分かると思う?」


30-Tsunami-Debris-3.jpg


Officially, the National Oceanic and Atmospheric Administration has recorded just five tsunami debris items in Alaska. But the agency will only confirm an object if it has a unique identifier that can be traced back to Japan. The state of Alaska does not use the same strict standard. Last summer the state paid for an aerial survey to inspect 2,500 miles of Alaska’s coastline. Elaine Busse Floyd is acting director of the division of environmental health. She says the survey identified tsunami debris all along the flight path from southern Southeast, up to Prince William Sound and out the Alaska Peninsula:
アメリカ海洋大気庁は、正式にはアラスカでたったの5件の津波瓦礫しか記録していません。しかし、NOAAは、日本へ辿ることのできる特定の鑑定材料があるものだけを確定するのです。アラスカ州は同様の厳しい基準を用いていません。去年の夏に、アラスカ州は海岸線2500マイルを調査するために航空測量費を負担しました。エレイン・Busse Floydさんは環境ヘルス課の局長代行です。彼女は、南西から、プリンス・ウィリアム湾、そして、アラスカ半島まで海岸線の飛行を行った調査で、全ての道筋に津波瓦礫を確認したのだと言います。


alaska9.jpg


“There was tsunami debris literally on every beach that was photographed. They took over 8,000 pictures and it was more widespread and in greater quantities than we even expected,” she said.
「文字通り、全てのビーチで津波瓦礫が写真に収められました。8000枚の写真をとり、実際はそれよりももっと広がっていて、予想していたよりも更に大量でした。」と彼女は述べました。


gulf of alaska



But so far there has been minimal funding for cleaning up the debris. Governor Sean Parnell didn’t included any tsunami debris funding in his budget. NOAA is figuring out how to distribute a $5 million gift from Japan for cleaning up the debris. And Alaska’s Congressional delegation is working to get federal funds. But tsunami debris clean up money was stripped from a bill for Hurricane Sandy relief that passed this week.
しかし今のところ瓦礫の清掃のための基金は最小限です。Sean parnell知事は、津波瓦礫の基金を予算に含めたかったのです。NOAA(アメリカ海洋大気庁)は、日本から瓦礫の清掃のために贈られた百万ドルの分配をどのようにするかを計算しています。アラスカの下院議員派遣団がアメリカ政府から基金を得るために働いています。しかし、津波瓦礫の清掃費用は今週可決されたハリケーン・サンディの救援費用に回されてしまいました。


Back on the beach, as the waves crash in, Chris Pallister says the debris could have serious impacts on fisheries and subsistence resources.
ビーチに戻り波が打ち寄せると、クリス・パリスターさんは、瓦礫が漁業や食糧源に深刻な打撃を与える可能性があると言います。


“I don’t know if it’s being taken seriously enough. I don’t think a lot of people who are going to be impacted by it know how bad it is right now. And until that gets out, maybe not much is going to happen,” he said.
「この問題が十分真剣に取り扱われているのか分からない。瓦礫により打撃を受けるであろう多くの人々が今は、それがどんなに悪い状況なのか分かっていないのだと思う。それが表面化するまで、多分、ほとんど何も起きないのだろう。」


alaska10.jpg


Pallister guesses it will take tens, or even hundreds of millions of dollars to remove the tsunami debris in Alaska. On this day though, he has to leave all the trash on Montague Island behind. We take off in the helicopter and head north along the beach. Pallister looks out the window at all the debris below and says, “it just goes on and on and on.”
パリスターさんは、アラスカの津波瓦礫を取り除くのに、何千万、あるいは何億ドルもかかるだろうと考えています。一日を終え、彼は全てのゴミを残してモンタギュー島を去らなければなりません。私たちはヘリコプターに乗り、海岸沿いを北へ向かいました。パリスターさんは窓の外の下に見える瓦礫を見て言います。「ただ、ひたすらこれが続くんだ。」


alaska11.jpg






海洋ゴミが与える打撃。。。


impact28.jpg


知らないことが、

考えないことが、

改めないことが、



結局は、地球を少しずつ蝕んでゆく。。。



スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://bluedolphine.blog107.fc2.com/tb.php/1008-a2a3d627

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

プロフィール

Blue Dolphine

Author:Blue Dolphine
ボア君 21歳
(いのしし年生まれ)
ラビ君 18歳
(うさぎ年生まれ)
エリー 9歳
(ラブラドール犬 ♀)

と連れ合いに、そして周りの全ての人たちから日々幸せをもらっている母です。

バンクーバー近郊に被曝からの避難を考えている方、できる範囲でお手伝いします。遠慮なくご連絡ください。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
全記事表示リンク
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。